ほうれい線が目立つ原因は?自分でできる対策方法や医療機関のケア方法を紹介

ほうれい線が目立つ原因は?自分でできる対策方法や医療機関のケア方法を紹介

シワの深さや目立ち具合で顔の印象を大きく変えるほうれい線。ほうれい線とは、左右の小鼻から口周りへのびるラインのことです。30代頃(早い人は20代頃)から気になり始め、加齢とともにどんどん深く、目立つようになるのが特徴です。ほうれい線が目立つようになる主な原因は、肌のハリの低下や、顔の筋肉の衰え、骨格の歪みなどからくる肌のたるみ。また、ファンデーションの塗り方やコンシーラーの色など、メイクによっても目立ってしまうことがあります。ほうれい線を目立たなくするためには、スキンケアや化粧品を見直したり、表情筋を鍛えるマッサージやエクササイズを行ったり、骨格の歪みを直すため生活習慣を整えたりすることが重要です。セルフケアだけで改善が見られない場合は、美容皮膚科や美容整形科など医療機関によるケアもおすすめです。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

ほうれい線とは?

1本あるだけで顔の印象を大きく左右するほうれい線。ほうれい線とは、左右の小鼻から口周りへのびるラインのことです。一般的に30代頃(早い人は20代頃)からほうれい線が気になりはじめ、年齢を重ねるに連れてどんどん深く目立つようになっていきます。

ほうれい線が目立つ原因

ほうれい線はなぜできてしまうのでしょうか。また、どうして深く目立つようになってしまうのでしょうか。ほうれい線ができる原因を解説します。

肌のハリの低下

肌のハリや弾力を支えるコラーゲンやエラスチンといった成分は、加齢や紫外線ダメージ、乾燥などによりどんどん減少していきます。これらの成分が不足し、ハリが保たれなくなると、頬や顔全体がたるんでしまいます。このたるみが、ほうれい線が目立ちやすくなる原因です。

表情筋(顔の筋肉)の衰え

肌のすぐ下には表情筋と呼ばれる筋肉があります。この表情筋が衰えると肌も一緒に垂れ下がり、ほうれい線ができやすくなってしまいます。表情筋が衰える主な原因は加齢の影響が大きいといわれています。また、日常で笑う機会が少ない人や人と喋る機会が少なく、無表情でいることが多い人も表情筋が衰えやすくなります。

骨格の歪み

頬杖をよくつく、いつも決まった方向を向いて寝ているなど、日常的の何気ない癖から顔の骨格が歪み、ほうれい線ができてしまうことがあります。鏡や写真で自分の顔を見たときにほうれい線の深さが左右均等ではなく、どちらか一方だけ目立っているという場合は要注意。骨格の歪みが生じ、顔のバランスが崩れている可能性が高くなります。

メイク方法

メイクをしたら、ほうれい線が余計目立ってしまったという経験のある方は多いのではないでしょうか。以下のような間違ったメイク方法は、ほうれい線を隠すには逆効果となる可能性があるのでご注意ください。
・ファンデーションの厚塗り
時間と共にフェンデーションが寄れて溝を作ったり、ほうれい線のシワに溜まったりして余計目立ってしまうことがあります。
・仕上げのルースパウダーが多い
ファンデーション同様、パウダーがシワやほうれい線の溝に入り込み、ほうれい線が際立ってしまうことがあります。
・コンシーラーの暗すぎる
明るい色のコンシーラーをほうれい線にハイライトとして入れると影が消え、肌のトーンが明るく見えます。しかし、色が暗いコンシーラーや、潤いの少ないコンシーラーを使用するとうまく肌に馴染まず、ほうれい線が浮いてしまうことがあります。

ほうれい線を目立たなくする対策方法

ほうれい線はセルフケアで改善することも可能です。ここでは具体的なほうれい線のケア方法や、ほうれい線を目立たなくする対策方法を紹介します。

保湿

肌の乾燥やハリ不足が原因のほうれい線を解消するためには、しっかりとした保湿ケアを行うことが重要です。ほうれい線ケアには、コラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンC誘導体など、肌にハリや弾力を与える成分やコラーゲンの生成を助ける成分の入った化粧水や美容液、クリームを使いましょう。また、美顔器によるケアもおすすめ。美顔器で肌のリフトアップケアを行うことで皮膚のたるみが改善すれば、ほうれい線は徐々に目立たなくなります。

表情筋を鍛える

表情筋の衰えが原因のほうれい線には、表情筋を鍛える表情筋エクササイズがおすすめです。顔を支える口輪筋や頬骨筋を鍛えることによって、皮膚のたるみが解消され、ほうれい線が目立たなくなることが期待されます。今回はどこでも簡単にできるエクササイズを2つ紹介します。
【舌回し運動】
1.舌の先にグッと力を入れ、歯茎の外側をなぞるように大きくゆっくり3秒程度かけて舌を回す
2.反対方向も同様に行う
目安は1日30回。毎日舌回しを行うことで口輪筋を鍛えられます。
【割り箸エクササイズ】
1.割り箸を横にして口にくわえる
2.くわえた状態のまま、口角と頬をグッと引きあげ「い」の口の形をキープ
キープする時間は30秒から1分程度。1日3回程度を目安に行うことで、頬骨筋を鍛えることができます。

生活習慣を見直す

ほうれい線の原因が骨格の歪みの場合は、日常のクセや何気なく行っている習慣などを見直してみましょう。例えば、頬杖をつく、食べ物を片側だけで噛む、いつも同じ方向を向いて寝るなどの習慣やくせは、骨格の歪みを助長する可能性があるので意識して防ぐようにしましょう。また、座る際や歩く際など正しい姿勢を心がけるのもおすすめです。正しい姿勢をとることで血行がよくなり、肌のターンオーバーが促進されます。特にスマホやPCなどの使用時は、姿勢が悪くなりがちなので注意しましょう。何気ないポイントを意識して改善することで、骨格の歪みを防ぎ、ほうれい線の目立ち具合を軽減できます。

UVケア

ほうれい線を作らない、目立たないようにするためには、紫外線対策をしっかりと行うことも重要です。特に注意が必要なのは波長の長いUV-A波。季節を問わず1年中降り注ぎ、窓やカーテンの隙間から室内にも入りこみます。肌に余計なダメージを与えないためにも、夏だけでなく年間を通して、また室内でもUVケアを行うようにしましょう。

セルフケアで改善しない場合は美容皮膚科でのケアもおすすめ

セルフケアで改善しない場合は、美容皮膚科などプロの手を借りるのもおすすめです。美容皮膚科で行われるほうれい線のケアには、さまざまな種類があります。代表的なケア方法を3つ紹介します。

ヒアルロン酸注入

ほうれい線ケアの中でも特に多く利用されているヒアルロン酸注入。ヒアルロン酸をシワ部分に注射し、肌を内側からボリュームアップさせることで、ほうれい線を目立たなくする方法です。施術時間は10分程度で、1度の施術で効果は2〜3か月程度続きます。即効性が高いので、すぐに目に見える効果が欲しい、手軽にほうれい線ケアを試してみたいという方におすすめです。

レーザー照射

肌にレーザーを照射することで皮膚内のコラーゲンの生成を促進、ハリや潤いのある肌を目指す方法です。施術時間は15分程度、ダウンタイムがほぼありません。施術後すぐに効果を実感しやすいのも魅力で、注射が苦手、ほうれい線の他にも気になるシワがあるという方におすすめです。

糸リフト治療

糸リフト治療は、体に吸収される溶ける糸を挿入することで肌をリフトアップし、ほうれい線や顔のシワを目立たなくする方法です。施術時間は20分程度、治療後は腫れや痛み、内出血などが生じる場合がありますが、おおむね1〜2週間程度で収まります。糸により顔全体を引き上げられるので、ほうれい線の溝が深い方や、肌のたるみが気になる方に特におすすめです。

ほうれい線が目立つ原因や対策を理解して、若見え肌を目指そう

ほうれい線が目立ってしまう原因は多々あり、原因によって取るべき対処法も変わってきます。ほうれい線を解消したいなら、まずは自分のほうれい線はなぜできたのか、目立つ要因は何かをしっかりと把握しましょう。セルフケアや専門医による治療など、ほうれい線を改善する方法はたくさんあります。自分にあったケア方法を選択し、ほうれい線のない若見え肌を目指しましょう。

ピックアップ記事

運営会社