おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【トルコ】栄華を極めたオスマン帝国スルタンの居城 世界遺産「トプカプ宮殿」

オスマン帝国と聞いてあなたは何をイメージするでしょうか?強大な権力と富を持った君主「スルタン」やトルコ版大奥ともいえる「ハレム」、そして最強と恐れられた常備歩兵軍団「イェニチェリ」など…。教科書で習ったオスマン帝国のイメージをさらに膨らませてみたい方にオススメなのが、イスタンブールにあるトプカプ宮殿です。今回は、オスマン帝国の歴史や華やかな君主たちの暮らしぶりを学ぶのにぴったりの場所「トプカプ宮殿」の魅力をご紹介します。

続きを読む

http://www.wazariwazir.com

広告

イスタンブール建都とトプカプ宮殿の歴史

写真右中央の湾に突き出た緑地がトプカプ宮殿の敷地。写真中央はアヤソフィア博物館

http://www.topvisitplaces.com

ヨーロッパでキリスト教の力が拡大していく中、キリスト教勢力に対抗する一大勢力として台頭したオスマン帝国。1453年に東ローマ帝国を滅ぼしたスルタン・メフメット2世は、征服した首都コンスタンティノープルを「イスタンブール」と改め、自らのオスマン帝国の都としました。

そして、現在のアヤソフィア博物館をはじめとする東ローマ帝国時代の重要な建築を接収・改築しながら再整備されたイスタンブールの都には、続々とイスラム国家オスマン帝国の宮殿や官庁が建ち並び、帝国最高位のモスクとなったアヤソフィアに隣接するその土地に、トプカプ宮殿は建設されることになるのです。

1460年に着工し16年の歳月を要して完成したトプカプ宮殿は、1856年に宮廷がドルマバフチェ宮殿に移るまでのおよそ400年もの間、オスマン帝国スルタンの居城として栄え続けます。

広告

トプカプ宮殿の特徴

http://mayartravel.com

トプカプ宮殿の最大の特徴は、敷地の大部分が緑に包まれた庭園になっていることです。宮殿は4つの大きな中庭で構成されており、広々とした庭の周囲にはりつくように小部屋や離れの建物が建ち並んでいます。

そのため、宮殿の敷地に足を踏み入れると、そこは「宮殿」と言うより、憩いの場所「公園」のような雰囲気が漂います。

http://pds.exblog.jp

http://tabigoro.cocolog-nifty.com

そして、その穏やかな雰囲気の庭園の木々の奥にひっそりと佇むのが、トプカプ宮殿の建物です。外壁には装飾らしい装飾もなく、シンプル過ぎる印象を受ける宮殿の建造物は、絢爛豪華なヨーロッパの宮殿などとは全く異なります。あまりのシンプルさに、一見すると強大な権力を握り華やかな生活を送ったスルタンの居城とは信じ難いかもしれません。

しかし、自然と共生するかのようなシンプルさの理由は、オスマン帝国を造り上げたスルタンたちが中央アジア出身の遊牧民だったことと、彼らの信条であるイスラム教が外観よりも内部の空間的構図を重視することが理由に挙げられます。

そのため、オスマン帝国の栄華を彷彿とさせるような調度品や財宝を見たいなら、ぜひ、宮殿の建物内部へと入ってみましょう。

オスマン帝国の栄華の歴史とイスラム美術を堪能できる宮殿内部

http://topkapisarayi.gov.tr

第2庭園(政庁の広場)に入り、まず最初に目に入ってくるのが、絢爛豪華な入口が目を引く「政庁」です。内部には、会議の間、宰相の執務室、客間などが続き、オスマン帝国の行政の中心らしい威厳と風格が漂います。

「政庁」の一角にある小さな入口を入ると、別料金で入場可能な「ハレム」があります。後宮の女性たちが暮らした「トルコ版大奥」とも言えるハレムには、スルタンの寵愛を競い合った女性たちの悲哀をも慰めたであろう、美しいタイル装飾で溢れた空間が広がっています。

https://istanbultourstudio.s3.amazonaws.com

http://pennstatermag.files.wordpress.com

スルタンの妻をはじめ女性たちが暮らしたハレムは、小部屋が迷路のように入り組んだ複雑な構造をしています。壁一面は鮮やかなブルーのタイル装飾がなされており、まさにイスラム芸術の真骨頂とも言える美しさが堪能できます。

しかし、エキゾチックでありながらどこか儚げな美しさで彩られたハレム内部を見ていると、入ったら最後、死ぬまでこの場所から出られなかったという当時の女性たちの姿が思い浮かび、その悲しい物語に少々複雑な気持ちも胸に広がることでしょう。

http://ih1.redbubble.net

https://upload.wikimedia.org

後宮の女性たちだけではなく、スルタン本人のプライベート空間でもあったハレムには、スルタンの玉座の間や風呂場あります。壁から天井まで続くアラベスク文様は見る者を圧倒し、大理石のバスルームは大帝国の君主の生活ぶりを垣間見せてくれるようです。

http://planetden.com

http://opentravel.com

大理石でできたスルタンのバスルーム

http://mw2.google.com

また、トプカプ宮殿の最大の見どころが「宝物館」です。オスマン帝国のスルタンたちがコレクションした財宝の数々を展示している宝物館には、「スプーン職人のダイヤモンド」と呼ばれる86カラットのダイヤや3つの巨大なエメラルドが輝く「トプカプの短刀」など、感嘆のため息ばかりが出てくるようなお宝が並んでいます。

スプーン職人のダイヤモンド

http://topkapisarayi.gov.tr

トプカプの短刀

http://pds.exblog.jp

純金製の祭事用玉座

http://topkapisarayi.gov.tr

いかがでしたか?スルタンたちの豪華な財宝や、目が眩みそうな程に精緻なイスラム美術の装飾品など、トプカプ宮殿には往時のオスマン帝国の繁栄を今に伝える物で溢れています。オスマン帝国の歴史や偉大さを肌で感じたければ、イスタンブールの象徴でもあるこのトプカプ宮殿へ、ぜひ足を運んでみてくださいね。

http://angelshomehotel.com

トプカプ宮殿

トルコ / イスタンブール

Cankurtaran Mh., 34122 Istanbul
9:30~17:00(ハレムのみ~15:30)
火曜日
http://www.topkapisarayi.gov.tr/

広告

イスタンブールの世界遺産でおすすめの記事

詳しく

【トルコ】幻想的な青に包まれる「スルタンアフメット ジャーミィ」:体が震えるほどの感動体験!

イスタンブール - 文化遺産,寺院・教会

歴史的遺産が建ち並ぶイスタンブール旧市街エリアの中でも、その均整のとれた外観の美しさから、ひときわ多くの観光客の目を引くのが「スルタンアフメット ジャーミィ」。「スルタンアフメト・モスク」や「ブルーモスク」と呼ばれることもあります。 モスクとして17世紀に造られたスルタンアフメット ジャーミィは、「世界で最も美しいモスク」と評され、イスラム教徒の祈りの場としてはもちろん、オスマン帝国の栄華を今に伝える観光名所としても知られています。 今回は、イスタンブールを訪れたら必ず足を運んでほしい場所のひとつ「スルタンアフメット ジャーミィ」の魅力をご紹介します。

詳しく

【トルコ】グランドバザールで絶対失敗しない観光スポット20選!充実した旅行を!

イスタンブール - 文化遺産,モニュメント・記念碑,城・宮殿,寺院・教会,史跡・遺跡,市場・夜市,広場・公園

グランドバザール(カパルチャルシュ)は、世界で一番古い世界最大規模の屋内市場で、オスマントルコ帝国時代から続く歴史のあるスポットです。 グランドバザールには64のストリートと22ヶ所の出入り口があって、3,600以上のお店が並ぶ迷路のような買い物スポットになっています。 フェルトアートのお店、トルコ風デザインのジュエリーショップ、トルコ風呂のハマムグッズ専門店などいろいろなお店がそろっていて、トルコらしいお土産を売っているお店がたくさんあります。今回は、そんなグランドバザール周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【トルコ】トプカプ宮殿でおすすめの観光スポット18選!エキゾチックな旅を楽しもう

イスタンブール - 文化遺産,モニュメント・記念碑,城・宮殿,寺院・教会,史跡・遺跡,広場・公園

トプカプ宮殿はボスポラス海峡、金角湾、マルマラ海に囲まれた小高い丘にある宮殿で、世界文化遺産の「イスタンブール歴史地域」に含まれる観光スポットです。トプカプ宮殿はオスマントルコ帝国の第7代皇帝のメフメット2世によってつくられた宮殿で、歴代の皇帝の住居や政治の場所として、約400年間使われていました。 宮殿がある敷地内には4つの庭園があって、トプカプの探検や黄金の燭台などがある宝物殿、たくさんの女性が住んでいた、豪華できれいな装飾の部屋がたくさんあるハレムなどがあります。 マルマラ海とボスポラス海峡を見渡せるテラスがあって、レストランやカフェなどで食事ができます。今回は、そんなトプカプ宮殿周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【イスタンブール】ボスポラス橋周辺でおすすめの観光スポット18選!エキゾチックな旅を楽しもう

イスタンブール - 文化遺産,モニュメント・記念碑,城・宮殿,寺院・教会,史跡・遺跡,モダン建築

ボスポラス橋(7月15日殉教者の橋)は1973年に完成した長さ約1.5kmの車道しかない吊り橋で、イスタンブルのベイレルベイ地区(アジア大陸)とオルタキョイ地区(ヨーロッパ大陸)をつなぐ、ボスポラス海峡に架かる吊り橋です。 アジアとヨーロッパを初めてつないだ吊り橋で、夜にはボスポラス橋のライトアップを見られます。バスでボスポラス橋を渡る時には、2階デッキからボスポラス海峡やプリンス諸島などの景色を見渡せます。 毎年10月に開催されるファンラン(マラソン大会)の時だけ、走ってボスポラス橋を渡れます。今回は、そんなボスポラス橋周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【トルコ】アヤソフィアにあるオシャレでおすすめな観光スポット18選!情報はこちらから

イスタンブール - 城・宮殿,寺院・教会,史跡・遺跡,モダン建築,広場・公園,文化遺産

アヤソフィアは世界文化遺産の「イスタンブール歴史地域」に含まれる博物館で、アヤソフィア内で一番古いモザイク壁画の聖母子像の壁画を見られます。博物館内の柱には、願い事が叶うという「聖母マリアの手形」というくぼみがあります。 アヤソフィアはキリスト教の大聖堂としてつくられて、イスラム教のモスクに改修されて、現在は一般公開された無宗教の博物館として見学できます。 直径が約31m、高さが約55mの大きなドームがある建築物で、ビザンツ建築の最高傑作といわれています。今回は、そんなアヤソフィア周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【トルコ】バシリカシスタン周辺にあるオシャレでおすすめな観光スポット20選!情報はこちらから

イスタンブール - 文化遺産,モニュメント・記念碑,城・宮殿,寺院・教会,史跡・遺跡,広場・公園,旧市街・古い町並み

バシリカシスタン(地下宮殿)は東ローマ帝国時代につくられた貯水池で、現在に残る東ローマ帝国時代の貯水池の中で一番大きな貯水池です。エキゾチックな雰囲気の薄暗い貯水池で、9mの高さのある柱が4mごとに28本並んだものが12列、全部で336本の柱があります。 世界遺産の「イスタンブール歴史地域」に含まれている貯水池で、映画『007 ロシアより愛をこめて』のロケ地になったスポットとしても有名です。 バシリカシスタン内は浅く水が張ってあって、観光は歩道を使って奥まで見学できるようになっています。今回は、そんなバシリカシスタン周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【イスタンブール】スパイスバザール周辺でおすすめの観光スポット24選!お得なツアーでトルコを満喫!

イスタンブール - 文化遺産,城・宮殿,寺院・教会,史跡・遺跡,広場・公園,市場・夜市

スパイスバザール(エジプシャン・バザール)は、イスタンブール旧市街にある食材市場で、数千類のスパイスを山盛りで売っている、香辛料が有名な市場です。 L字型の通りが2つある、1660年にできた食材市場で、約80店舗のお店があります。スパイスバザールにはトルコ独特のスパイス、トルコ産のハチミツ、トルコの伝統菓子やドライフルーツなどのお菓子、トルココーヒーなどを買えるお店がそろっています。 スパイスバザールでは100年の歴史がある老舗レストランや、オスマン料理のレストランなどで食事ができます。今回は、そんなスパイスバザール周辺の見どころについて紹介します。

詳しく

【イスタンブール】タクシム広場周辺で安心して観光できるスポット20選!編集部厳選のおすすめ

イスタンブール - 文化遺産,モニュメント・記念碑,城・宮殿,寺院・教会,史跡・遺跡,モダン建築,広場・公園

タクシム広場はイスタンブール新市街の中心地にある広場で、ロータリーになっている円形の広場です。広場の中央にはトルコ共和国初代大統領のアタチュルクの功績を称えた、トルコ共和国独立記念碑があります。 タクシム広場の周りにはバスターミナル、ホテル、銀行などがあって、広場から行けるイスティクラル通りには、レストラン、カフェ、ショップなどたくさんのお店が並んでいます。 タクシム広場にはトラム(路面電車)の発着場があって、広場の地下にある地下鉄などの駅を利用できます。今回は、そんなタクシム広場周辺の見どころについて紹介します。

広告

この記事で紹介されているスポット

トプカプ宮殿

【トルコ】栄華を極めたオスマン帝国スルタンの居城 世界遺産「トプカプ宮殿」に関連するタグ

イスタンブール 観光 イスタンブール 世界遺産 トルコ 観光 トルコ 世界遺産

広告

のおすすめホテル

トルコへの旅行も
航空券とホテルをセットでお安く予約!

トルコの航空券+ホテルを探す

トラベルブックの今週のおすすめ

広告

トラベルブックで人気のまとめ

運営会社