日焼け後の適切なアフターケアとは?方法を知り自分の肌を守ろう

日焼け後の適切なアフターケアとは?方法を知り自分の肌を守ろう

紫外線対策は夏だけではなく1年を通して必要です。日焼け止めクリームなどで予防をしても、長時間強い紫外線を受けると日焼けしてしまいます。日焼けしてそのままにしておくと、シワやたるみなどの肌トラブルの原因となるので、アフターケアが重要です。日焼け後はまず赤い部分を冷やします。赤みが落ち着いたら化粧水やクリームなどで保湿しましょう。美白成分配合のジェルパックをつけて就寝するのもおすすめです。皮膚の痛みや腫れがある場合は皮膚科を受診し、適切な治療を受けてください。日焼けの正しい知識とケア方法を把握し、自分の肌を守りましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

日焼けをすると肌にどのようなことが起こる?

日差しの強い夏に、特に悩む方が多いのが日焼けです。キャンプやバーベキューなどのアウトドアを楽しんだり海に遊びに行ったりと、戸外での活動が増える時期です。できるだけ紫外線を浴びず、日焼けを予防する方法は、日焼け止めクリームを事前に塗る、日傘をさす、帽子をかぶるなどです。しかし、紫外線の影響を完全に排除するのは難しいことです。日焼けをすると肌が赤くなってから黒くなる人、黒くならずに元に戻る人、赤くならず黒くなる人など、焼け方は皮膚のタイプや体質によって人それぞれです。日焼けの種類やメカニズムを紹介します。

皮膚が赤くなるサンバーン

日焼けによって肌が赤くなり、皮膚の表面の組織が炎症を起こし、やけどのような状態になっているのがサンバーンです。ヒリヒリして痛い、肌が火照って熱いなどの症状があります。サンバーンの人は赤くなったら元に戻り黒くなりにくいので、うらやましく感じる方もいるでしょう。しかし、皮膚を防御するメラニン色素の働きが悪く、皮膚がんのリスクも高いので注意が必要です。

皮膚が黒くなるサンタン

サンバーンを起こした後に肌が黒くなるのがサンタンです。サンバーンによってダメージを受けた肌を守ろうと、メラニン色素が発生することで黒くなります。メラニン色素は、紫外線が肌に浸透するのを防ぐ役割があります。サンタンは、赤くならずに黒くなることが多いです。遺伝が大きく影響していて、皮膚の色が濃い方ほど色素沈着が強く起きる可能性が高まります。

シワやたるみ、シミなど肌トラブルの原因になることも

日焼けをした後に適切なアフターケアを行わないと、肌に大きな影響を与え、肌の老化に関係します。日焼けによってメラニン色素の発生が繰り返されると、色素が定着します。これがシミなどの原因になります。紫外線のダメージが乾燥しやすく弾力のない肌を作ってしまい、シワが目立つことも。強い紫外線を浴びることで、その影響は肌の内部にまで浸透します。肌の若々しさを象徴するツヤや張りを保つのに欠かせないのが、コラーゲンです。コラーゲンが減少すると、肌の弾力が失われて乾燥しやすくなります。適切なアフターケアで、肌年齢が上がり老化するのを防ぎましょう。

日焼け後にはアフターケアが重要!

日焼け止めクリームを塗るなどケアをしても多少日焼けをしてしまうのは仕方ないことです。しかし、強い紫外線を浴びた後に「少しくらい平気」とそのまま放置をしておくと、肌は大きなダメージを受けます。紫外線は目に見えない形で少しずつ蓄積していくので、日焼け直後だけでなく将来的にさまざまな肌トラブルの原因になります。自分の肌のタイプや日焼け後どのようになるのかを知り、適したアフターケア方法を見つけましょう。ケアを継続し、肌へのダメージを最小限に抑えることが大切です。早めのケアがポイントなので、紫外線を強く浴びたと感じた日は、外から帰ってきたら自分の肌の状態をチェックするとよいでしょう。

赤みが落ち着くまで冷やす

日焼け後の肌は炎症を起こしていて、やけどを起こしているような状態。やけどをした時と同様に、日焼け部位をよく冷やして火照りを抑えましょう。アフターケアの基本で最も重要なのが「冷やす」ことです。すぐに赤みがひかない場合には赤みが落ち着くまで続けます。冷やす方法は、炎症を起こしている部位に冷水で濡らしたタオル、薄手のタオルにくるんだ保冷剤などを当てる、スプレーで冷水を吹きかけるなどです。日焼けが広範囲にわたる場合には、水風呂に浸かったり水のシャワーを浴びたりするのもよいでしょう。流水で直接冷やす場合や洗顔をする時には、摩擦が刺激になるので擦らないように注意しましょう。日焼けをした日は湯船に浸かることを避け、患部を温めすぎないことがポイントです。

化粧水や乳液、クリームで保湿する

日焼け後の肌は、乾燥して脱水症状が起きている状態です。肌を冷やしたら、たっぷりの化粧水で水分を与えて保湿しましょう。ケア方法は髪や顔、腕など部位別に異なります。スキンケア用品は、化粧水、乳液、クリームなどがあり、種類もさまざまです。低刺激、無添加のものは肌への刺激が少ないのでおすすめで、ドラッグストアなどで購入できます。メンズ向けのコスメも充実しています。自分の肌に合ったスキンケア用品を選び、ケアをしましょう。保湿の際は、肌に優しく肌角層に浸透させることを意識してくださいね。
ただし、日焼けの後は肌が敏感な状態です。保湿時にピリピリしたり違和感があったりする場合はすぐに洗い流し、使用を控えましょう。

美白成分配合のジェルパックをつけて就寝

就寝時に、美白成分配分のジェルパックを貼るのもおすすめです。ひんやりと心地よく、肌にじっくりとうるおいを与えてくれます。日焼けによる炎症が強すぎる場合など、肌に合わないと感じたらすぐに使用をやめましょう。

サプリでビタミンCなどを摂取

日焼け後の肌は水分が少なく脱水症状のような状態なので、多めに水分を飲み体の内側から潤いを与えましょう。喉の渇きを感じた段階で体内の水分は不足している可能性があるので、こまめに水分補給をする習慣も大切です。日焼け予防とアフターケアにビタミンCの摂取は重要です。ビタミンCを摂ることで、紫外線によって発生した活性酵素を消し、シミやシワの予防、肌のハリアップ、美肌などさまざまな作用が期待できます。朝は日焼け予防、夜はアフターケアを目的として摂取するとよいでしょう。少なくても日焼け後1週間は摂取するのが理想です。食事を通してビタミンや必要な栄養素を摂るのはもちろんのこと、全てを食事で補うのは大変なので、ビタミンのサプリなども活用しましょう。

痛みや腫れが酷い時には皮膚科を受診しよう

自分でさまざまなアフターケア方法を試してみたものの、日焼けをした部位の皮膚が腫れたり、水ぶくれができたりなど何らかの異変が生じ、心配になることもあるでしょう。水ぶくれを自分でつぶすのは危険です。また、日焼けした部位にかかわらず、発熱などの全身症状が出る場合にも注意が必要です。我慢して無理することのないように、できるだけ早めに皮膚科を受診してください。症状によって痛み止めの薬や塗り薬を処方してくれる場合もあります。

1か月程度は美白化粧品の使用がおすすめ

日焼けした部位の赤みがひき、肌の状態が回復したら、医薬部外品の美白美容液や美白パックなど、美白ラインの化粧品を使ったケアを行いましょう。肌が回復しない状態で美白ケアを行うと、かえって肌にダメージを与えてしまうかもしれません。美白ケアはすぐに効果が実感できるわけではないので、最低でも1か月間は使い続けることをおすすめします。

1年を通して紫外線対策をし、日焼け後には適切なアフターケアを

紫外線対策は「夏だけ」「晴れている日だけ」「外に出るときだけ」と思っている方もいるでしょう。紫外線のピークは5~8月とはいえ、一年を通して少なからず紫外線は降り注いでいます。どれだけ注意をしていても、紫外線を浴びない生活はあり得ません。そのため、子どもからお年寄りまで全ての方々が、一生を通じて常に紫外線対策をする必要があります。紫外線による影響がすぐには出なくても、将来的な自分の肌を守り健康な肌を維持していきたいですよね。自分に適切なアフターケア方法を把握し、日焼け後には素早いケアを行うことを意識しましょう。

ピックアップ記事

運営会社