おでこのしわの原因は?しわを改善する方法と予防対策

おでこのしわの原因は?しわを改善する方法と予防対策

おでこのしわができる原因はさまざまです。主に加齢や乾燥、紫外線による肌の弾力が低下したことでしわができる場合と、日頃無意識にしている表情のクセが原因の表情じわができる場合があります。他にも眼精疲労やストレスでおでこに力が入り、眉間や側頭部が硬くなっておでこにしわができることも。中には頭蓋骨のズレやゆがみが原因の方も、生まれつきまぶたが重いことでしわができやすい方もいるようです。おでこにしわができてしまったら、スキンケアや生活習慣を見直し、よりしわが進行しないよう、日々予防対策を行っていきましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

おでこのしわができる原因とは?

年齢を重ねると、顔にはさまざまなエイジングサインが現れます。特に額は年齢が出やすく、面積が広いので目立ちやすい部分でもあります。おでこにしわができてしまう原因は多岐に渡りますが、自分のしわができた原因を知ることで、しわの予防がしやすくなります。

シワ治療クリニックのカウンセリングを予約する

加齢や乾燥、紫外線による肌の弾力低下

加齢や乾燥、紫外線の影響で肌の弾力が失われると、しわができやすくなります。30代以降の人に多い原因ですが、若い人でも日焼けをする人や、肌に負担をかける生活をしている人は、ダメージを受けやすくなっています。おでこは皮脂が多く、乾燥とは無縁のようですが、べたつきが気になる部位でもあるため、必要以上に洗い過ぎたり、あぶら取り紙などで皮脂を取り過ぎてしまったりして、乾燥を招いてしまいます。

無意識にしてしまう表情のクセ

おでこには前頭筋や皺眉筋という大きな筋肉が集まっており、表情による動きが大きいため、しわとなって残りやすい場所です。加齢によりハリや弾力がなくなった肌は、日頃無意識にしている表情のクセがつきやすくなっています。例えば眉を寄せるクセがあると縦にシワが入り、眉を上げるクセがあると横にシワが入りやすい傾向にあります。

目の疲れやストレスによる力み

目の疲れやストレスの影響でおでこに無理に力が入り、しわが深く刻まれてしまうことがあります。眼精疲労が続くと、まぶたを開ける筋肉が硬くなり、まぶたが上げづらいトラブルが生じます。まぶたが垂れ下がると目が開けにくくなるため、無理やり開こうとすれば、おでこにシワが寄ってしまうのです。

生まれつきしわができやすい人も

紫外線を同じように浴びていても、しわになりやすかったり、シミができやすかったりする人がいるのは、遺伝的な要因が大きく影響しています。生まれつきシワができやすい人は、親もシワができやすい場合が多く、しわになりやすい肌質が遺伝したということになります。中には頭蓋骨のズレやゆがみ、生まれつきまぶたが重いことでしわができやすい方もいるようです。

おでこのしわを効果的に改善する方法

乾燥が原因でおでこのしわができた場合は、保湿を心がければ、比較的改善しやすいでしょう。しかし年齢を経るごとにハリや弾力が低下する肌は、しわが深く刻まれると元に戻りにくくなります。短期間では変化は感じられませんが、日々最適なセルフケアを行うことで、おでこのしわは目立ちにくくなります。

前頭筋や頭皮をほぐすマッサージ

頭部が凝り固まると重力で皮膚が下垂し、前頭筋や側頭筋も下がるため、顔にしわやたるみが生まれやすくなります。頭皮は常に柔軟な状態に保つことで、おでこだけではなく、顔周りのリフトアップが期待できます。まずはおでこの髪の生え際を、指の腹を使って縦、横に30秒間マッサージ。次に頭頂部と後頭部も同じように、縦、横に30秒ずつマッサージしていきます。最後におでこに親指以外の4本指をあてて、おでこを揺らすように縦、横に動かしましょう。

眼科疲労を解消するアイケア

眼精疲労を解消するには、おでこと目の疲れを癒やす効果があるといわれる「陽白」というツボの指圧がおすすめ。眉毛の中央から2cmほど上の、少しくぼんでいる部分にあるツボです。中指の腹を使い、5~10秒ほど、気持ちいいと感じる程度の強さで長押ししてパッと離す動作を何回か繰り返します。額のたるみやしわ、目の痛みや充血、かすみ、頭痛などがあるときに、いつでもどこでも簡単にできるのが魅力です。

しわ対策用の美容液やクリームでケア

おでこのしわにつながるハリの低下は、肌の表面だけではなく、表皮の内側にあるコラーゲンやエラスチンなどの弾力を支える組織にも深く関係しています。しわ対策用の効果が認められたケア用品には、弾力やハリの生成を促してくれる成分が配合されています。ビタミンAの一種であるレチノール、ビタミンB群の一種ナイアシンアミド、ビタミンC誘導体、ペプチドなどが配合されたものがおすすめ。しわに効果的な化粧品には、認可された効能表現である「シワを改善する(医薬部外品)」、「乾燥による小ジワを目立たなくする(効能評価試験済み)」といった表記があります。

美容医療で目立たなくする方法も

自分ではなかなか改善できないおでこのしわは、美容外科での治療や美容整形で目立たなくする方法もあります。ボトックス注射やヒアルロン酸注入、マシンを使ったたるみ治療、内視鏡でのしわ取りなどが、主な治療法です。

おでこのしわを予防する方法と目立たなくする対策

おでこにしわができやすい習慣やクセは、できるだけ改善していきたいもの。心がけ次第で、おでこのしわを薄くさせることは可能です。しわを予防でき、目立ちにくくさせる方法と対策を紹介します。

こすらず優しいスキンケア

日頃のスキンケアには十分気をつけて、乾燥からおでこを守ることが大切です。皮脂が多く感じられるおでこは、洗いすぎると必要な皮脂まで落としてしまうので、洗顔は朝と晩、2回だけで十分です。また保湿を行う際は、こすったり、叩いたりするような肌に刺激を与えてしまうケアは避け、こすらず優しいスキンケアを心がけましょう。

額を動かさず大きく目を開ける練習

額のシワを予防するには、額を動かさず大きく目を開ける練習をするのが効果的。額ではなく、目の奥にある眼瞼挙筋という筋肉を使って目を開けるための練習です。額が動かないようにおでこに片手を当て、目の力を抜きます。目の奥にある筋肉を意識しながら、目の開閉を5回繰り返してみましょう。慣れてきたら手を外して、行ってみてください。

紫外線対策を徹底する

額は紫外線のダメージを受けやすいため、日焼け止めを塗るなどして、しっかりとした紫外線対策を行うことが重要です。日差しが強い夏だけでなく、秋から春にかけても1年中紫外線は降り注いでいます。クレンジングが必要な日焼け止めは、肌に残ると肌荒れやシワを招いてしまいますので、日焼け止めの強さを考慮しながら、使うシーンに合わせて日焼け止めを選ぶようにしましょう。

目の疲れを残さない生活習慣

睡眠不足や運動不足、不規則で偏った食事、長時間のデスクワーク、過度なストレスなど、生活習慣の乱れが眼精疲労を引き起こします。目の疲れは、良質な睡眠で回復させられます。寝る1時間前までにはお風呂に入り、ホットマスクなどで目を温めて血行を促すのがおすすめ。また運動不足は血行を悪くさせ、しわの原因にもなるので、ストレス発散のためにも適度な運動を心がけましょう。

前髪で生え際を隠すヘアアレンジ

おでこのしわは、日々セルフケアをしていても、短期間で簡単に改善できるものではありません。前髪は顔の重心を上に引き上げてくれ、おでこや眉間のしわを隠し、若々しい印象に見せる効果があります。流行のおでこが透けて見えるシースルーバングではなく、暗い雰囲気にならない量で、眉毛が見える程度の長さにするのがポイント。そうすることで、しわを隠しながら、清潔感も演出できます。女性だけでなく、男性にもおすすめのヘアアレンジです。

シワ治療で人気のクリニックはこちら!

■品川スキンクリニック

品川スキンクリニックで人気のシワ治療は、ヒアルロン酸注入による「プチシワ取り」。
表情ジワや小ジワ、ほうれい線などのシワが気になる部分に注射でヒアルロン酸を注入し、肌に弾力を与えることで、シワを目立たなくすることが可能。
眉間やおでこに深く刻まれた表情ジワにも効果 が期待できます。
ダウンタイムも短く治療の跡も残らないことや、処置後すぐに効果を実感できる のが人気の理由です。
初めての方でも試しやすいように「初回限定価格」も用意されています。

品川スキンクリニック

おでこのしわの原因を知り効果的に消す方法で改善しよう

おでこにしわができてしまったら、すぐにスキンケアや生活習慣を見直し、しわがこれ以上進行しないよう、予防対策を行っていきたいもの。しわができやすくなる習慣やクセに気を付けながら、自分にとって最適なお手入れ方法で効果的に改善していきましょう。

ピックアップ記事

運営会社