ニキビができる原因は?種類ごとの正しい対処法や予防法を紹介

ニキビができる原因は?種類ごとの正しい対処法や予防法を紹介

思春期も大人になってからも悩まされるのニキビ。顔の目立つところにできると、見た目も気になりますよね。とくに大人になってからのニキビは治りにくいと感じる方も多いのではないでしょうか。気になってついついいじったり間違ったケアをしたりしてしまい、悪化する場合もあります。ニキビには白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビなどの種類があり、乾燥などの外的要因や、生活習慣、ホルモンバランスなどが原因として考えられます。正しいスキンケアや健康的な生活習慣を心がけて、ニキビを予防しましょう。悪化したときには、皮膚科や美容皮フ科などの病院を受診するのもおすすめです。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

ニキビの原因とは

気付いたらおでこや鼻、頬などにニキビができていたという経験はありませんか?ニキビができる原因にはさまざまな要因があり、知っておくことで予防できるかもしれません。どのような原因があるのかを解説します。

栄養バランスの偏り

栄養バランスが崩れることがニキビや肌荒れの原因の一つです。脂肪や糖分の多い食事を摂ると皮脂の分泌が促進されるため、皮脂が毛穴に溜まり、アクネ菌が繁殖しやすい状態になります。過度な食事制限などをすると、栄養バランスが偏って肌が乾燥します。栄養が偏らないように、バランスのよい食生活を意識しましょう。

紫外線や乾燥

肌がニキビのできやすい状態になっていると、乾燥や紫外線によって大きなダメージを受けます。ニキビができる肌はオイリーな肌をイメージするかもしれませんが、乾燥していると皮脂が詰まりやすくなります。肌の正常なターンオーバー周期が乱れるので、大人ニキビができやすいといわれています。紫外線は炎症を悪化させ、ニキビによるシミもできやすいので注意しましょう。

ホルモンバランスの崩れやストレス

思春期ニキビの大きな原因とされているのが、ホルモンバランスの乱れです。成長期はホルモンバランスが不安定で、とくに生理前になると体内の男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが乱れて、ニキビができやすい状態です。大人になると仕事や家事、育児など日常生活の中でストレスを感じることが多くなりますよね。ストレスもニキビの要因の一つです。綺麗な肌を保つためにはストレスが天敵。上手にストレスを発散していけるようにしましょう。

ニキビには3種類ある

ニキビには3つの種類があるのをご存じでしょうか。最初の段階が「白ニキビ」です。毛穴に皮脂が詰まって表面が閉じた状態で、白色や乳白色に見えます。白ニキビが進行した段階が「黒ニキビ」です。ニキビの患部の皮膜が空気に触れることで酸化し、黒っぽい色になります。黒ニキビがさらに悪化した段階が「赤ニキビ」です。炎症を引き起こし、ニキビの患部が赤く腫れあがります。

思春期のニキビと大人ニキビの違い

10代の思春期にできるニキビと、大人になってからできるニキビには大きな違いがあります。思春期のニキビの主な原因は、成長期の過剰な皮脂の分泌です。ホルモンバランスの崩れによって過剰に皮脂が分泌するため、思春期を過ぎると落ち着いていきます。大人ニキビは、ストレスや食生活の乱れなど多くの原因が考えられます。思春期のニキビと比べて長期間治りにくく、同じところに何度も繰り返しできることが特徴です。

炎症ニキビやニキビ跡は治りづらい!きれいにニキビを治す対処法は?

ニキビは他の人から見えやすい顔にできることもあり、膿が出るなど悪化しておでこや鼻に跡が残ってしまうと嫌ですよね。また、背中や二の腕などにできたニキビは、服にこすれて意外と気になります。ニキビの原因や正しい対処法を知り、きれいに早く治しましょう。

ニキビを潰すのはアリ?

ニキビができるとついつい潰したくなってしまいます。潰したところに傷ができると、細菌が入り込んでさらに炎症を引き起こしてしまう可能性があります。また、細菌が周りの綺麗な肌に広がってしまうと長引く原因となるので、潰すことはやめましょう。

皮膚科や美容皮フ科では治療薬を処方してもらえる

ニキビの状態が酷く、自分でどのように対処したらよいか悩むときには、皮フ科や美容皮フ科を受診しましょう。間違ったケア方法が、ニキビを逆に悪化させている可能性もあります。病院で専門医に診てもらい、適切な治療をしましょう。治療法はさまざまですが、薬物療法が一般的です。

自分でできるニキビ予防方法

ニキビを予防していくために自分でできるケア方法もあります。正しい方法でケアをすることでどのような効果があるのかを知り、ニキビができにくい肌作りを目指しましょう。

洗顔や化粧水、クリームなど、ニキビを予防するスキンケアのポイント

肌のケアの基本は保湿です。洗顔から保湿までのポイントを紹介します。
1.化粧をしている場合には、クレンジングで肌をこすらないように優しく落とす
2.洗顔は水かぬるま湯で行う(洗顔料を使用するときはたっぷり泡立ててから顔につける)
3.洗顔料を丁寧に洗い流したら清潔なタオルで優しく水分を拭きとる
4.化粧水やクリームなどの基礎化粧品でしっかり保湿する
また、医薬部外品などのニキビに効果が認められたスキンケアアイテムを使うのも有効です。

生活習慣を改善しよう

食生活、入浴、睡眠など生活習慣を整えることも、ニキビ予防に効果的です。食生活はそのまま肌にあらわれるものなので、体に必要な栄養素をバランスよく摂ることを心がけてください。ストレスや疲れをため込まないようにリフレッシュする時間を作り、入浴時間もゆっくりリラックスして楽しみましょう。睡眠時間をしっかりと確保し、肌や身体を休ませてあげてくださいね。

ニキビについて正しく知って、予防と対策を

ニキビには段階があり、仮にニキビができてしまっても正しい対処方法を知っておくと、悪化させることなく自分でケアができるでしょう。洗顔や保湿、生活習慣を整えるなど日々の積み重ねが大切です。効果的なニキビ予防を心がけて、きれいな肌をキープしましょう。

ピックアップ記事

運営会社