フケの原因は?フケの種類とタイプ別の対策方法とは

フケの原因は?フケの種類とタイプ別の対策方法とは

不潔なイメージで嫌われるフケは、頭皮の角質が古くなってはがれ落ちたものです。毎日シャンプーをして清潔にしているはずなのに、なぜかフケが出てしまうことも。フケにはカサカサの乾性フケと、べたついた脂性フケの2種類があります。フケの原因は、主に間違った頭皮ケアによるものですが、そのほかにも生活習慣の乱れ、ストレスなどが原因となることも考えられます。フケは性別や年齢に関わらず誰でも出る可能性があり、フケが出る原因は人によってさまざまです。フケの種類や不毛が出る原因に応じた適切なケアをすることで、不快なフケの症状を改善できますよ。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

フケとはどんなもの?フケが出る原因とは?

フケは古くなった角質が老廃物となってはがれ落ちたもので、垢と同じです。新陳代謝が行われている証拠で、通常はフケが出ても洗髪で洗い流せるため、気になることはないでしょう。頭皮は体の他の部分に比べて、皮脂の分泌量が多いという特徴があります。そのため、皮脂が通常よりも増えたり、逆に少なくなったりした場合には、フケの症状が出ることがあります。フケが大量に出たり、かゆみがあったりする場合には、適切な対処が必要となります。

フケには種類がある?

フケは2種類あり、それぞれの特徴によって乾性フケと脂性フケと呼ばれています。2種類のフケは、見た目や性質が異なります。また、フケが発生する原因には、共通するものと、種類ごとに異なるものがあります。フケを直そうとケアしても、フケの種類に対応した対処ができていないと、かえって症状を悪化させてしまうことも考えられます。フケの種類に応じた適切なケアをするのがおすすめです。

乾性フケ

乾性フケは、細かく乾燥した頭皮がはがれ落ちるもので、白くさらさらしているのが特徴です。フケといえば、衣類の肩部分に白い粉状のものがついた、乾性フケを思い浮かべる人が多いかもしれませんね。もともと乾燥肌の人は、乾性フケになりやすいといえるでしょう。また、寒く乾燥している季節には、頭皮が乾燥してダメージを受けることで、乾性フケの症状が出てしまうこともあります。

脂性フケ

脂性フケは、ベトベトとしていて、しめり気のあるフケです。頭皮を指で触った時に、ベタついた皮脂がついてくる場合は、脂性フケの可能性があります。もともと脂性肌タイプの人は、頭皮に分泌される皮脂が多いため、脂性フケになりやすいといえます。また洗髪が不十分な場合などには、頭皮の皮脂が酸化してベタつき、脂性フケの原因となることがあります。

乾性フケの原因とは

乾性フケが発生する原因は、乾燥した状態の頭皮へのダメージによるものです。乾燥した頭皮では、ターンオーバー(新陳代謝)が正常に働いていません。そのため免疫力が低下し、頭皮の原因菌の増殖が起こります。頭皮へのダメージとは、頭皮の皮脂や水分量の不足、紫外線、頭皮への傷などです。乾燥した頭皮は、ちょっとしたことが原因でバランスを崩しやすい状態にあるので、適切なケアが必要です。

頭皮が乾燥した状態で起こる

乾性フケは、頭皮の皮脂が不足しているときや、水分量がじゅうぶんではない状態のときに出やすくなります。乾燥肌の人はもちろん、普通肌の人でも、頭皮の皮脂量のバランスがくずれることで乾性フケが出やすい状態になることがあります。頭皮の乾燥は、皮脂の不足によって起こります。頭皮が乾燥すると、正常なターンオーバーが行われず、乾性フケとして剥がれ落ちるのです。例えば、洗浄力の強すぎるシャンプーを使うと、本来必要な皮脂まで除去してしまい、頭皮の乾燥につながります。

アレルギーが原因

乾性フケの原因のひとつとして、アレルギーが挙げられます。乾燥する季節や季節の変わり目は、肌が敏感になる人が多いもの。特に、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーをもっている人は、肌が敏感になり、ターンオーバーがうまく機能しなくなることがあります。肌が過敏になっているときは、洗髪時に頭皮を傷つけないように丁寧にケアしましょう。洗髪後はドライヤーでしっかりと髪と頭皮を乾かして、乾燥が気になるようなら、保湿効果のある頭皮用のオイルや化粧水などをつけるのがおすすめです。

頭皮のダメージによるもの

頭皮が乾燥すると、かゆみを感じることがあります。しかし、かゆいからといってかきむしって爪のあとをつけたり、洗髪時に爪で頭皮を傷つけたりしてしまうと、乾性フケが悪化する原因になります。また、頭皮が乾燥している状態でブラッシングしすぎることも、頭皮へのダメージにつながります。ダメージを感じているときは、手で毛先を整えるだけにしましょう。乾燥した頭皮がダメージを受けると、傷の部分から菌が入り込み、炎症を引き起こしてフケを発生させる原因となります。また、日差しの強い季節に、紫外線を長時間浴びることも、頭皮にダメージを与える原因のひとつです。

脂性フケの原因とは

脂性フケは、頭皮の皮脂が過剰に分泌されることによって発生するフケです。頭皮がべとついていると感じる場合には、頭皮の皮脂量が多い可能性があります。皮脂量が多いのに洗髪が不十分な場合には、落とし切れていない皮脂が酸化して、古い角質やホコリなどと混ざり脂性フケになります。脂性フケは、粘りがある形状のため、毛穴につまりやすい性質を持っています。そのため、放置すると毛穴のトラブルを引き起こし、抜け毛の原因ともなるので注意が必要です。

肌の皮脂分泌量が多い

脂性フケは、頭皮に皮脂が過剰に分泌されることによって起こります。まずは丁寧に洗髪して、頭皮に脂カスが残らないよう清潔に保ちましょう。ただし、本来頭皮に必要な皮脂まで取りすぎてしまうと、頭皮を守ろうとする機能が働いて、さらに多くの皮脂を分泌する可能性があります。そのため、洗浄力がマイルドなものを選び、優しく洗髪してください。

皮膚の常在菌が原因

頭皮には常在菌が存在します。頭皮に皮脂が残ってしまうと、皮脂を食べる常在菌の大量繁殖を招きます。菌の大量発生は頭皮にダメージを与えるため、皮脂の正常なターンオーバーが行われにくい状態となります。菌の繁殖は、炎症やかゆみの症状を引き起こします。また、菌が増えることで皮脂の分泌量が増加し、結果として不健症状が悪化するという悪循環におちいることもあります。

ストレスや免疫力の低下によるもの

免疫力の低下が、脂性フケの原因となることもあります。免疫力が低下すると、体に菌が入りやすい状態となってしまいます。免疫力を上げるためには、自律神経のバランスを整えることが大切です。ストレスをためすぎず、適度な運動とリラックスを心がけましょう。心身を健康に保つことが、フケの症状を改善することにつながります。

フケが出やすいのは女性?男性?子供もフケは出る?夏によく出る?

フケは、誰にでも発生する可能性がありますが、年齢や性別によって発生しやすいタイプは変わってきます。成長期は男子女子ともに皮脂の分泌量が増えるので、脂性フケが出やすくなります。また、女性よりも男性の方が皮脂の分泌量が多い傾向にあるので、脂性フケが発生しやすいといえるでしょう。老年期にさしかかると、男女ともに皮脂量が減少してくるため、乾性フケが多くなるといわれています。汗をかきやすい夏に脂性フケ、乾燥する冬に乾性フケが出やすい傾向もあります。

フケ対策は何をすればいい?効果的な対処法

フケは頭皮の皮脂が過剰分泌されることで起こります。しかし実は、分泌される皮脂の量は、頭皮ケアだけで完全に正常になるわけではありません。洗髪をしっかりと行っているのになぜかフケに悩まされているという場合には、日頃の生活習慣などが関係していることも。健康的でストレスのない生活を送ることが、実はやっかいなフケの症状を改善してくれるかもしれません。

頭皮ケアをする

適切なヘアケアや頭皮ケアを実施することで、フケの症状を改善し、フケを未然に防げます。重要なのは、頭皮に負担をかけないこと。洗浄力が強すぎないシャンプーを使って、頭皮に傷をつけることなく優しく洗いましょう。脂性フケの場合には皮脂が残らないように丁寧に洗髪し、乾性フケの場合には必要な皮脂まで除去しないように注意。トリートメントやリンスのつけすぎにも気を付けます。髪の状態にもよりますが、ショートで1プッシュ、ミディアムで2プッシュ、ロングで3プッシュを目安にしましょう。トリートメントは500円玉大が目安です。フケの症状がある場合には、洗髪後にぬれたまま放置せず、じゅうぶん乾燥させることも大切です。

食生活や生活習慣を改善する

食生活や生活習慣は、頭皮の皮脂の分泌量に大きく関係しています。栄養バランスのかたよった食事や脂っこい食事、刺激物の過剰摂取は、皮脂の分泌を増加させます。多量の飲酒や喫煙が、正常な皮脂の分泌を阻害するという説も。また、睡眠不足は頭皮のターンオーバーが機能しなくなる原因となります。バランスのよい食生活や生活習慣、十分な睡眠をとることが、フケの症状を根本から改善するために必要です。

ストレスをなくす

ストレスの多い現代社会で、ストレスなく生活していくことは至難の技です。しかし、ストレスもフケにとっては大敵。ストレスで免疫機能が低下することで、頭皮の正常な新陳代謝が行われなくなるため、できるだけストレスを解消していくことが大切です。適度な運動や自分なりのリラックス方法でストレスを軽減し、健康な頭皮と正常な皮脂量を目指すことで、フケの症状が大きく改善できるでしょう。

フケの経験がある人は、原因に合った対策を万全に!心配なときは皮膚科を受診しよう

フケは、頭皮のターンオーバーがうまくいかず、皮脂が過剰に分泌されることで起こる症状です。フケの種類に応じた洗髪と頭皮ケアはもちろん大切です。また、体を健康に保ち、バランスのよい食事や生活習慣を改善することが、フケの原因を根本から改善することにつながります。フケの症状が重く心配な時は、皮膚科を受診しましょう。適切なケアと健康的な生活で頭皮環境を整えて、フケ症状の出ない体づくりを目指したいですね。

ピックアップ記事

運営会社