腹筋ベルトの効果的な使い方!EMSの基礎知識や商品の選び方について解説

腹筋ベルトの効果的な使い方!EMSの基礎知識や商品の選び方について解説

腹筋ベルトとは、EMSと呼ばれる電気を用いた他動運動マシンです。最近ではダイエットや美容目的として広く使われていますが、医療現場では医療機器の承認を受けた特定の製品がリハビリアイテムとしても活躍しています。腹筋ベルトは実に多くの種類が販売されており、価格も仕様もピンキリです。商品を選ぶ際は、求める負荷にあった周波数やレベル調整の有無、部位に合ったサイズ、トレーニング場所に合った電極タイプをチェックするのがポイント。好みこそわかれますが、男性と女性で商品の選び方は変わりません。腹筋ベルトを多くの商品から比較したい方は、ネット通販を利用しましょう。効果的な使い方を参考に、腹筋ベルトを活用してください。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

知恵袋や口コミ・ブログでも話題になっている腹筋ベルト(EMS)とは?

腹筋ベルトとは、SNSや口コミなどネットで話題のエクササイズ機器。通販番組などで取り上げられることも多い、人気の商品です。EMS(Electric Muscle Stimulation)と呼ばれるもので、電気で筋肉に刺激を与え、他動運動を行います。元々は医療でリハビリや治療に使われていたそうですが、今はダイエット補助アイテムとして広く愛用されています。そこで気になるのは「腹筋ベルトはどんな効果に期待ができるのか」ではないでしょうか。今回は腹筋ベルトの特徴や使い方について紹介します。お腹についた脂肪にお悩みの方や、購入を検討されている方はぜひ参考にしてください。

腹筋ベルトの効果的な使い方

腹筋ベルトの仕組みや特徴・使い方について解説します。まだ試したことがない方は、以下の情報を参考に購入を検討してみましょう。

体力に関係なく筋トレ運動が可能!ダイエット目的で広く愛用

腹筋ベルトの最大の魅力は、体力や体型に関係なく筋トレができること。筋力が弱い方がいきなり通常の腹筋運動を行おうと試しても、体が上がらずトレーニングにもならないなんていうことになりねません。腹筋ベルトなら専用のパッドをお腹に貼り付け、スイッチを押すだけで筋トレ運動がはじまります。また、鍛えたい筋肉にターゲットを絞ってトレーニングできるのも魅力の1つ。ただ腹筋ベルトを身に付けるだけで筋トレが行えるので、家事や仕事・テレビを観ながらでもトレーニングが可能です。ダイエット目的で使用する人も多いので、ポッチャリお腹の改善やメタボ解消・予防、効率的な筋トレを行いたい方におすすめです。

低周波刺激で部位をマッサージ!血行促進にも期待

腹筋ベルトの低周波刺激は、マッサージ効果も期待ができます。電気的衝撃で血流を促すので、人によっては心地よさも感じられるかもしれません。ただし、腹筋ベルトはあくまでも電気の力で筋肉を刺激するものです。専用のマッサージアイテムのように直接コリをほぐすものではないので、マッサージ効果を重視するのであれば腹筋ベルトはおすすめしません。腹筋ベルトは、腹筋を鍛えながらマッサージのような心地よさを味わえるアイテムと理解しておくとよいでしょう。

美容目的だけではなく医療でもリハビリに使われている

EMS運動は、美容目的の観点から注目されていますが、医療機器の承認を受けた特定の製品が医療業界でも活躍しています。腹筋ベルトなど美容目的で開発された機器とは異なりますが、アスリートのリハビリや、患者の筋力向上のためにもEMSは用いられています。最近では、通販でも気軽に購入できることから、ご高齢の方も筋力アップのために使用しているのだとか。腹筋ベルトはただお腹を引き締めるのではなく、筋力向上の観点でも活躍する商品なのです。

腹筋ベルト(EMS機器)の選び方

腹筋ベルトの購入を検討している方のために、商品のかしこい選び方について紹介します。価格だけでではなく、以下のチェックポイントを確認しながら腹筋ベルトを選んでみてください。

目的に合った負荷を求めるなら周波数やレベル調整が可能なタイプ

腹筋ベルトはトレーニングの目的に合った商品を選ぶことが重要。筋肉を鍛えるには、ある程度の負荷が必要です。負荷が弱すぎても強すぎても満足できるトレーニングが行えないので、レベルに合わせて負荷や刺激を調整できる商品を選びましょう。ほとんどの腹筋ベルトは、数段階のレベル調整が可能です。本格的なトレーニングを行いたい方は、MAXレベルの強度を比較してもよいですね。反対に体力や筋力に自信のない方は、少しずつステップアップしていけるように、細かくレベル調整できるタイプがおすすめ。また、腹筋ベルトは商品によって周波数が異なります。一般的に周波数は20Hz帯が効果を感じやすいといわれているので、比較検討の参考にしてください。

お腹や二の腕・太ももなど筋肉を鍛えたい部位に合ったサイズや商品

二の腕や太もも・お尻など、腹筋以外の部位も鍛えたい方は、部位に合ったサイズのEMSを選びましょう。基本的に腹筋ベルトは、腹部に合った形状やサイズで商品を展開しています。メーカーによっては全身対応タイプもあるので、気になる腹筋ベルトがどの部位に対応しているか確認してください。また、腹筋専用のEMSでも、パッドのサイズはメーカーによって異なります。お腹全体を鍛えたいのなら、腹直筋を全体を包み込める大きなサイズがよいでしょう。商品によっては下腹部までカバーできるタイプもあるので、お腹のどのあたりを鍛えたいのかをイメージしながら商品を選んでください。

トレーニング場所に合った電極タイプ(電池式・充電式)

腹筋ベルトは電極タイプをチェックするのも大切です。電池式であればコードレスで使えるので、配線を気にせず使用できるのがメリット。しかし電池は消耗品なので、ランニングコストがかかる点はデメリットです。充電式は電池交換の必要がないので、ランニングコストを抑えられるのはメリットです。ただし、商品によってはフル充電まで時間がかかったり、電池の消耗が激しく何度も充電しなければならなかったりと、手間がかかることも。商品を比較する際は「フル充電で連続使用可能な時間」を参考にするとよいでしょう。また多くの場合、充電式の腹筋ベルトはコードレスとなっていますが、有線の場合もあるので、使用方法をきちんと確認してから購入することをおすすめします。

腹筋ベルトはネット通販で購入するのがおすすめ

腹筋ベルトはスポーツ専門店や家電量販店で購入できますが、たくさんの商品を比較してから購入したい方はネット通販で購入するのがおすすめです。有名なEMSマシンではシックスパッドやアブトロニックスなどがありますが、キャンペーンやセールで通販購入の方がお得な場合もあります。ネットで腹筋ベルトを検索すると、リーズナブルな価格の商品から本格的なハイコスト商品まであります。選択に悩みますが、決して「安かろう悪かろう」ではありません。特にこだわりがない方であれば、まずは安価な商品から試してみるのもよいでしょう。基本的に腹筋ベルトは「部位に合ったサイズ」「レベル調整の有無(負荷の強さ)」「電極タイプ」「ランニングコスト含む費用」を目安に比較します。ネットなら知りたい情報をすぐに調べられるので、通販を上手に活用してお気に入りの腹筋ベルトを購入してください。

腹筋ベルトの選び方は男性と女性で違う?

腹筋ベルトの多くの商品は男女兼用です。商品の選び方に違いもないので、あまり難しく考えなくて大丈夫です。ただし、サイズや強度は要チェックポイントです。同じ6つの電極タイプでも女性向けに作られた商品であれば、男性の腹部にはややサイズが小さく感じるかもしれません。また、筋肉質な男性であれば、刺激の弱い腹筋ベルトでは物足りないと感じることも。本格的なトレーニングとして腹筋ベルトを使用するなら、口コミなども参考にしながら強度をチェックしてください。コストを重視したい方は、ジェルパックの交換目安や頻度、本体価格だけではなく替えのジェルパッドの価格も確認しておきましょう。

効果あるorなしの興味本位でのお試しも大賛成!腹筋ベルトを活用しよう

腹筋ベルトはネットでも「筋肉痛になった」「ウエストが数センチ細くなった」という声が多く見受けられるので、まだ使ったことがない方も試してみる価値があるのではないでしょうか。安価な腹筋ベルトでも口コミ評価が高い商品がたくさんあるので、興味本位で試してみるのもいいでしょう。デブ体質を脱却したい方や、お腹周りを引き締めたい方は、さっそく腹筋ベルトを活用してスタイルアップを目指してくださいね。

ピックアップ記事

運営会社