そばかすの原因を教えて!子供もできる予防対策も紹介します!

そばかすの原因を教えて!子供もできる予防対策も紹介します!

そばかすは、主に頬や鼻にできる小さな茶色の斑点です。人によっては、首からデコルテ、胸元にもできる場合があります。シミとは違い、5〜6歳の幼少期からでき始め、大人になるにつれて薄くなることもあります。そばかすができる原因ははっきりとはわかっておらず、遺伝的、体質的なものだと言われています。そばかすの予防対策として、日焼け止めなどを使って紫外線対策をしたり、肌のターンオーバーを促すケアをしたり、十分な睡眠、食事、規則正しい生活を送ったりすることが挙げられます。中学生頃になるとそばかすの色が濃くなる場合があり、思春期というのも重なって余計気になるかもしれません。その際は、中学生にもできるそばかす予防対策がありますので、実践してみましょう。そばかすが気になってストレス、早くそばかすを消したいという場合は、皮膚科で治療することも可能なので相談してみましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

そばかすとは何?子供の頃からできるの?

そばかすとは、頬や鼻にできる直径3mmくらいの茶色の斑点のことです。人によっては首からデコルテ、胸元にもできる場合があります。そばかすとシミはよく似ていますが、出る年齢が異なります。そばかすは早い場合だと5〜6歳の幼少期からでき始め、思春期でピークをむかえます。その後、個人差はありますが、大人になるにつれて薄くなる傾向があります。シミの場合は、子供の頃から外遊びをしていたり、日焼けを何度もしていたりすると20代から出る人もいます。別名「老人性色素班」とも言い、そのままにしておくとメラニン色素が残り、濃くなっていくのが特徴です。

人気の美白化粧品をチェックしてみる

そばかすかシミかチェックしてみよう

そばかすとシミはよく似ていますので、どちらなのか簡単にチェックしてみましょう。
・5〜6歳の幼少期からでき、40代頃までに発症する
・頬や鼻を中心に直径3mmくらいの小さな斑点があり、薄茶色・黒っぽい色をしている
・親もそばかすがある
・紫外線が多い春から夏に色が濃くなり、冬には薄くなっていく
これらに該当する場合は、そばかすの可能性が高いかもしれません。ただし、そばかすとシミの区別は難しいので、気になる場合は専門家に相談してみましょう。

そばかすができやすい人

そばかすがある人というと、有名な某赤毛の少女を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。そばかすは、白人や色白の人で、若い女性にできやすい傾向があるようです。その他、親にそばかすがある・あった人にもできやすいとされています。そばかすは思春期にピークを迎えることが多いので、コンプレックスを抱くかもしれません。難しいかもしれませんが、個性の1つだと思って前向きに過ごすことが大切です。

そばかすの原因とは

そばかすのできる原因ははっきりとわかっていませんが、遺伝的、体質的なものだと言われています。ただし、親にそばかすがあるからといって、子供にも必ずそばかすができるとはいいきれません。遺伝的、体質的なもの以外にも強い紫外線によるダメージにより、体の中でメラニンが多く作られることも原因の1つに考えられています。

そばかす予防対策

女性でも男性でも、そばかすやシミなどのない透明感のあるキレイな肌でいたいと思いますよね。そばかすは、遺伝的、体質的なものが原因とされているので、完全に予防することは難しいかもしれませんが、何も予防対策をしないと状態を悪くさせる可能性があります。そばかす予防対策をいくつか紹介しますので、あとから後悔しないためにも、参考にしてくださいね。

日焼け止めなどを使って紫外線対策

できてしまったそばかすを濃くしないよう、紫外線対策は日頃から意識して行いましょう。具体的には、日焼け止めクリームをこまめに塗ることや日傘、帽子を使うことです。サングラスをかけたり、UVカット効果のある洋服を着たりすることも有効ですよ。また、屋内にいる時も窓ガラスから紫外線が入ってきますので、UV効果のあるフィルムを貼って加工したり、カーテンをしめたりして対策します。紫外線の多い春から夏にかけて対策することはもちろんのこと、秋や冬の曇った日にも油断せず紫外線対策をして肌を守りましょう。

肌のターンオーバー

肌のターンオーバーを利用して、そばかすの予防対策をしましょう。人間の肌は一定のサイクルで新しくなりますので、肌の代謝を促すとそばかすの予防対策につながります。生まれ変わりのリズムを促すには、ビタミン類やミネラル、アミノ酸の一種L−システインなどを摂取するといいといわれています。野菜や果物を食べて摂取することが理想ですが、サプリメントなどを飲んで摂取するのも手軽に継続できておすすめです。年齢を重ねるごとに肌のターンオーバーサイクルはゆっくりになりますが、積極的に代謝を促す食べ物を取り入れて対策しましょう。

美白化粧品でスキンケア

そばかすは、美白有効成分を配合した化粧品でスキンケアを行うことも大切です。美白有効成分とは厚生労働省が承認したもので、メラニンの生成を抑え、そばかすやシミを防ぐ効果が期待できる成分のことです。美白有効成分には20種類以上の成分があり、目的によって成分を使い分けます。美白化粧品は価格が高いものが多いですが、日頃から使用することで、効果的に美白ケアができるのでおすすめです。

人気の美白化粧品をチェックしてみる

十分な睡眠・規則正しい生活・食事

「ストレスは肌の大敵」とよくいいますので、規則正しい生活を心がけ、十分な睡眠や食事を取るようにしましょう。また、ジョギングや散歩などの適度な運動も大切です。外側からのケアももちろん重要ですが、体の内側からのケアによっても肌は左右されることを覚えておきましょう。

ベースメイクでカバー

今すぐにでも、そばかすを消したい!という方は、メイクでカバーしてみましょう。例えばファンデーションを塗る前の下地によっても、そばかすのカバーが可能です。ベージュ系のカラーコントロール下地を使うと、自然にカバーできますよ。コンシーラーの利用もおすすめです。リキッドタイプだと肌に密着し、馴染ませやすいでしょう。

小学生・中学生ができるそばかす予防

大人になれば、メイクでそばかすをカバーできますが、小学生・中学生にもできるそばかす予防はあるのでしょうか。簡単にできる予防は、ビタミン類などの食材を意識して食べることです。ビタミンCが豊富に含まれるレモンや、ビタミンCやビタミンEが含まれている赤ピーマンと黄ピーマン、ビタミンAとビタミンB12が含まれている焼き海苔などがおすすめです。レモンはそのまま食べることは難しいので、はちみつレモンにすると食べやすいかもしれません。その他、日焼け止めクリームをしっかりと塗ることも大切です。部活などで外で活動する機会が多いので、日頃からUV対策を意識してみましょう。

皮膚科でそばかす治療

顔の中心部分にできるそばかすは、顔の印象を変えるので気になる人もいるのではないでしょうか。そばかすは大人になるにつれて薄くなることが多いですが、気になってストレスになる場合や今すぐにでも消したいのなら、皮膚科で相談するといいかもしれません。皮膚科では、特殊な光やレーザーを使って治療する方法や、美白効果のある外用薬を塗ってそばかすを治療する方法などがあります。また、一般的な皮膚科より美容皮膚科だと、そばかすやシミ治療を行っているところも多いので、近所にないか調べてみましょう。

人気の美白化粧品をチェック!

■リペアジェル

年齢肌を根本からケアする機能性オールインワンジェル。医学誌への掲載に加え、日本初の弾力・保湿・キメ・つや・くすみへの効果を検証しています。ターンオーバーが乱れて、メラニンが過剰に皮膚が残りがちな年齢肌に、超微粒子成分が肌のすみずみまでアプローチ、透明感のある肌へ導きます。

リペアジェル

初回価格:1,078円(税込)

そばかすの原因は遺伝の可能性もある

そばかすは、周りから見れば気になるものではありませんが、そばかすがある本人からすると、非常に気になるもので、コンプレックスを抱きがちです。そばかすの原因ははっきりとわかっていませんが、遺伝の可能性もあるので、完全に予防することは難しいかもしれません。しかし、体の外側と内側からのケアによってそばかすを悪化させないこともできますので、ぜひ積極的に対策しましょう。

ピックアップ記事

運営会社