目の下のクマができる原因は?クマのタイプによる改善方法を紹介

目の下のクマができる原因は?クマのタイプによる改善方法を紹介

目の下のクマは主に3種類あり、疲れや血行不良が原因の青クマ、皮膚への刺激による色素沈着が原因の茶クマ、加齢による肌のたるみが原因の黒クマにわかれます。生まれつきクマができやすい方は、青クマや黒クマになりやすいとされています。原因やタイプによって、クマを改善する方法や対策は異なります。十分な睡眠をとっていてもクマが消えない場合は、目の下のクマが、肝臓疾患などの病気の初期症状である可能性もあります。少しでも気になる症状があるときは、医師に相談しましょう。目の下のクマは、原因やタイプに合わせて効果的にケアしていきましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

目の下のクマ対策は原因やタイプによって違う

アイゾーンで一番多い悩みが目の下のクマ。女性特有の悩みと思われがちですが、男性でもクマに悩んでいる方が多く、大人だけでなく子供にもクマができることがあります。目の下のクマには、大きく分けて青クマ、茶クマ、黒クマの3つのタイプがありますが、クマの種類や色を正確に判断するのはなかなか難しいのではないでしょうか。中には複数のタイプのクマが入り混じり、クマがよりひどく見えてしまうこともあります。クマの原因やタイプをしっかり見極め、一つずつ対処していくのが得策です。

血行不良でできる青クマ

青クマは、血行不良や目の疲れ、寝不足などが原因で、皮膚が薄い目の下に静脈の色が青黒く見えてしまうクマのこと。青クマは他のクマと混じっていることが多く、見分けるのが難しいクマです。目尻を横に引っ張った時にクマが動かない場合や、クマの下あたりを軽く引っ張った時にクマが薄くなる場合は青クマの可能性があります。

色素沈着でできる茶クマ

茶クマは、紫外線や乾燥、摩擦などによって肌に色素沈着を起こした状態の茶色いクマのこと。目尻を引っ張った時に一緒にクマが動く場合や、クマの下あたりを軽く引っ張った時に、クマが茶色のままで薄くならない場合は茶クマの可能性が高いです。

シワやたるみでできる黒クマ

黒クマは、加齢でシワやたるみができたことで、目の下に段差が生まれ、その影がつくるクマのこと。目尻を横に引っ張った時に消える場合や、上を向いた時にクマが薄く見える場合は黒クマであることが多いです。老化やお手入れ不足など、さまざまな要因が重なって現れるエイジングサインの1つであり、年齢が高くなるにつれて増えていくクマのタイプです。

骨格の特徴や皮膚の薄さなど遺伝の場合も

骨格の特徴や皮膚の薄さ、眼輪筋の働きが弱いなど、生まれつきクマができやすい、親からの遺伝が原因のクマもあります。特に青クマや黒クマになりやすいとされており、通常の方に比べ、加齢や生活習慣の乱れで、急速にクマが悪化しやすいのが特徴です。遺伝によるクマは、眼輪筋を鍛えるトレーニングをすることで、ある程度クマのケアが期待できます。

目元のクマに人気のアイクリームをチェックしてみる

青クマを効果的に改善するための対策法

青クマは主に血行不良が原因で引き起こされるので、血流をよくすることが大事です。血行を高めることで、クマの改善にも繫がり、むくみも取れやすくなります。

マッサージや目元を温めて血流アップ

血流をよくするために、ホットタオルなどで目元を温め、目の周りや下まぶたのマッサージを行うとよいでしょう。マッサージをする際は、クリームなどを使って、優しく血流を促すように行うと効果的。目の上は目頭から眉、こめかみの順で3秒ずつツボ押しを行い、目の下も目頭から涙袋、目尻、こめかみへと押し流してあげます。

睡眠の質を上げて寝不足を解消する

睡眠不足により血行不良が引き起こされると、クマができてしまうことがあります。睡眠中は血管が拡張されますが、睡眠不足が続くと血管が縮まり、血液の巡りが滞ります。また横になっていないことで、血液が下に集まり、顔の血行が悪くなります。質のよくない睡眠では成長ホルモンの分泌も下がるため、余分な脂肪が血液中に蓄積されて、血行不良を悪化させてしまいます。日頃から睡眠の質を上げて、寝不足にならないよう心がけましょう。

長時間のスマホやパソコンの使用を避ける

最近はブルーライトが使用されているデジタル機器が多く、スマホやパソコンを長時間使用することで、眼精疲労や血行不良の要因になります。また集中しているとまばたきが減るため、ドライアイになり目の周りの筋肉が固まって、青クマができやすい傾向にあります。目の疲れや血行が悪くなるのを防ぎ、質のよい睡眠を取るためにも、就寝の3時間前くらいからスマホの使用は避けることが大切です。

茶クマを効果的に改善するための対策法

血流の改善で解消できる青クマとは違い、茶クマは皮膚が茶色く定着したクマです。変化が感じられるようになるには時間がかかりますが、これ以上悪化させないためにも、じっくり向き合っていく必要があります。

ビタミンCを含む美容液でスキンケア

茶クマをケアするには、シミと同じように、美白効果が期待できる成分を含んだ美容液やクリームでスキンケアを行うのがおすすめ。紫外線や乾燥などのダメージで肌のターンオーバーが乱れると、メラニンが皮膚の中に残ってしまうことがあります。特にビタミンCは、チロシナーゼというメラニンの生成に欠かせない酵素の活性を阻害する働きを持っているため、茶クマを目立たなくする作用があるといわれています。

保湿とUVケアを心がける

メラニンを増やす原因でもある紫外線の対策をきちんと行うことも大切です。長時間屋外で過ごすときは、日焼け止めを塗るなどして紫外線ダメージを防ぐことで、クマの悪化を食い止められます。また肌の調子を整え、肌リズムを整えるさせるためにも、特に乾燥しやすい目の周りは、しっかり保湿しましょう。

クレンジングはこすらず優しく

メイクや洗顔による摩擦が原因で茶クマができることがあるため、特に皮膚の薄い目の周りは、優しく丁寧にケアする必要があります。クレンジングを行う際は、こすらずしっかり泡を立てて、優しく洗うようにしましょう。アイメイクやほこりなどはきちんと落とすよう心がけ、痒みなどで不用意に目をこするのを防ぐことが大切です。

黒クマを効果的に改善するための対策法

黒クマは老け顔の原因でもあるため、できるだけ早いケアが大切になります。黒クマを効果的に改善するためにも、自分のクマの状態を把握し、最適な対策法を実践しましょう。

眼輪筋トレーニングで筋力を鍛える

目のたるみを引き上げるには、眼輪筋が鍛えられるトレーニングを行うのが効果的。目元の筋肉を鍛えれば、余分な脂肪やむくみが解消され、ぱっちりした目元とクマの改善が期待できるはず。まずは手のひらでこめかみを外側に軽く引っ張るように押さえて固定。5秒ほどギュッと目を閉じたあと、ゆっくりと大きく目を見開く動作を数回繰り返します。次にまばたきをできるだけ早く繰り返すトレーニングを30回1セットとし、1日2~3セット行ってください。

ハリをサポートする目元美容液を使う

黒クマをケアするには、目元にハリをもたらす専用の美容液やアイクリームでケアするのがおすすめ。目元はとてもデリケートな部位であり、肌への摩擦を少なくするためにも、ケア用品はたっぷり使うことが大切。また短期間で変化が訪れるのは稀ですので、毎日継続してアイケアを行いましょう。

メイクで隠すならコンシーラーを使う

朝起きた時に黒クマが目立っていたら、ハイライト効果のあるコンシーラーを使えば、影をメイクで隠すことも可能です。メイクをより美しく見せるためにも、黒クマはしっかりカバーしたいもの。黒クマをカバーするのにおすすめなのが、オークル系やベージュ系のコンシーラー。黒クマがひどい場合は、まずオレンジコンシーラーを気になる部分に軽く乗せ、そのあと全体的にベージュのコンシーラーを指で馴染ませると、クマは目立ちにくくなります。

肝臓機能の低下?病気の兆候である可能性も

病気と直接関係のあるクマではないことがほとんどですが、一部は病気の兆候としてクマが生じることもあります。青クマの中には、肝臓や腎臓の機能の低下、貧血が原因の場合があります。肝機能を高め、貧血を改善するには、食生活を見直すことが何より重要です。また赤ちゃんや幼児など、子供で顔色が悪く、目の下に赤紫色のクマができている場合は、貧血の可能性がありますので、小児科や内科を受診しましょう。

目の下のクマの原因やタイプに合わせて効果的に改善しよう

目の下のクマがあると疲れて見え、暗い印象を与えてしまうもの。セルフケアではクマをなかなかケアできない場合は、美容外科や美容皮膚科で注入や切開、レーザーによる治療などを行う解決方法もあります。まずは自分のクマができた原因を知り、クマのタイプに適した対策法を実践して、効果的に改善していきましょう。

目の下のクマに人気のアイクリームをチェック!

■アテニア アイ エクストラ セラム

目元が老けてしまうのは「目じりのこわばり」「目の下のたるみ」「まぶたの痩せ」が大きな原因。その3大ポイントそれぞれにアプローチするエキスを配合し、こわばりやたるみ、痩せをケアするアイクリームです。
ハリが出て弾力感もアップ。疲れて見えがちな目元が生き生きして見えます。15gで約120回分使えるのも経済的で人気のポイントです。

アテニア アイ エクストラ セラム

初回限定トライアルセット:3,352円(税込)

ピックアップ記事

運営会社