顔痩せの方法は?フェイスラインすっきりの小顔になろう

顔痩せの方法は?フェイスラインすっきりの小顔になろう

丸顔の人や、太ると顔だけがぽっちゃりする人がいます。またエラが張っている人やむくみやすい人、スマホやパソコンの操作で下を見る姿勢が多い場合も要注意。顔が丸いと体も太っている印象を与えてしまうので、自分に合った顔痩せ方法をマスターして、フェイスラインすっきりの小顔になりましょう。フェイスラインやリンパを流すマッサージ、表情筋を動かすエクササイズも効果的です。また小顔ローラーなど器具の使用もおすすめ。セルフケアでなかなか顔痩せしない場合には、エステの小顔コースや美容整形外科の脂肪吸引、小顔施術も検討しましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

顔だけ太る原因

顔が太って見えたり、丸かったりすると、全身がぽっちゃりした印象になります。全体的に体重や脂肪が増えて顔が太る以外にも、顔だけが太る原因はさまざまあります。自分がどんなタイプで顔が太りやすいのかわかると、顔痩せのダイエット法がわかるでしょう。

小顔施術のおすすめクリニックをチェックしてみる!

顔に脂肪がつきやすい

もともと顔に脂肪がつきやすいタイプの人は、少し食べすぎたり、体重が増えたりするとすぐ顔に出てしまいます。逆にウエストやお尻周りなど別のパーツに脂肪がつきやすい人は、多少太っても顔に出ないので、わかりにくい場合もあります。顔に脂肪がつきやすい体質の人は、体重や食事の量の管理に気をつけましょう。

エラが張っている

フェイスラインのあごからこめかみにかけてのエラが張っていると、顔が太って見えます。エラの部分の骨自体が左右に張っている場合と、エラ周辺の筋肉が発達している場合があります。またエラが張った骨格の場合、エラ周辺に脂肪がつくと二重あごや首が太く見えたりすることもあります。

むくみやすい

顔がむくみやすいと太って見えます。頬がパンパンになったり、目が小さく見えたりすることも。むくみやすい人は、リンパの流れが滞っていたり表情筋が衰えたりしている場合が多くあります。また、普段むくまない人も目の下のクマができやすい、顔がくすんで見えるなどの悩みがある人は、むくみやすいタイプといえるでしょう。

スマホの見すぎなどであご肉がたるみ二重あごに

普段の生活習慣も顔が太って見える原因になります。スマホを常に見ている人は、無意識にうつむきがちで、あごが前に出る姿勢になっています。首に負担がかかりフェイスラインが崩れて、二重あごや首とあごの境目がなくなる原因にもなります。

顔痩せは運動やダイエットでは難しい?顔太り解消に効果的なおすすめケア

顔痩せを目指すなら、食事制限などのダイエットだけでは難しいかもしれません。マッサージや表情筋を鍛えるなど、顔のケアを定期的に行う必要があるでしょう。おすすめの顔痩せ方法を紹介します。

リンパを流す

リンパの流れをよくすると顔のむくみが取れます。また、フェイスラインがすっきりしてたるみがなくなり、小顔効果が得られるでしょう。さらに老廃物を排出する働きがあるので、くすみやクマなどが解消されて肌に透明感が出てきます。最初に鎖骨をなでます。右手で左側を、左手で右側を外から内側中心に向かってなでましょう。人差し指と中指で両耳を挟み、上下に数回動かします。こめかみに両手の指を添えて、円を描くように回します。次に右手で左の耳の後ろのあたりから首筋を通って、左の肩まで優しくなでます。反対側もやりましょう。すべて10回ずつ行ってください。強く力を入れすぎないように、なでるように優しくタッチするのがポイントです。

フェイスラインやたるみを引き上げるマッサージ

フェイスラインのもたつきやたるみは、毎日のマッサージが効果的です。洗顔後のスキンケアで乳液や美容液をつけてから行うと、手間がかからず、摩擦もなくて、美容成分が浸透しやすくなるのでおすすめです。両手の人差し指、中指、薬指を使い、あごから耳の付け根までフェイスラインを引き上げます。中指か薬指で、ほうれい線を下から上に優しくマッサージ。小鼻の横から頬骨を通り、左右の耳まで3本の指で優しく横になでます。指の腹を使って、目頭から目の下を通りこめかみまでタッピング。上まぶたも同じようにしましょう。両手の3本の指をおでこの中心に当て、おでこを左右に割るように優しくなでます。次に両手をこめかみに当て、耳の前、首から鎖骨までゆっくり下ろします。それぞれ5回〜10回ずつ行いましょう。

表情筋体操や顔の筋トレをする

表情筋を鍛えましょう。普段使っている顔の筋肉はごくわずかです。筋肉を使わないと衰えて、シワやたるみの原因になります。デスクワークで人と話す機会が少ない人や、最近仕事が忙しく笑っていないという人は要注意。表情筋の衰えは、フェイスラインの崩れや二重あごにつながり、さらに顔が太って見えることもあります。表情筋をトレーニングすると筋肉が鍛えられ、顔の皮膚が引き締まり、小顔効果も期待できます。表情筋エクササイズはとても簡単です。「あ、い、う、え、お」と顔全体を使って発音します。「あ」は口を大きく開いて、目もびっくりしたように開きましょう。「い」は、口を左右にいーっと開くようにして。「う」は口をすぼめて言います。鼻を見るように目を寄せてみましょう。「え」は口角をあげて笑った顔を作って言ってください。「お」は鼻の下を伸ばしながら口を突き出して。それぞれ5秒程度キープします。最後に目を大きく開いて上下、左右を思いっきり見て眼輪筋も鍛えましょう。

小顔用ローラーを使う

小顔用のローラーを使って顔の皮膚を刺激し、リフトアップします。いろいろなタイプがありますが、Y字型はフェイスラインを挟んで揉みほぐだけでなく、首や体にも使えるので便利です。I字型のローラーは目の周りや耳、小鼻の周辺など細かい部分もマッサージできます。また、マイクロカレントやEMSなど微電流が流れて肌に刺激を与えるものや、マイナスイオンが流れるものもあります。使いやすさや期待できる効果、価格などで選ぶといいでしょう。小顔ローラーを使用するときは、優しく心地いい刺激を意識してください。力を入れすぎて肌にダメージが出ないように気をつけましょう。

エステでフェイスラインを整える

エステのフェイスラインを整える施術を受ける方法もあります。ハンドマッサージだけではなく、微細な振動で肌の深部にアプローチできる超音波や、ツボを刺激して歪みやむくみ、たるみをケアする方法など、エステサロンによってさまざまなメニューがあります。1回の施術で効果を実感できる場合もありますが、何度か通ってケアするメニューが一般的です。初回のカウンセリングで、悩みや希望、予算なども話して、最適なコースを提案してもらってください。

小顔矯正を受ける

小顔矯正は、顔の骨に手で圧力をかけて動かし、歪みを整える施術法です。圧力をかけるときに多少痛みがある場合がありますが、1回の施術でもバランスが整い、むくみが取れて肌が明るくなり、フェイスラインがすっきりするのがわかるでしょう。個人差がありますが、5回〜10回程度施術を受けると、骨格が定着し、その後セルフケアを続けながらメンテナンスに1、2か月に1回通えば維持できるようになります。

美容整形外科で小顔の施術を受ける

美容整形外科で小顔の施術を受けられます。ポツリヌスやトキシンを注入する方法や、美容液を導入したりレーザーを使ったりする方法、さらにフェイスラインの脂肪吸引、エラの部分の骨を削るなどさまざまな施術法があります。最初のカウンセリングで悩みや希望を聞き、適切な方法を提案してくれます。

小顔施術のおすすめクリニックはコチラ!

■品川美容外科

全国に38院、30年以上の歴史がある老舗の大手美容クリニック。
フェイスラインの治療メニューも非常に充実しており、ボトックスからリフト、顔の脂肪吸引など様々。エラの張りにお悩みの方にはおすすめのクリニックです。特におすすめなのが、エラ張りを注射で改善できる「ボツリヌス注射」。わずか数分の短い施術時間お悩みを解決できる上に、痛み・ハレもほぼないので翌日から日常生活にも支障が出にくいのもメリットです。
品川美容外科はクリニック数が多いので、通いやすいのも魅力。もちろん認定医などスキルの高いドクターが揃っています。

顔痩せの方法はいろいろ!セルフケアでダメならエステや美容外科も

顔痩せの方法は、自分でマッサージやリンパを流すなどのケアを行うとかなり改善します。スキンケアと一緒に習慣にするといいでしょう。また表情筋を鍛えるエクササイズも忘れずに。即効性を感じたい場合は、エステサロンや美容整形外科での施術もおすすめです。

ピックアップ記事

運営会社