顔汗をケアする方法を知りたい!顔汗をかく前の対策法なども紹介

顔汗をケアする方法を知りたい!顔汗をかく前の対策法なども紹介

メイクを崩さないためにも、顔汗を抑える方法を知っておきたいですよね。方法として挙げられるのは、保冷剤などタオルに巻いて首元を冷やすことや脇の下のツボを押すこと、身体の一部分を圧迫して半側発汗などを利用することです。顔面用の制汗シートを使って汗を拭く方法も。顔汗をかく前にできる対策は、日頃から湯船に入ったり適度な運動をしたりと汗腺のトレーニングをして顔汗をコントロールすること、メイク前に顔面用の制汗クリームを塗ることです。顔面用の制汗クリームは、さまざまな化粧品メーカーから出ているので、使用する場合は事前に成分をよく確認してください。また、顔汗をかいた時はそのまま放置するのではなく、優しくタオルなどで拭き取りケアしてください。夏場はどうしても気温が高く汗をかきやすいので、顔汗をケアする方法を知って乗り切りましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

頭や顔に汗をかく原因は何?

汗というと、臭いやベタつきがあり嫌なイメージをもっていませんか。汗は、体温を調整するための重要な役割を果たすもので、汗をかかないと体に熱がこもってしまい、熱中症になったり、最悪な場合は命に関わる場合があります。しかし、ピンポイントで頭や顔ばかり汗をかいてしまうと他人に見られて恥ずかしいですし、髪型も崩れるので、なるべく避けたいのではないでしょうか。頭や顔に汗をかく原因について探っていきますので、顔汗に対処する際の参考にしてくださいね。

人気の顔用制汗剤をチェックしてみる

運動不足

1つ目に挙げられる原因は、普段から運動不足という点です。エアコンなどの空調によって汗をかく機会が少なくなったり、運動不足だったりすると、汗腺が鈍ってしまい腕や下半身、手足に汗をかくことが少なくなります。そうなると、顔の汗腺の負担が増え、額や鼻、襟足などから汗が多く出ることがあります。

肥満で体温が上がりやすい

2つ目に挙げられるのは、肥満で体温が上がりやすいからという原因です。肥満の人は、脂肪が多くあるので体の熱を外に出しにくく、体温が上がりやすい傾向にあります。体温を調整するには、大量の汗をかいて熱を放出する必要があるため、頭や顔にも大量の汗をかいてしまいます。

多汗症という可能性も

3つ目、過剰に汗をかいてしまう顔面多汗症・頭部多汗症という可能性もあります。多汗症は、暑くもないのに汗をかいてしまうことを言います。一度汗をかき始めると、すぐには止まらないという悩みが多いようです。冬の寒い時期や、汗をかくようなことをしていないときに大量に汗が出る場合は、多汗症を疑ってもいいかもしれません。

メイクを崩したくない!顔汗を抑える方法は?

せっかく頑張ってメイクをしたのに、顔汗によって崩れてしまうのは非常に残念なことです。これ以上崩さないよう一刻も早く、顔汗を止めたいと思うことでしょう。顔汗を抑える方法は、首元を冷やすこと、ツボを刺激・圧迫すること、メイクの上からでも使える汗拭きシートを使うことなどが挙げられます。それぞれの方法が、具体的にどんなものなのか紹介しますね。

人気の顔用制汗剤をチェックしてみる

首元を冷やす

メイクをするときやメイク直しのときに、首の後ろや首周りに冷却ジェルシートや保冷剤などを当ててみましょう。首の後ろを冷やすと体感温度が低くなり、顔汗がすっとひいていきますよ。冷却ジェルシートや保冷剤がない場合は、水道水などで濡らしたタオルを水が垂れない程度に絞り、首の後ろに当てておくのもいいでしょう。また、最近では暑さ対策で使われているおしゃれなネッククーラーなどもありますので、利用してみるのもおすすめです。ただし、本来汗をかいて熱を放出しようとしているため、汗を無理に抑えすぎると逆に体内に熱がこもってしまう可能性があります。状況によって適切に判断することが大切です。

脇の下にあるツボを刺激

脇の下あたりにあるツボ「大包」を刺激する方法もおすすめです。大包の詳しい場所は、脇の下、6番目のろっ骨のすぐ下にあるくぼみ周辺です。中指で2、3分ほど指圧すると顔をはじめ、上半身の汗を抑える働きがあります。ツボを刺激したからと言って本当に抑えられるの?と疑問に思ってしまいますが、舞妓さんが、夏場の暑いときに着物を着ていても汗をかきにくいのは、帯で大包をおさえているからといわれています。

圧迫する

「半側発汗」という反射の仕組みを利用することもいいでしょう。体の一部分を圧迫すると、圧迫された側の発汗が抑えられ、反対側から汗が出るという仕組みです。顔汗を抑えたい時に圧迫する場所は、胸の乳首のあたりで、紐やさらしなどを使って圧迫します。その辺りを圧迫すると、段々と上半身の汗がひきやすくなります。一方で下半身の汗が増えやすくなってしまいますので、それでも構わないという方は実践してみてください。

メイクの上からでも使える汗拭きシートを使う

こまめに汗を拭くことも、顔汗ケアの方法です。最近では、メイクの上からでも使える汗拭きシートタイプの商品も人気です。ドラックストアやスーパーなどでチェックしてみてください。使用するとさっぱりとして気持ちがいいですし、 汗かいた肌をひきしめてくれます。注意して欲しい点が、ボディ用の汗拭きシートは顔には使用しないということです。ボディ用はあくまでもボディ用に作られていますので、顔汗を拭くとメイクが取れてしまいますし、肌への刺激が強い成分が含まれている場合があります。

顔汗をかく前にできる対策

汗を止めるための対策として、汗の分泌抑制効果があるボトックス注入治療をすることも1つの方法です。しかし、顔は脇とは違ってボトックス注入できる部分が限られていることが多いです。その他に顔汗をかく前にできる対策があるのなら、ぜひとも実践したいところではないでしょうか。今回紹介するのは一例ですので、自分に合った対策方法を見つけましょう。

汗腺のトレーニング、体質改善

汗腺のトレーニングや体質改善を行って、顔だけではなく全身に汗をかけるようにしましょう。日頃から湯船につかって体の芯まで温まったり、ジョギングや散歩など適度な運動をしたりして、汗腺機能を高めるトレーニングを行います。また、ストレスがたまると汗の分泌を司る自律神経が乱れやすいので、十分な睡眠や食事をとり、ストレスを発散しましょう。次第に、適度に汗をかける体に変化していることに気がつくはずですよ。

顔用制汗剤を使う

メイク前やメイク直しの際に、医薬部外品の顔用制汗剤や、顔汗ケアのできる化粧品を使うこともおすすめです。さまざまな化粧品メーカーから顔用制汗剤や顔汗ケアのできる化粧品が発売されており、化粧下地にもなる優れものもあります。制汗剤の有効成分には、パラフェノールスルホン酸亜鉛などがあります。プラスで美容成分が配合でスキンケアのできるものまでさまざまありますので、どんなタイプが自分に合うのか確認してくださいね。額や鼻の上など汗がよく出る部分に丁寧に塗っておくと、顔汗をケアしながら快適に過ごせますので、気になる方は購入してみましょう。

顔汗をかいたら

顔汗をかいたときは、まずはタオルで優しくポンポンとおさえながら汗を拭き取りましょう。あとから顔汗を拭こうと思って放置してしまうと、肌への刺激になりトラブルにつながってしまう可能性があります。また、汗を拭き取る際は、ゴシゴシと力を入れすぎないよう注意してくださいね。汗を拭いても臭いが気になる場合は、ミョウバン水もおすすめです。ミョウバンとは、ナス漬けの色合いをよくするための食品添加物のことで、水2Lに対し50gのミョウバンを溶かすとミョウバン水ができあがります。嫌なアンモニア臭の臭いを抑えてくれますので、タオルやスプレーボトルなどに入れて、タオルに含ませて拭いてみましょう。

■サラフィネ(医薬部外品)

化粧直しいらずのサラリ肌でニオイケアもできる制汗クリームです。顔汗やテカリ、首周りのニオイ、洋服の汗じみが気になる方におすすめです。サラフィネが支持されるポイントを以下にまとめます。
・10秒塗るだけで手軽に顔汗をケア・抜群の消臭力で、ワキガのニオイケアも
・国内工場での製造
・医薬部外品へのこだわり
使い方は通常のスキンケアの後に、顔や首周りに塗るだけ。メイク下地としても活用できます。制汗効果が期待できる一方で、子どもや敏感肌の人でも使える優しい配合も魅力です。男性にも愛用されています。

顔汗を抑える方法を知り、適切な対策を

顔汗を抑えるには、首元を冷やしたり、ツボを刺激したり、圧迫したりすると効果を実感できるかもしれません。また、日頃から顔汗をかく前にできる対策として、汗腺のトレーニングや顔用制汗剤を塗ることが挙げられますので、実践してみましょう。ただし、汗をかくことは体温を調節するための重要な役割があるということは覚えておきましょう。特に夏場は気温も暑く、顔汗をかきやすいですから、適切な対策をして顔汗をコントロールしましょう。

ピックアップ記事

運営会社