リノベーションの相場はどのくらい?費用の減らし方も解説

リノベーションの相場はどのくらい?費用の減らし方も解説

ライフプランの節目節目で、住まいのリノベーションやリフォームを考える方は多いでしょう。「中古マンションを買ってお洒落な部屋にリノベーションしたい」「子供が独立したので、趣味のスペースを増やしたい」などそれぞれに希望があります。しかし、ひとことに「リノベーション」といっても、部分リノベーションやスケルトンリノベ、表層リノベーションなどいくつかの種類があるので、ご自身の希望と予算にあわせる必要があります。また、リノベーションはプランニングによって費用が大きく変わってきます。さらに専用のローンが組めたり、税制面からも費用を抑えることが可能です。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

リノベーションの定義と種類を把握しておこう

最近「リノベーション」という言葉をよく聞くようになりましたが、そもそもリノベーションとはどういったことを指しているのでしょうか?リフォームとは何が違うのでしょうか?リノベーションとは、建物の構造体を残して他の部分を作り変えることを指します。対するリフォームとは古くなった家を元の状態に戻すという意味合いが強く、現在では自由度の高いリノベーションに人気があります。リノベーションには、全面改装の「スケルトンリノベーション」、配管や設備はそのままにする「表層リノベーション」、水回りや部屋のみを新しくする「部分リノベーション」といった種別があり、物件の状態や予算によって選択する必要があります。

リノベーションにはどの程度の費用がかかるのか?

リノベーションは新築に比べて理想の住まいが安く手に入ると人気ですが、一体リノベーションにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?マンションのスケルトンリノベーションを例にとってみると、かかる費用は、1㎡あたり10~15万円が平均的な相場だといわれています。60㎡の住戸と仮定するなら、600~900万円程度が目安ということになります。しかし、設備や建築素材、工事の工程などのさまざまな要因で料金は大きく変わります。リノベーションのプラン次第で料金は増えもすれば減りもするものだと覚えておきましょう。

事例別リノベーション費用の内訳

リノベーションにはスケルトンリノベーションや部分リノベーションなどいくつかの種類があり、マンションや戸建といったリノベーションの対象によっても費用の相場は変わってきます。ここからは施工事例別にリノベーション費用の内訳を見ていきましょう。

マンションのリノベーション

中古マンションを購入し、リノベーションで好みの住まいに作り変えることが、昨今ちょっとしたブームになっています。費用は購入したマンションの大きさや間取りにもよりますが、60平米のマンションをスケルトンリノベーションするとおおよそ900万円前後が相場のようです。但し、ロフトやクローゼットなどを特注すると1000万円を上回ることも珍しくはありません。逆に残せる設備はそのまま使用したり、作業箇所を限定すれば500万円前後の予算でもリノベーションを行うことが可能です。このようにマンションのリノベーションは、費用の幅が広く低予算でも可能ですが、物件の購入費用が別途かかることも忘れてはいけません。

戸建てのリノベーション

一戸建ての建物に対するリノベーションは、室内以外にも外まわりや建物の増築など選択肢が広く、平均的な費用を挙げるのは難しくなってきます。木造戸建て住宅の全面リノベーション例を見てみると、全体で1000万から1250万円くらいが相場のようです。さらに現在の住まいをリノベーションする場合は、仮住まいや貸倉庫などの費用も考えておく必要があります。一戸建てをリノベーションするならば、住みながら少しずつ部分リノベーションをしていくという選択肢もあります。

古民家リノベーション

憧れの田舎暮らしにはつきものの「古民家」のリノベーション。地方には現在使用されていない古い住居が数多く残っており、それを買い取ったり、借りたりして住みやすいようにリノベーションしていきます。既存の家屋にどこまで手を加えるかで費用は大きく変わってきますが、水回りを含む住居部分の基本的なリノベーションは500万円前後が相場のようです。しかし、古民家といえば築年数が100年以上という物件も珍しくなく、土地や建物の基礎から補修工事をしないといけないケースも多々あります。これらの経費も考えると、費用は大きく変わっていきます。

屋外リノベーション

物件によっては、壁や屋根、門扉やバルコニー、庭などもリノベーションの対象となります。屋外リノベーションでは外壁、外装、屋根の相場がおよそ100~300万円といわれています。壁や屋根は施工内容や材料の種類によって料金が大きくかわります。また、バルコニーや庭といったエクステリアのリノベーションは、施工箇所によって料金に差があります。リノベーション箇所が少なければ50万円程で済みますし、門扉やカーポートなどを作り変えるとなれば300万円ぐらいは見ておく必要があります。

キッチンやトイレなど水回りのリノベーション

キッチンやバスルームといった水回りは、耐用年数がおよそ15年といわれています。毎日使う場所なので、ここをリノベーションしたいという希望は多いようです。水回りリノベーションの相場はキッチン、バス、洗面、トイレの四点セットで100万~300万円くらいが相場です。しかし、水回りの位置移動による配管の工事などが入るとそちらの費用も必要になり、総じて工事費が多めにかかる傾向があります。

リノベーションの費用を抑える方法

リノベーションにかかる工事費は決して安いものではありません。また、作業が進むと新たに手を加えなくてはならない箇所が出てくることもあります。なるべくお金の心配をせずにリノベーションを成功させるために、工事の仕方から税制優遇や公的補助金まで、リノベーション費用を賢く抑えるポイントを考察してみましょう。

依頼先の業務形態をチェック

リノベーションの依頼先には、地元の工務店から大手ハウスメーカー、リフォーム会社、建築事務所とさまざまな選択肢があります。依頼先がどのような業務形態かによって、リノベーションの費用も変わってきます。大手ハウスメーカーであればお得なリノベーションパックなども用意されていることがありますが、全体的に料金は高めになります。小さな工務店に依頼すると費用は抑えやすいのですが、デザイン面での選択肢は少なくなる傾向にあります。デザイン重視であれば、デザイン料はかかりますが建築事務所に依頼するという選択肢もありです。総じて全体的にバランスがとれているのがリフォーム会社です。中でも、自社設計・自社施工でやっているリフォーム会社は、余計な中間コストがかかりにくいという利点があります。依頼先に迷ったときは、オールワンストップのリフォーム専門会社を中心に選ぶとよいでしょう。

設備や素材でも大きな差が出る

リノベーションにかかる費用は、交換・新設する設備や、使用する建築素材により大きく変わってきます。キッチンやバスなどは料金の幅が大きく、木材や壁紙などもこだわると費用面に影響が出ます。また、作り付けの棚など特注する造作にも費用がかかってしまいます。逆をいえば、これらの要素を見積もりの時点でしっかりと吟味し、施工先に相談すればグレードを下げて費用を抑えることも可能です。

工法の違いも料金に影響する

リノベーションの費用を抑える方法として、工法を工夫するという手段もあります。例えば配管や電気設備などの専門技術がいる箇所は業者に任せて、壁紙など素人でもできそうなところは自分たちで行えば経費の節約ができます。ただし、そのぶん時間や労力がとられることになります。また、必ずしも綺麗な仕上がりになるとは限りません。それらの点を踏まえた上で作業を楽しめるようでしたら、経費を抑えながら「世界にひとつだけの住まい」と「家を作った」という体験や思い出を手に入れることもできるでしょう。

補助金の申請は忘れずに

国や地方自治体は、リフォームやリノベーションに対して補助金制度を設けています。行政からの支援はさまざまなかたちがありますが、その時の時世によって大きな変更がありますので、常にチェックを怠らないようにしましょう。また、住まいのある地域によっても制度に違いがあります。自分が住む地方自治体がどのような支援制度を設けているか、各自治体や「一般社団法人住宅リフォーム推進協議会」のウェブサイトなどで確認しておくことをおすすめします。

リノベーションで節税ができる!?

リフォームローンも上手に使う

銀行のリフォームローンは、リノベーションにも適用できます。リフォームローンは大別すると無担保型と有担保型に分かれており、無担保ローンは比較的少ない資金の借り入れに、対する有担保ローンは大型で長期返済を必要とする借り入れが対象となっています。また、物件を購入してリノベーションを行う場合には、住宅ローンも適用できます。住宅ローンはリフォームローンに比べて金利が安いので、物件購入とセットで利用を検討してみましょう。

費用を調整してリノベーションを成功させよう

リノベーションの価格は、見積もりや工事を工夫し、税制や補助金などもうまく利用すれば大幅に価格を抑えることが可能です。リフォーム会社のウェブサイトにはさまざまなリノベーションの事例が紹介されているので、参考にしてみるとよいでしょう。住まいの購入や改築の機会はそう多くはありません。是非ともリノベーションを成功させて、理想の住まいを手に入れましょう。

ピックアップ記事

運営会社