ぽっこりお腹の原因とは?生活面で気をつけたいことや解消法を紹介

ぽっこりお腹の原因とは?生活面で気をつけたいことや解消法を紹介

ぽっこりお腹は、肥満の方だけではなく痩せている方にも見られます。ぽっこりお腹の原因は、姿勢が悪く骨盤が歪んでいる、食生活の乱れや運動不足、腸内環境が悪く便秘気味、お腹まわりの筋肉が衰え脂肪がつきやすくなっているなどが考えられます。整体などに通い、骨盤矯正などの施術をしてもらうのもおすすめです。自分でできる解消法として、食事バランスを整えたり適度な運動をしたりと生活習慣を整えながら、筋トレやストレッチを取り入れてみてください。腸内環境を整え、脂肪燃焼、筋力アップなど体の内側から綺麗になり、美しい体作りを目指しましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

女性に多い!ぽっこりお腹の原因

男女を比べて特に女性に多いのが、ぽっこりお腹の悩みです。下腹部だけがぽっこりと出ているとまるで幼児体型のようで、標準体重の方や痩せている方でもスタイルが悪く見えてしまいます。なぜぽっこりお腹になってしまうのか、原因を紹介します。自分がどのタイプなのかを知りましょう。

骨盤の歪みや姿勢の悪さ

猫背や前かがみ、片方の脚に重心をかけて立つ、座る時に脚を組む癖がある、背中を丸めて座るなど姿勢の悪い方は骨格の歪みにつながる可能性があります。また、骨盤が歪んでいると骨盤が常に開きっぱなしの状態なので、内臓が下がってしまいます。骨盤が前に傾き、反り腰の方も、ぽっこりお腹になる可能性があります。日々の習慣や積み重ねが骨格や骨盤の歪みを生じさせる可能性があるので、要注意です。

お腹まわりの筋肉の衰え

お腹まわりについている筋肉は内臓を支えている大切な筋肉ですが、日常生活の中であまり使わない部分です。年齢を重ねていくうちに筋肉が衰えていくため、内臓を支えられなくなります。支えられなくなった内臓は下の方に下がっていき、お腹がぽっこりと出てしまいます。

食事・生活習慣の乱れや便秘

ご飯を食べすぎてしまう、外食やレトルト食品に頼ってしまい栄養が偏りがち、夜遅い時間に食事をとるなど、食生活の乱れは内臓の筋肉を疲労させる原因に。運動不足や毎日の生活習慣も大きく関係します。また便秘気味の方は、便が溜まってお腹が張ったり消化機能が低下し脂肪として蓄積しやすくなったりと、さまざまなトラブルを引き起こします。内臓への負担が大きいことや脂肪分が溜まることで、ぽっこりお腹になってしまいます。

内臓脂肪と皮下脂肪が多い

肺などのまわりにつく脂肪が内臓脂肪、筋肉の上につく脂肪が皮下脂肪です。これらの脂肪の蓄積が、ぽっこりお腹の原因になります。内臓脂肪は男性に多く、皮下脂肪は女性に多いのが特徴です。腸の機能低下などによって起こる場合もあり、脂肪が蓄積すると栄養を吸収しにくくなってしまいます。

ぽっこりお腹は肥満の方だけではなく痩せている方にも多い

ぽっこりお腹にはさまざまなタイプがあります。肥満の方に限らず痩せている方や標準体重の方にも見られます。脂肪の量や体型も大きく関係しますが、ポイントは内臓を支える筋肉やお腹をひっこめるための筋肉が上手に使えているかどうかです。

ぽっこりお腹解消法

ぽっこりお腹は外見から見てもわかりやすため、他人の目も気になるでしょう。綺麗な体のラインを手に入れるため、ぽっこりお腹をどうにかして解消したいですよね。ぽっこりお腹に悩む方は、自分に当てはまる原因が何なのかを考え、解消法を探りましょう。すぐに改善できるので、毎日の少しずつの積み重ねが大切です。

正しい姿勢を意識する

自分では気づきにくいのが姿勢です。他人に指摘されて自分は猫背だ、立ち方に特徴があることに気付く場合も多いでしょう。背筋を伸ばす、椅子に座るときにはできるだけ浅く腰かけて胸を張るなど、正しい姿勢を意識して過ごしましょう。

食事のバランスと適度な運動で規則正しい生活を送る

外食やレトルト食品を食べる機会が多い人は、少し頻度を減らしてみましょう。また、便秘解消のために朝起きたらコップ一杯の水を飲む、食物繊維の多い食材を摂取する、一日3食をバランスよくできるだけ決まった時間に食べるなど、規則正しい食生活の意識が重要です。朝食から1時間後に大ぜんどう運動が起こり便意を感じやすいため、便秘解消には朝ごはんが大切です。また、一日の中で運動をする時間を取り入れましょう。適度な運動は筋力のアップや便秘解消、ストレス解消などさまざまなメリットがあります。

筋トレや昇降運動でインナーマッスル、腸腰筋を鍛える

階段や段差を使った昇降運動や筋トレをすると、インナーマッスルや便秘解消に効果が期待できる腸腰筋が鍛えられます。お腹まわりの筋肉は、腹直筋、内腹斜筋、外腹斜筋、腹横筋の4層で構成されていて、その中で深い層部分にある腹斜筋と腹横筋がインナーマッスルです。できるだけ階段を利用するようにしたり、歩き方を大股に少し早めに歩くように意識したりして、毎日継続して鍛えることが大切です。

家で簡単に実践できる!ぽっこりお腹に効果的なストレッチやトレーニング

お腹に筋肉をつける運動といえば腹筋運動を思い浮かべますが、他にもさまざまな方法があります。ぽっこりお腹を解消するために、自宅で簡単にできるストレッチやトレーニングメニュー、期待できる効果を紹介します。一日の中で少しでも時間を見つけて実践してみましょう。

上体そらしで背中とお腹の張りを解消し柔軟性アップ

お腹と背中の柔軟性を高める効果があるストレッチが「上体そらし」です。自分の体で硬い部分を意識しながら行いましょう。
1.両手と両足を床につけ腕立て伏せの状態になる
2.少しずつ上半身のみを起こしていき、骨盤がしっかりと床につくようにする
3.鼻から息を吸い、口で吐きながら30秒ほどキープし伸ばす
無理なく3セットほど行うのがおすすめです。お腹と背中を中心に伸ばすことで、体がすっきりします。

腰回しで骨盤の位置を整え筋肉をほぐす

テレビを見ながら、歯磨きをしながらなど何かをしながら実践できるのが「腰回し」です。お腹周りや腰周りの筋肉をほぐし、骨盤の位置や股関節を調節することが目的です。血流やリンパの流れを促すことで老廃物を排出させ、むくみの解消や脂肪が落ちやすい体作りにも効果的です。
1.脚を肩幅に開いて立つ
2.息をゆっくりと吐きながら腰に手を当てて腰を少し落とす
3.おへそを中心に上半身は動かさずに腰を時計回りにゆっくりと回す
4.時計回りに10回、反時計回りに10回ずつ行う
場所を選ばず、3~5分程度で手軽にできるエクササイズです。ぜひ習慣にしてみましょう。

ヨガの舟のポーズで下腹部の筋肉をつける

女性に人気のヨガ。ヨガには多くのポーズがありますが、中でもお腹のトレーニングとしておすすめなのが「舟」のポーズです。お腹の引き締め、インナーマッスルの強化、猫背の矯正、ウエストシェイプなどが目的です。
1.膝を立てて脚を揃えて座る
2.両腕が床と平行になるように真っすぐ伸ばす
3.天井の方へ足をゆっくりとあげていきV字になるように意識する
4.V字になったところで腹式呼吸しながら30秒ほどキープする
慣れるまではV字を作りキープをするのが難しいとされています。毎日コツコツと繰り返しましょう。

整体で骨盤矯正などの施術を受けるのもおすすめ

「ぽっこりお腹になってしまいなかなか戻らない」と悩み、自分で実践しても効果が得られない場合には、整体院などで専門的な施術を受けるのもおすすめです。体の硬い部分をほぐしたり、インナーマッスルのトレーニングや骨盤矯正で骨盤のゆがみを整える施術を受けたりできます。また、自分の体の特徴を客観的に見てもらったあとで、普段の生活の中で何に気を付けるべきか、どのようなストレッチや運動を取り入れるべきかなどのアドバイスをもらえるでしょう。

ぽっこりお腹ダイエットで腸内環境や姿勢を整え、美しい体を手に入れよう

日々の生活の中での一つひとつの小さな習慣が積み重なり、ぽっこりお腹の原因になっている可能性があります。最も基本的な対処方法は、生活習慣の改善。食事のバランスを整え、正しい姿勢と運動習慣を身につけて、体内のさまざまなトラブルを解消できたらよいですね。ぽっこりお腹を解消したら、今まで着るのをためらっていた洋服も着られるようになるかもしれません。自分に合ったトレーニングやストレッチなども取り入れ習慣化させながら、美しい腹筋、体のラインを手に入れましょう。

ピックアップ記事

運営会社