頬のハリ不足の原因は?解消する方法と予防策を紹介!

頬のハリ不足の原因は?解消する方法と予防策を紹介!

30代から40代にかけて、年齢を重ねるごとに気になる頬のたるみやほうれい線。顔の下半分が下がっていると、老け顔に見えてしまい、見た目年齢が一気に下がります。頬のたるみを引き起こす要因はさまざまありますが、加齢による筋肉の衰えや肌質の変化だけではなく、日頃の生活習慣や姿勢、クセなども深く関わってきます。頬のたるみを解消するには、たるみを悪化させる習慣を避け、顔の筋トレやマッサージを取り入れるとよいでしょう。頬のたるみを引き起こす原因やケア方法を知って、いつまでも若々しいフェイスラインを目指していきたいものです。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

頬のたるみや頬こけ、ほうれい線ができる原因とは?

頬のたるみや頬こけ、ほうれい線は、顔の中でも人の目が集まりやすい場所にできるため、見た目年齢を大きく左右し、その有無でパッと見の印象が変わってきます。顔の半分が下がって見えたり、頬がこけていたりすると、実年齢より老けて見られがち。また皮膚がたるむことで、頬の毛穴が目立つようになることもあります。このたるみ毛穴は、女性だけでなく、男性にとっても悩ましいエイジングサインの1つです。

表情筋や口輪筋の衰え

顔の表情筋や口周りの筋肉である口輪筋が衰えると、頬のたるみやほうれい線ができやすくなります。加齢による筋力の衰えだけではなく、日頃からあまり表情筋を使わず、体の筋肉と同様に顔の筋肉を意識的に鍛えていなければ、頬や口元は垂れ下がっていきます。日本語は表情筋をそれほど使わなくても話せてしまう言語なため、日本人の多くは表情筋の3割しか普段使っていないといわれています。

加齢や紫外線、乾燥による肌質の変化

皮膚はコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が十分にある状態だと、ハリや弾力がある健やかな肌になります。しかし加齢や紫外線、乾燥で肌質が変化し、肌を健康に保つ成分が減少すると、たるみやシワを引き起こします。

笑い方や口の動かし方など表情のクセ

笑い方や話す時の口の動かし方など表情のクセも、頬のたるみやシワ、ほうれい線を加速させる要因になることがあります。他にも食いしばるクセや歯ぎしりをするクセ、口角が下がったへの字口にするクセなども、皮膚をたるませてしまう原因となります。表情筋の使い方は、骨格や筋肉、脂肪のつき方によって人それぞれ違いますが、無意識に何気なくやってしまう表情にも注意しなければなりません。

姿勢の悪さや肩こり

猫背姿勢でのデスクワークや、前かがみ姿勢でスマホを長時間操作し続けるなど、顔にかかる下向きの力が顔のたるみを加速させます。また猫背や姿勢の悪さが習慣化すると、腹筋や背筋が衰え、リンパや血液の流れが悪くなり、老廃物が皮下脂肪に蓄積。その皮下脂肪を支えられなくなると、たるみとして顔に現われるようになります。肩こりも同様で、血行不良や筋肉の緊張によって肩こりが起きると、筋肉がますます硬くなり、顔の筋肉が引っ張られて下垂します。

不規則な生活と食習慣

睡眠不足など不規則な生活や偏った食習慣も、頬のたるみを引き起こすことがあります。睡眠と肌は密接な関係にあり、寝不足になると肌のターンオーバーが乱れ、それによってコラーゲンが減少し、肌をたるませることになります。栄養バランスが良くない食事でも、血流が悪くなり、肌に栄養が行き渡らなくなるため、たるみの原因となってしまいます。

歯列矯正中や合わない入れ歯でできることも

歯列矯正中や合わない入れ歯を入れていることでも、頬のたるみやほうれい線ができてしまうことがあります。噛み合わせの悪さや奥歯を失った状態だと、口元の高さが下がってしまい、頬こけして見えたり、急にほうれい線が目立って見えたりします。しっかり治療を行い、奥歯で噛みしめられるようになると、口角が上がり、たるみが自然と解消されることがあります。

頰のたるみをケアするクリームをチェックしてみる

頬のたるみを防ぐ対策と気をつけたい習慣

頬のたるみは30~40代に多く見られる悩みではありますが、20代から気になり始める人もいます。頬のたるみやほうれい線が深くなってしまう前にできる対策と、日頃から気をつけていきたい習慣を紹介します。

スマホの見すぎを避け、同じ姿勢を長時間続けない

スマホの画面は小さく見にくいため、背中を丸めて上からスマホを覗き込むような姿勢になり、集中するあまり口を引き結ぶ表情を取りがちです。スマホやパソコンの長時間使用で、アゴが前に突き出た猫背姿勢を繰り返していると、首から肩にかけての筋肉を緊張させ、皮膚が下方向へ引っ張られるため、顔のたるみを招いてしまいます。老け顔を防ぐためには、目線や顔を下げて、同じ姿勢を長時間続けるのを避けるようにしましょう。

よく笑い、よく噛んで食べる

普段から無表情で顔をあまり動かさないと、口元の筋肉が衰えてしまいます。顔のたるみを作らないためにも、顔にある表情筋や骨格筋を意識して鍛えることが大切です。よく笑い、よく噛んで食べることで、口周りの筋肉が鍛えられて、頬やあごのたるみを防いでくれます。また片方の歯で食べるクセがあったり、食べるときの姿勢が悪かったりしても、咬筋(こうきん)が上手に使えなくなりますので、バランスよく噛むように心がけましょう。

UV対策や保湿など正しいスキンケア

紫外線や乾燥による肌のダメージは、頬のたるみに拍車をかける要因となります。特に紫外線は、加齢以上に肌の老化を招いてしまいます。日頃からしっかりとUV対策を行い、たるみケアができる美容液なども活用し、保湿を徹底することが大切。肌を傷つけ乾燥を引き起こさないためにも、クレンジングや洗顔、スキンケア用品を使用する際は、こすったり力を入れたりせず、優しいケアを心がけましょう。

メイクでカモフラージュ

頬のたるみやほうれい線を隠そうとして、化粧を厚塗りすると、カモフラージュできるどころか、エイジングサインをより目立たせてしまいかねません。気をつけたいメイク方法として、化粧下地は塗りが甘くならないようまんべんなく塗り、ファンデーションがよれるのを防ぐことが大切。またほうれい線の影の部分に、肌より明るい色のコンシーラーかハイライトを入れてハリ感を持たせ、顎から頬のラインにかけて、頬を引き締めて見せるシェーディングを入れるのも効果的です。

頬のたるみを効果的に解消する方法

頬のたるみを解消するには日頃のセルフケアが大切ですが、忙しいとおろそかにしてしまいがちです。忙しい人でも実践できる、頬のたるみを効果的に解消する方法を紹介します。

表情筋を鍛える顔の筋トレ

普段の生活では唇が縦や横方向へ動くことが多いため、唇をすぼめて前方向へ負荷をかけることで、表情筋を鍛える筋トレになります。口を大きく「あ」の形に開き、次に唇だけ「お」の形に。その状態で左の鎖骨に右手を当て、その上に左手を添え、顔を右斜め上へと向けます。反対側も行い、最後に鎖骨の間を押さえて上を向き、首やフェイスラインを伸ばしてあげましょう。

口角がアップするエクササイズ

口角を持ち上げ、口を大きく開ける時に使われる筋肉は大頬骨筋。美しい笑顔を作り、頬の筋肉を垂れ下がらせないために、行いたいのが「せ」を発音する口の形をつくるエクササイズです。大きな口を開けて、「せ」を発音する時の口の形をつくり、目尻にシワを寄せないよう注意し、鏡を見ながら口角を上げていきます。5秒ぐらいそのままの状態をキープし、ゆっくりと元に戻します。

頬まわりや頭皮をほぐすマッサージ

口角の横にある顔筋が集まるモダイオラスを揺らして、マッサージしましょう。口の中に親指を入れて、ほうれい線と口角の延長線がぶつかる箇所を親指と人差し指で掴みます。コリっと硬くなっているところを、円を描きながら1分ほど揺らすと、顔の筋肉がほぐれます。むくみ改善にも最適な咬筋のマッサージも合わせて行うと効果的。口に入れた親指を頬骨近くに上げて、人差し指と挟んで30秒ほど上下に揺らします。また頭の筋肉が固くなっていると、顔の筋肉がこわばる原因に。頭を両脇から掴み、側頭筋のコリも一緒にほぐしましょう。

頰のたるみをケアするクリームをチェックしてみる

背中や肩甲骨のストレッチ

首から背中が固くなると、顔面の筋肉が動きにくくなり、頬のたるみやほうれい線を深くする原因になります。顔に繋がる筋肉を伸ばし、動きをよくしていくことが重要です。肩甲骨を寄せて胸を開き、顔は斜め上を向いて、首から背中にかけてのラインを伸ばしていきます。深い呼吸を心がけ、60秒ほどキープ。このストレッチを習慣にすれば、頬のたるみ改善はもちろん、姿勢の改善や肩こりの予防にもなります。

サロンや美容外科でのケアする方法も

セルフケアでの限界を感じたら、サロンや美容外科でのケアで、頬のたるみを改善する方法もあります。たるみケア専門のサロンでは、マッサージやスカルプケア、矯正、筋肉や肌のコリをほぐす高周波を使ったリフトアップなど、たるみ対策に特化した施術を受けられます。美容医療では、注入や糸での施術、レーザー治療などのケアがあります。

頬のたるみ対策で若々しいフェイスラインを保とう

頬のたるみの原因は加齢だけではなく、睡眠不足や肩こり、紫外線、偏食などさまざまな要因が考えられます。効果的に頬のたるみをケアするためには、たるみを引き起こしている原因を特定し、その原因に合った対策を行うことが大切です。自分にとって最適な方法を見つけ、いつまでも若々しいフェイスラインを保っていきたいものですね。

頬のたるみに人気のクリームをチェック!

■b.glen (ビーグレン)QuSome モイスチャーリッチクリーム

頬のハリ不足の原因は?解消する方法と予防策を紹介!「b.glen (ビーグレン)QuSome モイスチャーリッチクリーム」です。
独自のサイエンステクノロジーで知られる「ビーグレン」のエイジングケアクリームです。神秘の土台をしっかりと立て直すことによりハリと弾力のある健康的な肌へと導き、ほうれい線などを目立たなくさせてくれます。紫外線ダメージなどから肌を守る成分なども含まれているところもうれしいポイント。きめ細かくハリと透明感に満ちた肌印象になると評判です。トライアルセットなら、化粧水や洗顔、美容液などと一緒に試せるので、ぜひ一度公式サイトをチェックしてみてくださいね。

b.glen (ビーグレン) QuSome モイスチャーリッチクリーム

たるみ・ほうれい線ケア 7日間トライアルセット:1,100円(税込)

ピックアップ記事

運営会社