広告

ホワイトニングの費用はどのくらい?種類や流れなども解説します!

ホワイトニングの費用はどのくらい?種類や流れなども解説します!

更新日: 2022年7月14日

ホワイトニングは歯を白くするもので、オフィスホワイトニング・ホームホワイトニング・デュアルホワイトニング・セルフホワイトニングがあります。それぞれのホワイトニングはやり方が異なり、どのような流れになるのか確認が必要です。費用は、オフィスホワイトニングは1回で10,000~70,000円。ホームホワイトニングは15,000~40,000円。デュアルホワイトニングは50,000~80,000円。セルフホワイトニングは1回で2,000~5,000円かかります。ホワイトニングの費用は、歯医者・サロンごとで変わりますので、事前に見積もりをとりましょう。ホワイトニングを行う前には、トラブルを避けるため歯科医師や歯科衛生士、サロンスタッフに費用や方法について質問し、不明点を解消することが重要です。

本ページで紹介する商品・サービスの選定基準について
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

※ 紹介する商品・サービスにおける留意事項

本記事で取り上げる施術は、原則自由診療によるものです。自由診療の場合、公的医療保険制度は適用されず、費用はすべて自己負担となります。費用については事前によく確認し、納得してから施術を受けるようにしてください。

ホワイトニング施術にはリスク・副作用があります。施術内容とともにリスク・副作用について医師に確認し、不明な点は相談して、納得してから施術を受けるようにしましょう。
ホワイトニングのリスク・副作用:施術の痛み・知覚過敏・歯ぐきの痛み・色むら・神経のない歯は白くなりづらいことがある、など。

ホワイトニングの種類とそれぞれの費用相場は?

歯科医院におけるホワイトニングとは、薬剤やレーザーなどを使用して歯を白くするもので、保険がきかない自由診療です。種類は、オフィスホワイトニング・ホームホワイトニング・デュアルホワイトニング・セルフホワイトニングがあります。それぞれのホワイトニングには特徴があり、やり方、総額費用が異なりますので、自分に合ったものを選択しましょう。

自宅でできるホワイトニング商品をチェックしてみる

オフィスホワイトニング・費用

オフィスホワイトニングは、歯科にて薬剤とレーザーを使って歯を白くする方法です。資格のある歯科医師・歯科衛生士によって施術され、ホワイトニングの効果をすぐに実感できるのが特徴です。ただし、使用する薬剤によっては、歯への刺激が強く痛みを感じる場合もあります。その他、歯の色が戻りやすく、白さの持続期間が短いという部分も難点に挙げられます。費用の相場は、1回につき10、000~70、000円程度です。

ホームホワイトニング・費用

ホームホワイトニングは、マウスピースに薬剤を塗布し、自宅や好きな場所で歯を白くする方法です。オフィスホワイトニングより濃度の低い薬剤を使うので、効果を実感するまで少し時間がかかるのが難点ですが、白さの持続期間が長いので魅力的です。費用の相場は、15、000~40、000円程度でオフィスホワイトニングより費用を抑えられます。

デュアルホワイトニング・費用

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。2つを併用することで、歯が短期間で白くなり、持続期間も長くなります。しかし、料金も2倍かかってしまうので、高額になることが難点です。費用の相場は、50、000~80、000円程度。歯医者によっては、2つのホワイトニングを併用するお得なプランもあります。

セルフホワイトニング・費用

セルフホワイトニングは、医療機関ではないサロンに行って、自分で歯のケアをして白くする方法です。その名の通りサロンスタッフが施術するのではなく、セルフでホワイトニングを行うのが特徴です。最近では、ネットなどでもセルフホワイトニングのセットを安く購入できるため、サロンに行かなくても自宅でできるものもあります。費用の相場は、1回で2、000~5、000円程度なので、高校生など学生でも試ししやすい価格です。

オフィスホワイトニングの流れ

オフィスホワイトニングの所要時間は各歯医者にもよりますが、診察とホワイトニングのセットで、1時間〜2時間くらいかかります。オフィスホワイトニングを行う際は、メリット・デメリット、手順を理解したうえで行わないと、後々トラブルに繋がる場合もあります。カウンセリング時には、遠慮せずに疑問に思うことを質問して、不明点を解消しましょう。

1.歯医者にて問診・カウンセリングなど

歯医者を受診したら、すぐホワイトニングを開始するのではなく、歯についての悩みやどのくらい歯を白くしたいのかをしっかりと確認します。次に、口の中をチェックします。チェック時に歯科治療、歯のクリーニングが必要と判断された場合は、ホワイトニングの前に行います。先に治療をしないと、ホワイトニングで痛む場合があるからです。

2.歯垢取り・歯の色合いの確認

歯科専用の器具を使って、ていねいに歯のクリーニングをします。クリーニングをした後は、現在の歯の色合いを歯科医師または歯科衛生士と一緒にシェードガイドを使って確認します。その他にも、写真を撮って、歯の色合いなどを記録しておきます。

3.薬剤の塗布して光やレーザーを照射

オフィスホワイトニングで使う薬剤は、刺激の強いものを使用しますので、先に歯肉の保護をします。保護した後は、歯にホワイトニングの薬剤を塗布して特殊な光やレーザーを照射します。歯に照射しているときは、光やレーザーを直接見ると危険ですので、気をつけましょう。

4.薬剤の除去

照射が完了した後は、薬剤を洗い流し、希望の色合いになるまで薬剤の塗布と照射を数回行います。平均2、3回程度で希望の色合いに近づきます。照射を数回繰り返しているうちに痛みが出たら、我慢せずに伝えましょう。薬剤が唾液などで流れ、歯肉を刺激している可能性があるからです。その後、何もなければフッ素を塗布して、終了となります。

ホームホワイトニングの流れ

ホームホワイトニングの所要時間は、1回あたり2時間くらいかかります。朝でも夜中でも好きな時間に毎日行って、2週間〜4週間程で効果を実感できるでしょう。問診からスタートして歯垢取り・歯の色合いの確認までは、オフィスホワイトニングと一緒の手順です。その後の流れが、どのようになっていくのか確認してみましょう。

自宅でできるホワイトニング商品をチェックしてみる

1.マウスピースの型取り・歯科医師が作成

ホームホワイトニングでは、マウスピースに薬剤を塗布してホワイトニングしますので、マウスピースの型取りを上下で行います。ホワイトニング用のマウスピースは、歯ぎしり用のマウスピースとは違い、自分の歯の形をしたタイプのマウスピースです。型取りした歯形から歯科医師や歯科技工士がマウスピースを作成し、完成したら予約日に受け取りに行きます。

2.マウスピースにホワイトニングのジェルを入れ装着

マウスピースを受け取ったら、自宅や好きな場所でホワイトニングできます。早く白くなりたいからといって所要時間を延ばしたり、1回の薬剤の量を増やすことは避けてください。オフィスホワイトニングより濃度の低い薬剤を使用していますが、長時間行うと唾液で薬剤が流れ、歯肉を痛める原因になります。

3.歯医者にて経過をみる

ホワイトニング中は、トラブルがないかや歯の色合いをチェックするために歯医者で経過を見ていきます。痛みや困ったことがあれば、その都度歯医者に連絡をとりましょう。トラブルがあるままにしておくと、歯肉を痛めたり知覚過敏を起こしたりしてしまうからです。

広告

セルフホワイトニングの流れ

セルフホワイトニングの流れを簡単に確認しておきましょう。始めにサロンで歯磨きをして、薬剤を歯に塗布します。その後、LED照射を数分行い、浮き出た汚れを取るために歯磨きを再度行います。通常、照射は2、3回繰り返すことが多いようです。サロンにもよりますが、所要時間30分という早さのところもあります。

ホワイトニングの知恵袋

ホワイトニングをするうえで、それぞれの費用や方法を把握しておくことは重要です。それに加えて予備知識ももっておくと、より早く効果が実感できるかもしれません。ホワイトニングにかんする知恵袋をまとめましたので、参考にしてみてください。

持続期間を伸ばすには費用もかかる

持続期間には個人差がありますが、半年から1年くらいで戻ることもあります。ホワイトニングの持続期間を伸ばすには、毎日しっかりと歯磨きをすることと着色性の高いブラックコーヒーや緑茶、カレーライスなどはなるべく控えること、定期的なクリーニングやホワイトニングすることが挙げられます。持続期間を伸ばしたいのなら、費用がある程度かかってしまうと覚えておきましょう。

市販の歯磨き粉では白くならない!?

市販のホワイトニング効果のある歯磨き粉は、歯の表面にある汚れは落とせますが、歯の内面にある汚れは落とせないので注意しましょう。歯の内面の汚れは、ホワイトニングやブリーチングという方法で歯を白くできます。

痛みを感じる場合もある

広告

人によっては、ホワイトニングをしたことで痛みを感じる場合もあります。歯にひびが入っていたり歯と歯肉の間に隙間があいていたりすると、薬剤が象牙質まで浸透して痛むことがあるようです。ホワイトニング自体は、痛みを感じるものではありませんが、歯に何か問題がある場合は痛むかもしれないということを覚えておきましょう。

家庭用ホワイトニング美容器をチェック!

スーパーホワイトLV

日本初の歯科医監修デンタルサロンであるデンタルラバーが手掛ける家庭用ホワイトニング美容器。\nホワイトニングや口臭ケアが自宅で気軽にできます。毎分2万回以上の高周波振動とLEDに紫外線LEDや近赤外線LEDをプラスしてダブル照射を行うことで汚れを落とします。電動歯ブラシのような使い心地で歯ぐきのマッサージ効果も。さらに120回分480mlの大容量専用ゲルが付属しているので、歯磨きでは落としにくい汚れにしっかりアプローチしてくれます。コスパも良いのでお値段を気にせずに使えるので安心。超軽量であごが疲れにくく、丸洗いできるので衛生的です。

スーパーホワイトLV

ホワイトニングの費用は歯医者ごとに異なるので事前見積もりを

ニコッと笑ったときに前歯が白いと清潔なイメージを持てるので、自然な白い歯を目指したいですよね。ホワイトニングをすることで理想の白い歯が手に入れられるかもしれませんが、ホワイトニング費用は自由診療なので価格が高い傾向にあります。歯医者ごとに費用も異なりますので、事前に見積もりをとって比べてみるといいでしょう。

ホワイトニングに関連する記事

コスメ・スキンケア、健康食品・サプリメント、ヘアケア、ダイエット、脱毛など、あらゆる切り口から自分らしい便利な暮らしをサポートします。「めったに起こらない」が起きた時、解決のヒントがここにある。

広告

広告

広告

運営会社