足を細くする方法を徹底研究!毎日の生活に取り入れられる4つの方法

足を細くする方法を徹底研究!毎日の生活に取り入れられる4つの方法

足を細くする方法が知りたい!と思っている女性は多くいるでしょう。特に中学生や高校生の時に運動部だった人は、筋肉質になり、ふくらはぎが太くなってしまったという悩みもよく聞きます。程よい細さでバランスのとれた美脚は、男女問わずあこがれです。足を細くするためには、ぜひセルフマッサージや、ストレッチ、トレーニングなどを楽しみながら日常生活に加えましょう。忙しい方は食事の内容に気をつけたり、仕事の合間などにプチエクササイズを入れたり、改めて時間を取らなくても美脚に近づけます。自分に合った美脚になる方法を見付けて、あこがれの引き締まった細い足を目指しましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

足を細くする方法は簡単に毎日の生活の中に取り入れられる

もし、あなたが細い足を目指したいと思うなら、毎日の生活の中で美脚になるためのポイントを知ることから始めましょう。足が太くなる主な原因には、運動不足や食事内容が関係するむくみ、脂肪の付きすぎなどが上げられます。そのため、生活習慣を見直すことはとても大切です。この記事では、日常生活の悪習慣を見直し、毎日の生活の中に簡単に取り入れられる足を細くする方法を紹介していきます。

間違った脚やせ方法で努力していませんか?

足を細くしたい!と思っていろいろとチャレンジしているのに全然やせない場合、もしかすると方法が間違っているのかもしれません。例えば、足を細くしたいと思う時に思い付くエクササイズの代表スクワット。正しい姿勢で行えていないと、太腿の筋肉太りの原因になることがあります。また、食事制限でただ食事を抜くだけでは足を細くすることにはつながりません。せっかく努力するなら、効果的な方法を知ることから始めましょう。

医療ダイエットの脚やせをチェック!

セルフマッサージで足のむくみを解消

できることなら、痩身エステで足やせマッサージをしてもらえば、足を細くする近道になるでしょう。ただお金も時間のかかり、難しい方も多いかもしれません。そこで、セルフマッサージを試してみてはいかがでしょうか。家で手軽に毎日行えます。ここでは、簡単な足を細くするセルフマッサージを紹介していきます。

足全体をもみほぐそう

・手のひら、指先を使い、足の甲、くるぶしの周り、アキレス腱辺りをもみほぐします。手をグーにし関節を使って、痛気持ちいいぐらいの力でクルクルマッサージするもいいでしょう。
・指や手のひら全体を使い、足首から膝の裏方向(心臓に向かって)に引き上げるようにしながらマッサージしていきます。
・リンパ節がある膝の裏をしっかり刺激し、膝裏から足の付け根股関節に向かって、引き上げるようにマッサージしましょう。
オイルやクリームを使うと滑りもよくなり老廃物が流れやすくなり、肌の乾燥の予防にもなります。毎日行えるとベストですが、週に1回程度行うだけでも老廃物が流れやすくなるでしょう。

股関節と、太ももの付けのマッサージで老廃物を流そう

足の老廃物を流し、むくみを軽減するには、太ももや大きなリンパ節のある股関節周りのマッサージはとても重要です。
・足の先から膝まで老廃物を流すため、膝の裏側の膝下リンパ部分を、手指やてのひらで上下に動かすようにマッサージします。
・太ももを両手のひらで挟み、圧を加えながら股関節まで流していきます。大腿骨の際などを行うと気持ちがいいでしょう。
・股関節の内側にある鼠径部を、指先や痛い場合は手根を使ってほぐします。股関節内側が終わったら、外側(お尻側)まで流すといいでしょう。

ツボ押し、リンパマッサージで血行促進

足の循環をうながすツボやリンパの流れをよくするには、足の裏、足の甲、足首、足の内側をマッサージすることが大切です。
・足裏の「湧泉」足をグーにした時にへこむ辺りを両親指を重ねて息を吐きながら押し、息を吸って緩めるを何度か繰り返します。
・足の甲のそれぞれ指の骨と骨の間を、足首に向かって指先で流しましょう。手をグーに握った関節でなでてもいいでしょう。
・内側のくるぶしから指4本分上あたりにある「三陰交」を、息を吐きながら3秒ほど押して放してを何度か繰り返します。
・足首から膝下まで、ふくらはぎの内側の骨の際を親指で押していきます。ふくらはぎの外側も、同様に押していきましょう。
・足外側の膝下から指4本分下にある「足三里」を、息を吐きながら3秒ほど押して放してを何度か繰り返します。

足を細くするストレッチメニューや筋トレ、トレーニング

ここでは、足を細くするトレーニングメニューを紹介していきます。トレーニングは方法を間違うとケガをしたり、逆に足を太くしてしまう原因になったりすることがあります。学生の頃のバスケ部や陸上部、テニス部など運動系の部活をしていた方など「筋トレは得意!」という方も、方法を一度見直してみるといいかもしれません。

足の開閉運動【腹筋や太ももの筋肉を強化】

・仰向けになりましょう。手を頭の下で組み、足を閉じて軽く膝を曲げます。
・両足は閉じ膝を伸ばして、床と垂直になるよう足を上げます。足が痛い場合は膝を軽く曲げましょう。
・足を開いて閉じるを1分ほど繰り返します。足を閉じる際、深くクロスさせると効果的です。
股関節が柔軟になるので骨盤の位置が整い、太ももの引き締め効果が期待できるでしょう。

横向き足上げ運動【太ももを鍛えるエクササイズ】

・横向きに寝ましょう。下の腕を頭上方向に伸ばし、腕に頭を乗せます。
・上側の足を真っ直ぐ伸ばし、30度ほど上げて下ろす動きをゆっくりと繰り返します。高く上げると効果がアップします。
・反対の足も同じ様に行います。
太ももの内外が同時に鍛えられる動きです。慣れてきたら、足を上げて、股関節をゆっくりと大きく回すのもおすすめ。リンパが刺激され足の老廃物が流れやすくなります。

スクワット【内もも引き締め、骨盤の調整にも】

・足を腰幅に開き、つま先を外側に向けて立ちます。両手は頭の後ろで組みます。
・息を吸いながら太ももが床と平行になるまで膝を曲げ、5秒ほどキープ、吐く息で元にもどります。膝がつま先の前に出ないように曲げましょう。
太ももの内側の引き締め、骨盤の調整に役立つ動きです。

有酸素運動をプラスしてダイエットにも繋げよう

足を細くするためには、有酸素運動をプラスしてカロリーを消費することも大切です。簡単な有酸素運動として、ウォーキング、自転車、ダンス、縄跳びなどがおすすめです。

特別なことはしない!日常の生活習慣の中で足を細くする方法

ここでは特別なことではなく、毎日の生活の中で足を細くするポイントを紹介します。

弾圧レギンスやスパッツ、足が整う5本指ソックスなどを履く

履くだけで簡単に足やせを目指せるのが、足やお尻に程よい圧をかけてくれる、着圧レギンスやスパッツです。足の血流を促進して、むくみを解消できるといわれています。その他には骨盤を整えてくれる商品などもあります。また、立ち方が整う5本指ソックスを履くと、足の力が強くなり立ち方が整います。血行改善や体のゆがみからくるむくみの改善が期待できるでしょう。

短時間でもOK!家事や仕事の合間におすすめのエクササイズ

まとまって運動やストレッチの時間を取ることが苦手な方は、隙間時間に行えるトレーニングや、家事をしながらのエクササイズがおすすめです。例えば、テレビを見ながらセルフマッサージ、ツボ押しをするはいかがでしょう。また、ちょっとキツいですが、洗濯物を干すときなどに踵を上下するのもおすすめです。つま先立ちをする際は、内腿とお尻にキュッと力を入れましょう。

脚やせにおすすめの医療ダイエットはこちら!

■品川美容外科

脂肪を冷却して破壊するクールスカルプティングや脂肪溶解注射、ダイエットサプリメントなど多彩なメディカルダイエットを扱っている美容クリニック。
痩身・部分痩せのおすすめ施術「エバー・スリム」は、腫れや痛みを極力抑えた新しいの注射による脂肪取り。注射により脂肪細胞を分解し、尿や汗とともに排出することで脂肪細胞の数そのものを減少させる施術法です。太もも、二の腕、お尻、お腹など気になる部位に注射をすることでダイエット効果を期待できます。脂肪吸引には少し抵抗がある…でも気になる部分を痩せたい!という方におすすめです。

食べるものは身体を作る!食事の工夫で美脚を目指す

食べ物には、むくみの原因になる糖分や塩分を排出働きをするものがあります。
・ビタミンB1:糖質の代謝を促進、糖分をエネルギーに変える(玄米、大豆、豚肉、卵、ゴマなど)
・カリウム:摂り過ぎた塩分排出(納豆、サツマイモ、ボカド、ホウレンソウ、バナナなど)
・クエン酸:むくみ軽減(梅干し、レモン、トマト、キウイなど)
・ビタミンE:むくみ軽減(カボチャ、唐辛子、抹茶など)
また、サプリなども有効に活用するといいでしょう。ただし、足の細さや体重減少だけを考えたダイエットメニューは、体調不良の元になる場合もあります。特に学生や、まだまだ成長期の女子は、食事だけに頼りすぎないようにしましょう。

足を細くする方法は継続第一!自分に合ったやり方を見付けよう

あこがれの細い足を保つには、毎日の努力が欠かせません。正しいエクササイズや食事法を知り、生活の中に取り入れて習慣にすることが大切です。自分に合った足を細くする方法を見付けて、理想の美脚を目指しましょう。

ピックアップ記事

運営会社