お腹だけ痩せる方法はある?自宅で行える簡単エクササイズや筋トレを紹介

お腹だけ痩せる方法はある?自宅で行える簡単エクササイズや筋トレを紹介

ぽっこりお腹が気になり、ダイエットに励む方も多いでしょう。お腹だけ痩せるのは難しいと思われがちですが、腹筋を鍛えたり有酸素運動を取り入れたりすれば、お腹痩せも夢ではありません。特別な器具がなくてもお腹痩せは可能です。隙間時間でも行えるスクワットや自宅でヨガやリズムカルなエクササイズなど、さまざまな方法を試しながらスリムなウエストを目指していきましょう。男性の場合、内臓脂肪がつきやすく、女性は皮下脂肪としてお腹に脂肪がつきやすいと言われています。脂肪のつき方も参考にしながらダイエットに取り組み、日頃の生活習慣も見直してみましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

ぽっこりお腹が気になる方必見!お腹周りだけ痩せる方法について紹介

ぽっこりお腹や、余分な脂肪でたるんだ上半身にお悩みの方も多いのではないでしょうか。マッサージや筋トレを試してみるものの、なかなかへこまないお腹にストレスを感じている方も少なくありません。現代は特にスタイルを気にする方が多く、中学生から大人のまで年代を問わず「ダイエットは女子の永遠のテーマ」となりつつあります。お腹痩せを目指すなら、まずは「脂肪のつき方」を知り、適切なトレーニングを行うことが大事です。今回は「お腹痩せ」について詳しく紹介しますので、引き締まったウエストを手に入れたい方はぜひ参考にしてください。

ダイエットをサポートする人気サプリをチェックしてみる

お腹についた脂肪の種類

まずは男女の脂肪のつき方について、傾向や特徴を紹介します。自分は「内臓脂肪型」なのか「皮下脂肪型」なのか確認してみましょう。

男性に多いのが「内臓脂肪」

内臓脂肪とは、その名の通り内臓周りに脂肪が蓄積するもの。腹腔なの腸間膜などに余分な脂肪が溜っていく肥満の一種で、ウエスト周りが太くなることから「リンゴ型肥満」とも呼ばれています。内臓脂肪は女性よりも男性によく見られ、お腹を触っても「脂肪を手で掴めない膨らんだウエスト」が特徴です。肥満体型ではない方でも内臓脂肪が蓄積されているケースもあり、ボディラインに響きにくい太り方ともいえます。また、内臓脂肪は皮下脂肪よりも落ちやすい傾向にあり、ダイエットの成果を感じやすい脂肪のつき方といってもよいでしょう。

女性に多くみられるのが「皮下脂肪」

皮下組織に脂肪が蓄積されるのが皮下脂肪。お腹のお肉を手でしっかり掴める方は皮下脂肪型肥満かと思われます。女性は妊娠や授乳の関係で皮下脂肪がつきやすい体質であることから、メタボリックシンドロームの腹囲を計測する簡易検査では、男性よりも女性の方が基準値が大きくなっています。お腹周りだけではなく、太ももやお尻などの下半身も皮下脂肪が蓄積しやすいことから、「洋ナシ型肥満」とも呼ばれています。皮下脂肪は内臓脂肪に比べ脂肪が落ちにくい傾向にあるので、ボディラインを整えるためには根気よくダイエットやトレーニングに取り組んでいくことが大事です。

お腹痩せに効果的なおすすめトレーニング3選!

お腹についた脂肪を撃退するためにも、腹筋運動に効果的なトレーニングを取り入れてみましょう。運動やエクササイズは習慣化することが理想なので、自分が楽しいと感じるトレーニングを見つけ、継続して取り組んでください。

体幹にアタック!ヨガで楽しく筋トレ

体幹を鍛えてお腹をへこませたいなら、ヨガもおすすめです。ヨガはゆっくりとポーズを作り、激しい動きをしないので、年齢や体型を選ばずにできるスポーツ。ハードなトレーニングが好みの方にはやや物足りなく感じるかもしれませんが、ストレッチやリフレッシュを兼ねて取り組んでみてはいかがですか。お腹痩せに効果的と言われる代表のヨガは「V字のポーズ」。最初はポーズをキープするのも難しく感じますが、何度も繰り返していくうちに楽にポーズを取れるようになります。普段は使わない下腹部の筋肉を鍛えられるので、今日からさっそく挑戦してみましょう。

【V字のポーズの方法】
・マットの上でひざを曲げ、骨盤を立てるように座ります。
・ひざを曲げたまま、片足ずつ足をマットと水平になるまで持ち上げましょう。
・両足がマットと水平になるところまで持ち上げたら、両腕も水平になるように持ち上げます。
・体がV字の状態になったら、そのポーズのまま3呼吸して終わりです。

楽しく運動したいならお腹痩せエクササイズ

リズムに合わせて楽しくエクササイズしたい方は、エアロビもおすすめです。家の中でも行いやすいエクササイズで、全身をリズミカルに動かしながら、筋肉運動を行えます。エアロビは全身を使う有酸素運動なので、トレーニングが終わった後はスッキリとした爽快感も感じられるでしょう。ダンスや音楽が好きな方なら楽しく続けられるトレーニングです。お腹周りの筋肉を刺激するエアロビなど、YouTubeやネットでも無料のエアロビレッスンが公開されているので、気になる方はさっそく検索してください。

脚やお尻も鍛えられる!家事や仕事の合間にスクワット

スクワットもお腹痩せに期待ができるトレーニングの1つ。腹筋だけではなく、お尻や太もものトレーニングにもなるので、さっそく今日から試してみましょう。スクワットは膝や腰に負担をかける場合もあるので、ご自身の体調を観察しながら無理なく取り組んでください。

【スクワットの方法】
・肩幅よりもやや広めに足を広げ立ちます。
・お尻を後ろに突き出すようにして、息を吸いながら腰を落としましょう。(背筋は伸ばしたまま)
・息を吐きながら、元の立ち位置に戻ります。
・上記の動作を15回以上繰り返し、慣れてきたら徐々にスクワットの回数を増やしてください。

体重を減らしたい方は食事内容も意識することが大切

お腹周りを引き締めるだけではなく、減量も視野にダイエットを行うなら、食事内容も意識しましょう。基本的に体重を減らすには、摂取カロリーよりも消費カロリーが上回らなければなりません。日常的に運動やエクササイズで消費カロリーを増やすことも大切ですが、毎日の食事で適切な摂取カロリーに抑えることも大事。一般的にダイエットは食事制限をメインに減量を目指します。体重を1kg減らすには、7,000kcalのカロリー消費が必要です。例えば、体重60kgの人が20分ジョギングをしても、147kcalしかカロリーは消費されません。1kg体重を減らすためには、たくさんの運動をしなければならなので、並々ならぬ努力が必要になるでしょう。しかし、摂取カロリーを抑えるとなれば現実味を帯びてきます。普段ラーメンやカレーライスなど簡単に食べられるものを摂取している方は、メニューを和食に切り替えるだけでもカロリーダウンが可能になる場合も。これからダイエットに取り組む方は、食事内容も見直してみてはいかがですか。

ダイエットをサポートする人気サプリをチェックしてみる

ダイエットは1日にしてならず!短期間の効果よりも長い目でみた健康を

お腹痩せに限らず、ダイエットは根気よく取り組むことが大事です。思うように体重が減らなかったり、ボディラインに変化がなかったりすると気持ちもめげてきますが、トレーニングや食事制限を続ければ、少しずつ体が変化していくはずです。そもそもダイエットとは健康体を目指す指標ですから、短期間で取り組むものではなく、長期的に「健康的な生活を心掛ける」のが理想です。結果に一喜一憂せず、体の変化を楽しみながら取り組んでいきましょう。いきなりハードなトレーニングを行っても、継続できなければただの一時的なエクササイズで終わってしまいます。毎日無理なく続けられるトレーニングを行ってください。

ダイエットをサポートする人気サプリはコチラ!

■シボヘール

シボヘールは、お腹の脂肪が気になる方におすすめの“機能性表示食品”です。機能性表示食品とは、研究論文により科学的根拠が証明され、その機能性や安全性が消費者庁に届け出されている食品のこと。
シボヘールに配合されている「葛の花由来イソフラボン」は、お腹の脂肪を減らすのを助けるという試験結果が出ているんです。脂肪合成の抑制・脂肪の分解・燃焼をサポートします。
お腹の脂肪対策には運動とバランスのいい食事が重要ですが、有益なサプリメントをプラスすれば心強いですね。まずは3ヶ月継続してみてください。

シボヘール

定期便初回限定価格:980円(税込)

お腹周りだけ痩せる方法はある!腹筋を鍛えて理想のウエストを手に入れよう

お腹だけ痩せるのは難しいといわれていますが、お腹周りを引き締めることはできます。足上げ腹筋やスクワットなどの筋トレメニューや、エアロビなどの腹筋運動を続ければ、徐々にお腹周りが引き締まっていく変化を感じられるでしょう。減量も目指すのであれば、食事内容の見直しもしてください。お腹周りが引き締まるだけで全体のシルエットが美しく見えるので、理想のウエストを手に入れたい方は根気よくダイエットに取り組んでくださいね。

ピックアップ記事

運営会社