色素沈着の原因は何?予防とオススメの治療法を知って美肌を目指そう

色素沈着の原因は何?予防とオススメの治療法を知って美肌を目指そう

色素沈着の原因は、黒いメラニン色素がうまく排出されず、皮膚内に蓄積されてしまうことです。日焼けや摩擦など肌が受けるさまざまな刺激により、色素沈着が引き起こされることがあります。強い刺激となるカミソリやムダ毛処理、締め付けの強い下着は色素沈着が起きやすくなります。また、化粧品や洗顔剤が肌に合わずに炎症が起き、色素沈着を生じることも。もしも色素沈着が起きてしまったときは、美容皮膚科で治療可能です。症状によって外用薬と内服薬で治す場合と、レーザー治療やケミカルピーリングなどを施術する場合とがあります。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

色素沈着の種類と原因

皮膚内のメラニン色素の生成と排泄のバランスが崩れると、色素沈着が起こります。加齢やホルモンバランスの乱れ、紫外線による日焼けでメラニン色素が過剰に生産された場合、またはターンオーバー(皮膚再生)が正常でなくなった場合に、メラニン色素が排出しきれずに局所的に肌が黒くなってしまいます。

皮膚内にメラニン色素が蓄積される「黒ずみ」

「黒ずみ」とは、ひじやひざ、ワキの下やデリケートゾーンの肌が黒っぽく見えている状態です。皮膚に強くこする、衣服のゴム部分が長時間すれるなどの摩擦を受けると、メラニン色素が皮膚に沈着して黒ずんでしまいます。

炎症後色素沈着とも呼ばれる「シミ」

肌に虫刺されやニキビ、傷などの炎症が起きたあと、メラニンが排出されずにシミになることがあります。アトピー性皮膚炎などで炎症を繰り返している肌も、色素沈着を起こしやすい状態です。とくに日本人の肌には黒色メラニンが多いので、この炎症性色素沈着が起きやすいといわれています。肌に炎症を生じるとメラニンが生成され、その後メラニンが十分に排出されないで残ってしまうと、炎症の赤みがひいたあとにシミになります。クレンジングや洗顔、マッサージなどで肌を強くこすってしまったときも、炎症性色素沈着が起きる場合があります。

顔や身体の色素沈着を予防するには

顔や身体の色素沈着を予防するには、摩擦を避けることが大切です。肌のリズムを促すよう、スキンケアもていねいに行います。炎症が原因で色素沈着が生じることもあるため、できるだけ早く炎症を抑えるよう心がけましょう。

肌のリズムを促進するスキンケアがポイント

肌のリズムを促進するため、しっかりとスキンケアを行いましょう。摩擦で色素沈着を生じることもあるので、ゴシゴシと強くこすらずに優しく洗います。洗浄後は保湿ケアを十分にして、肌のリズムを整えましょう。また、血行不良で色素沈着が起こることもあります。運動やストレッチ、湯船にゆっくりと浸かって身体を温め、全身の血行を良くしましょう。

まぶたや唇はメイク刺激で色素沈着しやすい!クレンジングにも注意

目頭や目尻などの目の周り、まぶたや唇はほかの部位よりも皮膚が薄いため、摩擦で色素沈着する場合があります。メイクのときに物理的な刺激を与えると、黒ずんでしまうかもしれません。また、ファンデーションや口紅などメイクを落とすために手で強くこすってクレンジングすると、色素沈着の原因になります。メイク落としは優しく行うよう心がけましょう。

下着は締め付けが少なく肌に優しい素材を

ビキニラインやデリケートゾーンの黒ずみは、下着による摩擦が原因のことがあります。強い締めつけ感のある下着は避けた方がよいでしょう。また、ムダ毛処理のカミソリや毛抜きの刺激が黒ずみの原因になることも。乾いた肌にジェルやクリームを塗ってシェービングする、あるいは肌に優しい電気シェーバーを使うなど工夫しましょう。

ナイロンタオルやブラシは摩擦が強いので使用しない

身体を洗うとき、摩擦の強いナイロンタオルやブラシ、スポンジなどを使うと色素沈着の原因になります。とくに骨が出っ張っている部分は黒ずみやすいので、こすらないように優しく洗いましょう。洗顔料やボディソープが肌に合わず炎症を起こしたときも、色素沈着を引き起こす場合があります。

色素沈着を治すにはどうすればいい?

色素沈着を治すにはスキンケアで肌の調子を整え、肌のリズムを整え透明感のある肌を目指しましょう。美白化粧品(医薬部外品)で美白ケアをしたり、美白成分が配合された飲むタイプの市販薬を使ったりするのもおすすめです。セルフケアでは思うような効果が出ないとお悩みの方は、美容皮膚科の診察を受けましょう。市販薬よりも効果の高い内服薬と外用薬の処方は受けられて、効果的な治療が期待できます。薬剤や器具を使った美白治療が受けられる場合もあります。

美白クリームなどの美白化粧品を使う

肌の色素沈着は、乾燥しているとできやすくなります。まずはスキンケアをして十分に保湿しましょう。水分とともに適度な油分をプラスすると、角層の乾燥を抑えて摩擦を軽減できます。美白効果のある化粧品も効果的で、含まれている「ハイドロキノン」などの成分には、メラニン色素を薄くする効果があります。反面、肌に刺激を与えてしまうことがあり、肌荒れなどがある場合は使用しない方がよいでしょう。角質を取り除くピーリング石鹸も効果が期待できます。週1〜2回を目安にし、肌に負担をかけすぎないようにしましょう。

黒ずみやシミは美容皮膚科で治療できる

色素沈着は美容皮膚科で治療可能です。病院では外用薬や内服薬を処方される場合と、レーザー治療やケミカルピーリングなどを施術する場合とがあります。レーザー治療は、メラニン色素に高出力レーザーを照射し、色素沈着の原因であるメラニン色素を破壊する方法です。「レーザースポット治療」は顔などのシミに、「レーザートーニング」はひじやひざ、わき、デリケートゾーンなどの黒ずみ対策に用いられます。ケミカルピーリングは表皮に溜まった角質を除去し、肌細胞のターンオーバーを促します。

色素沈着の原因を知って、早めの予防と根気強い治療を行おう

色素沈着を悪化させないためには、原因を知って早めに対策しましょう。肌に摩擦を与えるようなことは避け、保湿して肌の再生を促すことが大切です。色素沈着はすぐにはなくなりませんので、根気強くケアを継続しましょう。セルフケアでは難しいと感じる方は、美容皮膚科の診察を受けてみてはいかがでしょうか。

ピックアップ記事

運営会社