毛穴の黒ずみの原因は?おすすめの予防法と対処法でツルツルの肌に

毛穴の黒ずみの原因は?おすすめの予防法と対処法でツルツルの肌に

鼻まわりの毛穴の黒ずみや開きは気になるものです。メイクで隠したくなりますが、原因をきちんと知って正しいケアをすれば防ぐことができます。黒ずみは皮脂が角栓に詰まったり、メイク落としが不十分で汚れが落とし切れていなかったり、乾燥で肌の状態が悪くなったりして起こります。しっかりとクレンジングをして泡で包み込むようにして洗顔をし、汚れをきれいに落としましょう。時々ピーリングをするのも効果的です。十分に化粧水で水分を補給して、乳液やクリームで保護しましょう。強くこすったり、角栓を押し出したり、毛穴パックを頻繁に使ったりするのはやめましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

鼻まわりの毛穴の黒ずみの原因は

鼻のまわりの毛穴が黒くなり、ボツボツとしていると気になります。メイクのときはファンデーションで隠せますが、メイクを落とすと黒い点がまた見えるので、なんとかしたいと考える人も多いでしょう。そのまま放っておくとニキビができたり、間違った毛穴ケアは肌トラブルを引き起こしたりする場合もあります。毛穴の黒ずみの原因を知って、普段のスキンケアを見直せば、悩みを解消できるでしょう。

皮脂が分泌され角栓が詰まる

毛穴からは皮脂が分泌されます。適度な皮脂は自然の保湿効果があり、肌を健康に保つために非常に重要です。しかし毛穴が細くなり、皮脂やたんぱく質が詰まると角栓ができます。毛穴の黒ずみは角栓が詰まった状態です。角栓で毛穴が塞がれてしまうと、皮脂は正常に分泌できなくなります。そのまま放置すると、詰まった角栓が酸化したり汚れたりして黒ずんできます。

残ったメイク汚れ

メイクをきちんと落とせていないことも、毛穴が黒ずむ原因になります。皮脂だけでなく、メイク汚れやホコリが混ざって毛穴に詰まり、酸化して黒くなります。

乾燥

肌が乾燥すると肌のバリア機能が弱まり、ターンオーバーが乱れます。肌は乾燥を防ぐため、ターンオーバーを早めて角質を作って保湿しようとします。しかし、早いスピードで作られた角層細胞は保水力が弱く、剥がれ落ちる力も弱くなっています。古くなった角質は自然に剥がれ落ちますが、急いで作られた角質はうまく剥がれずに、そのまま皮膚の表面に積み重なり毛穴に入り込みます。角層細胞は毛穴で角栓となり、黒ずみの原因になります。また乾燥していると、保湿しようと皮脂が過剰に分泌されます。余分な皮脂が毛穴に詰まって、黒ずみの原因になる場合もあります。

毛穴の黒ずみの対処法

毛穴が黒ずんでしまったら、日々のスキンケア方法を見直しましょう。正しい化粧品を使ってケアを行うことが、一番の対処方法です。少しずつ黒ずみが目立たなくなっていくうえ、予防法にもなります。

メイク落としはオイルで

クレンジングはオイルタイプかクリームタイプがおすすめです。クレンジング力が高いものを使うと、毛穴に詰まった角栓を落としやすくなります。特にオイルクレンジングを使えば、オイルが皮脂とたんぱく質でできた黒ずみと馴染みやすく、角質を優しく落とせます。乾燥肌の人は、オイルクレンジングを頻繁に使用すると、肌の必要な油分を落としすぎてしまうので、週に1〜2度角質ケアとして使うといいでしょう。

クレンジングを丁寧に

角質の皮脂とクレンジングを馴染ませ、浮かせて取るイメージで優しくクレンジングをしてください。指の腹を使って丁寧にくるくると円を描くようにして、下から上、顔の中心から外に向かうように動かしてください。顔全体にクレンジングをまんべんなく広げて、メイクや汚れと馴染ませましょう。汚れが残りやすい小鼻の周りは特に丁寧に。毛穴が気になるところも、力を入れないように優しく触れてください。角質ケアをしっかりしたいときや、毛穴が開きにくい気温の低い時期は、蒸しタオルで顔を温めてからクレンジングするといいでしょう。

泡洗顔で優しく洗う

洗顔料は、石けん、クリーム、パウダーなどどのタイプでも大丈夫ですが、どれもしっかり泡だてて使用します。手のひらや指が肌に触れないくらいたっぷりの泡で顔を覆って、優しく洗ってください。泡が汚れを包んで落とします。泡立ちが足りない場合は、洗顔ネットを使うといいでしょう。髪の生え際などすすぎ残しがあると肌トラブルの原因になるので、ぬるま湯で優しく丁寧に20回ほどすすいでください。

ピーリング

週に1〜2度、ピーリングを行いましょう。スクラブ洗顔は肌に刺激が強いので、敏感肌や乾燥肌の人は注意してください。塗ってこすって落とすタイプや洗い流すタイプ、洗い流さないタイプなどさまざまなピーリング商品があります。肌質に合わせて負担のないものを選んで使いましょう。毛穴の黒ずみを落とし、予防にもなります。

化粧水でたっぷり保湿

洗顔後は、すぐに美容成分が配合された化粧水をたっぷり使って保湿しましょう。肌が乾燥していると、ターンオーバーが乱れて未熟な角層細胞ができたり、皮脂が過剰に分泌されたりして毛穴の黒ずみの原因を作ります。手で直接つけてもコットンを使ってもいいので、水分をしっかり肌に浸透させてください。両手で頬を触ったときにもっちりするくらいが目安です。

クリームでうるおいを閉じ込める

たっぷり水分を補給した後は、必ずクリームや乳液で仕上げましょう。化粧水だけでは、せっかく保湿しても水分が蒸発して乾燥が進んでしまいます。肌表面を油分のある膜で覆うと水分を逃さず、肌の内側に閉じ込めて乾燥を防ぎます。皮脂の分泌が気になる人は、さらっとした乳液タイプを使うといいでしょう。乾燥が気になる人は、クリームタイプでしっかり保湿してください。

毛穴の黒ずみでNGのスキンケア

毛穴の黒ずみが気になるときに、ついやってしまいがちなNGスキンケアを紹介します。一見毛穴の黒ずみが改善したように見えるかもしれませんが、実際には肌に大きな負担をかけています。継続的に続けていると、毛穴の黒ずみがひどくなったり、肌トラブルの原因になったりすることもあります。

強くこする

クレンジングや洗顔で、黒ずみや角栓を落とそうと強くこするのはやめましょう。肌が傷ついてしまううえ、皮膚のたるみやシワの原因になることも。また皮脂を取りすぎてしまと、乾燥したり、メラニン色素が過剰に作られてさらに毛穴が黒ずんでしまったりする場合があります。乾燥は毛穴の黒ずみの原因の一つなので、余計にひどくなってしまう可能性もあります。さらに乾燥を防ごうと、皮脂の分泌が多くなる場合もあります。

角栓を押し出す

毛穴に詰まっている角栓を爪や指、器具を使って押し出すのもNGです。毛穴周辺の皮膚が傷ついてしまいます。また角栓が取れて黒ずみが解消したように思えますが、乾燥や皮脂の分泌など根本的な黒ずみの原因がなくならなければ、また毛穴が詰まってしまいます。

毛穴パックの使いすぎ

気になる毛穴の黒ずみ部分に毛穴パックをして剥がすと、きれいに角栓が取れます。しかし、剥がすときに角栓と一緒に角質も剥がれてしまい、肌に負担がかかります。乾燥や肌トラブルを引き起こす場合もあるので、毛穴パックを頻繁に使うのはやめましょう。商品説明にある使用頻度を守って使ってください。

毛穴の黒ずみや開きの原因を知って正しいスキンケアを

毛穴の黒ずみは目立つので、ファンデーションを厚く塗って隠したくなりますが、ファンデーションの厚塗りは皮脂崩れしたり、ヨレたりする原因となり、毛穴が余計に目立つ場合があります。またファンデーションをしっかり落とせないと、毛穴の黒ずみの原因にもなります。黒ずみは、皮脂とたんぱく質が詰まってできたもの。日々のスキンケアを正しく行うと、皮脂の分泌のバランスが整い、黒ずみが目立たなくなります。毎日のメイク汚れや皮脂をクレンジングと洗顔で丁寧に落とし、化粧水で十分に保湿して、クリームや乳液で保護しましょう。

ピックアップ記事

運営会社