二重になる方法は何がある?簡単なおすすめのやり方を紹介

二重になる方法は何がある?簡単なおすすめのやり方を紹介

二重のパッチリした目に憧れる方もいるでしょう。一重や奥二重でも、二重になる方法はたくさんあります。手軽なのはアイプチ。またアイテープもおすすめです。きれいな二重に見せるなら、日々のケアが有効です。マッサージや眼輪筋を鍛えて、目元が乾燥しないよう保湿も心がけましょう。またメイクで二重を演出したり、つけまつげで目元を印象づけたりもできます。美容外科や美容皮膚科で二重の手術を受けるやり方もあります。アイプチなどを使って自分で二重ラインを作ることもできますが、時間をかけずに二重になりたいなら、手術も検討するといいでしょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

自分で奥二重や一重から二重にできるアイテム

一重や奥二重の人の中には、「二重になりたい」と考える人もいます。顔のパーツの中でも目の印象は大きいもの。女子の場合、二重は目がパッチリ見えて可愛らしい感じに、また一重や奥二重は涼しげでクールな印象を与えます。生まれつき一重でも、二重にするアイテムを使えばきれいな二重を作れます。毎日メイクのときに一手間かけるだけなので、テクニックもいらず、時間もかかりません。いくつか種類があるので、使いやすいものを選ぶといいでしょう。

二重整形のおすすめクリニックはコチラ!

1日の短期間でできるアイプチ

二重まぶたにする定番の二重用アイプチは、使い方も簡単で手軽。二重になりたい多くの人が使用しているアイテムです。接着剤を使ってまぶたを貼りつけるタイプや、まぶたを折り込むタイプなどがあります。使い始めのうちは接着剤の量の調節が難しく、すぐ取れてしまったり、量が多すぎたりするかもしれませんが、どのアイプチでも、慣れれば朝のメイク前の短い時間で二重を作れるでしょう。使いやすさだけでなく、仕上がり具合やキープ力、肌へのやさしさなどを考慮して、総合的に自分に合うものを選んでください。

アイテープタイプは慣れると自然で使いやすい

アイテープは、細いテープをまぶたに貼って二重を作ります。ファイバータイプ、片面テープ、両面テープなどがあります。素材は不織布、ポリエステル、医療用衛生素材などで作られています。ファイバータイプは、両面テープで細い糸状になっています。まぶたに食い込ませて皮膚を接着して二重を作ります。幅が細いので、目を閉じたときにも目立ちません。片面テープは片側だけが接着面になっていて、まぶたに貼り付けてテープの上にまぶたを乗せることで二重を作ります。使い方が簡単なので初心者におすすめです。両面テープは、両側が接着面になっていてまぶたを折り込んで貼り付けます。接着力が強く両面にまぶたが張り付くので、目立ちにくく二重のラインが崩れにくいのも特徴です。

アイテムなし!自力二重の作り方

アイテムを使わずに自力で二重を作ることも可能です。即効性はありませんが、一度二重になれば、その後は何もしなくても二重をキープできるでしょう。スキンケアタイムを利用して、毎日お手入れを続けてみてください。また、メイク道具をじょうずに使えば、目元の印象を大きく変えられます。目力が強く、印象的な目を作るためのメイク方法もお伝えします。

二重整形のおすすめクリニックはコチラ!

まぶたをマッサージ

まぶたをマッサージしていると、二重ラインができる瞬間があります。まぶたをすっきりさせ、マッサージでまぶたを動かして二重の線を作ります。毎日のスキンケアのときに行えるので簡単です。まぶたや目の周りはデリケートなので、必ずクリームや美容液をつけて滑りをよくして、力を入れずに優しく行いましょう。目尻や眉頭のまぶたを優しくほぐして、その後、二重をつけたいところのまぶたを目頭から目尻、目尻から目頭に向かって何度かなでます。指先で目のキワと目尻からまぶたに食い込ませてそっと外します。マッサージしている間、鏡の前に二重のあなたが見えるでしょう。

眼輪筋を鍛える

目の周りにある眼輪筋は、使わないと衰えていきます。上まぶたが下がってきたり、目が小さく見えたり、目の下にクマができたりします。眼輪筋を鍛えるとまぶたをしっかり持ち上げられて、目が大きく見えて二重になる場合も。眼輪筋を鍛えると、表情豊かに見えるので、ぜひ毎日行いましょう。眼輪筋は鍛えられます。目をギュッと閉じてから大きくパッと見開きます。また眼球を上下左右にゆっくり動かします。上をじっと見たら下を、右を見てから左、と動かします。それぞれ5回〜10回行ってください。

アイクリームで保湿

目元が乾燥すると、肌がつっぱって二重のラインが崩れたり、一重になったりします。目の周りはもともと皮膚が薄くデリケートな部分。アイプチやアイテープなどを毎日使うと、皮脂が剥がれて乾燥します。使用したあとは、必ず保湿を行いましょう。普段使っている化粧品の乳液やクリームでもいいですが、目元専用のアイクリームを使うとよりGOOD。目の周りの角質層に美容成分を浸透させるといいですね。

メイクで目元の印象を変える

アイプチやアイテープを使わずに、メイクの仕方を変えて二重に見せる方法があります。二重風メイクには、アイシャドウやアイライナーを使います。まず、ベースカラーをまぶた全体につけて、アイライナーで二重のラインを引き、綿棒などでぼかします。次に二重の幅の部分に、アイライナーより少し濃い色のアイシャドウを付けて、グラデーションになるよう丁寧にぼかします。まぶたに厚みがある人は濃いめのアイシャドウを、まぶたが薄い人は薄めのアイシャドウを使用するのがポイントです。

つけまつげ

つけまつげを付けて二重にする方法もあります。なるべく太くて固い毛を使用したつけまつげを使いましょう。つけまつげを自分の目のサイズにカットしたら、専用の接着剤をつけ自まつげの2〜3mm上につけまつげをつけます。自まつげとつけまつげの間は、リキッドライナーなどで埋めるといいでしょう。

二重の美容整形は手軽?

美容外科で二重の手術もできます。二重にする方法は切開法や埋没法があります。脂肪吸引や豊胸手術など他の施術よりも簡単で、時間も短く済むため入院の必要はありません。埋没法はメスを使わずまぶたを糸で縫いとめる方法で、術後の回復が早いので学校や仕事に支障が出にくいのが魅力です。ただし、時間が経つと糸が緩んだり外れたりする可能性があります。まぶたを切開して二重の構造を作る切開法は、効果は半永久的ですが、術後完全に腫れが引くまで1か月ほどかかります。無料のカウンセリングで、最適な治療法を相談して決めましょう。

二重整形のおすすめクリニックはコチラ!

品川美容外科

品川美容外科の二重治療は、患者一人一人の希望に合わせて、今人気の気軽にできるメスを使わない二重術から、本格的な外科手術まで幅広く対応しています。メスを使用せずに気軽に受けることができ、元に戻せるのも利点の埋没法だけでも種類があります。初回カウンセリング時に希望の二重と現在の状態を見てもらい、最適な方法を提案してもらいましょう。さらに、元に戻るのが嫌な人には、本格的な外科手術も種類豊富に用意されています。ただ二重にするというだけでなく、目の形やたるみなどの悩みも併せて解決する方法を提案してくれるので、理想的な目元を叶えることができるのも魅力です。費用やダウンタイムなど気になることもしっかりと相談することができるので、納得して施術を受けることができます。

二重になる方法はいろいろ!自分に合うやり方を見つけて

二重になる方法は、アイプチやアイテープなどのアイテムを使ったり、マッサージしたり、メイクで二重を作ったりとさまざまです。アイテムやメイクはやり方をマスターすれば、毎日手軽に目元の印象を変えられます。また、美容整形の二重手術は、理想の二重を手に入れやすく、効果が比較的長続きします。いろいろ試して、自分にあったやり方を見つけましょう

関連する記事

詳しく

口コミで人気の二重のり*おすすめ15選!

日本人の7割が一重まぶただと言われており、一重まぶたもクールビューティーな印象で独特の美しさがあります。ですが、最近では手軽な埋没法などのプチ整形を受けて二重まぶたにする人も多くなっているようです。クリニックに行くのはハードルが高い…など、一重まぶたにコンプレックスを持ちつつも整形手術に抵抗がある人におすすめなのが、メイク時に二重まぶたを作るアイテム・二重のりです。もともと二重だけれど、より美しいラインを求めて二重のりが使われることもあります。今回は口コミで人気の二重のりおすすめ15選を紹介します。

詳しく

二重になる方法|アイプチや整形などあなたにあった二重術は?

はれぼったい奥二重や一重を、パッチリとした二重にしたいと考える人も多いでしょう。二重になる方法は、自力で二重を作るものと美容整形があります。自力で二重になる方法には、毎日のマッサージやアイプチ、目力をきたえるトレーニングなどがあります。費用がほとんどかからないでできるものもあるので、中学生でもはじめられるメリットがあります。男性用のアイプチもあり、人にバレずに二重を作れるでしょう。一方、美容整形で二重になる方法は、まぶたを切らずに二重を作る埋没方法と、まぶたを切る切開方法の2種類があります。いずれも、すぐに理想の二重が作れる点がメリットです。二重になる方法のメリットやデメリットを知って、自分にあった方法を探しましょう。

詳しく

まぶたを二重にしたい!どんな方法があるの?様々な方法を徹底調査しました

二重まぶたには、何種類かの形があります。目尻に向かうにつれて二重の幅が広くなる末広型二重、目頭から目尻にかけて二重の幅が同じ平行型二重、二重の幅が狭い奥二重です。二重には遺伝も影響しますが、成長や加齢で二重になる場合もあります。 自分で二重まぶたにしたい場合は、二重に見えるようなメイク方法や、アイプチやアイテープなどを使って二重を作る方法、目をマッサージして二重にする方法などがあります。また、費用はかかりますが、美容外科で整形する方法もあります。ただし、整形の種類によっては元のまぶたに戻らない場合もありますので、メリットだけでなくデメリットについてもよく考えてから施術を受けましょう。

ピックアップ記事

運営会社