おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

【大分県】竹田市のおすすめ観光情報!人気の温泉や自然あふれるスポットなど◎

大分県の竹田(たけた)市をご存知でしょうか?県の南西部、九州の真ん中あたりに位置しており、まわりを山々に囲まれているので豊かな自然やたくさんの温泉、風情のある街並みを楽しめます。 観光地化されていないため、ゆっくりすごすのにぴったりです。さらに、大自然が育んだ美味しい食材を使ったグルメも楽しめます。大分県内各所からはもちろんのこと、隣接している宮崎県や熊本県からの交通アクセスしやすいのも嬉しいですね。 今回はそんな竹田市で人気の観光・温泉・グルメなど、おすすめをたっぷり紹介していきます。

続きを読む

竹田市ってどんなところ?魅力を紹介

岡城桜まつり 大名行列の様子

竹田市は大分県の南西部にあり、熊本県と宮崎県に隣接する市です。瀧廉太郎が作曲した『荒城の月』のモデルとされる岡城(おかじょう)の城下町でもあります。周囲にはくじゅう連山・阿蘇外輪山・祖母山系の1,000mを越える山々が連なっており、豊かな自然と雄大な景色が楽しめます。
さらに日本一のおんせん県・大分県ゆえ竹田市にも温泉が豊富。中でも長湯温泉の高濃度炭酸を含む湯は世界的にも珍しく、「日本一の炭酸泉」と言われるほどの人気です。
また、気候を生かして栽培されるレタスやキャベツ、トマトなどが特産品として知られています。

貴重な高濃度炭酸のお湯が楽しめる「長湯温泉」

クアパーク長湯

世界的にも貴重な高濃度炭酸のお湯が特徴の「長湯(ながゆ)温泉」。ドイツの代表的な温泉療養地バードクロチンゲンと姉妹都市の関係にあり、建物などのデザインやドイツワインなどいたるところでドイツの文化を見ることができます。
家族で楽しみたい方にぴったりなのが、水着ゾーンもある「クアパーク長湯」。併設のレストランで地元の野菜を使った健康的なランチやディナーも楽しめます。
開放感たっぷりの無料露天風呂「 ガニ湯 」や特に炭酸濃度の高く人気のある「 ラムネ温泉館 」などもおすすめです。
立ち寄り湯可能な施設は20ヶ所以上あり、それぞれ温度や泉質が違うので湯巡りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

クアパーク長湯

大分県竹田市直入町長湯3041-1
0974-64-1444
10:00~20:30(最終受付20:00)
宿泊施設あり
https://www.kur-nagayu.co.jp/

個性豊かで良質な温泉が楽しめる「奥豊後温泉郷」

荻の里温泉

「温泉郷」とは、一定の範囲にある温泉地をまとめた時の名称です。つまり、「奥豊後(おくぶんご)温泉郷」は竹田市一帯の温泉地のこと。大分県では「別府温泉」や「由布院温泉」が有名ですが、「奥豊後温泉郷」にも個性豊かで泉質の良い温泉地がたくさんあります。
上記の「長湯温泉」の他、くじゅう連山を一望できるロケーションが自慢の「荻の里温泉」や日本屈指の硫黄泉として有名な「赤川温泉」など、いずれも魅力たっぷり。

大パノラマの絶景とミヤマキリシマが美しい「くじゅう連山」

自然と触れ合えるおすすめの観光スポット、まずは竹田市の北部から玖珠郡(くすぐん)九重町(ここのえまち)にかけて広がる「くじゅう連山」を紹介します。別名「九州の屋根」とも呼ばれており、九州本土最高峰の中岳をはじめとする1,700m級の山々が連なっています。
一番の見どころは天然記念物のミヤマキリシマ。つつじの一種で、5月下旬~6月中旬には山の頂上が一面ピンクの可憐な花で埋め尽くされます。秋には紅葉の景色も楽しめます。
一帯は国立公園に指定されており、ハイキングコースも整備されているので、散策やサイクリングをしながら大パノラマの絶景を眺めることができます。

濃厚で風味豊かなゴールデンミルクが自慢の「ガンジーファーム」

日本に数百頭しかいないガンジー種という乳牛を飼育する「ガンジーファーム」。ガンジー種の牛乳は「ゴールデンミルク」と呼ばれ、濃厚で風味豊かな味わいが特徴です。
一番人気はゴールデンミルクをたっぷり使ったバニラベースのソフトクリーム。濃厚ながら切れの良い甘さとなめらかな舌触りが絶品です。さっぱり系が好みの方にはヨーグルトソフトがおすすめです。
施設内には大きな遊具や広い芝生、動物とのふれあいの場もあるので1日たっぷり遊べます。各種乳製品や地元の名産品がそろう売店にもぜひ立ち寄ってみてください。

ガンジーファーム

大分県竹田市久住町大字久住4004-56
0974-76-0760
9:00 ~ 17:00
年中無休
レストランは11:00 ~ 15:00(L.O)
https://www.guernsey-farm.net/

阿蘇くじゅう国立公園にできた、和太鼓の常設舞台「TAOの丘」

大分県と熊本県にまたがる「阿蘇くじゅう国立公園」。その一角をなす久住高原に、「DRUM TAO」の常設ステージ「TAOの丘」がオープンしました。
DRUM TAOとは、竹田市久住町を拠点とする和太鼓エンターテイメント集団。世界26カ国で800万人超の動員数を誇ります。大小の和太鼓を中心に、篠笛や能管、三味線などの和楽器の演奏と剣舞などのパフォーマンスが入り交じる迫力のステージが大人気。TAOの丘では、そんなDRUM TAOのパフォーマンスを阿蘇の大自然のパノラマを背景に楽しむことができます。
舞台横に建てられた「TAO HOUSE」にはカフェやバーが備わり、DRUM TAOのオフィシャルグッズを販売するショップや、最新の映像を迫力のサウンドで楽しめるシアターなどが併設されています。

野外劇場「TAOの丘」

大分県竹田市久住町大字白丹7571−2
ライブスケジュールは公式サイトにてご確認ください/TAO HOUSE営業時間 11:00〜17:00※入館最終受付16:30
http://www.drum-tao.com/nature-theater/

四季折々の美しい花々が咲き乱れる「くじゅう花公園」

阿蘇国立公園内の久住(くじゅう)高原にある、西日本最大級の花畑「くじゅう花公園」。くじゅう連山や遠くに見える阿蘇五岳を背景に、500種類500万本の花々が楽しめる人気の観光スポットです。
毎月第4土曜日には「星空の巡り」のイベントも開催。「美しすぎる星空10選」に選ばれた久住高原の星空を眺め、フィナーレには風船をリリースします。他にも季節にちなんだイベントを多数開催しています。
ランチバイキングやジンギスカンのレストランもありますが、園内へは飲食物の持ち込みも可能です。豊かな自然に囲まれて、ピクニックを楽しんでみてはいかがでしょうか。

くじゅう花公園

大分県竹田市久住町 大字久住4090
0974-76-1422
8:30~17:30
シーズン中は無休(12月1日~2月末は冬期休園)
http://www.hanakoen.com/

白糸のレースのように流れ落ちる水が美しい「白水ダム」

大野川に作られた「白水ダム」は正式名称を「白水溜池堰堤(はくすいためいけえんてい)」といいます。里山の奥に佇む小さなダムですが、両側から中央部へ向かって緩やかに水が流れるよう設計されているのが特徴です。その優美で女性的な水の流れから「日本一美しいダム」とも言われています。
「白水ダム」は左岸と右岸で見え方が全く違います。左岸は下から見上げる形、右岸は貯水池も含めたダム全体を上から見下ろす形でダムを見ることができます。
左岸と右岸の距離は2~30mほどですが、最短でも7~8kmの回り道をしないと行き来できないので注意してください。

『荒城の月』のモチーフとしても知られる「岡城跡」

瀧廉太郎が作曲した『荒城の月』のモチーフとされる「岡城跡」。明治に廃城し天守閣は残っていませんが、本丸からはくじゅう連山、近戸門からは阿蘇山と城下町を見渡す絶景を楽しむことができます。
春は桜、秋は紅葉の名所としても人気です。特に桜は「日本さくら名所100選」にも選ばれており、苔むした石垣と桜のコントラストは非常に美しく趣があります。
毎年4月には「岡城桜まつり」が開催されます。岡城跡から竹田の城下町を練り歩く大名行列はまるで時代絵巻のような雅さが魅力的。甲冑武者行列や火縄銃の演武も必見です。

岡城跡

大分県竹田市大字会々1650番地
0974-63-1541(岡城跡料金所)
9時~17時
年中無休
https://okajou.jp/

江戸時代の面影を残す、岡城の城下町を散策

武家屋敷通り

切り立った山に囲まれた、まるで天然の要塞のような岡城の城下町。「歴史の道」に立ち並ぶ武家屋敷に当時の隆盛を垣間見ることができます。
ゆっくり歩いて回るのにちょうどよい広さの城下町ですが、「 旧竹田荘 」や「 瀧廉太郎記念館 」など多くの見どころがあります。
イチオシは旧岡藩御用菓子司である「但馬屋老舗」。黄身あんをあわ雪で包んだ「荒城の月」や特産のサフランやかぼすを使った「ふろうりす」など、清らかな名水仕込みの和菓子はお土産にもおすすめです。カフェも併設されているので、散策の休憩に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

但馬屋老舗

大分県竹田市竹田町40番地
0974-63-1811
9:00~18:00
元日、他年数回
https://tajimaya-roho.co.jp/

無形民俗文化財に指定されている伝統人形「姫だるま」

上品なおちょぼ口と優しい微笑みで、見ているだけで穏やかな気持ちになれる姫だるま。家内安全・商売繁盛の縁起物として岡藩時代から竹田市に伝わると言われています。
かつては竹田市を代表する伝統工芸品として盛んに生産されていましたが、現在では姫だるまを作っているのは「ごとう姫だるま工房」の1軒のみです。完全受注生産となっており、電話での注文も可能。一つ一つ愛情をこめて丁寧に作られているので制作にはとても時間がかかります。
店舗での即売は行われていませんが、工房での姫だるま制作工程を見学することは可能です。

ごとう姫だるま工房

大分県竹田市吉田889-1
0974-62-3735
10:00~16:00
不定休
訪問の際は事前に要連絡
https://www.taketan.jp/spots/detail/117

まとめ

竹田市の魅力や観光名所について紹介しました。
竹田市の一番の魅力は、なんといっても温泉です。竹田市一帯が「奥豊後温泉郷」と呼ばれているほど多くの温泉地があり、飲んで良し入って良しの高濃度炭酸泉や雄大な自然を望むロケーション抜群の温泉施設など、個性豊かな温泉が勢揃い。
豊かな自然が育むおいしい野菜や豊後牛などのおいしいグルメや城下町の散策も楽しめる他、観光スポットもたくさんあります。心身ともに癒される竹田市、ぜひ訪れてみてくださいね!

新感覚!「ストーリー」で大分の魅力をチェックする

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、営業時間が変更されている施設や店舗があります。詳細は施設や店舗にご確認ください。

観光のおすすめ記事

詳しく

【大分県】別府観光に行く前に!温泉誕生の軌跡や人気スポット、おすすめの体験をご紹介

大分・別府・湯布院 - 観光名所 ,温泉

言わずと知れた温泉のまち、別府。その独特の自然条件によってうまれた豊富な湯量と多様な泉質は、日本ではもちろん世界的にも珍しく、温泉好きなら何度訪れても飽きない魅力的な地域です。 ここでは、そんな別府観光で外せないおすすめの見どころを紹介しています。温泉地や入浴施設だけでなく、温泉パワーを閉じこめたグルメが味わえるお店や、温泉蒸気を利用して作ったコスメを生産する施設、別府ならではの湯けむりを見られるスポットなども掲載。知っていると別府を何倍も楽しめるような情報がつまっているので、別府に行く人も、行きたい人も、ぜひ参考にしてください。

詳しく

大分のおすすめ美術館8施設!温泉だけじゃなくアートも楽しい

大分 - 美術館

世界に誇る美術館数を有する日本。その中でも今回は大分県内にあるおすすめの美術館をピックアップしました! 大分県といえば、別府温泉・湯布院温泉など全国でも有数の源泉数を誇る県として有名ですが、温泉以外にも「見て、感じて、体験できる」老若男女ともに楽しめる美術館があります。大分県にゆかりのある作家たちの作品を展示した美術館、フランスの画家マルク・シャガールの作品を鑑賞できる美術館など。 そしてミュージアムショップでは、そこでしか買えないグッズから展覧会関連のグッズに至るまで購入ができるのが魅力的。館内では、携帯はマナーモードにして周りの人に配慮しながら鑑賞を楽しんで見てくださいね。

詳しく

九州大分のおすすめ温泉8選!大分だからこそ味わえる人気の湯をご紹介

大分 - 温泉

九州地方東部にある大分県は「おんせん県」として有名な町で、湯布院や別府といった有名な温泉地を始め、県内に多くの温泉地があります。「大分にいけば世界の温泉を巡ったことと同じ」と言われるほど泉質が豊富で、その楽しみ方も様々。景色が楽しめる露天風呂、肌への刺激が新鮮な炭酸水泉、飲んで効果を得る飲泉など五感で堪能できます。どの温泉地に行こうか迷ってしまう人のために、この記事では大分の温泉について紹介しています。人気の湯を中心に紹介していますので、きっと行ってみたい場所がみつかるはず。ぜひ参考にしてみてくださいね。

詳しく

大分県立美術館:五感で感じて大人も子供も楽しめる美術館

大分・別府・湯布院 - 美術館

大分県の中心地である大分市に、「五感」と「出会い」をコンセプトとした大分県立美術館が建設されました。こだわり抜かれた大分県立美術館の建築設計は、建築界のノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞した、建築家の坂茂さんが「街に開かれた縁側」をテーマに設計。美術館の建物そのものがすでに美術作品でもあり、外から見ても楽しめるようになっています。 様々な角度から見る視点、感覚を通じて五感を楽しめる美術館、そして出会いのある美術館を目指していると、館長の新見さんは言います。こちらでは、大分県立美術館の魅力的な点を、さらに深堀り紹介していきます。

詳しく

大分市美術館:親しみやすい、遊んで学べる公園内の美術館

大分・別府・湯布院 - 美術館

「大分市美術館」は、大分県の大分市にある市運営の美術館です。市街地にある緑豊かな「上野丘子どものもり公園」内にあるこちらの美術館では、美術作品の鑑賞だけでなく、遊具と緑が溢れる公園内の散策も楽しめます。周辺環境にも恵まれ、大人から子供まで楽しめる美術館といえます。 そんな「大分市美術館」には、一年を通して楽しめる常設展示、期間限定の特別展、2種類の展示があります。常設展示では、国の重要文化財にも選ばれた田能村竹田の作品や、大分ゆかりの作家たちの作品が並びます。期間限定の特別展では、その都度テーマが変わる個性豊かな展示を鑑賞できます。 そんな「大分市美術館」の展示作品の魅力、豊富な設備の魅力をグッと掘り下げて紹介します。

詳しく

湯布院日帰り温泉は観光客にも大人気!おすすめ温泉12選を要チェック

大分・別府・湯布院 - 温泉

大分県にある湯布院は、温泉のメッカとして知られる九州でも人気の高い観光地です。湯布院には由布岳と呼ばれる山がそびえており、由布岳の眺めが自慢の露天風呂を擁する温泉施設も多数あります。ほとんどがホテルや温泉宿に併設された入浴施設ですが、中にはスーパー銭湯のような施設を兼ね備えた温泉であったり、昔ながらの共同浴場があったりと、入浴施設のジャンルもさまざま。この記事ではそんな湯布院でもおすすめの日帰り入浴ができる入浴施設をランキング形式でご紹介していますので、ぜひ湯布院旅行の際の参考にしてみてくださいね。

詳しく

大分市で必ず行きたい観光スポッ20選!大分グルメもご紹介

大分・別府・湯布院 - 観光

大分県の県庁所在地である大分市。沿岸部に面した街で、豊後国の国府が置かれていたことからかつては「府内」と呼ばれていました。中世には城下町として発展し、その後はキリスト教布教の中心地として発展、南蛮文化の拠点となる街でもあります。以後、工業都市として急成長を遂げ、街の中心部は繁華街となっているほか、工業地帯も多く残されています。大分市の観光スポットでは大分県立美術館や高崎山自然動物園、大分マリーンパレス水族館 「うみたまご」といった観光施設のほか、九州の美しい海の眺めが楽しめる田ノ浦ビーチや、西寒多神社や大分県護国神社といった歴史ある寺社も点在。大分の郷土料理としても知られるとり天やだんご汁のほか、ブリやサバといった大分近海で捕れた新鮮な魚介を使用したメニューもご当地グルメとして人気となっています。

詳しく

【大分県】一度は行きたい由布市の観光情報!おすすめの温泉やスポットをご紹介

大分・別府・湯布院 - 山・渓谷,草原・平原

美しい自然に包まれた魅力的な観光地、湯布院。良質な温泉や風光明媚な自然はもちろん、ショッピング、グルメ、ユニークなアートスポットなど様々な楽しみが詰まっており、女子旅にも人気が高い注目のエリアです。 ここでは、湯布院を訪れたらぜひ立ち寄ってほしいおすすめスポットを紹介しています。定番の温泉地をはじめ、幻想的な朝霧を見下ろす景勝スポット、雰囲気の良いカフェなど、散策やドライブの途中に立ち寄りやすい見どころがたくさん。湯布院にはどこか懐かしい、穏やかな時が流れています。湯布院を訪れて、心も体もリフレッシュしませんか?

のおすすめホテル

トラベルブックの今週のおすすめ

運営会社