肉割れの原因と対策について解説!肉割れができやすい部位やケア方法を紹介

肉割れの原因と対策について解説!肉割れができやすい部位やケア方法を紹介

肉割れや妊娠線の原因は、皮膚の中にある真皮の断裂です。妊娠による体の変化や、成長期やトレーニングによる急激な筋肉肥大・体重増加など、要因はさまざま。主に、太腿やふくらはぎなどの足部分や、お腹周り・二の腕などで肉割れが起こりやすいと言われています。肉割れはしっかりと肌を保湿して予防することが大切です。すでにできてしまった肉割れは、専用のクリームやオイルで悪化しないようにすることはできますが、根本的な解決を求めるなら美容クリニックや皮膚科など専門機関で治療するのがおすすめです。肉割れを改善したい方は、自分に合ったケア方法を試してみましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

肉割れとは皮膚の真皮が断裂した状態のこと!男女を悩ますボディの悩み

肉割れや妊娠線は、皮膚の表面に近い「真皮」と呼ばれる皮下組織が断裂した状態です。肉割れができてすぐの初期状態は、赤~紫色に皮膚がひび割れしていくように皮膚に線が入ります。しばらく時間が経過すると肉割れ線の色ががだんだん白く薄くなっていき、初期と比べるとやや目立たなくなります。しかし、時間が経過しても白い肉割れ線はツヤがあるので、通常の何もない肌の状態まで戻りません。肉割れは男女共に悩む人が多く、一度できてしまった肉割れ線は治らないとあきらめている方も多いでしょう。しかし、専門機関で治療することも可能です。今回は「肉割れの原因」や「予防・対策方法」について紹介しますので、少しでも肌の状態を回復させたい方はぜひ参考にしてください。

人気の肉割れケアクリームをチェックしてみる

肉割れの原因

そもそも肉割れはなぜできてしまうのか、原因について詳しく解説します。思い当たる節がある方は、さらに肉割れ線を増やさないためにしっかり対策を行ってください。

妊娠による肉割れ(妊娠線)

妊娠でお腹が大きくなっていく過程でできる肉割れ線を、妊娠線と呼んでいます。発生の原理は肉割れと同じで、皮膚が急激に伸びたことにより、真皮が断裂して妊娠線ができます。肌が乾燥していると皮膚が伸びにくくなることから、乾燥肌も肉割れの原因といわれています。しかし、妊娠中にオイルやクリームでお腹を保湿していたのに、妊娠線を防げなかったという方も多いのが現状。お腹の中の赤ちゃんがすくすくと育っている証拠とは思いつつも、やはり妊娠線で皮膚が凸凹になっていく自分の姿にショックを受ける人も少なくありません。

成長期や筋トレや運動による筋肉肥大

中学生や高校生など、成長期で急に体が大きくなったり、部活や筋トレなど運動で急激に筋肉がついたりすることで、肉割れが起こることがあります。妊娠線と同じく、体の成長や変化に皮膚の成長が追い付かなければ、真皮は断裂してしまいます。肉割れ線は痛みは伴いませんが、かゆみが生じることがあります。不快な感覚から解放されたく、つい掻きむしってしまいがちですが、肉割れ線を刺激すると線がさらにくっきりと目立つようになるので注意が必要です。かゆみが我慢できない場合は、市販のピーリング剤を使って角質をオフしたり、保湿を行ったりすると、不快な症状を軽減できることがあるので試してみてください。

体重増加による肉割れ

急激な体重増加も肉割れの原因になります。肉割れは皮膚が伸びにくい部位にできやすいので、お腹や太もも・おしりなどによく見られます。ダイエットして痩せたとしても、一度できた肉割れ線は元の状態に戻すのは難しいといわれています。既にできてしまった肉割れ線のケアも大事ですが、それ以上肉割れを起こさないようにケアすることも大切です。肌が乾燥しないよう、しっかり保湿しましょう。

肉割れができやすい部位

肉割れができやすい部位を紹介します。肉割れは当人も気づいていない場合もあるので、気になる方は入浴時などに皮膚の状態をチェックしてみてください。

太腿や膝裏・ふくらはぎなどの足部分

太ももの付け根やふくらはぎ、膝裏部分やお尻に肉割れはできやすいといわれています。下半身の肉割れは、デスクワークや椅子に座っていることが多い学生によく見られるそう。これは長時間、下半身を動かさないことで代謝が下がり、肌の弾力が失われることが原因とされています。運動不足も代謝を下げる要因となるので、肉割れ対策のためだけではなく、健康のためも運動習慣を身に付けた方がよさそうです。

お腹周り

肉割れができる代表的な部位はお腹周りです。妊娠によるお腹の膨らみはもちろん、体重が増えるとお腹にお肉がつきやすいので、皮膚の伸縮が追い付いつかなくなり肉割れ線ができてしまいます。ネットの口コミや情報を調べてみると、特に下腹部からおへその当たりに肉割れ線ができる方が多いようです。普段から保湿を行っている方も、お腹の保湿ケアは手薄になりがちです。肉割れの原因である乾燥を防ぐためにも、日頃から全身の保湿ケアに努めるようにしてください。

二の腕の内側

二の腕の内側も肉割れしやすい部位です。上半身をあまり動かさない方が二の腕に肉割れができやすいともいわれていますが、必ずしも原因は1つとは限りません。運動不足とは反対に、腕のトレーニングによって筋肉が肥大して肉割れができることもあります。原因を正確に把握するのは難しいですが、他の部位と同様に、今以上に肉割れ線を増やさないためにもしっかり保湿することが大事です。

痩せたら肉割れが目立つように?おすすめの肉割れ対策方法

ダイエットで痩せたり、筋力低下などで体のサイズが小さくなったりすると、余計に肉割れ線が目立つようになることも。少しでも肌の見た目をよくしたい方のために、肉割れのセルフケア対策や専門機関の治療法を紹介します。今まさに肉割れに悩んでいる方は、さっそく以下の情報を参考に対策法を試してみてください。

専用のボディクリームやオイルで保湿ケア

肌の乾燥を防ぐためにも、ボディクリームやボディオイルで全身を保湿しましょう。ボディローションでも保湿はできますが、肌に与えた水分を逃がさないためにも、ボディクリームやボディオイルを併用することをおすすめします。特に乾燥しやすいお腹や二の腕・下半身は、重点的に保湿ケアを行ってください。既にできてしまった肉割れには、妊娠線予防に注力したボディケア商品がおすすめ。肌への浸透力に優れているほか、肉割れの症状の緩和に効果的といわれる美容液成分が配合されています。ただし、肉割れや妊娠線専用のボディケア商品は、価格がやや高めなのが難点でもあります。コストが気になる方は市販のボディケア商品でも構いません。大事なことは「肌を乾燥させないこと」。無理なく継続してケアを行いましょう。

人気の肉割れケアクリームをチェックしてみる

肉割れを消す!美容クリニックや皮膚科での治療法

美容クリニックや皮膚科では、肉割れの治療を行っているところもあります。それぞれの肌や肉割れの状態や傾向によって医師が最適な治療法を提案してくれるので、肌や体調に不安がある方は一度相談してみてはいかがですか。治療内容はクリニックによって異なります。専用の薬剤を使ってマッサージを行う方法や、炭酸ガスの注入、皮膚の再生を促すダーマペンという治療法や、皮下組織に生理食塩水を注入するリアクトと呼ばれる治療法もあります。料金は決して安くはありませんが、あらゆる肉割れ対策グッズを試すくらいなら、思い切って治療に専念する方がコストを抑えられるかもしれません。実際にカウンセリングを受けてから、治療を受けるかどうか判断してもよいでしょう。

人気の肉割れケアクリームをチェック!

■ノコア アフターボディトリートメントクリーム

お尻、ふくらはぎ、二の腕、ふくらはぎの「できてしまった」肉割れにアプローチした、アフターケアで実績のあるボディークリームです。ビタミンC誘導体がお肌に潤いと柔軟性をもたらし、柔らかな皮膚を作ります。またお肌への優しさにこだわり、オーガニックの成分を配合しています。さらに肌への負担を減らすため、伸びのよいテクスチャーで優しくお肌に乗せるだけで肌角層に浸透していく感覚。

ノコア アフターボディトリートメントクリーム

定期便初回価格:1,078円(税込)

肉割れの原因は急激な皮膚肥大だった!気になる方は専門機関で治療もおすすめ

肉割れは、急激な体型変化や肌の乾燥が原因です。肉割れ線を増やさないためにも、日頃からしっかり肌ケアを行ってください。既にできてしまった肉割れを元の状態に戻すのは難しいといわれていますが、美容クリニックや皮膚科など専門機関であれば治療が可能かもしれません。肉割れがコンプレックスとなっているのなら、最寄りの専門医療機関でカウンセリングを受けてみてはいかがですか。

関連する記事

詳しく

太ももの肉割れの原因は?対策方法やおすすめケア方法を紹介

「肉割れ」は、肌にひび割れのような赤や白色の線で、表皮の下の真皮が断裂した状態のことです。妊娠中お腹が大きくなったときに見られる妊娠線と同じです。基本的に脂肪の付きやすい部分にできやすく、お腹や胸、太股(足の付け根に近い部分)、おしり、二の腕、胸などが挙げられます。 原因として考えられるのは、主に体重増減による急激な体型の変化です。体が大きくなる成長期、中学生や高校生が部活動で急速に筋肉が肥大してしまうような筋トレを行うことでできることもあります。また加齢による肌のターンオーバーの低下も原因の1つです。肉割れは一度できてしまうと簡単には消せないので、原因に合わせた対策・ケアを行いましょう。

詳しく

太もも付け根の肉割れの対策は?おすすめケア方法を紹介します!

肉割れは、ストレッチマークや脂肪線、デブ線などとも呼ばれ、何かしらの要因で皮膚が急激に引き伸びされて、真皮層のコラーゲン線維が断裂することで起こります。肉割れができやすいのは、太ももの外側と内側、膝裏、おしり、乳房など、乾燥しやすく、脂肪や筋肉がつきやすい箇所。特に太ももの付け根の部分は、脂肪が多いため、しっかりとした肉割れができやすいと言われています。大人だけではなく、成長期にある中学生や高校生で肉割れができてしまうことも。肉割れができる原因は、体重の増減や妊娠による体形の変化、激しい運動や筋トレ、歩き方のクセなどが挙げられます。太ももの付け根の肉割れは、原因に即した対策やケア方法で改善しましょう。

詳しく

おしりの肉割れの原因は?対策方法やおすすめケア方法を紹介

おしりの肌表面にスジが入ってしまう肉割れは、急な体重増加で真皮が断裂するのが原因です。中学生や高校生女子は、テニス部やバスケ部などの活動で筋肉量が急激に増えることがおしりの肉割れの原因にも。おしりの肉割れを放っておくとより目立ってくるので、毎日対策をしましょう。できるだけ肉割れを刺激せず、血行をよくするよう努めます。肉割れのケアのできるクリームを使い、マッサージをしながらスキンケアも行いましょう。セルフケアでおしりの肉割れが軽減されない方は、美容クリニックに相談されてはいかがでしょうか。カウンセリングをし、自分にもっとも適した施術方法を選びましょう。

詳しく

ふくらはぎの肉割れの原因は?対策方法やおすすめケア方法を紹介

身体の至るところにできる肉割れですが、実は肉割れが起こる部位により原因が異なります。ふくらはぎの肉割れは、体重の増減による皮膚の収縮や偏った筋肉の使われ方が原因です。中学生や高校生では、成長期で身体が著しく成長することも原因となります。 ふくらはぎの肉割れは、服装で隠れない場合もあり気にする人が多い箇所です。ふくらはぎに肉割れができる原因を理解して、最適な予防方法や対策・対処方法を身につけましょう。できてしまったふくらはぎの肉割れには、皮膚科や美容クリニックでのレーザーや血流改善ガスの治療もおすすめです。

詳しく

肉割れにおすすめのクリーム15選*人気上位を紹介

体にヒビのような肉割れができて、悩んでいる人はいませんか。それが、小さな肉割れであっても、外からは見えない場所であっても、女性にとっては気にしてしまいますよね。肉割れができるのは、お腹の大きくなる妊婦さんだけではありません。いったん肉割れができてしまったら、これ以上ひどくならないよう日頃からケアをして予防しましょう。 今回は、肉割れにおすすめのクリームを、紹介します。マタニティ用のものが多いですが、それ以外の人でも普段のケア用に使うことができ、どれもドラッグストアやネット通販で手軽に買えるものばかりです。ぜひ参考にしてくださいね。

ピックアップ記事

運営会社