おしりの脂肪を落とす方法!今すぐできるトレーニングやマッサージを紹介

おしりの脂肪を落とす方法!今すぐできるトレーニングやマッサージを紹介

おしりに脂肪がつく原因は、骨盤のゆがみや筋肉の衰え、脂肪の蓄積などが考えられます。体型の変化にショックを受ける方も多いですが、一度ついてしまったおしりの脂肪を落とすことは可能です。脂肪燃焼に期待ができる有酸素運動や、基礎代謝アップに役立つ筋トレ・脂肪を落としやすくするマッサージなど、自宅でできるケア方法はたくさんあります。本格的に体型を整えたい方は、エステサロンや美容クリニックで専門的な施術を受けるのもよいでしょう。まずは紹介する「おしりの脂肪を落とす方法」を試してみてください。健康のためにも、日頃から運動やマッサージをライフワークに取り入れてはいかがですか。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

お尻が大きくなってしまう原因

なぜお尻は大きくなってしまうのでしょうか。その理由は以下の3つのポイントが原因と考えられます。肉付きのよい下半身にお悩みの方は、原因の改善を目指しましょう。

おしりの脂肪を落したい!おすすめのクリニックはコチラ!

骨盤のゆがみ

骨盤が開くとおしりの骨格そのものが大きくなり、腰回りにも脂肪がつきやすくなります。また、骨盤がゆがむことで体の全体のバランスが取りにくくなるのも、肉付きがよくなる原因。重心バランスが上手く取れないことで他の筋肉がかばおうとし、おしりだけではなく体全体のゆがみに繋がってしまうことも。ゆがみは体を大きく見せてしまうだけではなく、開いてしまった骨格部分に脂肪が蓄積してしまうともいわれています。普段から足を組む癖がある方や、姿勢が悪い方は骨盤がゆがみやすくなっています。お尻の脂肪が気になる方は、まず癖や姿勢から見直すことが重要です。

筋肉不足

お尻の筋力が低下することも、脂肪がつきやすくなる原因。お尻と太ももの境目がはっきりしていない方は、もしかするとお尻の筋力が低下しているのかもしれません。デスクワークで長時間座りっぱなしになっている方や、立ち仕事で長時間同じ姿勢のままの方はお尻の筋肉が使われずに弱っていく傾向があります。同じ姿勢で過ごす機会が多い方は、適度に体を動かすように意識しましょう。筋力が低下すると基礎代謝も低くなってしまうので、この機会に美尻トレーニングを取り入れてみてはいかがですか。

脂肪の蓄積(体重の増加)

おしりが大きいのは単に体重が増え、脂肪が蓄積した可能性もあります。また、おしりは体の中でもむくみやすい部位なので、むくみが原因でおしりが大きくなっているのかもしれません。むくみは、運動不足や冷えから血行が悪くなり、老廃物がスムーズに排出されなくなることが要因と考えられます。むくみや老廃物はセルライトを形成する原因の1つ。冷えやむくみの症状がある方は、おしりにセルライトができてしまっている可能性もあります。ワンサイズ下のパンツを履きたい方は、冷えやむくみの解消に努めてください。

誰でも簡単に取り組める!おしりの脂肪を落とす方法3選

今日から試せる、おしりの脂肪を落とす方法を3つ紹介します。誰でも無理なく始められるので、フォルムの美しい小さなおしりを手に入れたい方はぜひ参考にしてください。

おしりの脂肪を落したい!おすすめのクリニックはコチラ!

ダイエットの基本となる有酸素運動

有酸素運動は、ダイエットや脂肪燃焼に欠かせない健康習慣の1つです。有酸素運動だけではおしりだけが痩せることはありませんが、体全体を引き締める効果が期待ができます。これまで運動習慣がなかった方は、いきなりハードな有酸素運動を行う必要はありません。まずは軽めのウォーキングや、ストレッチも兼ねたヨガなど、続けやすい運動からはじめていきましょう。体が慣れてきたら、ランニングやエアロビクスなどのエクササイズもオススメです。大事なことは「継続できるかどうか」なので、自分が楽しく続けられる有酸素運動を見つけてください。

ヒップアップ効果も期待できる筋トレ

おしりを引き締めたいなら、筋トレもオススメです。トレーニングをしっかり続けていけばおしりの筋肉は鍛えられるので、女性が羨む形のよい「美しくかっこいいおしり」を目指せます。筋トレメニューによっては自宅でも気軽に試せるので、今日からさっそくチャレンジしてみましょう。筋トレで中でもオススメなのが「スクワット」です。おしりだけではなく脚やお腹にも心地よい刺激が与えられるので、全身のスタイルアップも期待できます。
【スクワットの方法】
・両足を腰幅よりもやや広めに開いて立ちます。
・背筋を伸ばしたまま、おしりを後方に引くようにして膝を曲げましょう。
・膝と床が直角になる程度まで腰を下げたあと、ゆっくり元の姿勢に戻ります。
・この動作を15~20回をワンセットとし、自分のペースに合わせて徐々にセット数を増やしてください。

脂肪や凝り固まった体をほぐすマッサージ

おしりを小さくするためには、凝り固まった筋肉や脂肪を柔らかくほぐしてあげることも大切です。おしりをマッサージすることで血流やリンパの流れがよくなるので、老廃物の排出を促す効果に期待ができます。マッサージは体が温まったりほぐれたりとリラックス効果も高いので、ボディケアの一環として毎日の生活に取り入れるとよいでしょう。おしりのマッサージ方法はネットやYouTubeでさまざまなやり方が紹介されているので、自分が心地よいと感じるものを試してみてください。

セルフケアが難しい方はエステサロンや美容クリニックの施術も視野に!

本格的におしりの脂肪を落としたいなら、エステサロンや美容クリニックの施術もオススメです。施術方法について詳しく紹介します。

癒しも求めるならオイルリンパマッサージなどのリラックスエステ

エステサロンでは、リンパの流れを促す「オイルリンパマッサージ」が人気です。セルフマッサージでは手が届かない部位もしっかりもみほぐしてくれるので、施術後はすっきりとした感覚も味わえます。リンパマッサージは、血液やリンパの流れをよくしながら老廃物を流し、コリやむくみの解消に効果的といわれています。おしりの脂肪を落とすサポートとしても広く利用されているのだとか。施術後は体が温まるので、冷えの改善にも期待ができるでしょう。アロマオイルを使って施術しているエステサロンもあるので、リフレッシュを兼ねて利用するのもよいですね。

しっかり脂肪をもみほぐしたいなら痩身エステ

痩身エステでは、セルライト除去や脂肪燃焼をサポートする施術を行っています。ハンドマッサージや専用のマシンを使って脂肪を効率的にもみほぐし、老廃物の排出や脂肪燃焼をサポートします。セルフマッサージではケアが難しいセルライトに注力して施術を行っているので、おしりに脂肪が蓄積されている方に人気です。オイルリンパマッサージに比べると料金の相場はやや高めですが、初回限定クーポンやセットコースを利用すればお得に施術を受けられる可能性もあります。気になる方は痩身エステを実施している、最寄りのエステサロンで料金をチェックしてみてください。

美容クリニックで本格的に脂肪を落とす方法も

手早くおしりの脂肪を落としたい!という方は、美容クリニックも検討してみましょう。脂肪を冷やして破壊するクールスカルプティングと呼ばれる施術や、脂肪溶解注射による施術など、医療機関だからこそ行える施術コースが豊富です。医師の診断のもと施術が行われるので、副作用が気になる方も不安を解消して施術を受けることができるのではないでしょうか。料金は高めですが、しっかり効果を実感したい方には向いているでしょう。今すぐにでもおしりの脂肪を落としたい!という方は、予算が許される範囲で施術を検討してみてはいかがですか。

おしりの脂肪を落したい!おすすめのクリニックはコチラ

TCB東京中央美容外科

TCB東京中央美容外科は、 高品質ながら低価格な治療で評価の高いクリニックです。痩身・ダイエットでは「脂肪吸引」「脂肪溶解注射」「GLP-1」など豊富なメニューが用意されています。「脂肪吸引は少し抵抗がある…」という方には、脂肪解剖注射"BNLS neo"がおすすめ。気になる箇所に注射を打つだけで効果が期待できる上に、施術時間も約15分で完了!ダウンタイムなしで翌日から通常の生活に戻ることができるのも魅力のひとつです。
無料のカウンセリングは公式サイトから予約できます。

TCB東京中央美容外科

おしりの脂肪を落とす方法を試して理想の体型を手に入れよう!

おしりが大きくなったのは「突然」ではありません。「日々の生活習慣の積み重ね」で脂肪が蓄積したと考えられます。骨盤のゆがみに気を付けながら、おしりの筋肉を鍛えたりほぐしたりして、脂肪燃焼を目指しましょう。セルフケアに限界を感じている方は、エステサロンや美容クリニックでプロの施術や治療を受けるのもオススメです。目的や目標・予算を照らし合わせながら、自分に合ったケア方法を見つけてください。

ピックアップ記事

運営会社