探偵による浮気調査の料金は? 値段相場や証拠集めの方法を詳しく解説

探偵による浮気調査の料金は? 値段相場や証拠集めの方法を詳しく解説

探偵に浮気調査を依頼する場合、張り込みや尾行など素人ではできない方法で、
時間をかけて調べて明確な証拠を押さえてくれます。

探偵事務所に依頼すると浮気相手の顔写真や不貞行為が証明できる写真、相手の住んでいる場所などが詳しくわかります。
腕を組んだり、ラブホテルから出てくる写真などは、慰謝料を請求したり離婚したりするための大切な証拠となります。

ただし、探偵事務所ごとに浮気調査の調査費用は違うほか、依頼内容や期間によっても費用は変動します。
なるべく安く浮気調査の費用を抑えるためには、調査して欲しい点をはっきりさせ、依頼内容に適した料金プランを選ぶことが大切です。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

【この記事で得られること】
・浮気調査の調査料金とその相場
・浮気調査のプラン
・料金を安くするコツ

無料相談OK!年間10,000人利用の日本最大手の探偵事務所紹介サービス

■街角相談所探偵

◆日本最大手の探偵紹介サービス
厳しい審査を通過した100社以上の優良探偵事務所から あなたのニーズにあった探偵を紹介してくれる日本最大手の探偵紹介サービス です。
街角相談所探偵は、問い合わせ〜ご紹介まで完全無料で利用することができ、
「予算に応じた探偵を紹介してほしい」
「明日調査してくれる探偵を紹介してほしい」
など、あなたの希望に応じたぴったりな探偵事務所を紹介してくれます。

年間10,000人以上の方が利用している日本最大手の探偵紹介サービスです。

街角相談所探偵

0120-043-027

探偵が行う浮気調査の方法とは

探偵事務所や興信所に依頼して行う浮気調査は、自分で夫や妻の様子を監視することとは違います。
夫や妻が浮気をしている明確な証拠を写真に撮り、浮気相手の名前や住所なども突き止めます。

調査が終わると報告書を作成してもらえるので、離婚を有利に進めたり、慰謝料請求の正式な証拠として弁護士に提出したりすることも可能です。

探偵の浮気調査の具体的な調査方法を紹介します。

張り込み

夫や妻が浮気している可能性がある場合、
まず張り込みをして浮気相手と連絡を取ったり、密会したりと、行動を起こすタイミングを待ちます。

夫なら終業時間に会社から出てくるところを見張ります。
妻の場合は自宅から外出したり誰かが自宅に訪れたりするのを待ちます。

誰かに見張られていると調査対象者に感づかれるのを防ぐため、目立たないように張り込みます。
調査員は対象者と面識がないので、探偵だと気付かれることはまずありません。

対象者が行動するときには、会社や家を出るところの写真や時間を、証拠として必ず記録します。

尾行

対象者が動き出すと、調査員も後を追います。
尾行は素人には非常に難しく、人混みや繁華街では見失う可能性が高いものです。
また人気のない住宅街では気付かれやすくなります。

探偵事務所や興信所の浮気調査の場合は、通常調査員2人(繁華街などでは3人以上)で尾行し、見失うことがないよう対象者の後をつけます。
尾行でも場所がわかるところや浮気相手と会ったところなど要所で写真を撮り、証拠を残します。

浮気の証拠として使えるもの

慰謝料請求や離婚調停などに提出できる浮気の証拠はさまざまあります。

メッセージのやりとりや、実際に2人が会っている時の写真などは、不貞行為の証拠として有用です。
ただし自分で証拠になる写真を撮るのは難しいので、プロに浮気調査を依頼した方が確実です。

自宅で集められる浮気の証拠があれば、保管するか写真に撮っておくと、あとで使えるものもあります。
探偵事務所や興信所に浮気調査を依頼すると共に、自宅で自分で集められるものは証拠として取っておきましょう。

浮気相手との不貞行為がわかる写真

浮気の証拠として確実なのが写真です。

実際の浮気現場や不貞行為を撮影することは難しいですが、
ラブホテルや相手の家への出入り、人気のない場所に駐車している様子などの写真を撮られれば、浮気している証拠として使えるでしょう。
これらは対象者と浮気相手の顔がはっきりと写っていなければいけません。

夫が女性とまたは妻が男性と親密な写真

浮気相手と腕を組んだり手を繋いだりして歩いている写真は、知り合いや友人と言い逃れできない浮気の証拠となります。

浮気している当事者は、密会するときは十分に警戒しているので、親密な場面の写真を撮るタイミングが重要です。
しかし、これらの写真も浮気調査の経験豊富な探偵ならば、対象者と浮気相手に気付かれずに撮影できます。

浮気が推測できる内容のレシートや携帯の通話履歴、メールなどのやり取り

浮気相手と連絡を取る携帯電話の通話履歴やメッセージのやり取りなども、証拠になります。
対象者は浮気が発覚しないようになかなか携帯電話を手放さないかもしれませんが、携帯電話の中には証拠となる情報がたくさんあるはずです。

また、見覚えのない店の2人分の飲食代のレシートやラブホテルのレシートなども重要な証拠になります。
レシート自体を保管しておくのが一番ですが、難しい場合は写真を撮っておいてください。
レシートの日付を確認して、その日夫や妻の帰りは何時だったかを忘れずにメモしましょう。

浮気調査の報告書で何ができる?

配偶者が浮気しているかどうかを浮気調査で確認できたら、報告書をもとに依頼者はさまざまな行動を起こせます。
探偵事務所や興信所は、浮気を断定できる十分な証拠と詳しい調査内容を報告書にまとめてくれます。

それらは裁判にも提出できる正式な証拠です。
依頼者は、夫や妻に対して浮気の証拠を提示して離婚や慰謝料の請求などが行えます。

離婚

浮気は結婚相手の不貞行為となるので、離婚の理由になります。

一回の不貞行為でも離婚の理由と認められる場合があり、
さらに浮気相手と継続的な関係があったことがわかると、依頼者はより高額な慰謝料を請求できるなど有利になります。

そのため、複数の密会現場の写真があるといいでしょう。
費用の問題で何度も浮気調査ができない場合でも自分で通話履歴、メールやLINEなどのやり取りの証拠を見つけたら保管しておきましょう。

配偶者と浮気相手に慰謝料請求

浮気の証拠がつかめれば、慰謝料の請求もできます。
配偶者である夫や妻だけでなく、浮気相手にも慰謝料を請求できます。

慰謝料は不貞行為が一回だけの場合は、50万〜200万程度が相場とされています。
浮気が一度ではなく何回も継続して続いていたことを証明できると、慰謝料の相場は300万円程になることもあります。

探偵の浮気調査の料金プランや相場は?

浮気調査におすすめの探偵社をチェックしてみる

ほとんどの探偵事務所や興信所では浮気調査を行っています。
浮気調査専門の探偵社もあります。

しかし料金の設定は業者によって違うので、適正な金額で納得いく調査をしてくれる探偵社を探すのは難しいことです。
無料相談でしっかりと内容を確認してから契約しましょう。

浮気調査の費用を安くするためには

浮気調査の費用を安くできる方法はいくつかあります。

探偵事務所や興信所の浮気調査の料金自体が安いところを選んでもいいですが、
十分な調査をせずに終了する悪質なところもあるので、注意が必要です。

調査料金が安ければいいとは言えず、調査内容や追加料金などを事前に確認しましょう。

成功報酬のプランがおすすめ

浮気調査の料金の一つに成功報酬があります。

探偵が浮気をしている証拠が掴めたときに料金を支払います。
証拠がなかった、または浮気をしていなかったときには、調査料金を支払う必要はありません。

浮気をしているかどうかはっきりわからない場合は、成功報酬がおすすめです。
ただし、どこまでを成功としているのか、料金を支払う時の内訳などは事前に確認しておきましょう。

依頼者としてどこまで知りたいのかを明確に伝える

探偵事務所や興信所に浮気調査を依頼する時に、何をどこまで知りたいのかをはっきり伝えましょう。
浮気していることがわかればいいのか、どのくらいの頻度で会っているのか、また浮気相手の住所や勤務先、家族などまで知りたいのかによって、調査期間や方法が変わります。

必要な情報は何かを最初に伝えることが大切です。

夫や妻の行動パターンを把握して依頼時間を短くする

夫や妻の行動をある程度把握しておくと、短い期間の浮気調査でも証拠を掴めて、調査費用を安くできます。

毎週同じ日に残業や習い事で帰りが遅くなる、同じ友人と頻繁に出かける場合は、浮気相手と会っている可能性があります。
配偶者の行動パターンを把握し、依頼時に調査員に伝えて浮気調査の期間を決めるといいでしょう。

契約書を交わす前に見積もりを取る

配偶者が浮気しているかもしれないと悩んだり、気が動転したりしていると、冷静な判断ができなくなり、
法外な浮気調査料金にもかかわらず契約してしまう場合があります。

契約書を交わす前に必ず見積もりをとり、料金の内訳を確認しましょう。
また、追加料金が発生するか、キャンセル料はかかるのかなども事前に聞いておきましょう。

浮気調査におすすめの探偵社はこちら!

ラビット探偵社

トラベルブックがおすすめする探偵社は、ラビット探偵社。

全国に支社があり、どこでも出張調査してくれる探偵社です。

警察OBの調査手法を活用し、精度の高い調査が好評の理由です。

経験豊かな調査員が親身に相談に乗り、確かな調査力で問題解決のサポートをしてくれます。
ラビット探偵社では、依頼者の問題解決の為にどこよりも親身になって話を聞くことで、
無駄な調査・コストをカットできるよう経験豊富な調査員の調査プランを立ててくれます。

また、しっかりと料金を提示し理解、納得した上で進行できることから高い満足度を得ています。電話相談や見積もりも無料で受けているので、安心です。

是非一度相談してみてはいかがでしょう。

ラビット探偵社

0120-716-008

探偵に浮気調査を依頼するなら予算にゆとりを持って

浮気調査は、ケースごとに調査期間や方法が違うので料金もそれぞれ違います。

確実に証拠を掴みたいなら、調査料金の予算にゆとりをもつようにしましょう。
例えば3日調査を依頼しても、その間に必ず浮気相手と会うかわかりません。

浮気調査が無駄にならないよう、証拠を得られる十分な期間で調査を依頼してください。

無料相談OK!年間10,000人利用の日本最大手の探偵事務所紹介サービス

街角相談所探偵

0120-043-027

関連する記事

詳しく

【浮気調査】探偵 大阪 |人気おすすめ大阪の探偵・興信所 18選

自分の夫や妻など、パートナーが「浮気しているかも...」と感じたとき、不安や疑う気持ちでいっぱいになりますよね。一度疑い始めると、すべてが怪しく見えてきてしまうもの。本人に直接聞いたとしても、正直に白状するわけありません。疑いが晴れるまでモヤモヤが続くのであれば、いっそ真実がはっきりするまで徹底的に調査するのもひとつの手。しかし、浮気している証拠を見つける方法がわからず、途方に暮れてしまう方も多いのです。そんな時おすすめなのが、探偵社や興信所に浮気調査を依頼する方法。プロに依頼することで、決定的な証拠をつかめる可能性は大幅にアップします。大阪には、実績があるプロの探偵事務所などが豊富です。証拠を手にしたら、弁護士を紹介してもらえるところも。自分の状況に合った条件を満たす探偵社や興信所を選ぶことで、モヤモヤとした状況をすっきりさせられますよ。

詳しく

浮気した妻から夫が親権を取るには?探偵に依頼して証拠集めを

妻が浮気や不倫をしたとはいえ、夫が親権を取るのは難しいといわれています。浮気は夫婦間の問題で、子供の養育者としてふさわしいかは別問題だからです。親権がどちらになるかは子供の現状とこれまでどう育ててきたか、子供と一緒に過ごせる時間の長さなどが重要視されます。夫が親権を得るには、子供と長く関われるようにし、育児と家事を積極的にして養育実績を積み重ねていきましょう。妻が浮気により子供をないがしろにしていた証拠があれば、夫が親権を得られる可能性が高まります。探偵や興信所に依頼し、妻の浮気・不倫の証拠を押さえましょう。

詳しく

テレワーク不倫がコロナ禍の状況で急増中?見破る方法も解説

2020年世界を揺るがした新型コロナウイルスにより、急増している在宅ワーク。それに伴い、テレワーク不倫が増えています。従来の不倫と違い、周囲の目を気にしなくてもよいことから大胆な行動を取れること、オンラインで連絡を取り合い直接会わないのでバレる可能性が低いことが特徴です。テレワーク不倫が今後不倫のトレンドとなる可能性もありますが、直接会わなくなることで不倫自体が減る可能性もあります。配偶者のテレワーク不倫が心配な方は、自室にやたらとこもる・スマホやパソコンを触る回数が増えているなどの変化がないか要チェック。パートナーの行動が怪しいと感じたら、探偵に調査を依頼することもおすすめです。

詳しく

浮気調査に失敗したらどうなる?調査を成功させるポイントも解説

配偶者に浮気調査がバレてしまった、浮気相手との証拠写真が捉えられなかった、撮った写真が使い物にならなかったなど、浮気調査には失敗のリスクが多々あります。しかし、一度浮気調査に失敗してしまうと、相手に警戒され二度と証拠が抑えられなかったり、相手から激しく糾弾され自分が悪者になってしまったり、費用や時間が無駄になってしまったりといいことは1つもありません。浮気調査を成功させたいなら、自分1人で調査をせず、探偵社や興信所などプロへの相談がおすすめです。浮気調査の経験値が高く、調査力に優れた探偵社、興信所へ依頼すれば満足のいく調査結果をえられる可能性が高まります。

詳しく

浮気発覚後の夫との接し方はどうすればいい?対応方法を詳しく紹介

夫の浮気や不倫が発覚した後、夫との接し方に悩む人は多いでしょう。夫の浮気が発覚したら、まずは夫とじっくり話し合いの時間をもつことが大切です。夫を責める発言はできるだけ控え、夫が反省しているかどうかで接し方を変える工夫をしましょう。夫との話し合いのときには、感情的になるのは避けるべきです。辛い気持ちは正直に伝え、今後の夫婦関係に対しての要望をしっかりと伝えましょう。浮気発覚後の夫との接し方で悩んだら、ひとりで悩まず、親しい人に相談するのがおすすめです。カウンセラーや弁護士に相談するのも効果的ですよ。

詳しく

浮気慰謝料を請求したい!請求できる条件はある?相場はどれくらい?

夫や妻の浮気が発覚、浮気すると、不倫相手を許せない気持ちになりますね。悲しみや怒りなど精神的なダメージはお金では解決できませんが、慰謝料請求は不倫相手に対して、懲罰を与えて責任を取ってもらうという意味があります。自分たちの夫婦関係がどうであったか、子どもはいるか、今後離婚する可能性があるのか。不貞相手本人は独身なのか既婚者なのか、いろいろな条件で慰謝料が増額します。また、浮気慰謝料は不貞相手だけでなく、配偶者にも請求ができます。慰謝料請求には時効があるので、不貞関係の証拠をつかみ、示談にするにしても法的に請求するにしても、弁護士に相談して進めるのがよいでしょう。

詳しく

既婚男性が浮気する心理とは?不倫する人が多い理由を徹底的に解説

既婚男性で浮気や不倫する人は、実はたくさんいます。家庭があっても浮気する心理は、夫婦関係がうまくいっていない、離婚するつもりはないが妻以外の女性と恋愛したい、仕事上出会いが多く浮気しやすい環境などさまざまです。また、女性の方があえて独身男性よりも既婚男性を好む場合もあります。既婚男性の浮気する心理は、家庭でのフラストレーションを発散、好きになってしまった女性と家庭を壊さずに付き合いたい、子供とは離れたくないけど、浮気は続けたいなどがあります。不倫とわかっていて付き合った場合、慰謝料を請求されたり、社内で不倫がバレて仕事を失ったりするリスクがあることも覚えておきましょう。

詳しく

夫が浮気や不倫中に見せる兆候とは?チェックすべきポイントも解説

夫が浮気や不倫をしているかもと感じたときにまずするべきことは、証拠を集めることです。探偵などに不倫調査を依頼するのも方法の1つです。また、離婚も視野に入れて今後の夫婦関係を考え直しましょう。自分がどうしたいかという気持ちが大切です。浮気や不倫をしている夫によくみられる兆候は、スマホで常に誰かと連絡をとっている、休日に1人でどこかに出かけることが増えるなどです。男性は、若い女性に言い寄られたり、仕事などでストレスが溜まったりしたときに、浮気や不倫をしてしまいがちです。小さな兆候を早目に察知して、取り返しのつかない事態になってしまう前に対応することが大切です。

詳しく

妻の浮気や不倫のサインや兆候は?行動や態度を注意深く観察しよう

妻が浮気や不倫の関係に陥ってしまいがちな相手は、仕事関係の人や学生時代の同級生、元カレなどです。飲み会や友人と会うなどという名目で外出することが増えたり、見慣れない派手な下着を付けるようになったり、風呂場にまで携帯電話を持ち込んだりするような兆候がみられる場合には、浮気や不倫をしている可能性があります。妻が浮気や不倫をしているかも、と思ったら、まずは確実な証拠を集めましょう。難しい場合は専門家に不倫調査の依頼をするのも1つの方法です。相手の男性への慰謝料請求や、今後の夫婦関係についても考えるとよいでしょう。妻に浮気や不倫の兆候がみられた場合、辛いことですが逃げてはいけません。自分にとって最善の結果になるよう、事態にしっかり向き合って正しい対処法を選択しましょう。

詳しく

浮気調査を探偵に依頼する際の選び方とは?7つのポイントを紹介

パートナーの浮気・不倫に悩んでいる方は、1人で悩まずに実績のある探偵事務所や興信所に依頼しましょう。素人の浮気調査とは違い、自力では掴めなかった証拠を押さえ、問題解決へと導いてくれます。浮気調査を探偵事務所や興信所に依頼する際、選び方には7つのポイントがあります。その7つのポイントさえしっかり押さえておけば、満足度の高い探偵事務所が見つかるでしょう。ポイントを押さえても選び方に迷う場合は、一般社団法人日本探偵業協会や、不倫による離婚問題に力を入れている弁護士に相談すると、良質な探偵事務所を紹介してもらえます。

詳しく

浮気の解決方法を知りたい!不倫されたときの対処法をまとめて解説

パートナーに浮気されたとき、そのまま放置していては自分のところに戻って来ず、解決もしないことがほとんどです。言い争いは避けたい場合、まずはパートナーに遠回しに自分が浮気に気づいていることを伝えましょう。今後のためには浮気が事実なのかを調査し、確認するのも大切です。パートナーの態度や行動から浮気の兆候がないかを確認し、自分だけでは難しいと思ったときは探偵などに依頼して証拠集めをしましょう。浮気の解決方法のひとつは、冷静な話し合いです。二人で落ち着いて話してみて、それでも許せないのなら浮気相手へ慰謝料を請求する、協議離婚するなどの選択肢があります。

詳しく

浮気のチェックポイントは?パートナーの動向で注意すべき点とは

「彼氏や彼女、妻や夫が不倫や浮気をしているのでは?」と思ってチェックポイントを調べても、相手が警戒していてなかなか確信がもてない場合があります。今までよりも電話に出なくなったり、仕事や友人との約束が増えたり、携帯を肌身離さず持ち歩いたりするのは浮気の可能性があります。いくつかのチェックポイントに当てはまるならば、浮気を覚悟したほうがいいかもしれません。対処法は共通の友人に相談したり、相手の携帯のメールやラインがチェックして確かな証拠を見つけたりするといいでしょう。もし相手と別れや離婚を考えるなら探偵事務所で調査してもらいましょう。

詳しく

浮気の対処法はどうしたらいい?自分の気持ちをよく考えて行動しよう

パートナーが浮気や不倫をしているかもと思ったら、動揺してどんな対処法を取ればいいのかわからなくなってしまうかもしれません。交際相手や婚約者、妻や夫がスマホをいつも手放さない、仕事が忙しいという言い訳が増えた、いつもより優しいなどの変化が見られたら、浮気をしているかもしれません。浮気がわかったときの対処法は、離婚や別れを望むのか、関係を維持したいのか、浮気相手に慰謝料請求するなど自分が今後どうしたかによって変わってきます。知らないふりをしていつも通りに振る舞ったり、相手に面と向かって浮気しているのか聞いてみたり、適切な対応をとりましょう。浮気が言い逃れできない決定的な証拠をつかんでいると、離婚に有利になります。また、第三者に間に入ってもらって冷静な話し合いをすると、お互いにとってよりよい解決方法が見つかるかもしれません。

詳しく

浮気発覚後の対応はどうするのが正解?賢い女性がする行動とは

「旦那に浮気された…」という奥さんは、非常に苦しい状態でしょう。浮気されたことによって精神的に辛くなり、その気持ちを相手にぶつけたくなるかもしれません。しかし、男性に憎しみや悲しみをぶつけてしまうと、居心地の悪い状況に耐えきれず、あなたの元を去ってしまう可能性があります。あなたが夫婦関係を再構築したい場合は、浮気発覚後も感情的にならずに、冷静に行動することをおすすめします。また、許すという対応をとったのなら、蒸し返さないことも重要。何度も過去の過ちを問い詰めてしまうと、お互いに気持ちがすり減って、再構築が難しくなってしまうからです。浮気発覚後の対応で、夫婦の関係は変わっていくといわれています。どんな未来にしていきたいのかをよく考え、行動していきましょう。

詳しく

浮気調査の事例を知って依頼したい!依頼前に考えるべきことも紹介

「結婚して幸せになろう」とお互いに誓い合った夫婦。しかし、夫婦によってはどちらかが浮気・不倫をするケースがあります。相手の行動を不審に思った際は、専門知識がある探偵事務所に依頼するといいでしょう。浮気調査の知識がある探偵事務所では、対象者にバレることなく証拠を集めたり、多くの調査経験があったりするので安心して任せられます。浮気調査にかかる時間や料金は、依頼する浮気・不倫内容によって異なるので、浮気調査の事例などを参考にしてみましょう。実際に浮気調査を依頼する際は、事前に不貞行為の証拠を掴んだあと自分はどうしたいのか。また、慰謝料請求はどうするのかなどを考えておくとトラブル防止につながります。

詳しく

浮気は素行調査で確認!探偵や興信所に証拠を集めてもらうメリット

パートナーの浮気や不倫が疑わしいときは、探偵事務所や興信所へ素行調査を依頼するのがおすすめ。離婚や慰謝料請求の決め手となる不貞行為の証拠を集めたり、自分が浮気を疑っていることに気づかれたりすることなく確かめられます。プロに依頼することで、精神的な負担を軽減できるメリットもあります。財布の中身やスマホ・車の中などから自分で浮気や不倫の証拠を押さえる方法もありますが、きちんと事実を証明したいなら素行調査を選ぶとよいでしょう。決定的な証拠を見つけたあとの夫婦やカップルの関係についてもよく考えてから、素行調査を依頼してください。

詳しく

旦那の浮気はラインでわかる?トークから怪しい会話をチェック

便利なメッセージアプリ「LINE(ライン)」は浮気や不倫の場でも多く利用されています。トーク履歴を消したり、相手の名前を変えて妻にばれないようにコミュニケーションを取り続けていたりと、ラインは浮気や不倫の証拠を隠す方法がたくさんあります。旦那の行動が怪しいと感じたら、ラインから浮気や不倫の証拠を掴みましょう。ただし、浮気相手に連絡すると証拠を隠される可能性があるので注意が必要です。旦那に浮気や不倫の証拠を突き出す前に、浮気発覚後の夫婦のあり方についてよく考えることも大切です。旦那との未来を想像してから行動に移してください。

詳しく

妊娠中の旦那の浮気は許せる?妻が夫婦関係について考えるべきこと

妻の妊娠中に、旦那が浮気や不倫をするケースは少なくありません。浮気をする理由として、赤ちゃんが産まれるプレッシャーや現実と向き合えなかったり、性生活がなくなることで他で性的欲求を満たしたりすることがあります。妊娠中の妻の気持ちの変化に、旦那の気持ちが追い付かなくなることもあるでしょう。仕事という名目で外出する機会が増えたり、電話に出る回数が減ったりした場合は、旦那が浮気や不倫をしている可能性があります。浮気や不倫は悲しく、感情的になる出来事ですが、産まれてくる赤ちゃんのためにも、浮気や不倫の原因について夫婦でよく話し合ってください。

詳しく

浮気調査は調査力の高い探偵事務所へ!不倫調査に必要な調査力とは

浮気調査を依頼するときは、調査力の高さで探偵社を選びましょう。広告のうたい文句や調査料金だけでは、調査力は判断できないこともあります。直接電話で調査状況を確認でき、しっかりとした調査報告書を作成してくれる業者は安心できます。尾行調査や張り込み調査に必要な機材、車両が揃っていて、調査員の能力が高いかもチェックしておきましょう。不十分な証拠では裁判所に拒否されることもありますから、確実な撮影能力のある捜査員と機材が必要です。不倫調査を捜査力のある探偵事務所に依頼できれば再調査の必要もなく、無駄に費用が高くなることはないでしょう。

詳しく

浮気の慰謝料は弁護士に相談しよう!配偶者の浮気を疑ったらすべきこと

昨今ニュースでも取り上げられることが多い、浮気と不倫。配偶者が浮気や不倫をしたらどうすればいいのでしょうか。弁護士に相談するのが一番とわかっていても、「弁護士費用がかかりそう」「弁護士への依頼が不安」などネガティブになりがちです。しかし、ひとりで抱え込んでも解決策は出てきません。まずは、第三者である弁護士にアドバイスをもらうのがおすすめ。自分で調べるのには限界があります。配偶者や相手女性にどこまで請求できるのか、浮気・不倫をされたらどのような準備が必要なのか、どのような解決方法があるのかを客観的に知る必要があります。被害者である自分が泣き寝入りすることなく、相手に請求できるところはしっかり請求しましょう。

詳しく

浮気相手を見つける方法を紹介!特定したあとすべき行動とは

パートナーの浮気や不倫の兆候に気付き、相手が誰なのか知りたい人も少なくないでしょう。まずは相手の行動を観察したり、証拠を集めたりして浮気が確実なのか突き止めましょう。さらに、浮気相手を見つけるためには、知り合った場所を考えることも大切。職場関係、居酒屋、出会い系サイトなどが出会いやすい場所です。結婚している人は、子どもの預け先である保育園や学校などもチェックしましょう。浮気相手を見つける方法として、スマートフォンを見ることが一番の近道。パートナーを尾行したり、会話から探ったりするときは、相手にばれないように細心の注意を払いましょう。確実に知りたい人は、探偵に依頼するのが安心です。浮気相手を特定できても、直接会ったり電話したりすることはおすすめできません。関係を続けたいならば、冷静に話し合いをしましょう。別れ・離婚を選択する場合は、慰謝料請求できる証拠を集め、プロにお願いするのが賢明です。

詳しく

浮気になるのはどこから?法的な不倫の定義を知っておこう

どこからが浮気になるのかは、男性と女性とで考え方が異なる傾向があります。たとえば男性は肉体関係をもち、相手にバレてしまったら。女性は二人きりでの食事やメール交換なども、浮気とみなす人が多いようです。まだ結婚前のお付き合いの段階では自由恋愛で、誓約書がない限りは浮気も自由。ですが既婚者が浮気や不倫をすれば不貞行為となり、法律違反にあたります。風俗へ行ったケースや肉体関係を持ったのが1回だけ、結婚生活が破綻してからの肉体関係は不貞行為にはあたらないこともあります。不貞行為になる浮気をされていたのなら、証拠を集めて慰謝料を請求することも可能です。

詳しく

彼女が浮気だと思うのはどこから?不倫の定義もまとめて解説

彼女がどこからが浮気だと思っているか、気になる方もいるのでは?男女共通の認識もあれば、人によって異なることもあります。彼女よりも優先順位が高い女性ができる、彼女以外の女性と二人きりになり内緒で会っていると恋愛感情がある、浮気の始まりと考える女性もいます。肉体関係は決定的な浮気行為ですが、ハグや頭をなでるなどの軽いスキンシップを浮気と思われることも。不倫の定義は、配偶者以外の人と肉体関係をもつことです。民法での違反行為にあたりますし、家族を悲しませ、慰謝料を請求されるなどのリスクが大きすぎる行為です。

詳しく

妊娠中に旦那が浮気する理由とは?不倫の対処法もまとめて紹介

妊娠中に浮気をする旦那は多いといいます。妊娠中の妻が体調不良などで自分に構ってくれなくなり、夜の性生活が減って満足できなくなることが理由のひとつ。これから子供をもち、父親になるプレッシャーから不倫に走る男性もいます。旦那が浮気しているかどうか気になるなら、行動に気をつけてみましょう。妊婦健診や両親学級などに消極的、里帰り中に会いに来ず、自分の都合を優先させるなどは浮気の兆候です。旦那の浮気が許せない場合、探偵に依頼するなどして証拠を押さえるのが大切。妊娠中に浮気をさせないために、日頃から十分にコミュニケーションを取りましょう。

詳しく

教師の不倫は多い?実態やどのように行動すればよいかを解説!

教師をしている配偶者の不倫問題に悩んでいる方は意外と多いものです。学校は生徒や保護者、教員同士など、日常生活の中で人との関わりが多く、密な関係になりやすいためです。連絡先も簡単に入手でき、連絡もとりやすいので、日々のストレスを発散させたり配偶者への不満があったりしたときに、不倫関係に陥る可能性が高いとされています。「不倫をしているかも?」と感じたら、自分で証拠集めを進めていくのは難しいので、調査のプロ、探偵に相談や依頼をするのがおすすめ。不倫の証拠が集まった場合、慰謝料請求や離婚などの対応までサポートしてくれるので安心して依頼できるでしょう。

詳しく

アラフォーの不倫は多いって本当?浮気されたときの対処法まとめ

アラフォーの不倫は意外に多いといわれています。アラフォー女性は性欲が強い傾向にあること、結婚生活が長くなってマンネリ化していることも関係しているかもしれません。子育てが一段落している人も多く、浮気をする時間と金銭的余裕もあります。自ら不倫の証拠調べをすると、違法行為をしてしまい不倫相手から逆に訴えられる可能性も。探偵社や興信所に不倫調査を依頼し、確実な証拠を得るようにしましょう。探偵社では夫婦関係を修復するためのサポートを行っているところもありますから、まずは事実関係を確認してから離婚するかを決めるのもおすすめです。

詳しく

ドライブレコーダーは不倫調査に使える?浮気の証拠の押さえ方を解説

ドライブレコーダーには「音声・映像録画機能」と「GPS機能」とがあり、上手に活用できれば不倫の証拠をつかむこともできます。音声データなどの不倫の証拠を得るためには、ある程度高性能の機種を選び、ほかの間接的な証拠を組み合わせます。ドライブレコーダーを購入する際は、機能の充実度にも着目して選びましょう。調査対象のパートナーに怪しまれないようにドライブレコーダーを設置するには、カーナビと交換したり、防犯のためと説得したりします。ドライブレコーダーがオフにされていたら、その時間に不倫をしている可能性を考え、探偵・興信所に調査を依頼しましょう。

詳しく

ソフトバンクの通話明細で浮気がわかる?得られる情報と取得方法を解説

家の中でも常に携帯電話を持ち歩くようになったら、浮気をしているのかも。浮気相手との連絡に携帯電話を使うため、携帯電話には浮気の証拠が残されていることが多いものです。SoftBank携帯を利用している場合、着信履歴や通話履歴の請求はマイソフトバンクから手続きできます。しかし、通話明細は本人のみが請求可能で、バレずに浮気調査をすることは難しいのが現状です。また、携帯電話の通話履歴は、浮気の証拠としては効力が弱いとされています。浮気の可能性があるなら、探偵に浮気や不倫の調査を依頼するのがおすすめですよ。

詳しく

旦那の浮気の本気度をチェックする方法は?本気度を下げる対策方法も紹介

旦那が浮気している場合、本気度が気になるもの。旦那が浮気相手に本気になっている場合には注意が必要です。夫婦の記念日より、浮気相手との予定を優先させるのは要注意。妻とのセックスを拒むこともあるでしょう。旦那の浮気は、浮気相手との体の相性の良さや、癒しを感じる、必要とされている場合に本気度が高くなります。本気度を下げたいなら、安らげる家庭を作り、愛されるよう自分磨きをするのもおすすめ。会話やスキンシップも増やしましょう。旦那の浮気の本気度が気になったら、探偵や興信所に不倫調査を依頼してもいいですね。

詳しく

新婚夫婦の不倫は意外と多い?理由や万が一のときの対処法を解説

新婚時代は好きな相手と結婚をして幸せの絶頂のはずが、パートナーの不倫問題に悩むケースは意外と多いものです。結婚生活への理想と現実のギャップ、結婚したことへの安心感、既婚者になったという意識が低いことなどが理由のようです。新婚だからといって頑張りすぎると基準が高くなってしまうので、あまり頑張りすぎずにお互いの時間も大切にしながら楽しく過ごせるとよいですね。浮気や不倫の可能性を感じたら、まずは自分でできる範囲内で調査しましょう。プロである探偵に依頼するのもおすすめ。今後夫婦関係をどうするのか考えて、冷静に話し合いましょう。離婚や慰謝料請求を検討する場合は、弁護士に相談してください。

ピックアップ記事

運営会社