シミケアにおすすめの食べ物は?おいしく食べて体の中から美白対策をしよう

シミケアにおすすめの食べ物は?おいしく食べて体の中から美白対策をしよう

シミを薄くして美白効果を高めるのは化粧品だけではありません。シミケアにおすすめな食べ物も意識して摂りましょう。ビタミン類やL-システイン、ポリフェノールなどが含まれている食物を食べるといいでしょう。マクロビオティックでは、シミはある栄養素を摂取しすぎることで起きると考えられています。一種類だけではなく複数のシミケアにおすすめの食べ物や飲み物を、バランスよく摂取するのがおすすめです。食べ物から摂取するのが難しい場合はサプリメントを活用してください。もちろん、外からのケアも大切です。日焼け止めや日焼け後の美白ケアも忘れずに。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

シミに効いて美白効果のある栄養素は

シミ対策は、日焼け止めや美白化粧品など外からのケアだけでは十分ではありません。普段の食事でもシミに効果的な食べ物を積極的に摂取すると、メラニン色素の沈着を防いだり、新陳代謝を促進したりして体の中から美白ケアができます。シミケアにおすすめ栄養素やどんな食材に多く含まれているのかを知っておくと、毎日の食事の献立も作りやすくなり、外食やコンビニ弁当でもシミ対策ができるメニューを選べます。

ビタミンC

ビタミンCは、シミケアにおすすめ栄養素としてよく知られています。美白化粧品にもビタミンC誘導体が配合されているものもあります。ビタミンCは、紫外線を浴びたときにできるメラニン色素の生成を抑える働きがあります。また、酸化して濃くなった黒色メラニンを薄くする効果も期待できます。ニキビ跡や口内炎予防にも役立つ栄養素なので、積極的に摂りたいですね。ビタミンCが多く含まれる食品は、キウイフルーツや苺、レモンなどの果物に多く含まれますが、パプリカやブロッコリー、カボチャ、じゃがいもなどの野菜にも多く含まれています。果物と野菜の種類をうまく組み合わせながら摂取しましょう。

ビタミンA(βカロチン)

ビタミンAは、活性酸素の働きを抑える効果が期待できます。また皮膚や粘膜を健康に保つ働きもあります。活性酸素が増えると、メラニン色素の生成を促進します。シミの予防だけでなく、アンチエイジングにもいい栄養素なので意識して食べましょう。ビタミンAが多く含まれる食品は、うなぎや卵、豚や鳥のレバーです。また、ニンジンやほうれん草、小松菜などの緑黄色野菜に含まれるベータカロテンは、ビタミンAに変換されて体の中で使われます。動物性と植物性バランスよく食べるといいでしょう。

ビタミンE

ビタミンEも、活性酸素の働きを抑制します。ビタミンCの働きを助ける作用もあるので、一緒に摂取すると効果的です。油と一緒に食べると、吸収率が上がります。ひまわり油やベニバナ油、大豆油、コーン油などにはビタミンEが多く含まれているので、上手に活用しましょう。ビタミンEは他にも、アーモンドやピーナッツなどのナッツ類や、ひまわりの種、緑黄色野菜やアボカドにも含まれています。

ビタミンB2

ビタミンB2はターンオーバーの働きを正常にし、メラニン色素の排出を促します。通常約28日の周期で肌は生まれ変わり、古くなった角質やメラニン色素は押し出され剥がれます。しかしターンオーバーのバランスが崩れると、なかなかメラニン色素が排出できなくなり、そのまま肌にとどまって沈着することも。ビタミンB2はウナギ、カレイ、ズワイガニ、干しシイタケ、 キクラゲ、マッシュルーム、納豆、アーモンド、海苔、ワカメなどに多く含まれています。

L-システイン

L-システインは、メラニン色素を生成する脳からの指令自体を抑制する働きがあります。そのため、紫外線を浴びてメラニン色素が作られるのを防ぐ効果が期待できます。また、酵素の活性化を抑制して、メラニン色素が生成されるのを防ぎます。ビタミンCと一緒にメラニン色素に働きかけるので、一緒に摂るといいでしょう。L-システインが多く含まれるのは、牛ヒレ肉や鶏胸肉、かつお、卵や大豆などです。

ポリフェノール

ポリフェノールは抗酸化作用が高く、シミを防ぐ効果が期待できます。コーヒーをよく飲む人の方がシミが少ないという研究もあります。ポリフェノールはコーヒーや抹茶、赤ワインなどに多く含まれることはよく知られていますが、ココアやチョコレート、ブルーベリー、なす、蕎麦や玄米などにも含まれます。コーヒーやワインが飲めない人も、食品から摂取できます。

シミをケアするサプリをチェックしてみる

マクロビオティックの観点から見たシミ

マクロビオティックは、健康に生きるための一つの理論ですが、食べることを重視した実践方法を伝えています。動物性のものはあまり使わず、無農薬や自然農法で作られた穀物や野菜を中心に、その時期にその土地で採れるものを使って調理をします。マクロビオティックの観点では、普段の自分の食事の偏りからシミができると考えます。マクロビオティック的には、炭水化物や糖質、油の過剰摂取がシミの原因とされています。いずれかの食品または複数のものをよく食べているなら、少し控えるといいかもしれません。

シミケアにおすすめ食べ物

シミケアにおすすめ栄養素や食べ物は、なるべく普段の食事で摂取していきましょう。「種類が多すぎて毎日全部は食べられない」と思う人も、取り入れやすい食品から毎日少しずつ食べるようにしてみてください。シミに効果的な食べ物からメニューを考えてみるのも楽しいでしょう。

複数の野菜を食べる

野菜は毎日数をなるべく多く食べるようにしましょう。生で食べると量が多いと感じる場合は、蒸して食べるのがおすすめ。水溶性のビタミンは、茹でると煮汁に栄養素が流れ出てしまうので、蒸す方が栄養素を十分に摂れます。スープや味噌汁のように汁まで飲める料理もいいでしょう。蒸し野菜なら柔らかいのでたくさん食べられます。オリーブオイルと塩、レモンで食べれば、ビタミンCも一緒に摂れます。なかなか食事で十分に野菜が食べられないときは、サプリメントを活用するのもおすすめです。

シナモンも取り入れよう

シナモンは美肌に効くスパイスです。毛細血管を修復する働きがあります。毛細血管が弱くなると血液や酸素、栄養素が体の隅々までいき届かなくなります。バリア機能が低下したり、肌のターンオーバーの働きが悪くなったりします。さらに紫外線のダメージなどでメラニン色素が生成されると、シミになってしまう場合も。毛細血管を元気にするために、シナモンを毎日小さじ半分程度摂るといいでしょう。紅茶や牛乳などに入れて飲むのもおすすめです。

シミケアにおすすめ飲み物

ポリフェノール以外にもシミケアにおすすめの飲み物があります。飲み物は食事やお菓子と一緒に飲んだり休憩中に飲んだりと手軽に取り入れられるので、ぜひ普段から意識して飲んでみてください。

緑茶

緑茶にはポリフェノールの一種カテキンやビタミンCなど美肌にいい成分が含まれます。特にカテキンは糖化によるくすみを防ぐ効果があります。抗酸化作用も高いので、飲むスキンケアとして、食事の前後などに毎日1杯は飲むようにしましょう。手軽に飲める粉末タイプもおすすめです。

豆乳

豆乳は大豆のイソフラボンが含まれています。肌の新陳代謝を促進し、ハリやつやを出してくれます。また、イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするので、生理不順や更年期前後のトラブルにも効果的。積極的に飲みたいドリンクです。温めてシナモンとハチミツを入れて飲んでもいいでしょう。

シミケアにおすすめ食べ物を食事に取り入れよう!紫外線予防の日焼け止めクリームも有効

シミケアは、医薬部外品の美白化粧水や美容液をつけるだけではなく、体の中から食べるものでケアすることも大切です。ビタミン類やL-システイン、ポリフェノールなどが活性酸素を抑制し、肌を健やかに整えてメラニン色素の生成を抑制したり、できてしまったメラニン色素の排出を促したりします。毎日すべてのシミに効果的な食べ物を摂取するのは難しいので、取り入れやすい食品から少しずつ普段の食事にプラスしてみてください。もちろん紫外線対策はしっかり行いましょう。

シミケアに人気のサプリ!ホワイトルマン

シミ・日焼けそばかすに効くビタミン類を配合した医薬品です。成人であれば1日2回、2カプセルずつ飲み1瓶が約1ヶ月分です。
配合されているのは、主にビタミンC・E・B2。1日の容量でビタミンCをたっぷり1,200mg取れるのは、医薬品ならではです。ビタミンCがメラニン色素の発生をブロックし、ビタミンEはビタミンCの働きを助けたりメラニン色素を薄めたりします。また、ビタミンB2が肌のターンオーバーを促進し、シミの定着を防ぐという強力な配合です。

ホワイトルマン

定期初回価格:2,090円(税込)

ピックアップ記事

運営会社