くすみの原因を知れば改善策がわかる!すぐできる対処法も紹介

くすみの原因を知れば改善策がわかる!すぐできる対処法も紹介

くすみの原因は実はさまざまあります。紫外線による乾燥や冷えによる血行不良、糖質を摂りすぎることでもくすみが起こります。くすみは自分で日々のケアをすれば防ぐことができます。紫外線によるダメージは乾燥を招きます。1年を通して日焼け止めを使うといいでしょう。またマッサージやピーリングで肌のターンオーバーを正常にすると、古い角質が剥がれやすくなります。スキンケアではたっぷり保湿することを心がけ、顔色を明るくする下地やコンシーラーを使いましょう。ベータカロテンやビタミンC、タンパク質を含む食べ物を積極的に摂ることも内側からくすみのケアをすることができます。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

くすみの原因はさまざま

シミやくすみ、シワは老け見えの原因になります。シミやシワは目で見てすぐにわかるのでケアしやすいですが、くすみは自分ではなかなか気づかない場合もあります。肌のツヤがないなと感じたり、メイクのノリが悪かったり、メイクをしても肌が明るくならなかったりしたら、くすみが出ているかもしれません。肌がくすむ原因はさまざまです。自分では丁寧にスキンケアをしているつもりでも、くすみの原因を見逃している可能性があります。

くすみ治療クリニックのカウンセリングを予約する

乾燥

乾燥は肌の大敵ですが、くすみの原因にもなります。肌が乾燥していると肌の表面のキメが整わなくなります。光をきれいに反射できないので影ができ、顔色が悪く見えることも。また乾燥するとバリア機能が低下するので、外からの刺激を受けないよう角質が厚くなります。角質は少し黒ずんでいるので、角質が厚くなると肌がくすんで見えます。また、肌の乾燥の原因にもなる紫外線も注意が必要です。紫外線を浴びると乾燥するうえ、できてしまったメラニン色素がうまく排出されずに残ってしまうと、くすんで見えることもあります。

冷え症など血行不良

冷えやむくみなど、血行が悪くなると肌もくすんで見えますし、血流やリンパの流れが悪くなると、老廃物を外に排出できません。また、体のすみずみまで栄養がいき渡らなくなります。肌の透明感やツヤがなくなり、くすみの原因に。さらに血行が悪いとターンオーバーの働きも悪くなります。古くなった角質が正常に剥がれなくなり、肌表面に止まりくすんで見える場合があります。目の下にクマができやすい人は、血行不良が原因かもしれません。

糖化によるくすみ

糖化とは、炭水化物や甘いものなど糖質を多く摂取することで、体内で余った糖質がたんぱく質などと結びつき老化を促進する物質AGE(終末糖化産物)を発生させること。くすみやシミ、シワの原因にもなると言われ、さらに内臓にも悪影響を及ぼしさまざまな病気を引き起こす可能性もあります。この糖化は加齢と共に代謝する力が衰え、糖化で作られた老化促進物質AGEが体内に蓄積されていきます。

くすみを解消するには

くすみを解消する方法は、化粧品でくすみを隠すやり方やスキンケアで根本的にくすみを取り除くやり方などがあります。今使っている基礎化粧品やメイクコスメを見直して、少しだけ日々のお手入れにくすみケアを取り入れてみましょう。

紫外線対策をする

紫外線対策は、くすみ以外のシミやそばかすの対策としても重要です。外出するときは必ず日焼け止めをつけましょう。紫外線が強いのは夏の間だけではありません。春先4月ごろから強くなり、秋になっても降り注ぎます。冬でも紫外線はなくならないので、1年中紫外線対策を行うといいでしょう。また床に反射して家の中にも紫外線は入ってきます。家にいるときでも紫外線対策を忘れずに。曇りでも紫外線は地上に届いているので、晴れた日だけでなく曇りの日もしっかりケアしてください。

マッサージやピーリングでターンオーバーを整える

紫外線を浴びると肌が乾燥します。乾燥はバリア機能を低下させるので、ターンオーバーの働きも乱れます。正常に剥がれなかった古い角質は、ピーリングで取り除きましょう。また、マッサージを定期的に行うと肌の血行がよくなり、ターンオーバーの周期が整ってきます。お風呂上がりやスキンケアの後に行うといいでしょう。マッサージは力が強すぎるとたるみやシワの原因になるので、気持ちいいくらいの強さで。また敏感肌の人や乾燥がひどいときは、ピーリングは様子を見て週に1回以下にしてください。

ワントーン明るい色の下地やコンシーラーをメイクで使う

メイクで明るい顔色を作るなら、ワントーン明るい下地を選びましょう。BBクリームもいつもより明るめの色を。色補正効果があるタイプなら、肌のトーンを明るくできます。またくすみやシミが気になる部分にコンシーラーを使うのもおすすめです。

化粧水でしっかり保湿しクリームを塗るなどスキンケアを念入りに

乾燥ケアを入念に行いましょう。クレンジングと洗顔でメイク汚れや皮脂などをきれいに落としたら、化粧水をたっぷりつけます。洗顔後の肌は皮脂が取り除かれ、乾燥しやすくなっているので、すぐに化粧水で保湿してください。肌に十分に水分を補給したら、美容成分の配合された保湿クリームや乳液など油分のあるもので、水分が蒸発しないよう肌を保護しましょう。毎日のスキンケアでしっかり保湿することが大切です。

美白ケア用の化粧品を使う

美白成分が配合されている化粧品を使うと肌のくすみが取れ、肌のトーンが明るくなります。美白効果の望める医薬部外品の美白美容液などもおすすめです。いつものスキンケアにプラスして使えるので便利です。美白化粧品は、紫外線を浴びてメラニン色素が生成される時期だけではなく、継続して使うと効果を実感しやすくなります。

くすみにいい食べ物は

食生活を改善することも、くすみのケアになります。糖化を防いだり、保湿や肌サイクルを整えたりする効果が期待できる食品を積極的に食べるといいでしょう。また糖化を防ぐ食事の摂り方は、ベジファースト。最初に野菜から食べると食後の血糖値が上がりにくくなります。さらに揚げ物を控え、GI値の高いうどんやパスタなどを食べるときには、オリーブオイルやクエン酸を含む酢、レモンなどと一緒に食べるといいでしょう。GI値は、食品に含まれる糖質が食後にどれだけ血糖値をあげるかの指数です。高いほど血糖値が上がりやすい食品といえます。オリーブオイルは血糖値上昇を抑える働きがあり、クエン酸はAGEを減らす効果があります。

ベータカロテンを含む食べ物

にんじん、小松菜、ほうれん草など色の濃い緑黄色野菜はベータカロテンが含まれ、抗酸化作用があります。紫外線によるバリア機能の低下をサポートしたり、皮膚の免疫力を上げたりする効果が期待できます。

ビタミンCを含む食べ物

オレンジやキウイ、ブロッコリーなどに含まれるビタミンC。美白に欠かせない成分として知られていますが、皮膚や粘膜を丈夫にする働きもあります。また、ターンオーバーを正常に戻したり、コラーゲンを作ったりするサポートもします。糖化を防ぐためにも、フルーツジュースではなく、少量の果物を食べるのがおすすめです。

タンパク質を含む食べ物

健康な皮膚を作るために欠かせないタンパク質。新陳代謝を促進し、肌のハリを保ちます。肉類や魚類、卵や大豆製品などに多く含まれます。やはり糖化を防ぐために、揚げ物ではなく煮たり蒸したりして食べるのがおすすめ。レモンや酢を少し絞ると、さらにAGEの量を減らせるでしょう。

くすみ治療で人気のクリニックはこちら!

■品川スキンクリニック

品川スキンクリニックでは、レーザー・光による治療、導入・ピーリングによる治療など、くすみが気になる人のための豊富な施術メニューを用意しています。
人気のくすみ治療のひとつである「レーザー美白(カーボンピーリング)」は、肌の古い角質や毛穴に詰まった老廃物を除去し、肌を活性化させることで、 キメの整った透明感のある肌へと導く 治療法。くすみ解消だけでなく、 シミ・ニキビ・赤ら顔・毛穴・小ジワなどもケア してくれます。
美容皮膚科専門ドクターが、一人ひとりの肌にあった治療方を提案してくれるので、気になる人は無料のカウンセリングを受けてみてください。すぐに効果を実感できるのが人気の理由です。
初めての方でも試しやすいように「初回限定価格」も用意されています。

品川スキンクリニック

くすみの原因を知れば改善策がわかる

自分の知らないうちにくすみが進んでいる場合があるので、日頃のスキンケアや生活習慣を意識することが大切です。紫外線対策を毎日行い、軽い運動やマッサージをして血行をよくし、お肌の生まれ変わりのサイクルを正常に保ちましょう。美白化粧品や色補正できる下地を使うのもおすすめです。また、食事は緑黄色野菜をたっぷり、健康な皮膚を作るタンパク質も忘れずに。甘いものや白ごはん、麺類が好きな人は、食べすぎに気をつけてください。糖化を防ぐ食べ方で、糖化によるくすみを解消しましょう。

ピックアップ記事

運営会社