広告

非運動系ダイエット方法のおすすめは?特徴やメリット・デメリットまとめ

非運動系ダイエット方法のおすすめは?特徴やメリット・デメリットまとめ

更新日: 2021年11月25日

ダイエットに大切なのは、基礎代謝をあげることと、体のめぐりを良くすることです。好循環のサイクルができあがり、消費カロリーが摂取カロリーを上回る状態が続けば、ダイエット効果を実感できるでしょう。ただ、頑張っているのになかなか効果が出ないと断念したくなってくるのも事実です。そんな時には、基本的な食事と運動のダイエットにダイエットサプリや痩身エステ、圧着系アイテムといった非運動系ダイエットのアイテムを加えてみましょう。運動とは違ったアプローチで、より確かなダイエット効果を感じられるかもしれません。

本ページで紹介する商品・サービスの選定基準について
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

おすすめのダイエット方法は?ダイエットの基本は運動と食事!

大前提として押さえておきたいのは、ダイエットの基本は運動と食事だということ。内蔵脂肪や皮下脂肪がつくことで起きる体重増加の原因の多くは、摂取カロリーが消費カロリーを上回るために起こります。つまり、食事制限で摂取カロリーを調整しながら、運動で消費カロリーを増やせばダイエットはできます。ただ、わかってはいてもなかなか続かず断念しがちなのがダイエット。運動と食事によるダイエット効果をより高めるためには、非運動系のダイエットをプラスするのがおすすめです。

運動とは別アプローチからのダイエット法

筋トレや有酸素運動などを取り入れたダイエット法も、運動とは別のアプローチから入るダイエット法も、痩せる仕組みには多くの共通点があります。代表的なものとしては、基礎代謝の向上とむくみ体質の改善です。ダイエットを始めると体重の増減に一喜一憂しがちですが、太りにくい体質を手に入れることがその後の体重キープに重要です。それほどご飯を食べたわけでもないのに体重が増えてしまうような場合は、ダイエットと並行して太りにくい体を手に入れておく必要があるでしょう。

基礎代謝の向上で消費カロリーをアップ

基礎代謝とは、筋肉や骨を始め、心臓や肝臓、脳などあらゆる体の機関が消費するエネルギーのことです。基礎代謝は10代後半をピークに少しずつ低下していきます。これが「昔と同じ量のごはんしか食べていないのに太る」要因です。この基礎代謝を向上できれば、食べても太りにくい体を手に入れられるでしょう。

体質改善で便秘・むくみを解消

便秘やむくみなど体内に不要なものが滞りがちな状態を解消することは、ダイエットにとっても非常に重要です。近年の研究では、腸内フローラの状態を整えることが、痩せやすい体づくりに一役買うこともわかってきました。また、むくみが体重増加の一因となっている場合もあります。むくみを解決することで、スッキリとしたボディラインに変わっていくでしょう。

広告

非運動ダイエットの特徴とメリット・デメリット

運動を主体としないダイエット方法にはさまざまなものがありますが、ここでは代表例として、サプリメント、痩身エステ、圧着系アイテムについてみていくことにします。これらの方法には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。繰り返しになりますが、これらの方法は単独で高い効果が得られるというわけではなく、適度な運動とバランスのよい食事があってこそです。自分に合ったダイエット方法を見つけて、生活に取り入れていきましょう。

簡単で続けやすい!ダイエットサプリ

ダイエットサプリは、続けやすいダイエット方法の一つでしょう。ダイエットサプリには大きくわけて2つのパターンがあります。ひとつは代謝を上げて脂肪の燃焼を助けるタイプ。代謝が上がれば、なかなか落としづらいお腹周りのダイエットにも希望が持てます。もうひとつは、からだのめぐりを良くして便秘やむくみの解消を目的とするタイプ。食物繊維や不足しがちな栄養素を補うことで、体質改善を図り痩せやすい体づくりを助けてくれます。薬を飲んでいる場合は副作用を引き起こすことがあるので、事前に薬剤師に確認するなど注意が必要です。

痩せやすい体質に導いてくれる痩身エステ

痩身エステとは、お腹やお尻、太ももなど長年の蓄積で固まり取れづらくなってしまった脂肪にマッサージなどで外的刺激を加え、脂肪が燃焼しやすい身体を作っていく方法です。ダイエットで目標体重まで落としたのに、理想のボディラインにならない場合などに大きな効果が期待できます。脂肪がセルライト化して蓄積すると、めぐりが悪くなりむくみの原因にもなるので、痩身エステは好循環のきっかけづくりにもなります。サロンに通う時間と費用がかかることが、デメリットといえるでしょう。

毎日の習慣にしたい着圧系アイテム

着圧系アイテムには、大きくわけて2つの種類があります。ひとつは着用時に適当な圧をかけることでむくみを防ぐもの。寝る時に履く、着圧レギンスなどがこのタイプです。もうひとつは運動時、筋肉に適度な負荷をかけ運動効果を高めるものです。短時間の運動でも効果を高められるので、運動する時間がなかなかとれない人にもおすすめです。そのほか、ぽっこりお腹の原因になりうる骨盤のゆがみを補正する製品もあります。

ダイエット効果を長続きさせたいならバランスが大切

思いつきで行う急激なダイエットは、ホルモンバランスやライフサイクルを乱し、生理不順や便秘の原因となることがあります。また、ダイエットをやめた後にリバウンドを起こし、ダイエット前以上の体重になることも少なくありません。とくに中学生や高校生はまだまだ体を作る大切な時期なので、無理のない範囲内で健康的なダイエットを行うことが大切です。そして忘れがちなのは、体重だけがすべてではないということです。筋肉は脂肪より重いので、筋トレを取り入れたダイエットでは、ボディラインが変わっても体重が落ちないことがあります。「標準体重」「美容体重」などの数値に踊らされずに、焦らず長くバランス良く続けていくことが大切です。

ダイエットに関連する記事

広告

コスメ・スキンケア、健康食品・サプリメント、ヘアケア、ダイエット、脱毛など、あらゆる切り口から自分らしい便利な暮らしをサポートします。「めったに起こらない」が起きた時、解決のヒントがここにある。

広告

広告

広告

運営会社