広告

おすすめのバスオイル15選*人気商品を比較

おすすめのバスオイル15選*人気商品を比較

更新日: 2021年8月3日

リラックスする方法にはいろいろなものがありますが、バスタイムもそのひとつ。ゆっくりとお湯につかれば、一日の疲れも癒やされるという人は多いのではないでしょうか。そしてバスタイムをさらに楽しいものにしてくれるのが入浴剤。なかでもバスオイルは、数滴湯船に落とすだけでワンランク上のバスタイムを演出してくれるおすすめのアイテムといえます。オイルの成分としては、オリーブオイルやホホバオイル、サンフラワーオイルなどがあり、香りのバリエーションも豊富にあります。そこで今回は、おすすめのバスオイルをピックアップして、紹介していきます。

本ページで紹介する商品・サービスの選定基準について
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

バスオイルとは?

入浴をより上質なものにしてくれるバスアイテムにはいろいろなものがありますが、バスオイルもそのひとつ。保湿効果があるのがポイントで、バスオイルを入れたお湯につかるだけで、肌にしっとり感をもたらしてくれます。また植物から抽出されたハーブや精油の香り成分が配合されているのも特徴。心地よい香りは、気分をリラックスさせてくれる効果も期待できます。

バスオイル選びのポイント

バスオイルの主成分であるオイルの種類で選ぶのがひとつの方法。なかでも植物由来の天然オイルは、肌にやさしく馴染みやすいのでおすすめ。代表的なものとしては、コスメアイテムにも使われているホホバオイルや、優れた保湿力をもつオリーブオイルなどがあります。また香りで選ぶ際には、合成ではなく天然の精油やハーブが使われているものがいいでしょう。

バスオイルの使い方は?

バスオイルは、湯船にお湯をはり数滴たらすだけでOK。アイテムによって使用量は若干異なりますが、キャップに1~3杯程度の量で十分効果が実感できます。またお湯の温度は、熱くなくぬるめのほうがおすすめ。ぬるめのお湯にゆっくりつかることで、オイルの成分が肌に馴染んでくれます。またボディオイルのように、体にぬって使えるものがあるのもポイント。

おすすめのバスオイル15選*人気商品を比較

■健草医学舎 ケンソーバスオイル

おすすめのバスオイル15選*人気商品を比較、1番目は 「健草医学舎 ケンソーバスオイル」です。
健草医学舎 ケンソーバスオイルは、アロマオイルを配合していないのがポイント。香りはバスオイルの需要な要素のひとつですが、こちらはあえて香り成分を配合せず、ナチュラルに仕上げています。そのため香りの好き嫌いにかかわりなく、誰でも使えるのはうれしいところ。また好みの精油をプラスして、自分だけのバスオイルを楽しむこともできます。

健草医学舎 ケンソーバスオイル

■ジョーマローン バスオイル イングリッシュペアー&フリージア

おすすめのバスオイル15選*人気商品を比較、2番目は「ジョーマローン バスオイル イングリッシュペアー&フリージア」です。
ジョーマローン バスオイル イングリッシュペアー&フリージアは、イギリス生まれのラグジュアリーブランドが手掛けているバスオイル。主にフレグランスを扱っているブランドなので香りにはこだわっているのが特徴。トップのキングウィリアムペアーに始まり、ミドルのフリージア、そしてラストのパチョリと変化していく香りが堪能できます。

ジョーマローン バスオイル イングリッシュペアー&フリージア

■ピンシャー アクティブバスオイル

おすすめのバスオイル15選*人気商品を比較、3番目は「ピンシャー アクティブバスオイル」です。
ピンシャー アクティブバスオイルは、天然の香りにこだわったバスオイル。バスオイルのなかには人工香料で香りをつけたものもありますが、こちらはユーカリやローズマリーなどの植物由来の香りを配合。そのナチュラルな香りは、バスタイムをより楽しいものにしてくれることでしょう。またマッサージオイルとして使えるのも特徴のひとつです。

ピンシャー アクティブバスオイル

■フレイオイル ミルキー バスオイル

おすすめのバスオイル15選*人気商品を比較、4番目は「フレイオイル ミルキー バスオイル」です。
フレイオイル ミルキー バスオイルは、使いやすいと評判のアイテム。1回の使用量を個包装にしているのが特徴で、分量をはかる必要がありません。1回ごとに使い切れるので手軽にバスオイルを楽しむことができます。天然ビタミンEを含んだ植物性オイルを配合しているのもポイント。香りはジャスミン、バニラ、ラズベリーで、バスタイムを癒やしの時間にしてくれます。

フレイオイル ミルキー バスオイル

広告

■アロマセラピーアソシエイツ ディープリラックスバスアンドシャワーオイル

おすすめのバスオイル15選*人気商品を比較、5番目は「アロマセラピーアソシエイツ ディープリラックスバスアンドシャワーオイル」です。
アロマセラピーアソシエイツ ディープリラックスバスアンドシャワーオイルは、ボトルがおしゃれなバスオイル。香水を思わせるデザインが特徴で、置いておくだけでもバスタイムがより楽しいものになります。成分はパチュリオイルが中心で、そこに2種類のカモミールをプラス。アイテム名にある通り、深いリラックス感を得ることができます。

アロマセラピーアソシエイツ ディープリラックスバスアンドシャワーオイル

■ポール・シェリー シルエット ハイドロアクティベイティング バスオイル

おすすめのバスオイル15選*人気商品を比較、6番目は「ポール・シェリー シルエット ハイドロアクティベイティング バスオイル」です。
ポール・シェリーはスイスのスキンケアブランドで、ハーブのブレンドに定評があります。こちらのシルエット ハイドロアクティベイティング バスオイルにも、ラベンダー、ジェニパー、セイボリーを使用しており、それぞれの香りが引き立つように絶妙なバランスでブレンドしています。バスオイルを入れてからお湯を注ぐと、泡風呂も楽しめます。

ポール・シェリー シルエット ハイドロアクティベイティング バスオイル

■生活の木 ブレンドバスオイル ストーリーテリング

おすすめのバスオイル15選*人気商品を比較、7番目は「生活の木 ブレンドバスオイル ストーリーテリング」です。
生活の木 ブレンドバスオイル ストーリーテリングは、ブランドの想いを形にしたバスオイル。洋服を選ぶようにバスタイムの香りを選んで欲しいといコンセプトから生まれており、5種類の香りをラインナップしています。なかでもストーリーテリングはおすすめ。ラベンダーハーブをメインにしており、そのゆったりとした香りは、リラックスするにはうってつけです。

生活の木 ブレンドバスオイル ストーリーテリング

■パトモス セブンハーツ

おすすめのバスオイル15選*人気商品を比較、8番目は「パトモス セブンハーツ」です。
パトモス セブンハーツは、デザインが大人気のバスオイルセット。ハート型をしたカラフルでわいいカプセルが特徴で、バスオイルとしてはもちろん、インテリとしても、またプレゼントとしてもおすすめのアイテム。7つのカプセルは、ラベンダー、シトラス、ローズなどそれぞれ異なる香りとなっており、1週間日替わりで楽しむことができます。

パトモス セブンハーツ

■ 月のしずく 水ノ羽衣

おすすめのバスオイル15選*人気商品を比較、9番目は「月のしずく 水ノ羽衣」です。
月のしずく 水ノ羽衣は、温泉から生まれたバスオイル。天然温泉「ゆの里」の3種類の鉱泉水を使っているのがポイントで、自宅で温泉気分が味わえます。鉱泉水のほかにはハーブエキスも配合。ツバキ油、トウヒエキス、菩提樹エキスなど和漢のハーブにこだわっており、保湿などさまざまな美容効果が期待できるのもうれしいところ。

月のしずく 水ノ羽衣

■アロマセラピーアソシエイツ ミニチュアバスオイルコレクションN

広告

おすすめのバスオイル15選*人気商品を比較、10番目は「アロマセラピーアソシエイツ ミニチュアバスオイルコレクションN」です。
アロマセラピーアソシエイツ ミニチュアバスオイルコレクションNは、いろいろなバスオイルを試してみたいという人におすすめのアイテム。サンダルウッド、イランイランなど10種類の香りがセットになっており、その日の気分で香りをチョイスできるので、バスタイムがより楽しくなります。1本3mlと使い切りサイズとなっているのもポイント。

アロマセラピーアソシエイツ ミニチュアバスオイルコレクションN

■健草医学舎 ケンソーバスオイル ウォームアップ

おすすめのバスオイル15選*人気商品を比較、11番目は「健草医学舎 ケンソーバスオイル ウォームアップ」です。
健草医学舎 ケンソーバスオイル ウォームアップは、さまざまな精油をブレンドしたアイテム。レモングラス、ニアウリシネオール、イランイランなどその数は6種類で、リッチなバスオイルといえます。うるおい成分が含まれているため、暑い時期にエアコンで乾燥しやすい肌にはおすすめ。1回の使用量は15〜20mlが目安となっており、これ1本で約10回のバスタイムが楽しめます。

健草医学舎 ケンソーバスオイル ウォームアップ

■ドクター ハウシュカ ピュリファイングバスエッセンス

おすすめのバスオイル15選*人気商品を比較、12番目は「ドクター ハウシュカ ピュリファイングバスエッセンス」です。
ドクター ハウシュカは、有機農法で育てられた原料を使用していることで知られているブランド。こちらのピュリファイングバスエッセンスにも、ホホバ油、セージ油などの植物由来のオイルをブレンド。ホホバ油の保湿効果とセージ油の収れん効果で肌ケアができるのもうれしいポイントです。また入浴だけでなくアロマ洗顔にも使えます。

ドクター ハウシュカ ピュリファイングバスエッセンス

■プリマヴェーラ ラベンダーバニラ バスオイル

おすすめのバスオイル15選*人気商品を比較、13番目は「プリマヴェーラ ラベンダーバニラ バスオイル」です。
ドイツ発祥のブランドであるプリマヴェーラは、オーガニック認定原料にこだわっているのが特徴で、 自然派には人気があります。こちらのラベンダーバニラ バスオイルには、アロエベラエキスと4種類の植物オイルを配合。ポイントは植物オイルのうちのひとつツキミソウエキスで、肌を整える効果があるといわれており、肌荒れ防止に役立ちます。

プリマヴェーラ ラベンダーバニラ バスオイル

■タン バス&マッサージオイル

おすすめのバスオイル15選*人気商品を比較、14番目は「タン バス&マッサージオイル」です。
タン バス&マッサージオイルは、コメヌカ油を使用しているバスオイル。肌にすっとなじむのが特徴で、コメヌカ油特有の肌を柔らかくしてくれる効果が期待できます。香りはアロマティックウッド。豊かな芳醇な香りがバスタイムをリラックスタイムにしてくれます。またアイテム名にもある通り、バスオイルだけでなくマッサージオイルとしても使用可能。

タン バス&マッサージオイル

■アクア シャボン スパコレクション リラクシングバスオイル ゆずスパの香り

おすすめのバスオイル15選*人気商品を比較、15番目は「アクア シャボン スパコレクション リラクシングバスオイル ゆずスパの香り」です。
アクア シャボン スパコレクション リラクシングバスオイル ゆずスパの香りは、ボタニカルオイルを配合しているのがポイント。中心になっているのがシアバター、ココナッツオイルで、風呂上がりにしっとりとした肌に導いてくれます。そのほかにブラウンシュガー、海洋性ミネラルなども含まれており、肌のケアにも役立ってくれる1本といえます。

アクア シャボン スパコレクション リラクシングバスオイル ゆずスパの香り

まとめ

バスタイムは一日の疲れを癒してくれる貴重なひととき。そしてそのバスタイムをより上質なものにしてくれるのがバスオイルです。精油の心地よい香りの成分や、保湿効果が期待できる成分を配合しているものも多く、リラックス気分を演出してくれるのはもちろん、スキンケアもかなえてくれます。今回の特集を参考にして、自分だけの1本をぜひ見つけてみてください。

入浴剤に関連する記事

コスメ・スキンケア、健康食品・サプリメント、ヘアケア、ダイエット、脱毛など、あらゆる切り口から自分らしい便利な暮らしをサポートします。「めったに起こらない」が起きた時、解決のヒントがここにある。

広告

広告

広告

運営会社