肌のごわつきが気になる!原因と改善するためのスキンケア方法まとめ

肌のごわつきが気になる!原因と改善するためのスキンケア方法まとめ

肌のごわつきの原因は、古い角質がうまくはがれ落ちずに肌の水分量が少なくなっていることです。毛穴の黒ずみや開きなどの肌トラブルによって、肌がごわついているように感じることも。また、30代や40代は肌が生まれ変わるターンオーバーの周期が若いころに比べて長くなる傾向にあり、肌の水分量が少なくなっていることも理由です。ごわついた肌をみずみずしく整えるには、クレンジングと洗顔、保湿のスキンケアを丁寧に行いましょう。ふき取り美容液を使い、コットンで古い角質をやさしく取り除くのも有効です。紫外線を防いだり、発酵食品を積極的に摂ったりすることを心がけ、毎日の生活習慣も見直しましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

肌を触ったときに感じる「ごわつき」の原因は?

メイクや洗顔のときに肌を触ると、なんとなく肌がごわごわしているように感じるのは、何が原因なのでしょうか?肌のごわつきやざらつきは、乾燥により未成熟な角質細胞が厚く重なってしまう「角質肥厚」によります。肌が乾燥する原因を知って、日々のスキンケアや生活習慣を改善しましょう。

毛穴の黒ずみや開きなどの肌トラブル

顔の肌のごわつきが気になるのは、古い角質や汚れがはがれずに残っているからかもしれません。肌が乾燥していると肌を再生するターンオーバーが正常に行われず、肌の奥の角層細胞が未成熟なまま重なっていきます。また、強い紫外線に晒されたときも、未成熟な角層細胞ができやすくなります。未成熟な角層細胞は成熟した細胞に比べて十分な水分を抱えられず、肌の乾燥は改善されません。未成熟な角層細胞は表層に出ても垢となってうまくはがれず、肌がごわついたようになってしまいます。そして残った古い角質が毛穴に入り込むと、黒ずみや角栓、ニキビなどの原因にもなります。

30代から40代はターンオーバー周期が長くなる

30代を過ぎた頃から、肌のごわつきを感じる方もいるようです。肌を再生するターンオーバーはおおよそ30日サイクルですが、30代は約40日、40代は約55日サイクルに。つまり40代になると、20代と比べ肌再生に2倍ほどの時間がかかってしまいます。ターンオーバーの周期が伸びると肌に古い角質が長く残り、肌がごわつきます。また、30代の肌は20代までと比較すると、水分量も減っています。加えて40代からはさらに皮脂量も減ってしまい、肌を乾燥から守るバリア効果も弱くなります。肌の保水力が低下すると肌が乾燥してごわつくだけでなく、肌に弾力を持たせるコラーゲンの生成も進まずに、シワができやすくなります。

肌のごわつきはスキンケアで解消しよう

肌のごわつきが気になる方は、スキンケアの方法を見直してみましょう。肌に刺激の強いクレンジング剤や洗顔料を使ったり、ゴシゴシとこすったりすると、かえって肌を乾燥させ、ごわつかせてしまいます。クレンジングと洗顔を丁寧に行い、基礎化粧品で肌の乾燥を防ぎましょう。

クレンジングは洗浄力が高いものを選ぶ

クレンジング剤は一番洗浄力の高いオイル、または2番目に高いクリームタイプがおすすめです。毛穴汚れが目立つ人やメイクをしっかりとしている方はオイルタイプを、肌が乾燥している方はクリームタイプがよいでしょう。古い角質を落とそうとスクラブ入りのクレンジング剤を使ったり、クレンジングのときにゴシゴシこすってしまったりすると、肌が傷ついてキメが荒くなり、乾燥が進んでごわつきを引き起こします。クレンジング剤がメイクによくなじむよう、やさしく指を滑らせましょう。

洗顔フォームで角質ケア

古い角質はお湯や水洗いでは落しきれません。朝晩2回、正しく洗顔してごわつきのない肌を目指しましょう。洗顔料をしっかりと泡だて、肌が傷つかないようにやさしく洗います。傷ついた肌では、そのあと保湿ケアをしてもうるおいを長くとどめておけません。すすぎはぬるま湯を使い、洗顔料が肌に残らないようにします。洗いの2倍ほどの時間を使ってすすぎましょう。洗顔料は洗浄力が高過ぎず、添加物が少ないもの、タンパク質汚れを溶かせる酵素入りのものがおすすめです。

ふき取り美容液で肌を整える

クレンジングと洗顔後には、「ふきとり美容」をプラスしましょう。古い角質や乾燥で肥厚した角質細胞は、洗顔だけでは落としきれないこともあります。洗顔後、コットンにふきとり美容液を含ませ、顔の内側から外側へ軽くなでるようにします。コットンが茶色くなれば、洗顔しても古い角質が残ってしまっているとわかります。肌のごわつきが気になる部分は特に丁寧に、目の周りなどの肌が薄い部分はやさしくふきとりましょう。

洗顔後には基礎化粧品で保湿をしっかりと

古い角質や汚れを落としたら、最後にきちんと保湿ケアをします。角質に十分な水分を保持できないと、すぐに乾燥してごわつき肌に戻ってしまうかもしれません。化粧水をたっぷりと使い、乳液とクリームで美容成分と水分とを閉じ込めましょう。つけるときには手のひらで圧力をかけすぎたり肌をこすったりすることは避け、やさしくなじませるようにします。もしも美容液をプラスするなら、化粧水のあとに使いましょう。ごわつき肌にはセラミドやアミノ酸、ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されている基礎化粧品がおすすめです。

人気のスキンケアアイテムをチェックしてみる

肌のごわつきを改善できる生活方法

肌のごわつきを改善してもちもち肌を目指すには、丁寧なスキンケアに加えて生活習慣を見直すことも重要です。紫外線対策を日頃から行い、発酵食品などを毎日の食事にプラスします。睡眠不足は肌のターンオーバーを鈍らせますから、質のよい睡眠をとるようにしましょう。

外出前の紫外線対策が大切

紫外線は肌にダメージを与え、乾燥とごわつきの原因になります。外出前には日焼け止めを塗って、日傘や帽子を身につけて出かけましょう。また、普通の窓ガラスは紫外線の7割を透過しています。特に紫外線の強い初夏から夏は、屋内にいるときも日焼け止めを塗る、UVカット効果のあるカーテンを閉めるなどで対策しましょう。もしも紫外線を浴びてしまったら、ほてった肌を冷やして炎症を抑え、たっぷりと保湿します。日焼け後のダメージ予防に、普段からビタミンを含む野菜や果物、サプリなどを摂りましょう。

発酵食品を食事にプラスする

体の内側からきれいな肌を目指しましょう。腸の動きがにぶっていると、肌荒れにつながることも。乳酸菌や微生物を豊富に含むヨーグルトや甘酒、酢、納豆などは腸内細菌を増やしてくれます。また、海藻やキノコ、豆類などに豊富に含まれる食物繊維は、腸内細菌のエサになります。これらを食べて腸内細菌を活発化させ、腸の動きを活性化しましょう。角質細胞の原料になるタンパク質、肌の再生を助けるビタミンBなどもバランスよく摂取することを心がけます。肉や魚をメインに、サラダやスープでたっぷりと野菜を摂りましょう。肌細胞の細胞膜を作る必須脂肪酸を含むドレッシングをプラスすると、より効果的です。

美容皮膚科でピーリング治療を受ける

洗顔や生活改善だけでは肌のごわつきが改善されないとお悩みの方は、美容皮膚科でピーリング治療を受けてみてはいかがでしょうか。ピーリングで肌表面から古い角質を取り除くと、新しい角質が出てきて肌の透明感が増し、トーンが明るくなります。ピーリング後は一時的に皮膚が薄くなっており、紫外線や乾燥のダメージを受けやすい状態ですので、アフターケアをしっかりと行いましょう。

肌のごわつきを感じたら肌の健康を取り戻せる生活を

肌のごわつきは、乾燥などによる肌トラブルや30代を過ぎてターンオーバー周期が長くなることが原因です。肌がごわついているなと感じたら、肌の健康が取り戻せるような生活を心がけましょう。クレンジングと洗顔をやさしく行い、ふきとり美容液をプラスして古い角質を取り除きます。最後に基礎化粧品で水分を加え、逃さないようにしましょう。紫外線対策や食生活などの生活習慣を見直して肌荒れを防ぎ、ターンオーバーを促します。自分だけでは肌のごわつきが解消されないと感じる方は、美容皮膚科でピーリングを受けてみてはいかがでしょうか。

肌のごわつきを解消!オルビスユー モイストアップローションをチェック!

30代の年齢肌への最初のアプローチとして開発された「オルビスユー」シリーズの保湿化粧水。肌につけた瞬間に溶けて染み込むような高い浸透率で、感動のもちもち肌を手に入れることができます。肌の乾燥や汚れや古い角質によるくすみなど、たくさんの悩みを抱えがちな大人の肌に対応してくれる心強いスキンケアアイテムです。

オルビスユー モイストアップローション

トライアル価格:980円(税込)

ピックアップ記事

運営会社