鼻の下にニキビができるのはなぜ?原因と対策を知りたい!

鼻の下にニキビができるのはなぜ?原因と対策を知りたい!

ニキビに関する占いやジンクスはさまざまありますが、鼻の下のニキビは目立つため、多くの女性や男性はうんざりしてしまうのではないでしょうか。鼻の下にニキビができる原因はさまざまです。とくに鼻の下などの口の周りのニキビは、胃腸の荒れが原因ともいわれています。そもそも鼻の下はニキビができやすい環境です。体の内側の胃腸だけでなく、外からの刺激にも弱いため、スキンケアの方法に問題がある可能性も考えられます。また、ストレスや偏食が誘因になることも。自分のニキビはどのタイプか、ニキビができる原因と対処法を知り予防に努めましょう。ニキビができてしまったときは、跡が残らないケアも大切です。生活習慣を見直し、適切な肌ケアでニキビを早いうちに直しましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

繰り返す鼻の下のニキビの原因は?

口元にできる鼻の下のニキビは、相手にどうみられているのか気になりますよね。とくに女性は生理前に鼻の下にニキビができる人が多いようです。せっかく治っても繰り返しできるニキビに、半ば諦めて肌ケアをせず放置してしまう人もいるかもしれません。そのままでは、クレーターのようにニキビ跡が目立つことにもなりかねません。まずはニキビができる原因を知り、ニキビができにくい肌に導くことが大切です。

ニキビ治療クリニックのカウンセリングを予約する

鼻や口の周りはニキビができやすい環境にある

鼻や口の周りは、普段からニキビができる条件がそろっている部位です。 毛穴が密集しているうえに、皮脂分泌量が多いため、過剰な皮脂が毛穴に詰まってニキビができてしまいます 。とくに鼻の下は、洗顔の際の泡やお湯が鼻の中に入ることを避けるためか、化粧や皮脂の汚れが残りやすい部位です。落としきれない汚れが毛穴に詰まり、アクネ菌が増殖してニキビができてしまいます。

鼻を触ってしまう人は要注意!マスクにも原因が?

鼻の下の皮膚を摩擦して刺激することもよくありません。鼻をよくかんだり、無意識に鼻の下を触ったりすることもニキビの原因といわれています。また、 日常的にマスクを使用する人は、内部が蒸れて雑菌が繁殖しやすい状態にあります 。マスクの繊維で肌が擦れる刺激により、頬や顎にプツプツとニキビができることも。肌にやさしいマスクを使用し、小まめに洗濯して清潔に保ちましょう。

ストレスが肌の抵抗力を下げたり皮脂分泌を活発化させたりする

思春期ニキビと違って大人ニキビは、ホルモンバランスの乱れやストレスが原因の一つ です。肌の抵抗力が弱まり、肌トラブルが起こりやすい状態になります。ストレスの影響でアンドロゲンというホルモンが増加することにより皮脂分泌が活発化するという研究記事もあります。生理前にニキビができる人も多いのではないでしょうか。この時期は、黄体ホルモンの分泌が多くなります。黄体ホルモンは男性ホルモンに似た性質があり、皮脂の分泌が多くなるためニキビができやすい体質になるのです。睡眠不足などもストレスの引き金になりますので、気をつけましょう。

口周りのニキビは栄養バランスの偏りが原因の可能性も

偏った食事や胃腸の不調が口周りの肌荒れにつながるともいわれています。 栄養バランスのよい食事を摂るよう心がけましょう 。ポテチ類などの油っぽいスナック菓子やジャンクフードを控えることで、肌の状態がよくなることもあります。とくに酸化した油は胃腸に悪いだけでなく、肌や他の部位への健康被害を起こす可能性もあるため、避けたほうが無難でしょう。

痛いニキビとかゆいニキビがある?症状の違いと色の関係

ニキビも吹き出物も同じものです。どちらも痛みやかゆみを感じることは少ないですが、人によってかゆみがある場合もありますし、ひどくなれば痛みを感じる場合もあります。炎症が強くなる前の初期の段階で、適切な処置をすることが大切です。以下では、4種類のニキビについて、色別の症状の違いや炎症の有無を説明します。

炎症のない白ニキビと黒ニキビ

炎症のない初期段階の白ニキビは、毛穴の出口が閉じていて白い点や盛り上がりのように見えます。ターンオーバーの乱れで皮膚が厚くなり、毛穴に皮脂が詰まった状態です。それが進んだ状態が黒ニキビです。白ニキビの皮脂詰まりの芯が空気と反応して酸化するため、黒く変化します。ホクロやシミのように見え、炎症は起きていない状態です。

炎症が起きている赤ニキビと黄ニキビ

一方、炎症が起きているのが赤ニキビと黄ニキビです。赤ニキビは、毛穴に詰まった皮脂をエサとするアクネ菌が増殖した状態です。ぷっくり赤く腫れたように見え、痛みやかゆみを伴うことがあります。この症状がさらに進んだのが黄ニキビです。ニキビの中心に膿が溜まって黄色味を帯びるため、黄ニキビや膿みニキビと呼ばれます。膿を無理やりつぶすと、ニキビ跡が残る可能性もあります。

鼻の下のニキビの対策方法は?

辛い鼻の下のニキビの対策方法について気になる方も多いと思います。ここでは

スキンケアの見直し

鼻周りの過剰な皮脂分泌を防ぐには、正しいスキンケアをすることです。テカってしまうからと保湿を疎かにしてしまう方も多いのではないでしょうか。一見皮脂があるので潤っているかのように見えても、インナードライ肌と言って実は乾燥しているから過剰に皮脂が出ていることも多いのです。そのため、 ニキビができていてもしっかりと保湿を十分に行うことでトラブルの起きにくい肌に導いてくれます 。しかし化粧品の油分は皮脂と同じようにニキビの原因となるため、油分を控えめに水分重視のスキンケアをするのが良いでしょう。そして紫外線も肌の大敵。出かける時はニキビを刺激しない肌に優しい日焼け止めを使用するなど、紫外線対策を忘れずに行いましょう。

生活習慣の改善

ニキビを改善するためには生活習慣の見直しも必要 です。食生活では積極的にビタミンを取るように心がけましょう。特に代謝に働くビタミンB群を摂取し、脂っぽい料理や濃い味付けを避けると良いでしょう。また、入浴と睡眠も重要です。シャワーだけで済ませてしまう方も多いかと思いますが、湯船に浸かり血行を促進することで代謝がアップするので肌荒れがしにくい体を目指すことができます。また、睡眠一時間前には質の良い睡眠の妨げとなるテレビやスマートフォンの電源を消し、最低6時間の睡眠は確保することをおすすめします。そしてニキビの大きな原因ともなるストレスの解消も重要です。忙しい毎日の中でも、運動や音楽、趣味など自分がリラックスできる時間を作ることで、ストレスの軽減が望めます。

専門医療機関に相談

自分でできるケアをしても、できてしまった鼻ニキビが悪化することはあるでしょう。鼻にできてしまったニキビは気になるもので、つい触ってしまったり、潰してしまったりすることでニキビ跡が残ってしまうことがあります。ニキビ痕はクレーターのように陥没することもあるので、治療は難しくなることも。 皮膚科などでは、ニキビができてしまう原因やニキビの状態を考慮した治療方法を提案してくれます 。ニキビの治療は「塗り薬」「飲み薬」「ピーリング」が基本なので抵抗がある方も少ないのではないでしょうか。また、自己診断でニキビだと思っていても、実はニキビではない可能性や、重症のニキビには合併症があることもあります。専門医でなければ判断することが難しいので、早めに相談してみましょう。

ニキビ治療で人気のクリニックはこちら!

■品川スキンクリニック

品川スキンクリニックでは、ニキビやニキビ跡で悩んでいる人、繰り返しできるニキビをどうにかしたい人に適したニキビ治療を提案してくれます。
数ある施術メニューの中でも人気のニキビ治療は「ケミカルピーリング」と「ダーマペン4」。
ケミカルピーリングは、表皮に塗布した薬剤が角質層まで浸透して 肌のリズムを整え、新しい皮膚の再生を活性化 してくれる治療です。
ダーマペン4はコラーゲン生成による美肌再生治療です。 色素沈着によるニキビ跡や毛穴の開き、毛穴のたるみ、小ジワなどの改善や肌のハリ不足を防ぐ 効果が期待できます。

品川スキンクリニック

生活習慣やスキンケアの見直しで鼻の下のニキビ対策を!

思春期ニキビはたいした処置をせずに放っておいても、やがてきれいに治ることも多いものです。ただし、それは代謝がよく肌リズムが正常な若い肌の特権です。大人ニキビではそういうわけにはいきません。鼻の下はとくにニキビができやすい部位ですから、日頃から生活習慣の見直しやストレスを溜めないよう体の内側のケアも大切です。また、スキンケアもニキビ予防やニキビ肌に効果のある洗顔料や基礎化粧品などで対策を行いましょう。悪化させず早期に治療したいときは、皮膚科の受診がおすすめです。

ニキビ対策中の方におすすめする記事

詳しく

ニキビ肌に使える化粧水の選び方 | 乾燥を予防!大人ニキビができる原因も解説!

美容・ビューティ&ヘルス

朝鏡を見てがっかり…。そんな経験はありませんか。ニキビは思春期のシンボルと思われがちですが、大人でもニキビに悩んでいる人は少なくありません。大人ニキビはホルモンバランスの崩れ、忙しい生活習慣の乱れ、誤ったスキンケアが原因と言われています。 今回は、ニキビ肌に使える化粧水の選び方を紹介します。日本初!皮脂の分泌を抑える薬用化粧水など、それぞれ成分や使い方、効果など特徴は異なります。価格も高価な物からプチプライスの手頃なものまでさまざま。大切なのは、キャッチコピーに惑わされず、自分の肌に合ったものを選ぶことです。お気に入りの化粧水を見つけたら、正しいスキンケアでニキビ肌をケアしましょう。

ピックアップ記事

運営会社