キャットフードの選び方とは?よいフードを見分けるポイントを解説

キャットフードの選び方とは?よいフードを見分けるポイントを解説

キャットフードの種類は総合栄養食、間食、療法食、その他の目的食(一般食・副食など)に分けられます。総合栄養食は猫に必要な成分がバランス良く配合されているので、フードと水だけで十分な栄養がとれます。ドライフードは長期保存が可能で、簡単に与えられることが特徴。ウェットフードは嗜好性が良く、水分も同時に補給できます。キャットフードの選び方は、原材料の肉類が具体的に表示されているかをチェック。また愛猫の年齢に合ったフードを選びましょう。高品質にこだわるならプレミアムフードがおすすめ。療法食を与える場合は必ず獣医師に相談してください。手作りフードは栄養バランスをとるのが難しいので、普段の食餌はキャットフードをメインにし、手作りフードはたまに与えるようにしましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

キャットフードの種類とは

キャットフードは主に4種類に分けられます。主食として与えるのは「総合栄養食」と表示されているフードです。猫にとって必要な栄養素やカロリーを計算して作られているので、フードと水だけで1日の栄養分が摂取できます。「間食」はおやつやご褒美として与え、1日に摂取する食事量の20%を超えないようにしましょう。一般食や副食などと表示されている「その他の目的食」は嗜好性が高く、おかずのようなフードです。総合栄養食とは異なりそれだけで栄養が摂取できるものではないので、主食にトッピングして与えましょう。病気の食事療法として与える「療法食」もあります。

ドライフードは主食のメインに

総合栄養食の多くはドライフードです。栄養が凝縮されていて少量で十分な栄養素が摂取できるので、主食のメインとして与えましょう。ドライフードは水分量が少ないので長期保存しやすく、いつでも簡単に与えられます。カリカリとした食感が特徴で歯に汚れがたまりにくく、あごを鍛えるメリットも。開封すると酸化が進むので、1か月程度で食べ切れる量を購入しましょう。小分けパックにされたフードを選ぶのもおすすめです。

ウェットフードは水分量が豊富で嗜好性がよい

ウェットフードは、肉や魚などのにおいや食感が残っているので嗜好性が高いフードです。水分量が多く、食事から水分補給ができることがメリット。あまり水を飲まない猫にはウェットフードを与えてみましょう。ドライフードに比べてカロリーが低いことも特徴。総合栄養食もあるので、食欲のない高齢猫や、固いものが食べられない子猫などにおすすめです。また、愛猫の好みに合わせてドライフードにトッピングするのもよいでしょう。

猫に必要な栄養素とキャットフードの選び方

猫は肉食なので、雑食性の犬に比べて多くの蛋白質を必要とします。また、炭水化物の消化は苦手なので、高蛋白質・低炭水化物のフードを選んであげましょう。猫は体内でタウリンを合成できないため、食べ物からタウリンを摂取しなければいけません。タウリンが不足すると、目や心臓の疾患を引き起こす恐れがあります。猫と犬では必要な栄養素とその割合が違うので、猫にはタウリンの含まれたキャットフードを与えることが大切です。

人気のキャットフードをチェックしてみる

メインの原材料が明確であること

キャットフードを選ぶ際には、原材料をチェックしましょう。原材料名の1番目に表示されているものがメインの原材料です。高蛋白質を必要とする猫には、肉類や魚介類が1番目に表示されているものが理想的。また、肉類の表示もチキン、ターキー、サーモンなど具体的に明記しているものがよいでしょう。蛋白質や脂質などのバランスも重要なので、成分表も確認。蛋白質が26%以上、脂質が9.0%以上を目安に選ぶのがポイントです。

手作りフードには注意

「愛猫には無添加の手作りフードを与えてみたい」と思う飼い主さんもいるでしょう。しかし、毎日の食事を手作りだけで与えるのは困難です。バランスのよい配合やカロリーなどを考慮して作らないといけないので、知識がないと難しいでしょう。猫に与えてはいけない食材もあるので、注意が必要です。しかし、手作りフードは新鮮なものを与えられ、水分を多くとれるメリットがあります。普段はキャットフードを与え、たまに猫の好きな食材で手作りフードを与えるのもよいでしょう。

猫のライフステージに合わせたキャットフードを

キャットフードは対象年齢も確認して選びましょう。栄養バランスや量、活動量、食事の回数などが年齢によって異なるため、ライフステージに合ったフードが必要です。新しいフードを与える場合は、1~2週間かけて徐々に切り替えることがポイント。急に食べ慣れないフードに切り替えてしまうと、吐いたり、下痢をしたりすることがあるので、様子を見ながら与えましょう。

子猫には十分な栄養が必要

生まれたばかりの子猫には母猫の母乳が必要ですが、さまざまな理由で母乳が飲めない場合は子猫用のミルクを与えましょう。子猫には十分な栄養が必要なので、高蛋白・高脂肪の子猫専用ミルクを選んでください。1日の授乳回数は生後10日までは8~12回、11日から30日までは4~8回が目安です。生後4週間頃からは、子猫用のドライフードをミルクやぬるま湯でふやかすか、ウェットフードを与えましょう。7か月頃から固いキャットフードに徐々に切り替えていきます。食事の回数は5か月頃までは1日4~5回に分けて与え、1歳頃には1日2回にしていきましょう。

1歳頃から成猫用のフードに切り替える

子猫用のフードは高栄養なので、1歳を過ぎてもそのまま与えていると太ることがあります。1歳頃からは成猫用のフードに切り替えてください。キャットフードのパッケージに記載されている食事量を参考に、1日2回に分けて与えましょう。また、妊娠・授乳期には通常の2~4倍ほどのエネルギーが必要です。妊娠・授乳期用や子猫用のフードを与えるか、普段のフードの量を増やすなどして十分に栄養を与えましょう。

高齢猫には低カロリーのフードを

7歳頃から高齢期に入ります。食欲は旺盛ですが運動量や代謝が低下してくるので、低カロリーのフードに切り替えましょう。良質の蛋白質やオメガ3脂肪酸、抗酸化物質、コンドロイチン、グルコサミンなどを含む高齢猫用のフードが理想です。腎臓に負担がかからないよう、リンが少ないことも確認しましょう。11歳頃からは老化を感じるようになります。この時期からはハイシニア向けのフードを選びましょう。消化に負担がかからないよう1日3~4回に分けて与えたり、食べやすいよう柔らかくしたり、工夫してあげることも大切です。

高品質にこだわったプレミアムフード

プレミアムフードは高品質な原材料を使用していることが特徴です。良質な動物性の蛋白質が多く含まれ、人工的な保存料や着色料が含まれていないものがほとんど。一般的なキャットフードに比べ値段が高価ですが、栄養価も高いので、健康の基盤である食事はプレミアムフードがおすすめです。

穀物アレルギーには「グレインフリー」を

プレミアムフードの中にはグレインフリーと表示されているものがあります。穀物を一切使用しないで作られたフードで、穀物の食物アレルギーを持っている猫におすすめです。「猫には消化の悪い穀物は与えないほうがよい」と思う飼い主さんもいるでしょう。しかし、キャットフードに含まれる穀物は適切に加熱処理されているので、十分に消化できます。また、良質のエネルギー源でもあるため、穀物アレルギーを持っていない猫にはグレインフリーのフードを与えなくてもよいでしょう。

目的や効果で選ぶ

猫によって体質や改善したい症状は異なります。個体差はありますが、避妊・去勢手術後の猫は活動量が減るので太りやすくなる場合があります。手術後は脂質やカロリーが控えめの避妊・去勢用のフードがおすすめです。他にも、毛玉対策のフードや、下部尿路疾患に配慮されたフードなどもあります。愛猫の様子をよく観察してフードを選びましょう。

病気の治療をサポートする療法食

療法食は、特定の病気に配慮して作られたフードです。それぞれの病気に応じて栄養バランスが調整されており、症状の軽減や治療をサポートすることを目的としています。猫に多い腎臓病や下部尿路疾患をはじめ、肝臓病、糖尿病、皮膚疾患、心臓病などの療法食があります。療法食は健康な猫に与えると症状が悪くなることがあるので、予防目的で与えずに、必ず獣医師に相談してから与えましょう。

おすすめの人気キャットフードはこちら!

■カナガンキャットフード チキン

獣医師の88%が推奨(※1)、生産者が英国王室エリザベス女王より表彰されたキャットフード(※2)です。全猫種・全年齢対応、ヒューマングレード(※3)の素材を使用し、香料・着色料不使用。チキンをたっぷり60%以上使用したグレインフリーの商品です。高品質な放し飼いのチキンの新鮮な生肉と高タンパな乾燥チキン、さらに旨味がたっぷりのチキングレイビー配合なので、猫ちゃんの食いつきが違います。オメガ脂肪酸たっぷりのサーモンオイルやビタミン・ミネラル豊富な野菜や果物、海藻、リフレッシュ効果のハーブ、上質な食物繊維のジャガイモやさつまいもを配合しています!小粒タイプで、子猫やシニアでも食べやすいのもポイントです。

※1 獣医師100名を対象に「普段先生の病院に通っている健康上問題のない猫の飼主から、当製品について相談を受けたら推奨しますか」と聞き、76名から有効回答を得た結果に基づくもの。2018年12月ベッツアイ調べ。
※2 The Queen’s Award for Enterprise : International Trade 2017受賞。
※3 ヒューマングレードの食品工場から仕入れた肉を使用。乾燥原材料等はペットフード用に生産されたものを使用。

カナガンキャットフード チキン

定期購入初回価格 1.5kg:4,356円(税込)

愛猫の健康のために、キャットフードの正しい選び方を知っておこう

キャットフードの選び方は非常に大切です。愛猫の健康を維持するには毎日の食餌が重要なので、栄養価の高い高品質のプレミアムフードをおすすめします。対象年齢や、体調の症状別にフードを選ぶこともポイントです。猫によって飼育環境や健康状態は異なるので、皆さんの愛猫に合ったキャットフードを選んであげてくださいね。

関連する記事

詳しく

キャットフードで肝臓ケアにおすすめ|人気猫の餌15選

猫を飼っている人は、猫が病気にならないように気を使っていると思いますが、それでも完全に防ぐことは難しいといえます。なかでも内臓のトラブルは、ペットの場合はなかなか気づかない場合もあるので注意したいところ。猫にも内臓トラブルはさまざまなものがありますが、肝臓病もそのひとつ。人と同様に、猫も肝臓は解毒や代謝という重要な役割を担っています。そして肝臓病は一度かかると、完全に治すのが困難。それだけに日頃のケアが大事になってきます。そこで今回は、肝臓ケアにおすすめのキャットフードをピックアップして、紹介していきます。

詳しく

お腹の弱い猫におすすめキャットフード15選!人気商品を比較

猫好きで家で猫を飼っている人は、猫と一緒にいるだけで癒やされたり、楽しくなるのではないでしょうか。それだけに猫の体調管理には気を使っていることでしょう。胃腸が弱い人がいるように、猫にもお腹が弱いタイプがいるので、そうした猫を飼っている場合はなおさらです。そんな猫のキャットフードには、特に気をつけたいところ。最近ではお腹の弱い猫向けのキャットフードも出ているので、そうしたものを利用するのもひとつの方法です。そこで今回は、お腹の弱い猫におすすめのキャットフードをピックアップしてご紹介していきます。

詳しく

猫の口内炎とは?おすすめなキャットフード人気餌15選

愛猫がいつも元気でいてくれるのは、飼い主にとってはうれしいこと。それだけに健康には気を使っていると思いますが、それでも病気を完全に防ぐことは難しいといえます。猫の病気にはさまざまなものがありますが、口内炎もそのひとつ。人もかかる口内炎ですが、猫の場合も口のなかに痛みを感じ、その影響で食欲もなくなり十分な栄養がとれなくなる恐れも。もちろん動物病院で診てもうことも大切ですが、治療している時の食事も気を使いたいところ。そこで今回は、口内炎の猫におすすめのキャットフードを紹介していきます。

詳しく

高カロリーキャットフードのおすすめ15選!人気猫の餌を比較

愛する猫の健康を気遣う飼い主は多いと思いますが、運動とともに大事なのがやはり食事。キャットフードを与えるにしても、猫の体調に合わせて、どんなタイプのものを与えるかを決めたいところです。肥満気味の猫には低カロリーなダイエット用がおすすめですが、逆に痩せ気味や成長過程にある子猫には、高カロリータイプが適しています。そしてそのほかにも、原料や成分などにも気を使って選んでやれば、より猫も喜んでくれることでしょう。しかし現在はさまざまなキャットフードが出ているので、どれが良いのか迷うことも。そこで今回は、おすすめの高カロリーキャットフードを紹介していきます。

詳しく

低脂肪キャットフード人気15選|おすすめな猫用低カロリーダイエットの餌

人でも肥満はさまざまな弊害をもたらしますが、それは猫も同じ。体重が増えてきたと感じたら、ダイエットをすることも考えたほうがいいでしょう。まずは運動をさせるのがおすすめ。猫は室内で飼われていることが多く、ただでさえ運動不足になりがち。おもちゃを使って一緒に遊んであげるなどして、運動をするように仕向けるのもひとつの方法。そしてやはり重要なのは食事。これまでのキャットフードを見直してみてはいかがでしょうか。そこで今回は、低脂肪・低カロリーを中心におすすめのダイエット向けキャットフードを紹介していきます。

詳しく

人気通販キャットフード15選|おすすめな猫ちゃんの餌

猫好きの人にとって、愛猫と過ごすのは至福の時間といえるでしょう。仕事疲れやストレスも一緒にいるだけで癒やしてくれる、家族の一員のような存在といえます。そんな可愛い猫には、良いキャットフードを食べさせてあげたいと思っている飼い主は多いと思いますが、数あるキャットフードの中から、自分の猫に合ったキャットフードを見つけ出すのは簡単ではありません。国産か外国産か、肉や魚など材料は何が使われているか、添加物は入っているかなど、選ぶポイントはいくつもあります。そこで今回は、通販で手に入る人気キャットフードをセレクト。紹介していきます。

詳しく

安全な国産キャットフードおすすめ15選!人気の猫の餌はこちら

猫は日本国内でもポピュラーなペットです。家族の大切な一員である猫にとってもご飯は大切な栄養源なのでバランスの取れた安全なキャットフードを選んであげましょう。キャットフードはいろいろな種類が登場しているのでどれを選んだらいいかわからないという飼い主さんも少なくありません。そこで今回は大切な猫の健康をサポートしてくれる安全で安心な国産キャットフードを紹介する記事を作成してみました。外国のキャットフードも栄養価が高く、高品質なキャットフードがあるのですが今回は購入のしやすさを考慮し、国産のキャットフードをピックアップしています。参考にしてみてください。

詳しく

子猫用ドライキャットフードの人気11選!おすすめの餌はこちら

小さくて可愛い子猫は日々の生活を癒してくれる大切な家族です。毎日少しずつ成長して大きくなっていく子猫にはたくさんの栄養が必要になるので、キャットフードも栄養満点でバランスの取れたフードを選んであげるようにしてください。とは言っても、初めて猫を飼う人はどんなキャットフードが猫に良いかわからないこともあります。今回はそんな飼い主さんの為におすすめの子猫用ドライフードをピックアップしてまとめてみました。おすすめポイントやキャットフードの特徴と一緒に紹介しています。キャットフードの選び方やキャットフードの違いも紹介しているので参考にしてみてください。

詳しく

無添加キャットフードおすすめ8選を紹介

大切な家族の一員である猫のご飯には安全で品質の良いものを選びたいと思っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。キャットフードは猫の健康を支える大事なご飯なので栄養バランスのとれた良いものを選びたいと思うのは当然のことです。キャットフードに含まれる成分を気にしている飼い主さんも少なくありません。そこで今回は猫のご飯にもこだわりたい飼い主さんの為におすすめの無添加フードをまとめてみました。キャットフードの特徴やおすすめポイントを記載しながら無添加キャットフードを紹介しています。キャットフードの種類や選び方も紹介しているので参考にしてみてください。

詳しく

高齢猫におすすめのウェットフード15選! 総合栄養食を紹介!

人間が歳を取るように、猫も歳を取っていきます。愛する猫にいつまでも健康に長生きしてほしい場合は高齢猫用のご飯に切り替えて食事面でもサポートしてあげることが大切です。高齢猫は食欲が低下していたり、消化器官が弱っていたりもします。猫の健康状態を把握して猫に合ったキャットフードを選んであげましょう。今回は高齢猫にもおすすめのキャットフードを紹介する記事を作成してみました。キャットフードの中から比較的高齢猫でも食べやすいウェットフードをピックアップしています。キャットフードの選び方などと一緒に紹介しているので高齢猫用のウェットフードを探している人は参考にしてみてください。

詳しく

おすすめの高級キャットフード17選!猫の餌でおすすめの商品は?

人間のご飯と同じように愛猫のご飯もこだわりたいという飼い主さんは多くいます。中には愛猫の誕生日やイベントの日などにいつもと違う特別なキャットフードをあげたいと考える人もいるのではないでしょうか。上質な素材を使用してつくるキャットフードは高級で、猫の健康もサポートしてくれます。食物アレルギーが気になる場合にも、素材にこだわる高級キャットフードなら飼い主さんの悩みを解決してくれるかもしれません。今回はおすすめの高級キャットフードを紹介する記事を作成してみました。おすすめポイントやキャットフードの特徴と一緒に紹介しているので参考にしてみてください。

詳しく

猫用ウェットフードおすすめ15選!人気の猫の餌を紹介

愛する猫の為にキャットフードにこだわる飼い主さんは少なくありません。栄養バランスが取れていて、猫の食いつきが良いキャットフードは飼い主さんにとっても猫にとっても理想です。しかし現実は猫の好みや価格などさまざまな要因から理想のキャットフードに出会うのが難しくなっています。今回は飼い主さんにとっても猫にとってもおすすめのウェットタイプのキャットフードを紹介する記事を作成してみました。キャットフードの選び方なども記載しているのでウェットフードを探している飼い主さんはもちろん、理想のキャットフードを探している人も参考にしてみてください。

詳しく

安くておすすめのキャットフード8選!安全な餌の選び方も紹介!

人間にとって食事が大切な習慣であることと同じように猫にとっても食事は欠かすことが出来ない大切な習慣です。キャットフードから必要な栄養を補給することで元気で健やかな状態をキープすることができます。とは言え、毎日の食事にあまりお金をかけることが出来ないという飼い主さんがいるのも事実です。今回は安くても猫の体調をキープしてくれるキャットフードを紹介します。安くても安全で猫の健康にも良いキャットフードをピックアップしているので、参考にしてみてください。キャットフードの選び方やキャットフードに関するトピックスもまとめています。

詳しく

猫が尿路結石になったら?餌や治療法・再発予防の方法を詳しく解説

猫がおしっこをしない、おしっこに血が混ざっているなどの気になる症状があるときは尿路結石を疑い、餌を替えるなどの対策をしましょう。尿路結石とは膀胱や尿道に石のような結石が溜まってしまうことで、結石が膀胱を刺激して痛みが出る、尿道を塞いでおしっこが出にくくなるなどの症状が出ます。結石が大きいときは外科手術を、そうでない場合は療法食を与えて結石を溶かし、おしっことともに排出させます。治療後再発を予防するには、水をいつでも飲めるように工夫し、おしっこを我慢させないようにしましょう。加えて、尿路結石向けの餌を継続することも大切です。

詳しく

本当に良いキャットフード|おすすめ人気20選

猫を飼っている飼い主さんにとっての悩みになりがちなのが、キャットフード。フードを変えると急に食欲がなくなったり、好き嫌いをするようになったりとなかなか合ったフードが見つけられないということもあります。 そこで今回は口コミ評価の高い本当に良いキャットフードのをお届けします。子猫からシニア猫まで幅広い年齢をカバーしているので、ご自宅に猫ちゃんに合ったものがきっと見つかるはずです。人気の高いおすすめ商品ばかりなので、これから猫を家に迎える方はもちろん、キャットフードの見直しや切り替えをされる方は、ぜひ参考にしてください。

詳しく

おすすめ海外キャットフード*人気20選を紹介!

日本では近年の猫ブームにより、キャットフードの種類も非常に多くなりたくさんのメーカーから色々な種類が買えるようになりました。しかし、欧米諸国はペットフードが非常に進んでおり、日本よりもより多くの種類や高品質なキャットフードがあったりします。そこで今回は海外のおすすめキャットフードのをお届けします。国産も良いですが、海外のフードも原材料がシンプルであったり安全性にこだわっていたりと、猫ちゃんの健康を維持するサポートに役立ちます。フードの切り替えや味替えにも使えるので、ぜひ今回のを参考に愛猫好みのフードを探してみてください。

詳しく

おすすめグレインフリーキャットフード*人気15選を紹介!

大切な愛猫の健康を考えるに当たって、まず気になるのは毎日の食事です。なるべく体に優しく、美味しく食べられるものをあげたいと思うのは当然ですよね。そんな時におすすめできるのが、グレインフリーという穀物を使用していないタイプのキャットフード。猫本来の食事を再現しているので、効率よく必要な栄養素を摂取させることができるため、健康管理だけでなく猫ちゃんの食いつきもばっちりです。 今回は人気のグレインフリーキャットフードを紹介。これから猫を飼うという方はもちろん、キャットフードの切り替えや味替えなどに良いフードをお探しの飼い主さんも参考にしてください。

詳しく

【市販】おすすめ猫餌!人気のキャットフードを紹介

警戒心が強く、選り好みしやすいと言われる猫。飼い主にとってたくさんおいしく食べてくれるキャットフードを選びたいものですが、栄養についても気になる人も多いでしょう。猫の餌は年齢や体格により適したタイプを選ぶのがポイントです。とはいえ、毎日あげなくてはならないため、コスパの良い餌を選ぶのも1つの方法。 今回は、市販もされているおすすめのキャットフードを人気紹介します。安全性が高いのはもちろん、口コミも参考に厳選しました。安全なキャットフードの選び方や餌の与え方などにも触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

おすすめ猫用ドライフード*人気15選

猫を家に迎え入れるうえで欠かせない餌選び。そしてキャットフードの代表と言えばドライフードです。別名のカリカリという呼び方をする飼い主さんもいますね。比較的安価で、常温で保存ができるので使いやすいものではありますが、猫ちゃんの好みや体調によっては今までのドライフードを食べてくれなくなったということもあり、飼い主さんにとっては悩みの種にもなります。 そこで今回は人気の猫用ドライフードのを紹介します。大切な猫ちゃんの好みや年齢、健康状態のためにいつもと違ったドライフードを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

詳しく

猫用ウェットフードのおすすめ15選*人気を紹介!

昨今の猫カフェや猫ブームで、猫を飼い始めるお宅も増えています。しかし猫によっては好き嫌いがあったり、年齢や健康上の問題でキャットフードに色々工夫をして食べさせなければならないという問題も。そんな時に役に立つのが猫用ウェットフード。スープ状のものや、パテ状、柔らか仕立てのものなど様々な形状があるので、好みや目的、健康状態などによって使い分けやすいのも魅力。そして香りがよく食いつきも良いので、食の細い猫ちゃんにもおすすめです。 今回は人気の猫用ウェットフードのを紹介。ぜひ愛猫の毎日のご飯のヒントにお役立てください。

詳しく

子猫におすすめの餌20選!人気商品を比較

愛くるしく、ちょこまかと動き回る子猫は心を癒してくれる存在です。すくすくと健康的に育ってもらうためには定期的に予防接種を打ったり、遊んであげたりすることが大切です。また、食事は特に気づかってもらいたい点で丈夫な体を作り上げるためには子猫の頃から栄養のあるキャットフードを与えてあげることが大切です。 今回はたくさんあるキャットフードの中から子猫にぴったりのキャットフードを選んでまとめてみました。子猫の餌に悩んでいる人やはじめて子猫を飼うという人も参考にしてみてください。

詳しく

人気の猫の餌15選!おすすめ商品を比較

いつまでも一緒に過ごしたい猫の健康を気づかうのは飼い主さんの大切な役目です。猫は犬と違って散歩や運動をしない分、ストレスを溜めないようにしたり、食事に気を使ったりすることが重要となっています。特に食事は毎日口に含むものなので健康バランスに気づかったキャットフードを与えてあげるようにしてください。とは言え近年はたくさんのキャットフードが登場しているのでどれを選べばいいかわからなくなってしまいますよね。 そこで今回は数あるキャットフードの中からおすすめのものを15点ピックアップしてまとめてみました。参考にしてみてください。

詳しく

人気のキャットフード15選!おすすめ商品を比較

日本では猫と一緒に暮らす家庭が増え、それに伴いいろいろなキャットフードが登場するようになってきました。猫の健康に気を使う飼い主さんが増えバランスの良いキャットフードや猫の食いつきが良いキャットフードなどいろいろなものを選択できるようになっています。また、栄養価や風味だけでなく、キャットフードの硬さ、形状にもさまざまな種類があります。 今回は数あるキャットフードの中でも特におすすめな商品をピックアップして紹介する記事を作成してみました。おすすめポイントも紹介しているので参考にしてみてくださいね。

ピックアップ記事

運営会社