眉間のシワはどうしてできる?眉間や額のシワのできる原因と対策を紹介

眉間のシワはどうしてできる?眉間や額のシワのできる原因と対策を紹介

眉間のシワ、額のシワがあると、不機嫌な印象を与えたり、老けてみられたりします。眉間や額のシワができる原因は、表情筋の緊張や上眼瞼挙筋の老化、目の使い過ぎが原因だといわれています。手軽にできる改善法としては、眉の周りのマッサージや目の体操、表情筋トレーニングが挙げられます。美容液やクリームをスキンケアに取り入れて、肌のハリを保つのも一つの方法でしょう。
自分で対処するのに限界を感じたら、美容整形外科などプロに相談してみましょう。自分に合った方法でシワにアプローチし、今よりも元気で若い印象に生まれ変わりましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

眉間のシワや額のシワがあると老けてみられるのはなぜ?

鏡に向かう自分を見たときに、歳を重ねるほど気になる人が増えてくるのがシワではないでしょうか。おでこや目尻、口元など、シワが出る場所はたくさんあります。その中でも特に老けて見えるシワは、「ほうれい線」「マリオネット線」そして、「眉間のシワ」といわれています。この3つのシワがあると、人に不機嫌で怒っているネガティブな印象を与えがちです。中でも疲れた印象になる深い眉間のシワは、第一印象をよくするためにもぜひ消したいところです。

シワ治療クリニックのカウンセリングを予約する

眉間や額のシワの原因とは

ここでは眉間や額のシワの原因を説明します。まず眉間や額にできるシワの原因を知りましょう。原因をなるべく減らして、シワの予防に努めましょう。

眉間のシワの原因は筋肉の緊張

眉間のシワには、鼻根筋、前頭筋、皺眉筋が関係しています。これらの筋肉が常に緊張している状態でいると、眉間のシワはクッキリと固定されてしまいます。読書するとき、テレビを見るときなど、長時間しかめっ面で見ていると、眉間にシワが寄っていることがよくあります。眉間のシワに気付いたら休憩して、表情を緩めるようにするのもポイントです。また、精神的な悩みがある場合も、眉間にシワが寄る場合が多くあります。その場合は深呼吸をするなど、気分転換が大切です。

額のシワは上眼瞼挙筋の衰え(老化)が原因

まずは、眼瞼下垂チェックをしてみましょう。右手で右眉の上を、左手で左眉の上を押さえます。眉が上に上がたり、額にシワがよらないように固定しながら目をしっかり見開きます。眉や額の筋肉が動いてしまうようなら、まぶたを持ち上げる上眼瞼挙筋が衰えている証拠です。上眼瞼挙筋が衰える原因は、老化やハードコンタクトレンズの付け外しなどが考えられます。

スマートフォンやパソコンの使いすぎによる目の疲れ、目をこするのもシワの原因

パソコンやスマートフォンなどを長時間使い続けると、目はかなり疲労してしまいます。目が疲れると、目の周りの血行も悪くなり、血行が悪くなると肌の代謝も低下します。それがシワの原因となっていきます。長時間パソコンやスマートフォンを使用するときは、定期的に目を休めるようにしましょう。目はもちろん、顔全体の緊張、そして体を疲労させないことも、眼瞼下垂症や目の周りのシワの予防につながります。また、目の周りは皮膚が薄くデリケートです。目元を触る、こするなど、日常生活の刺激もシワの原因となるので注意が必要でしょう。

眉間のシワを消すには?自分で手軽にできる対処法

ここでは、自宅で手軽にできる眉間のシワの対処法を紹介していきます。肌年齢が上がってくると化粧方法や乾燥肌ケア、アンチエイジングケアだけに全力を注ぎがちかもしれません。でも、眉間のシワが深く刻まれ取り返しが付かなくなる前に、ぜひ一度試してみてくださいね。

眉の周りや眉間のマッサージ

・眉間のシワの原因となる表情筋をほぐす
額に手を当て、ほぐす部分の真上を額を引っ張りあげながら行います。反対の手の中指をで右の眉中から眉頭、眉間にかけて位置をずらしながら、各10回ほどスライドさせてマッサージをします。左半分も同じように行います。
・額の皮膚を引き上げ鼻根筋をほぐす
人さし指と中指の腹を額にあてて、上向きに軽く引っ張りあげます。逆の手の中指の腹を横向きにし、鼻の骨のいちばん低いところにおき、左右に小さく10回ほどスライドさせ、骨をほぐしましょう。額の皮膚を引っ張ることで、筋肉に圧をかけやすくなります。

目の体操や表情筋トレーニングで筋肉を解す

表情筋を鍛えると表情が豊かになり、話していても明るい印象を与えます。目力も強くなり目元の印象も明るくなります。
・まずは姿勢を正して背骨を真っ直ぐにします。
・眉に指を当てて揺らしながら、眉の無駄な力を抜いていきます。額にも指を当てて頭を左右に軽く揺すり緊張を取り除きます。
・目を大きく開き5秒キープ。この時、瞼の力を使って開くようにしましょう。額や眉に力が入る場合は、手でシワを伸ばします。
・ギュッと目を閉じます。
・目を細めて5秒キープします。眉間にシワがよらないように意識し、シワがよる方は指で伸ばすように眉を押さえます。
・ギュッと目閉じた後、リラックスします。
目を開いて細める動きを繰り返し3~5回ほど行いましょう。手を使わなくても、額や眉にシワがよらないように練習しましょう。

美容成分配合のクリームや美容液で年齢肌にハリを!

シワの原因として、筋肉の緊張や老化、疲れ目などが上げられますが、肌の乾燥や年齢肌もシワを深める要因となることがあります。シワの予防は、日々のお手入れを続けることがとても重要です。目元は乾燥しやすくデリケートです。大きなシワができてしまってからでは、改善するのがなかなか難しいので、乾燥小ジワのうちに対処するように心がけましょう。うっかりできてしまった乾燥小ジワには、なるべく早く適切な方法で処置したいものです。すぐには結果は現れませんが、しっかり毎日ケアをすれば少しずつ改善する可能性はあります。目元の乾燥小ジワなら効果が認められた目元専用クリームで優しくケアするのがおすすめ。クリームを選ぶ時は、美肌成分配合のものや、エイジングケア(※年齢に応じたケア)に特化した商品を選びましょう。

シワ対策テープで眉間のシワを寝ている間にケア

寝ているときに眉間にシワが深く刻まれるのを防いでくれる強い味方が、シワ対策テープです。寝る前にテープを貼るだけで、寝ている間にシワができるのを防いでくれます。特に横向きで寝るクセがある方は、寝ている間にシワが深くなることがあるので要注意です。寝る前に化粧水、美容液やクリームなどを塗って5分ほどおいてからテープを貼りましょう。後は寝るだけ!朝起きたとき、シワのないスッキリした眉間で起きられるのは嬉しいですね。シワ対策テープはたくさん種類があり、粘着力が弱いものもあるようです。使いやすいものを選んで購入しましょう。

美容整形外科に相談するという選択も!表情ジワの改善にはボトックス注射

自分で行うシワ対策に限界を感じたら、美容整形外科に相談するのも一つの選択肢となるでしょう。「ボトックス注射」は、美容整形外科で行う肌の深部に直接アプローチする施術法です。ボトリヌス菌が作り出すたんぱく質を眉間、目尻、額などに注入することで、神経と筋肉との結合部に働きかけ、部分的に筋肉の動きを弱めて筋肉の収縮を抑え、シワを目立たなくする効果があります。特に眉間と額の表情ジワ、目尻のシワに有効です。また、ふくらばぎの張りやエラの張りを弱めたり、ワキ汗対策などにも使われたりすることもあります。ボトックス注射は、注入量や注入位置で仕上がりの完成度にかなり差が出る施術です。施術者によりモチもかなり違ってきます。また、必要とする量や薬剤のメーカーと種類、また治療をお願いする病院の違いで料金が大きく異なります。施術を受ける前には説明をしっかり聞き、施術内容を理解し、信頼できる先生にお願いするようにしましょう。

シワ治療で人気のクリニックはこちら!

■品川スキンクリニック

品川スキンクリニックで人気のシワ治療は、ヒアルロン酸注入による「プチシワ取り」。
表情ジワや小ジワ、ほうれい線などのシワが気になる部分に注射でヒアルロン酸を注入し、肌に弾力を与えることで、シワを目立たなくすることが可能。
眉間やおでこに深く刻まれた表情ジワにも効果 が期待できます。
ダウンタイムも短く治療の跡も残らないことや、処置後すぐに効果を実感できる のが人気の理由です。
初めての方でも試しやすいように「初回限定価格」も用意されています。

品川スキンクリニック

眉間のシワや額のシワ対策で印象を今より若く!

特に女性が年齢を重ねる毎に気になってくるシワ。中でも眉間のシワが深いと老けて見え、不機嫌な印象を人に与えてしまいがちです。眉間のシワが気になる方は、いつものケアにプラスして、ぜひ今回紹介した簡単にできる眉間のシワ対処法を試してみてください。悩みを解消して今より若々しく、輝く自分を目指しましょう。

ピックアップ記事

運営会社