マスクの肌あれは早めの対策がカギ!原因や対処方法を解説

マスクの肌あれは早めの対策がカギ!原因や対処方法を解説

マスクを着けた部分の肌があれたりかゆくなったりする「マスクによる肌あれ」が増えています。マスクをするようになってからニキビができやすくなったという方もいるようです。以前なら、花粉の時期やインフルエンザが流行する時期、カゼをひいたときなど、一時的に使っていたマスクを、新型コロナウイルス感染対策のため四六時中着けることになった弊害といえるでしょう。正しいスキンケアを心がけてマスクの素材を変えることで、肌トラブルをなくせます。肌の状態を整え、バリア機能を高めましょう。肌あれがひどいときにマスクをし続けると、かえって症状を悪化させてしまうことがあります。自分で行える対策法ではなかなか治らないときは、我慢せずに皮膚科の受診をおすすめします。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

夏に急増!マスクの影響で顔の肌があれる原因は?

新型コロナウイルスの感染拡大により、外出時はマスクが必須になりました。最初の頃はよくても、そのうち気温が上がり梅雨や真夏を迎え、世間では「マスクによる肌あれ」が深刻な問題となりました。今までは、花粉症やインフルエンザ流行シーズンに一時的にマスクを着用することはありましたが、こう毎日のように長時間マスクをすることはかつてない状況です。実際に肌があれる、かゆみがある、ニキビができやすいと感じている方が増えています。マスクによる肌あれは、さまざまな要因が関わっています。

マスク内の湿度が高くなるため

肌あれの原因の多くは、マスク内の環境が高湿度になることが深く関係しています。冬など外気が乾燥しているときはあまり気にならなくても、梅雨などでジメジメした時期は外気の湿度も高く、加えてマスク内もさらに過湿状態になります。この状態を長く続けるとお風呂に長く使ったときのように肌がふやけてしまうのです。汗でマスクが濡れて通気性が悪くなるのも、さらに高湿になる原因です。肌のバリア機能も低下して無防備な状態になったうえに、肌が蒸れることにより雑菌が繁殖して肌あれが起きやすくなります。

汗や皮脂が増加するため

冬はマスク一枚着用するだけで冷たい外気をシャットアウトでき、かなり顔周りが暖かくなりますよね。夏は、気温が上がるにつれ皮膚温も上昇します。マスクの中は暖かいを通り越して暑くなりすぎ、熱中症が心配されるほどです。当然汗もかきますし、皮脂の分泌量も増加します。汗の成分がかゆみとなり、あせもなどを引き起こす原因になります。また、過剰な皮脂が常在菌であるアクネ菌の栄養源となり、繁殖し炎症を起こすためにニキビができてしまうのです。

マスクを外したあとの乾燥

高湿度の状態が長く続いた肌は、角層がふやけてバリア機能が衰え、外部の影響を受けやすい状態にあります。入浴後はすぐにスキンケアをして保湿するのが大切だといわれています。それは、お風呂上がりのふやけた肌のバリア機能が低下しているため、肌の水分が失われ乾燥しやすい状態だからです。それと同じ現象が、マスクの中の肌にも起こるのです。バリア機能が低下した肌が、マスクを外したときに水分が蒸散して、乾燥してカサカサするのが肌荒れの原因です。

マスクによる摩擦も原因に

マスクの着脱により、バリア機能が低下した肌がこすれることも、肌あれの原因になります。マスクは自分の顔の大きさに合ったサイズで、すき間があかないように肌に密着させなければ意味がありません。そのような状態でマスクを着けたまま口を動かして喋ることでも、マスクにより肌の角層が摩擦され刺激を受けることになるのです。肌が弱って過敏になっているところにさらに摩擦が加わり、肌あれを増長させてしまうわけです。

マスクによる肌あれの対処法は?

肌あれしているからといって、コロナ禍において簡単にマスクを外すわけにはいかないのがツラいところです。ぶつぶつとした吹き出物や大人ニキビができていると、メイクするのも余計に肌の状態を悪化させるような気がしますよね。しかし、仕事たのめお化粧をせずにすっぴんで出社するわけにもいかないため、ストレスを感じる人もいるでしょう。肌あれを隠すための厚化粧も、肌トラブルの元になるためおすすめできません。そこで、マスクによる肌あれを防ぐ方法について紹介します。

正しいスキンケアの見直し

肌あれしているときは、普段使っているスキンケアのアイテムを低刺激性のものに変更してみましょう。特に、肌のバリア機能が低下しているときは、ほんのちょっとの刺激が肌あれを引き起こしてしまうものです。特に直接肌に浸透させて使う化粧水などの基礎化粧品は、低刺激性のものや敏感肌用のものがおすすめです。

保湿ケアで肌のバリア機能を整える

汗や吐息でマスク内が高湿度になっているため、肌に保湿ができていると勘違いをしている人もいるようです。それは、先程も説明した通り、肌をふやかしてバリア機能を低下させているだけに過ぎません。暑い夏でも適切な保湿は大切です。肌があれているときは、コットンでこすったりパッティングしたりするよりも、手のひらでやさしく包み込むようにプッシュするとよいでしょう。十分に水分を補ったあとは、乳液やクリームで潤いを閉じ込めましょう。

ニキビができたときは専用のケア用品を

マスク内の環境で汗や皮脂が多くなるため、毛穴が詰まり炎症を起こしてニキビができやすくなります。できてしまったニキビは無理につぶさず、医薬品のニキビ薬などの塗り薬で早めに対処しましょう。早めに適切なニキビケアを行うことで、ニキビ跡を残さず早く治すためのコツです。また、医薬部外品などのニキビ肌用の洗顔フォームや化粧水もあり、大人ニキビ用のさまざまな商品も出ていますので試してみるとよいでしょう。

マスクの使い方や素材に気をつけて肌あれ対策

コロナ感染者が多い地域では特に、人混みの中ではマスクをしていないだけで、冷たい視線を浴びたり非難されたりということがあります。マスクをしていなければ外も歩けないような風潮がありますが、感覚過敏症の人にとってはマスクを付けることがツラいようです。肌があれてマスクを着用するのがツラい人もいるでしょう。でも、どうしても外に出なければならないときは、マスクの使い方やマスクの素材を変えることで少しでもツラい思いを緩和しましょう。

マスク不要の場所では外す

マスクによる肌あれを防ぐため、常に長時間マスクをしないで済むよう、マスク不要の場所では外しましょう。ソーシャルディタンスが保たれている場合、人に近づかずに外を歩ける場合などは、基本的にマスク不要とされています。

マスクと肌の摩擦を避ける

マスクを着けたり外したりが頻繁になる場合は、マスクの摩擦に気をつけて、肌を刺激しないようにそっと着け外ししましょう。マスクでこすれそうな頬に、あらかじめパウダーをつけて保護するのも効果的です。可能ならマスク代わりにフェイスシールドを付けるのもおすすめです。

マスクの素材にも気をつける

ウイルスの感染対策には、使い捨ての不織布のマスクが一番効果があるといわれているため、ドラッグストアやスーパー、コンビニなどからマスクが一斉に姿を消しました。使い捨てマスクが入手しづらい状況が続いたとき、ガーゼや手持ちの布などでマスクを手作りする人が増えました。しばらくしてアベノマスクが配布されてからは、布でも大丈夫なのだという認知が広がり、さらに手作りする人や布マスクを購入する人が急増。ユニクロが販売するエアリズムマスクに人々が殺到したのも記憶に新しいでしょう。他の企業も追随するように布マスクを販売しています。使う生地の素材やマスクの形もさまざまなタイプがあるため、いつも不織布マスクを使って肌あれしている人は、やわらかな素材の布マスクを試してみることをおすすめします。何種類かを使い分けることで肌に当たる部分がずれれば、いつも同じ場所を摩擦することもありません。

肌あれがひどいときは皮膚科の受診を

肌の状態が悪くても常にマスクをしなければならないため、なかなか治りの悪い方もいるでしょう。マスクの中が蒸れてあせもになり、頬がぶつぶつになるのを繰り返すケースもあるようです。もともと肌が弱い方や敏感肌の方は、がまんして無理をせずに早めに皮膚科医に診てもらうことをおすすめします。自分は肌が強いと思っていた方でも、バリア機能が低下するとなかなか治りが悪いときもあるものです。上記の対処法で何とかなればよいですが、ツラいときは早めの受診を心がけましょう。

関連する記事

詳しく

今メンズ美容が熱い!メンズ美容の種類とアイテムを解説

近年、男性の脱毛やフェイスケアなどの「メンズ美容」が注目を集めています。メンズ美容が注目を集めている要因には、マスクによる顔のかぶれや仕事のテレワーク化によって自分の顔の画像と向き合うことが多くなったこと、ジェンダーレス社会や人生100年時代と呼ばれる超高齢化社会の到来などが考えられます。メンズ美容の種類には男性向けの脱毛やスキンケア、薄毛対策に代表されるヘアケア、男性用のメイク教室やネイルサロンなどがあります。また、美容機器や美容液の使用、マッサージなど自分でできるメンズ美容もあります。メンズ美容のサロンは大変人気がありますが決して安くはありません。事前に料金体系や保証内容をチェックしておく必要があります。

詳しく

【錦糸町】ブライダルエステの人気サロン13選*おすすめサロンを紹介

多くの女性にとって憧れのひとつでもあるウェディングドレス。美しくドレスを着こなすためにはダイエットやシェイプアップ、お肌のケアが欠かせませんよね。ですが、普段のケアでは思うような効果が得られないため、ブライダルエステに通うのがおすすめです。ドレスの着こなすためのケアを徹底して行うので、一般的なエステよりも必要な施術を集中的に受けられます。 今回は錦糸町のブライダルエステのを紹介します。駅チカのロケーションで通いやすいサロンが多いので、お仕事帰りなどにも気軽に立ち寄れます。ご結婚や挙式日が決まっているという方はさっそく準備をしましょう。

詳しく

肌のハリ不足の原因*対策方法を紹介

毎日しっかりケアしているのになんだか肌に元気を感じないという時はたるみが原因かもしれません。たるみは加齢とともに発生する悩みだと思われがちですが、実は生活習慣が思わぬ原因になっているケースがあります。たるみは老けて見えるだけでなく、メイクのノリが悪くなったりもします。この記事ではたるみの原因を探り、対策方法をまとめてみました。正しいケアのやり方や、注意してほしいポイントも紹介しているので自分のスキンケアも一度見直してみてください。最近鏡を見て自分の顔の印象が変わったと感じる人やたるみをケアしたいという人は参考にしてみてください。

詳しく

男性の顎ニキビの原因とは|対策と正しいスキンケアを紹介

男性の顎ニキビの原因は、髭剃りによる刺激やホルモンバランスの乱れ、紫外線によるダメージ、マスクやマフラー、衣類とフェイスラインの摩擦などさまざまなことが考えられます。まずは対策として日々のスキンケアを正しく行いましょう。男性は女性よりもスキンケアを怠りがちなことも、顎ニキビの原因の一つです。泡でやさしく洗顔し、化粧水で水分を補い、乾燥を防ぐためにクリームや乳液を上からつけましょう。シェービングのカミソリは清潔にして、顎ニキビが気になっても触らないようにしてください。なかなか治らない場合や悪化する場合は、皮膚科医に相談しましょう。

詳しく

男性の首ニキビの原因とは|対策と正しいスキンケアを紹介

大人の男性の首にできるニキビは、思春期とは原因が異なる場合があります。普段のスキンケア不足による乾燥が進んで皮脂の分泌が多くなったり、シャンプーが肌に合わなかったり、ホルモンバランスが崩れたりすることなどです。 ニキビ対策として皮膚を清潔な状態に保ち、肌への刺激の少ないタオルや寝具を使うことが大切です。また栄養バランスの取れた食事を摂り、十分に睡眠をとることも重要です。なるべくストレスを減らし、リラックスできる時間を確保するのがポイントです。これらの生活習慣を見直してもなかなか首ニキビが治らないときは、悪化する前に皮膚科の受診を検討してください。

詳しく

男性の鼻ニキビの原因とは|対策と正しいスキンケアを紹介

大人男性で、鼻のてっぺんに大きなニキビができてしまい困った経験がある人も少なくないでしょう。髪で隠せるおでこと違い、顔の真ん中にある鼻にニキビができると目につきやすいものです。不潔な印象を与えることもあるので、人と接する職業の場合はとくに気になるでしょう。鼻にニキビができる原因ですが、男性の場合はオイリー肌タイプの人が多いことも影響しています。ほかにもスキンケアの仕方が正しくないことや生活習慣・ストレスによるホルモンバランスの乱れも、男性の鼻にニキビができる原因の1つです。鼻ニキビができる原因を知り、対策と正しいスキンケア方法を実践して、清潔感のある肌を手に入れましょう。

詳しく

男性のおでこニキビの原因とは|対策と正しいスキンケアを紹介

大人の男性のおでこにできるニキビの原因は過剰な皮脂の分泌や、シャンプーや整髪料による刺激、ストレスやホルモンバランスの乱れなどが考えられます。ニキビができているときの正しいケア対策は、洗顔料や石鹸を使って顔しっかり洗って清潔にすること。そして化粧水や乳液などもつけましょう。ニキビができていても保湿は必要です。食生活は、たんぱく質やビタミン類などバランス良い食事を摂るよう心がけましょう。また、普段の生活の中でリラックスできる時間を作り、ストレスを減らすこともとても大切です。

詳しく

男性ホルモンとニキビの関係|男ニキビの原因と対策方法を紹介

男性ホルモンとニキビは密接な関係があります。男性ホルモンが過剰に分泌されると皮脂も多くなり、角栓ができて毛穴が詰まってニキビの原因になります。正しいスキンケアは、洗顔料をしっかり泡立てることがポイント。肌に刺激を与えないよう優しく洗い、皮脂を取り除きましょう。そして化粧水で保水し、乾燥を防ぐために軽いテクスチャーの乳液を塗ってください。また、洗顔や顔をふくときに強くこすったり、ニキビを指で潰したりすると悪化させてしまう場合があるので気を付けましょう。正しいスキンケアをしてもなかなかニキビが治らない場合は、皮膚科医に相談してみましょう。

詳しく

ニキビのスキンケア方法を徹底解説!効果的な対策とは?

中学生から高校生頃の思春期に多く発症する思春期ニキビと、大人になってからできる大人ニキビでは、できる原因が異なる場合が多いです。ニキビの原因は、過剰な皮脂分泌だけではなく、生活習慣やホルモンバランスの乱れ、ストレスなどの要因が肌に悪影響を与えることで発生します。ニキビ肌のスキンケアに大切なことは、ニキビができにくい肌環境を整えること。そのために自分に合ったスキンケア化粧品を選び、適切なスキンケアを行う必要があります。ニキビを未然に防ぐ予防対策や効果的なスキンケア方法を実践し、ニキビのないトラブル知らずの肌を目指しましょう。

詳しく

【渋谷】おすすめ口臭外来*人気クリニック7選|治療費用についても紹介

人と話をしているとき、相手のちょっとした仕草で「私の息って臭い?」と自分の口臭が気になることはないですか。実は自分の口臭が気になっているという人はたくさんいるんです。口臭はニオイの問題だけでなく、対人関係に影響することも。デリケートな問題なので、自分の口臭を指摘してくれる人も少なく、自分でしっかり口臭対策をしなければいけません。そんな口臭対策の強い味方になってくれるのが口臭外来です。口臭外来は、歯科医療の分野で口臭に対するアプローチをしてくれます。しかし、どこに行けば口臭外来があるの?と思いますよね。そこで今回は、渋谷に限定しておすすめの口臭外来を紹介していきます。治療費用などの基礎知識も紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

【東京】おすすめ口臭外来*人気クリニック15選|治療費用についても紹介

人と話すとき、気になるのが口臭ですよね。最近は口臭予防の歯磨き粉なども数多く販売されていますが、口臭予防アイテムを使っても、一生懸命歯磨きをしても、なかなか口臭の悩みは解決しないもの。そんな口臭で悩む人のために、口臭外来というのがあるのをご存知でしょうか。口臭外来とは、口臭に対して歯科領域からアプローチする専門外来のことで、口臭の原因を検査し治療してくれます。しかし、実際に口臭外来に通いたいと思っても、どこに行けばよいのか迷う方も多いでしょう。また、治療費用などについても気になりますよね。そこで今回は、東京にある口臭外来でおすすめの人気クリニックと、治療費用などの基礎知識について紹介していきます。

詳しく

【東京】ニキビ治療におすすめ*人気サロン・クリニック15選

繰り返しできやすいニキビ。ニキビは食生活の乱れやまちがった洗顔方法、ストレス、睡眠不足などで起きやすいと言われています。ニキビができた肌はメイクでカバーしづらく、清潔に保たないと余計に悪化することも。市販のケアアイテムや化粧品でニキビが治らない場合は、サロンやクリニックでのケア・治療を受けてみるのもおすすめです。今回は、東京でニキビケア・治療ができる人気のサロン・クリニックを紹介します。それぞれのサロン・クリニックの特徴を踏まえ、自分に合うところを見つけてみましょう。また、ニキビができるメカニズムや対処法にも触れていますので、ぜひチェックしてみてください。

詳しく

【表参道】ニキビ治療におすすめ*人気サロン・クリニック13選

思春期にできるニキビだけでなく、大人ニキビに悩む人は少なくありません。ニキビの原因は皮脂汚れや雑菌の繁殖、ストレスなどが考えられます。早く直したいからと言って膨らんだニキビを潰したり、間違った洗顔方法を続けると悪化する原因にも。市販のケア用品などでニキビの対処が難しい場合は、サロンやクリニックで治療を受けてみるのもおすすめです。今回は、表参道でニキビケア・治療ができるサロンやクリニックを紹介。正しい洗顔方法やサロン・クリニックの違いにも触れています。自分に合う場所を選んで適したニキビをケアしましょう。

詳しく

男性の大人ニキビの原因とは|対策と正しいスキンケアを紹介

男性は女性よりも皮脂が多く、肌の水分量は少なめです。加えて男性ホルモンが多く分泌されているため、大人ニキビができやすいのが特徴。思春期ニキビは3、4年程度できれいになることもありますが、大人ニキビは一度治った後にまた繰り返すことがあります。不規則な生活やストレスなど、体のバランスの乱れが大人ニキビの原因に。大人ニキビ対策をするには、スキンケアも見直しましょう。泡でていねいに洗顔し、スキンミルクで保湿ケアを行います。ひげ剃り後にはふきとり化粧品で汚れを落とし、 刃を定期的に交換して清潔さを保ちましょう。

詳しく

シーボディVCシリーズの口コミやニキビケアの効果は?

肌の悩みは色々ありますが、その中でもニキビは深刻に悩む人が多いのではないでしょうか。目立ってしまう上、シミやそばかすとは違ってメイクで隠すのもニキビを悪化させてしまうことに繋がってしまいます。赤味を帯びてしまったニキビで顔全体が赤らんで見えたり、ニキビのボツボツで肌の凹凸が目立ったりと、人目が気になってしまい日々ストレスを感じている人も多いのがニキビですね。ニキビと言えば思春期特有のイメージがありますが、大人ニキビに悩む女性も多くいます。そんなニキビ肌の救世主であるスキンケアライン、シーボディVCシリーズについて深堀りしていきましょう。ニキビに悩む女性は必読です!

詳しく

おすすめの針つき目元パック16選!新スキンケアで目元がピン!

笑った顔をふと鏡やガラスで見た時に、目元のシワが気になったという方も多いのではないでしょうか。細かいシワができやすい繊細な目元は、どうしても年齢が出やすくなっています。そしてエイジングケアや保湿ケアなどをしっかり行っていても思うような効果が出ないという方も多い部分。そんな時におすすめしたいのが、針つきパック。保湿成分をお肌に直接届けてくれるので、効果が見えやすいと美容業界で注目されています。今回は目元の乾燥小ジワにおすすめの針つきパックのを紹介します。年齢肌のケアをしたい方や、乾燥性の小じわが気になる方はぜひチェックしてみましょう。

詳しく

口元の気になる部分をケアするマイクロニードルのおすすめ15選!今人気の商品を紹介

年齢や乾燥によって作られてしまう口元の乾燥小じわ。保湿ケアなど普段から気を付けることで、ある程度予防したり、ケアしたりすることはできますが、それでも改善されない場合も多くあります。そんな時におすすめしたいのがマイクロニードル。化粧水や美容液を自分の手でつけるよりも、効率的にお肌に配合成分を届けられる美容方法として注目されています。 今回は人気のマイクロニードルのをお届けします。エイジングケアとして口元のケアをしたい方にはもちろんですが、内側からふっくらとしたお肌を作りたい方にはぜひおすすめしたいアイテムです。スペシャルケアとして早速導入してみましょう。

詳しく

【男性】ニキビが治らない原因とは?効果的なケア方法を紹介

「ニキビがなかなか治らない」と悩んでいる男性は比較的多くいます。女性のようにメイクをしないので、ニキビがなかなか治らないと仕事や対人関係に影響する場合もあり、ストレスになってしまうことも。肌の水分量が少ない、皮脂の分泌が多いという男性特有の肌質が、ニキビの原因になっていることがあります。また、一人暮らしの男性は、食生活の乱れやストレスなども関係することがあります。ニキビがなかなか治らない場合、毎日の髭剃りの雑菌やホルモンバランスの乱れが影響していることもあります。 手軽にできる男性のニキビケアは、普段のスキンケアから。泡でやさしく洗顔し、化粧水や乳液で十分に保湿してください。きちんとケアしてもよくならない場合は、皮膚科に相談しましょう。

詳しく

おすすめニキビ跡のクレーター治療|人気クリニック15選を紹介

不規則な生活やストレスなど様々な原因でできてしまうニキビ。すぐに治療に行くことができず放置してしまったり、気になってつぶしてしまったりする人も多いようです。でも、適切な処置を行わなかったゆえに、ニキビ跡が残ってしまうことも。ニキビ跡の中でも特に厄介なのがクレーターのように凸凹になってしまったケース。セルフケアではなかなか治すことが難しく、ずっとクレーターのような肌で過ごすことになってしまいます。化粧をしても凸凹は隠しきれず悩んでいる人も多いよう。そんな時には、ぜひ専門のクリニックで治療を受けて下さい。専門のクリニックでは、レーザー治療やピーリング、内服薬など様々な治療を行っており、一人一人の状態に合わせて最適な治療でクレーター肌を治してくれます。でも、いったいどこのクリニックに行けばよいのかわからないという人もおおいはず。そこで今回は、ニキビ跡のクレーター治療におすすめの人気クリニックを紹介します。

詳しく

首やデコルテ(胸元)にニキビができたら?原因を解説&対策を紹介

普段あまり見かけない首や首の裏、首筋、デコルテ(首から胸元)などのニキビ。できてしまうと、服の襟ぐりや髪が当たったりして気になりますよね。首や胸元のからだニキビは、フェイスラインや顎(あご)のUゾーンにできる大人ニキビのひとつとされる場合が多く、治りにくく繰り返しやすいと言われています。 ここではそんな首やデコルテのニキビについて、顔のニキビと同じものなのなのか、同じケアで治るのかなどを見ていきます。ニキビだと思ったら原因が別にあったということもあるので併せて注意していきましょう。

詳しく

50代におすすめのシンプルスキンケアアイテム16選!"しない"美容の方法も紹介

スキンケアは肌のコンディションを整え、いつまでも美しさを保ちたい方には必要不可欠なもの。年齢に関わりなく欠かせないものですが、各年代によってその仕方は違ってきます。ことに年を重ねていくと、肌トラブルも目立つようになり、スキンケアのステップも増えていく傾向にあります。しかしそれが行き過ぎたりしてしまうと、かえって肌に負担になり本末転倒なことになりかねません。そこでおすすめなのがシンプルスキンケア。できるだけスキンケアのステップを少なくして、本当に必要なことだけにする、今注目のスキンケア方法です。そこで今回は50代におすすめのシンプルスキンケアアイテムを紹介していきます。

詳しく

おすすめのシンプルスキンケアアイテム19選!美肌効果ややり方も紹介

女性にとって毎日のスキンケアは欠かせないルーティン。健やかで美しい肌を保つためには、毎日続けることが大事です。そしてケアアイテムは目的別に乳液、化粧水、クリーム、美容オイルなど数多くあり、各コスメメーカーからも多種多様なものが出ています。しかしケアに力を入れるあまり、あれもこれもと試していると、時には肌に負担をかけしまうことも。そこで最近注目を集めているのがシンプルスキンケア。スキンケアのステップをシンプルにすることで肌への刺激を抑えることができるので、乾燥肌や敏感肌の人には特におすすめといえます。 今回はそんなシンプルスキンケアにおすすめのアイテムをセレクトして紹介していきます。

詳しく

肌のキメが美肌を決める!スキンケアとメイク方法を紹介

化粧品のCMを見ると、モデルさんの肌がとてもきれいに見えます。それは肌のキメが整っているから。凹凸がなくキメが整っていることは、美肌の条件の一つです。肌は年齢を重ねることで老化していきます。睡眠不足やストレスでも肌の状態は悪化し、キメが乱れてしまいます。しかし、毎日のスキンケアを見直すことで肌のキメを整えることが可能です。基礎化粧品で肌にうるおいを与えて、マッサージや角質ケアを念入りにして肌のキメを整えましょう。肌のキメが整うと透明感がでて化粧ノリもよくなります。毎日のメイク時間がより楽しくなりますよ。

詳しく

毛穴の開きを改善したい!毛穴トラブルのタイプや対策方法を紹介

鏡を見て鼻や頬の毛穴が開いているのを見ると、がっかりしますよね。肌は年齢とともにゆるんでいきます。毛穴トラブルの原因は肌の乾燥や過剰な皮脂分泌、肌荒れなどです。皮脂や汚れが溜まったり、肌がたるんだりすることで毛穴トラブルを引き起こします。しかし、スキンケアを見直すことで、徐々に毛穴の開きが目立たなくなっていきます。高価な化粧水を使わなくても市販の化粧水で大丈夫。洗顔で汚れをしっかり落とし、自分の肌質に合った基礎化粧品でたっぷり保湿することが大事です。 毎日のスキンケアで毛穴を引き締めて、肌トラブルがなくメイクのノリがいい美しい肌を作りましょう。セルフケアで改善が見込めないときには、エステや美容皮膚科などのプロに相談することをおすすめします。

詳しく

目の下のたるみがひどい原因は?毎日の生活でできる解消法を紹介

年齢とともに気になる目の下のたるみ。女性だけでなく男性にも悩む方が多いといいます。たるみをそのままにしておくと、どんどん老け顔になってしまいます。目元は第一印象を決める大事なポイントです。気になったらすぐに原因を考え、適したケアを行いましょう。目の下のたるみは、加齢による眼輪筋の衰えや睡眠不足によるクマ、目元のこすりすぎなどが原因です。化粧でクマやくすみを隠そうとすると余計に目立ってしまいます。眼輪筋を鍛えて保湿をしっかりして、目元にハリを取り戻しましょう。いつまでも若々しい印象を保てます。エステや皮膚科などプロに相談するのもよいでしょう。

詳しく

透明感のある肌になるには?スキンケアとメイク方法を紹介

いつまでも若く美しい肌でいたい!女性なら誰でも思う願望でしょう。しかしストレスを感じやすい肌は、年齢を重ねることでキメが乱れ、くすみや黒ずみが気になるようになります。でも諦めることはありません!透明感のある肌は日々の努力で取り戻せます。ポイントは肌を乾燥させないこと。洗顔後はたっぷりの美白化粧水で保湿して、美容液やクリームで潤いを閉じ込めます。日焼けも肌を乾燥させるので、色白の人も色黒の人も、こまめに日焼け止めをぬってUV対策をしましょう。ベースカラーを使用したり、ファンデーションの塗り方を工夫したりすれば、メイクでも透明感のある肌が作れます。

詳しく

おしりニキビができる原因は?解消方法や治療法を紹介

おしりニキビは、男女問わずなかなか相談できないものです。おしりニキビができる原因は、蒸れてアクネ菌が増殖すること、摩擦で皮膚が刺激されることなどが挙げられます。おしりニキビは、清潔にする、圧迫しないなど、基本的な生活習慣で防げます。ニキビができてしまったら、炎症を抑える市販薬や、皮膚科で抗生物質が配合された塗り薬を処方してもらいましょう。ニキビ跡は黒ずみやシミが残りやすいので、おしりの乾燥を防いで刺激を与えないようにすることも大切です。重症化すると毛穴の周りまで炎症が広がり、皮膚が大きなダメージを受けるため、早めに皮膚科を受診しましょう。女性が相談しやすい女医在籍の病院もあります。

詳しく

美肌習慣とは?肌トラブルから自分の肌を守り美肌を手に入れる方法

ニキビやシミなどの肌トラブルの原因は、洗顔のしすぎによる皮脂不足、肌に合わない化粧水や化粧品の使用、日焼け対策が不十分などです。食生活や睡眠・運動不足などの生活習慣の乱れも大きく関係します。美肌を手に入れ保つために、毎日美肌習慣を実践しましょう。洗顔をする時は顔全体を優しく洗い、化粧水や乳液で保湿と毛穴の引き締めをします。紫外線対策は夏や外出時だけでなく、一年中、室内にいるときにも行いましょう。美肌は一日で手に入れられるものではありません。正しいケア方法を把握し、自分に合った方法を取り入れてくださいね。

詳しく

おでこにできるブツブツはニキビじゃないかも?原因と対策について

おでこにできるブツブツはニキビじゃない可能性があります。赤ちゃんによく見られる「汗疹」や症状の薄い「稗粒腫」、アレルギーが原因とされる「蕁麻疹」、過剰なストレスからできる「単純ヘルペス」、ウイルス感染によるものなど、さまざまなタイプがあります。改善策として、毛穴に溜まった角栓などの汚れを丁寧に落とす洗顔、不規則な生活習慣などが有効ですが、タイプによっては重症化することもあるので、皮膚科医を受診することをおすすめします。またブツブツ跡が気になるようであれば、美容皮膚科・美容外科への受診も検討しましょう。

詳しく

肘の黒ずみの原因は?日常生活で気をつけたい点と対策を紹介

肘の黒ずみは意外と目立つものです。特に半袖を着て腕を出す機会が増える気温の高い時期は、念入りにケアが必要。肘の黒ずみは圧迫や摩擦によって、メラニン色素が作られ角化することで起こります。頬杖をついたり机に肘をついたりする習慣は、黒ずみの原因になるのでなるべくやめましょう。肘の黒ずみをなくすには、入浴時に重曹やボディスクラブで古い角質や汚れを洗い流すのがおすすめ。化粧水でしっかり保湿してボディクリームを上からつけます。美容皮膚科で黒ずみを消す治療もできます。肘の黒ずみをなくすには、生活のクセを直して、日頃からこまめなケアが不可欠です。

ピックアップ記事

運営会社