白髪になる原因は?白髪の対策・改善方法を紹介

白髪になる原因は?白髪の対策・改善方法を紹介

30代、40代になると髪に関する悩みも増えていきます。とくに白髪に悩んでいるという人は、男女問わず多いものです。白髪になる原因は、加齢・遺伝・ストレスなどさまざまで、白髪が生える場所も頭のてっぺんだったり、後頭部だったりと個人差があります。また若い人でも、ストレスや生活習慣から白髪になる人はいます。年齢や性別でも白髪の原因は異なりますが、自分の白髪の原因を探ることで、より効果的な対策ができるでしょう。最近は白髪用のシャンプーやヘアカラーなど商品も多く展開されています。悩んでいるだけでは、白髪は増える一方です。自分にあった白髪対策・改善方法を見つけて楽しく白髪と付き合っていきましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

白髪になった髪はどんな状態?

黒い髪が白髪になるのは、なぜなのでしょうか?髪が黒くなるのはメラニン色素によるもので、髪を生みだしている毛母細胞にメラニンをつくる細胞(メラノサイト)がメラニン色素を受け渡し、色を与えます。メラニン色素が何かの原因で生成されなくなると、髪は色を失って光を反射し白く見えるのです。これが白髪になった髪の内部の状態です。メラニン色素の量が髪の毛の色を左右し、日本人など黒髪の場合はメラニン色素の量が多く含まれます。逆に金髪の場合などはメラニン色素が少なく、白髪の場合はメラニン色素はほとんど含まれません。何らかの原因によりメラノサイトの働きが低下することで白髪になりますが、その原因は人それぞれです。

白髪の原因は?女性と男性で原因は違う?

白髪の原因として、加齢や遺伝、ストレスなどがよくあげられます。また女性の場合は、生理や妊娠・出産・授乳などにより髪への栄養が滞ることが白髪の原因となる場合があります。ほかにダイエットなどで偏った食事や食事制限が続くのも、髪に栄養が行き届かなくなるので白髪になる原因といえるでしょう。女性特有な理由が起因となる場合もありますが、男女問わず白髪となる原因がさまざまあります。

加齢による白髪

40歳前後になると白髪が増える人も多いでしょう。これは、加齢とともにメラノサイトの働きが低下し、メラニン色素がつくられなくなるためです。加齢とともに代謝も落ち、血流が悪くなることで髪への栄養供給がスムーズにできないなども要因となります。加齢が白髪の原因となるのは個人差もあり、50代・60代でも黒々とした毛髪の人もいます。

遺伝による白髪

白髪になりやすい人と白髪になりにくい人がいますが、これは遺伝的要素が強いといいます。10代など若いうちから白髪になる人は、遺伝による場合も多く、先天的に色素形成能力が低いことが原因となります。家族や親族など身内に若いころから白髪が多い人がいる場合は、自分も白髪になりやすい可能性があるでしょう。

ストレスによる白髪

現代社会では避けて通れないストレスは、体調へ大きく影響します。頭髪も例外ではなくストレスが原因で白髪が増える人が多くいます。過度なストレスを感じると自律神経の乱れが生じ、身体が緊張状態となり毛細血管が縮小するため血行不良になります。十分な栄養が髪へ届けられず、白髪になったり、抜け毛が増えたりと毛髪のトラブルが引き起こされます。

白髪の生える場所によっても原因は異なる?

白髪は、生える場所によっても原因が異なるといいます。白髪がよく生える場所が決まっている人も多いのではないでしょうか?例えば、生え際に白髪が多い、分け目に白髪が生えやすいなどです。分け目や頭頂部に白髪が生えやすい人は、白髪の原因が外的な理由の場合があります。分け目や頭頂部は紫外線を浴びやすく、毛母細胞やメラノサイトにダメージを与えてしまいます。生え際に白髪が生えやすい人は、シャンプーの際に強く洗いすぎている、掻いてしまう癖があるなど刺激が原因となっている場合があります。また後頭部に白髪が生えやすい人は、後頭部には生殖器系のツボがあるため、生理不順や更年期などホルモンバランスの乱れが原因の場合もあるでしょう。外的要因やホルモンバランスの乱れなどにより色素形成細胞に影響が出て、繰り返し同じ場所に白髪が生えることがあります。

若い人でも白髪があるのはなぜ?

白髪の原因となる遺伝やストレスなどは、年齢に関係ないため若い人でも白髪になります。遺伝の場合は、先天的要因だったり、体質だったりするので、10代以下の年齢でも白髪になる可能性があります。ストレスが原因の場合も、小学校高学年から中学生などの若年者で白髪が出てくることがあります。またスマートフォンやゲームなどの使用による睡眠不足など、生活習慣に起因する場合も若年層で白髪になることがあるでしょう。

白髪は黒髪には戻らない?白髪は抜くと増える?

白髪は黒髪に戻せるのでしょうか?すでに生えている白髪を黒髪にするには、ヘアカラーなどでカラーリングするしかありません。ただ、ストレスなどが原因となり一時的にメラノサイトの働きが低下している場合は、ストレスの原因を取り除くことで改善できることがあります。白髪は抜くと増えるといわれますが、これには科学的根拠はなく事実ではありません。ただし、白髪を抜くのは毛根を傷める可能性もありますし、次に生えてくる髪にも影響がでるのでNGです。毛根や頭皮にダメージを与えてしまうと白髪を増やす原因につながるため、白髪を抜くのはやめましょう。

白髪にならないための対策は?30代・40代が気をつけることは?

白髪が生えるのにはさまざまな原因がありますが、自分は何が原因で白髪が生えるのかを把握すれば対策が可能です。遺伝の場合は難しいですがストレスや加齢などの場合は、生活習慣を見直すことで対策できることもあるでしょう。30代・40代は10代・20代に比べ代謝も低くなり、体力も落ちてきます。運動する機会は減る人が多い反面、年齢を重ねることで仕事や人間関係などストレスは増える一方です。時間を作って運動するのが難しい場合は、駅やバス停を一つ手前で降りて歩いたり、エレベーターを使わず階段を使ったりなど工夫するとよいでしょう。また食生活で、黒ゴマや海藻類、チーズなどが健康な髪を育てるのに必要な栄養素を含む食材です。積極的に食事に取り入れて白髪予防・白髪対策をしましょう。運動と食事にプラス睡眠も大切です。良質な睡眠のために、寝る2時間前にはスマートフォンやテレビをみるのをやめておきましょう。

白髪になった髪を改善するには?シャンプーでも改善できる?

白髪を増やさない対策をしつつ、既に白髪になってしまった髪にはヘアカラーやヘアマニキュアがおすすめです。ヘアカラーに抵抗がある方は、ヘアマニキュアがよいでしょう。ヘアマニキュアは髪の表面に色をコーティングするものなので、髪の内部に浸透させるヘアカラーよりも髪が傷みにくい特徴があります。自分で染めるのが不安な場合や市販のヘアカラーによる髪への影響が気になる場合は、美容院でのヘアカラーもおすすめです。白髪用のシャンプーには、メラノサイトの働きを活性化するといわれる成分「ヘマチン」が配合されるものがあります。シャンプーの後に使うカラートリートメントも複数のメーカーから販売されています。シャンプーやカラートリートメントは、いつでもケアできるので根元が白くなってきたときなどに便利です。シャンプーの際に、マッサージをして血行を促進したり、数分間泡パックして保湿ケアしたりするのもおすすめです。

手軽に白髪染めできるおすすめ商品はこちら!

■ボタニカルエアーカラーフォーム

最短たった5分でしっかりと染めることができる白髪染めフォーム(医薬部外品)です。ワンプッシュ泡タイプになっており、根本まで簡単にスピーディーにしっかりと染めることができます。
一般的な白髪染めと異なり、脱色剤を使用せずに空気と反応して発色させるタイプになっており、キューティクルを開かないのでツヤ・コシ・ハリ成分をとじこめたまま染めることができ、美しい仕上がりを叶えることができるのも大きな魅力です。
艶やかな黒髪のブラックと、ナチュラルな髪色のダークブラウンの2色があり、自分の好みの色を選ぶことができるのもうれしいポイントです。

ボタニカルエアーカラーフォーム

定期初回1本限定価格:2,750円(税込)

白髪になる原因を理解して、白髪の対策・改善をしよう!

白髪になる原因はさまざまで、年齢も性別も問わず誰でも白髪が生える可能性があります。白髪の原因が生活習慣やストレスであれば、改善すること、解消することで黒髪に戻せることがあるので、まず自分の白髪の原因を探りましょう。遺伝や体質が原因の場合は改善は難しいですが、生えてしまった白髪をヘアカラーなど毛染めで対処してみましょう。美容院などで毛染めすれば、現在の髪の毛の状態を確認してもらえて、使用するヘアカラー剤も髪や頭皮の状態に合わせてくれます。カラーも市販の商品にはない色が選べたり、似合う色を教えてもらえたりするので、白髪染めを楽しんでできるでしょう。白髪が増えてくる30代・40代でも自分の白髪の原因を把握し、自分にあった対策を実行して白髪の増加を防ぎましょう。

関連する記事

詳しく

口コミで人気のボタニカルエアカラーフォームの特徴や使い方は?泡で簡単白髪染め!

髪の毛は、その色や形でその人の印象を大きく左右するもので、ヘアケアに力を注いでいる人も沢山います。白髪も同様、ちらほら生えていると急にそこだけ老けて見えてしまい、できるだけ染めてしまいたいですよね。昨今、自宅で簡単に染められる製品がたくさん販売されていますが、色むらになったり、手間がかかったりとなかなかいい商品に出会えないという方もいるのではないでしょうか。 そんな方におすすめなのが、ボタニカルエアカラーフォームです。この商品は、手軽に白髪染めができるとして人気があります。今回はボタニカルエアカラーについて、特徴や使い方、口コミまで紹介します。

詳しく

ヘアマニキュアで白髪隠し!おすすめ商品15選!髪に優しいヘアマニキュアを紹介!

早い方では20代から白髪が出始めるため、白髪のケアは世代を問わず髪の悩みになっています。若々しい印象を保つためにはツヤとハリのある美しい髪が欠かせませんが、それを実現してくれるのがヘアマニキュア。髪に優しく一般的なヘアカラーよりも負担が少ないので、髪を傷めることなく髪に色味を与えることができますできます。今回はおすすめの白髪染め用ヘアマニキュアのを紹介。洗い流すタイプのものから、出先でも使える携帯タイプのものまで幅広く紹介しているので、自分に合ったものが見つかるはずです。使うたびに染まるタイプのものもあるので、少しでも白髪が気になり出したら使ってみましょう。

詳しく

泡タイプの白髪染めおすすめ10選*人気商品を比較

白髪は加齢によって発生すると思われがちですが、年齢に関係なく髪が白くなる人もいます。まだらに生えている白髪は老けた印象を与え、コンプレックスに感じている人も少なくありません。美容院などに依頼すると白髪染めを行ってもらうことも可能ですが、忙しい人は美容院に行く時間を作ることが難しいです。そこでおすすめなのが自宅で行う白髪染めです。近年さまざまなアイテムが登場したことにより、自宅での髪染めが手軽になっています。 今回は中でもおすすめな泡タイプの白髪染めを10点ピックアップして紹介しているので参考にしてみてください。

詳しく

白髪染めのおすすめ商品15選:人気商品をまとめてご紹介

年齢を重ねてくるとどうしても髪の毛に白髪が生えてきてしまいますよね。白髪があると何となく老けた印象を与えがちです。白髪染めは、自宅で簡単に白髪を染める事ができ、手頃な価格で販売されているものも多くあり便利です。カラーバリエーションも豊富に揃っていてドラッグストアなどで購入することができるため、白髪染め初心者でも手軽に使えます。髪にダメージを少なくするために植物由来の美容成分が入った白髪染めもあり、部分染めにおすすめの白髪染めもあります。若々しくイキイキとした印象を与えるためにも白髪染めを使い白髪を隠す事をおすすめします。今回はそんな「白髪染めのおすすめ商品15選」を紹介します。

詳しく

白髪染めトリートメントのおすすめ人気15選

白髪を染めるのに今注目を集めている商品が白髪染めトリートメントです。従来の白髪染めと違いツンとした特有な匂いがありません。白髪染めトリートメントは、髪や頭皮に潤いを与えるトリートメント成分や美容成分が含まれているので、髪や頭皮をケアしながら染める事ができるのが魅力です。放置時間も短く手軽に使える事も人気のひとつです。刺激が強い白髪染めは苦手と思っている人にもおすすめできます。日頃の白髪ケアに白髪染めトリートメントを取り入れて、美しい髪を目指してみてはいかがでしょうか。今回はそんなおすすめの「白髪染めトリートメントのおすすめ人気15選」を紹介します。

ピックアップ記事

運営会社