目の周りのくすみで老け顔に?目元のくすみ悩みをケアして明るい印象に!

目の周りのくすみで老け顔に?目元のくすみ悩みをケアして明るい印象に!

目の周りのくすみやクマは疲れたように見え、老け顔の原因になってしまいます。そのままだと暗く元気がないイメージを持たれてしまうため、濃いめのメークで隠そうとするのも実は逆効果。目の周りは特に皮膚が薄いため刺激を与えるのはよくありません。くすみやクマができる原因を知って正しいスキンケアを行うことが大切です。血流をよくして肌にやさしいマッサージなどである程度の改善が期待できます。さらに、化粧水や美容液などの化粧品で水分を補い保湿して乾燥から守ることも大切です。適切なケア方法で対策をした後は、くすみやクマをカバーするコンシーラーや化粧下地を効果的に使うことで気にならなくなるでしょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

目の周りのくすみの原因は?

目の周りのくすみは、さまざまな原因によって起こります。目の周りの皮膚は人の身体の中でも特に薄い部分で、0.6mm程度しかありません。頬の皮膚の厚みの3分の1程度です。少しの刺激でダメージを受けやすいため、他の部位の皮膚ではたいした影響がなくても、目の周りの皮膚にはかなりの影響を与えることがあります。皮膚の角層が薄いため皮膚を保護するためのバリア機能が弱く、外部からの刺激、肌内部の状態、加齢などによる影響を受けやすく、目立ちやすい場所なのです。実際にどのような状態がくすみの原因になるのか説明します。

人気のアイクリームをチェックしてみる

皮膚が薄いため青クマになる

目の周りには毛細血管が密集しています。血液は全身の細胞組織や器官に酸素を送り届けるために絶えず循環しています。血行がよければ酸素や栄養素を含んだ新鮮な血液がスムーズに流れますが、血行が悪いと酸素が十分に供給されず、血液の色が鮮やかな赤から暗い赤色に変化してしまうのです。そのため、目の下まぶたの薄い皮膚からうっ血した血管が透けて、青っぽく見えます。目の周りの皮膚の薄い部分だけが目立ってしまいくすんだように見えることから「青クマ」と呼ばれる原因になるのです。

摩擦で色素沈着して茶クマになる

青クマに対して、茶色っぽく見えるくすみが「茶クマ」です。茶色に見える原因は、メラニン色素の沈着によるものです。色素の沈着は、目をこすったり紫外線を浴びたりした刺激で起こります。色素の沈着が肌の表皮だけに存在するものなら、肌のターンオーバーが正常に行われれば皮膚と一緒に剥がれ落ちて茶クマはなくなっていきます。表皮よりも下の真皮層で色素沈着が起きてしまうと改善することは難しいため、そうなる前の適切なケアが重要です。

目の周りのくすみ悩み対策として効果的な方法や注意点は?

目の周りがくすんで見える青クマや茶クマの原因に、思い当たる点があった方もいるのではないでしょうか。クマの原因さえわかれば、クマができないように気をつけたりクマを薄くしたりする対策が可能です。一般的に効果があるといわれているくすみの悩み対策の方法を紹介します。現在はくすみがなくても、以下の対策を知っておくことで今後のくすみ予防につながるでしょう。

アイメイクのクレンジングにも注意!

暑い季節は汗でメイクが落ちないように、ウォータープルーフタイプのアイメイク用品を使う方も多いでしょう。汗をかいてもにじんだりよれたりしないため、お化粧直しをしなくてすみます。しかし、その便利さと引き換えに、メイクを落とす際にはしっかりとクレンジングする必要があります。クレンジングのときに指先で強い力でゴシゴシとこすってしまうことは避けましょう。肌に刺激を与え、色素沈着の原因になってしまいます。ウォータープルーフ対応のクレンジング剤をコットンに染み込ませ、まぶたの上にしばらく置いてなじませてから、やさしく拭き取ってください。毎回の習慣を少し意識するだけで、色素沈着の軽減につながるでしょう。

マッサージや蒸しタオルで血行不良を解消

血行不良の青クマには、血流改善のセルフマッサージがおすすめです。といっても、目のまわりをこするマッサージは逆効果。目の周囲だけでなく顔や首筋全体の血流改善を心がけましょう。目頭から鼻の横を通り口角からあご、鎖骨まで縦に向かう静脈の上をやさしく指先で押してみましょう。指先を移動させながら軽く押して離す、これを繰り返すだけです。首筋には太い静脈が2本通っているため、手のひらで温めたり軽くもんだりするのも効果的です。最低でも1分は続けるとよいでしょう。蒸しタオルで目元や顔、首筋の静脈の上を温めて血行を促すのもおすすめです。

目元の保湿クリームなどのスキンケアでくすみやシワをサポート

目元の皮膚は薄いため、十分に保湿できず乾燥しがちです。そもそも汗腺がなく、皮脂腺も少ないため、肌のバリア機能も弱いのです。そのため、紫外線によるダメージを受けやすく、そのままではシワやたるみの原因にもなってしまいます。小ジワやたるみなどのあるハリが失われた肌は光を反射できず、余計にくすみが目立つ原因になることも。保湿効果のあるクリームを使って乾燥を防ぎ、肌のバリア機能を高めることで紫外線ダメージを軽減できます。保湿され肌が健康になれば、ターンオーバー機能を邪魔しません。肌にハリやツヤを与え、乾燥によって肌がくすんで見える部分をケアできます。また、美白化粧品などの美白アイテムはメラニンの排出を促す働きがあるため、シミやそばかすの予防が期待できます。

人気のアイクリームをチェックしてみる

目に負担をかけないよう目の健康に心がける

目が疲れたときや目がかゆいときに目をゴシゴシとこすってしまうのも、肌に刺激を与えていることになります。花粉症やアレルギーで目がかゆいときは、つい手で触れる機会が多くなるものです。パソコンやスマホによる目の疲れやドライアイが原因で、目をこすってしまう方もいるようです。薄い皮膚を強い力でこすって小さな炎症が起きてしまうと、色素が沈着してしまい、皮膚がくすみ、茶クマの原因になってしまいます。花粉症やアレルギーの方は抗アレルギー作用のある薬剤の服用や点眼などで目のかゆみを抑え、なるべくこすらないように気をつけましょう。パソコンやスマホによる疲れ目には、仕事なら適切な休憩を挟み、ブルーライトカットメガネを使うなどして目の健康に留意しましょう。

下地とアイシャドウの色味を工夫してアイメイクでカバーする

青クマや茶クマをメイクでカバーしたい場合、ファンデーションや、シミ隠しのコンシーラーなどを使う方もいるでしょう。普段のシミ隠しには、ファンデーションの色よりワントーン暗いオークルやベージュを使うことが多いのではないでしょうか。ですが、黒っぽいシミではなくクマ隠し対策としてコンシーラーを使う場合は、青クマにはオレンジ色、茶クマにはイエローのコンシーラーが効果的です。すり込んだり多く付けたりする必要はなく、肌にのせてからポンポンと軽くなじませればOKです。リキッドファンデーションを使う場合は、その上からコンシーラーを使います。さらにパールの入ったハイライトやパウダーで仕上げれば、光の拡散効果でクマが目立ちにくくなります。

気になる目の周りのくすみの改善・軽減方法は?

表皮のメラニンなら肌のターンオーバーではがれ落ちますが、真皮層にメラニンが蓄積してしまうとはがれ落ちたり自然に消えたりすることはありません。クマを本気で消したいなら、美容外科や美容クリニックで医療レーザー照射などの根本的な治療が必要になります。そこまでしなくても少しでもくすみをなくしたいと思うなら、日常の生活習慣を見直して血流を改善し、肌を健康に保つことをおすすめします。血流をよくするためには、適度な運動を行い全身の血のめぐりをよくすることが一番です。血液で全身に酸素や栄養を満遍なく送り届けて血流の停滞をなくすことが、くすみの軽減につながるのです。

人気のアイクリームはコチラ!

■アテニア アイ エクストラ セラム

目元が老けてしまうのは「目じりのこわばり」「目の下のたるみ」「まぶたの痩せ」が大きな原因。その3大ポイントそれぞれにマッサージでアプローチするなら、アイクリームの併用がおすすめ。アテニア アイ エクストラ セラムは、肌を柔らげたりハリを与え、目元にふっくら感をプラスさせたりするアイクリームです。疲れて見えがちな目元が保湿され、表情も生き生きして見えますよ。15gで約120回分使えるのも経済的で嬉しいですね。

アテニア アイ エクストラ セラム

初回限定トライアルセット:3,352円(税込)

今からでも遅くない!目の周りのくすみ悩みをケアして明るい目元に!

目の周りのくすみの悩みは、生活習慣の改善がポイントです。適度な運動習慣をつけることや、メイクを落とす際のクレンジング、保湿ケア、目を酷使しない、目をこすらないなどの点に気をつけることが大切です。運動をして汗をかけば新陳代謝も活発になるため、軽い色素沈着なら自然に排出されるでしょう。ほんの少しのくすみなら、化粧下地とファンデーションだけでも十分カバーできますよ。

ピックアップ記事

運営会社