脇の匂いをなんとかしたい!匂いの原因と対策方法を紹介

脇の匂いをなんとかしたい!匂いの原因と対策方法を紹介

たくさん汗をかく夏の時期や、厚着や暖房で蒸れる冬の時期などに気になる脇の匂い。脇汗や汗臭で周りに迷惑をかけていないか不安、もしかしてワキガかも?と心配をされている方も多いのではないでしょうか。実は、脇の匂いは適切なケアをすればほぼ抑えられると言われています。脇の匂いの原因は、汗腺や遺伝、生活習慣などさまざまな要因が考えられます。原因を知ったうえで、脇を清潔に保つためのアイテムを活用したり、生活習慣を見直したりすれば、匂いが改善する可能性があります。セルフケアで改善が見られない場合には、医療機関に相談してみるのもおすすめです。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

自分の脇が臭い!?脇の匂いの原因とは?

ふとした瞬間に気になる自分の脇の匂い。周りの人に迷惑をかけていたら…友達に臭いと思われていたら…など、心配をしたり、不安を感じたりしている方も多いかもしれません。では、なぜ脇は匂うのでしょうか?まずは脇の匂いの原因を理解しましょう。

エクリン腺とアポクリン腺

私たちの体には汗腺という汗を分泌する組織が存在しています。汗腺には「エクリン腺」と「アポクリン腺」の2種類があり、それぞれ分泌する汗の成分や性質が異なります。エクリン腺から出る汗は成分の99%が水分でさらっとしています。一方、アポクリン腺から出る汗は脂肪やタンパク質など匂いの元となる成分を多く含み、粘り気があるのが特徴です。どちらも汗そのものは無臭です。しかし、かいた汗を放置しておくと、細菌が汗や脇の下の垢や皮脂をエサとして分解し、独特の匂いを発生させます。これが汗臭やワキガ臭の原因です。

疲労やストレス、生活習慣にも関係が

脇が匂う原因には疲労やストレス、食生活など生活習慣も大きく関係しています。疲れやストレスがたまった時に脇からツンとした匂いがした経験がある方もいるでしょう。これは「ストレス臭」や「疲労臭」と呼ばれるもので、血中で濃度が高くなったアンモニアが汗と混じることで発生した匂いです。また、偏った食生活や、過剰な飲酒、喫煙などの習慣も匂いを強くする原因と言われています。

遺伝的な要素も

アポクリン腺が起因するワキガ臭の原因には、遺伝的な要素もあるとされています。両親共に、またはどちらかがワキガ体質の場合、その子どももワキガ体質である可能性が高くなります。自分がワキガ体質かどうか気になる方は、耳や衣服を調べてみましょう。左右の耳垢が湿っている、汗をかくとTシャツや下着に黄色いシミがつくという方は要注意。アポクリン腺が多いため、ワキガ体質の可能性があると考えられます。

脇の匂い対策!すぐにできるおすすめセルフケア方法

脇の気になる匂いは、適切な対策をすることでほぼ抑えられるといわれています。では、具体的にはどのような対策を実践すればよいのでしょうか。すぐに取り組めるセルフケア方法についてご紹介します。

適切な腋毛処理をする

腋毛の処理を怠ると雑菌が繁殖しやすくなり、匂いも強くなる傾向があります。そのため腋毛は定期的に処理するようにしましょう。自己処理をする場合は、抜くのではなく、剃刀やシェーバーなどで剃るのがおすすめ。乳液や専用のクリームを使用して、肌を傷つけないよう注意して処理をしましょう。

デオドラントシートや制汗剤などの汗対策商品を活用する

脇から出る汗は、かいてから1時間程度で匂いを発するようになります。そのため、汗をかいたらなるべく早く汗ふきシートやデオドラントシートなどで拭き取るようにしましょう。また、汗の分泌を抑制する制汗剤や細菌の繁殖を防ぐ殺菌剤の使用もおすすめです。デオドラントシートやデオドラント剤はドラッグストアで気軽に購入できます。スプレータイプやクリームタイプ、ローションやパウダーなどさまざまなタイプがあり、香りの種類も豊富なので、医薬部外品かを確認し、好みにあったものを探してみてはいかがでしょうか。

服装選びに気を付ける

衣服や下着を選ぶ際は、綿やシルクなど吸水性に優れた素材を使用したものを選びましょう。また、できるだけ脇と衣服が密着しないゆったりとした服装をするのがおすすめ。身体に密着する服装や、吸水性の悪いナイロンやポリエステル素材の下着や衣類を着用すると脇が蒸れ、匂いがより強くなるのでご注意ください。

食生活や運動習慣を見直して、ストレスを溜めない生活を心がける

脇の匂いには日頃の生活習慣が大きく関係しています。食生活や運動習慣など匂いを増幅させる原因を作っていないか確認してみましょう。
・食生活
肉類や脂っこい食べ物ばかり食べると汗腺や皮脂腺の働きが活性化し、脇の匂いがきつくなります。野菜や果物、魚などバランスよく摂取しましょう。
・運動
日常的に運動する習慣を作りましょう。運動をすることで、新陳代謝が活性化し、老廃物を溜め込みにくくなります。細菌の繁殖を助長する老廃物を減らすことで、匂いも軽減できます。また、適度な運動はストレス解消にも効果的なので、ストレス臭や疲労臭の改善にもおすすめです。
・飲酒や喫煙
アルコールやニコチンには汗腺を刺激し、匂いを強くする作用があります。脇の匂いが気になる場合は、できるだけ飲酒や喫煙は控えるようにしましょう。

効果が出ない時は、医療機関での治療も

セルフケアを行っても効果が感じられない場合は、医療機関での治療も検討しましょう。軽度の症状から重度のワキガ症状まで、症状によってさまざまな治療方法がありますのでご紹介します。

軽度の症状ならまずは内服薬や外服薬による治療を

軽度のワキガ症状の場合、汗の分泌を抑制する「臭化プロバンテリン」という保険適用の内服薬を処方されることがあります。また、医療機関では「パースピレックス」という汗を抑える効果のある塗り薬も販売されています。

ワキガ治療や多汗症にも効果がある「ボトックス注射」

脇に注射することで汗腺の働きを抑え、汗を減少させる効果のあるボトックス注射。軽度のワキガ治療や多汗症に効果があるとして治療を受ける人も増えています。施術時間は10分程度、個人差はありますが効果は4~9か月程度続きます。

マイクロ波で汗腺を破壊する「ミラドライ」

ミラドライは、マイクロ波を照射して、ワキガの原因となる汗腺を破壊する治療法です。肌に傷をつけずに治療できることや1回の治療で効果が長期間持続することが魅力で、高い人気を誇っています。薬による治療やボトックス注射で効果が薄いと感じる場合は、ミラドライの施術を検討してみてはいかがでしょうか。

深刻なワキガ臭には手術という手段も

日常生活に支障が出るほどの重度のワキガの場合、手術を行うこともあります。ワキガ手術にはさまざまな方法がありますが、現在では、脇の一部を切開し、匂いの原因となるアポクリン腺を目視で除去していく剪除法(皮弁法)が多く行われています。手術によりワキガ臭は減少しますが、脇の下に傷が残ってしまったり、術後通院が必要だったりとデメリットもあることを理解しておきましょう。手術を検討する際は、信頼できる医師を見つけ、事前によく相談してしてから手術をするかどうかの決断をしてください。

脇の匂いは抑えられる!しっかりケアして匂いの悩みから解放されよう

脇の匂いは、正しいケアや生活習慣の改善で抑えられます。セルフケアで抑えきれない場合も、医療機関で治療を受けることで匂いが気にならないレベルまで抑えることが可能です。匂いケアは重要ですが、神経質になりすぎるとストレスでより匂いが強くなってしまうことも。制汗剤やデオドラントシートなどを自分の好きな香りにしてリフレッシュしたり、運動で発散したりして、ストレスをためず、匂いの悩みを解決していきましょう。

ピックアップ記事

運営会社