乾燥小じわの原因と対策!スキンケアを見直してマイナス5歳肌の見た目に

乾燥小じわの原因と対策!スキンケアを見直してマイナス5歳肌の見た目に

目の周りは皮膚が薄いので、乾燥によって小じわができやすい場所。間違ったスキンケアをしていると、20代でも小じわができる可能性もあります。目元の小じわは老けた感じに見えるので、なるべく予防したいもの。乾燥小じわは、肌の水分が不足し乾燥している状態です。他にも、肌のバリア機能が低下し正常なターンオーバーが行われないこと、睡眠不足なども影響します。小じわ対策は、肌に刺激を与えないよう優しく洗顔し、汚れをしっかり落とすことが重要。洗顔後は化粧水でたっぷり水分を補給しましょう。クリームなど油性の化粧品でしっかり保湿も忘れずに。普段の食事で、肌にいい栄養素も意識して摂るようにしてください。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

20代でも要注意!乾燥小じわやちりめんじわができる原因

肌が乾燥すると、肌のキメが整わなくなりごわごわしてメイク乗りが悪くなったり、うるおいが足りなくなり肌ツヤが失われたりします。さらに乾燥が進行すると、老けて見える小じわの原因になります。乾燥は肌のさまざまなトラブルを引き起こす元凶です。肌が乾燥する要因はさまざまあり、毎日きちんとスキンケアをしているつもりでも、小じわができてしまうことも。乾燥小じわになる原因はいくつかあります。

乾燥小じわ対策におすすめの化粧水をチェックしてみる

水分不足

乾燥による小じわは、水分不足が原因です。肌内部の角層の水分が減少すると、肌の表面に細かいしわができてしまいます。小さいしわでも目尻や眉間などにあると目立ってしまい、老けた印象を与えます。水分不足は冬の乾燥した時期だけでなく、夏の紫外線のダメージや、エアコンの風によっても起こります。

バリア機能の低下

角層の水分が減ると、バリア機能が低下します。本来、角層は保湿する働きがあり肌のうるおいを守りますが、水分が不足し乾燥すると、肌を守ろうと角層細胞がどんどん作られるようになります。しかし角層細胞は未熟で保湿機能やバリア機能が十分ではないので、さらに乾燥が進みます。乾燥状態が続くと、皮脂の分泌が少ない目元や口元などに小じわができやすくなったり、目の下にくまができたりします。

年齢

乾燥による小じわは、20代でも起こる可能性があります。しかし年齢を重ねると肌の皮脂の分泌量が少なくなり、乾燥しやすくなるので、20代よりもさらに小じわができやすいといえます。また、角層の中にある天然保湿因子も、年齢と共に減少します。加齢によって肌が乾燥しやすい要因が増えるので、保湿を意識したケアが大切です。

睡眠不足

夜の10時〜2時まではゴールデンタイムと呼ばれ、成長ホルモンが分泌されます。この時間に睡眠が取れていないと、寝ている間に分泌される成長ホルモンの量が減ります。成長ホルモンが足りないと、細胞の修復や再生が十分に行われず、肌のターンオーバーの乱れを引き起こします。古くなった細胞が正常に剥がれ落ちなくなり、肌のキメが整わず水分が逃げやすくなります。

乾燥によるしわは消せる?!正しいスキンケア方法

「肌が乾燥しているな」と感じたら、小じわができる前に普段のスキンケアや生活習慣を見直す必要があるかもしれません。正しいスキンケアができていないと、保湿をしているつもりでも、乾燥が進み小じわができてしまう場合も。特別なケアをするよりも、普段の基礎化粧品を使ってお手入れ一つ一つを丁寧に行うことが大切です。

たっぷりの泡で優しく洗顔

洗顔は、泡をたっぷり使って行いましょう。皮脂やファンデーション、アイメイクの汚れを落とすのは大切ですが、強くこすると肌に負担がかかり、必要な油分まで取り除いて乾燥を招いてしまいます。乾燥肌の人や敏感肌の人は、刺激の少ない洗顔料を使いましょう。両手いっぱいになるぐらいたっぷり泡立てて、顔を泡で包むようにして洗うと肌を傷付けません。手や指が肌に触れないよう、優しく泡で転がすように洗いましょう。

化粧水で水分をしっかり補給

洗顔後は皮脂が落ちた状態で、肌は乾燥しやすくなっているので、すぐに化粧水で水分をしっかり補給してください。コットンでも手のひらでもどちらでも構いません。心地いい強さでパッティングして、水分を肌内部まで浸透させましょう。水分を浸透させようと、強く叩かないように気をつけてください。化粧水をつける前にブースターを使うと、より水分が浸透しやすくなります。保湿成分のセラミドや加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸などの成分が配合されているものもおすすめです。

乾燥小じわ対策におすすめの化粧水をチェックしてみる

クリームや乳液でうるおいをキープ

化粧水で水分を補給したら、クリームや乳液など油分のある商品で肌の表面をしっかり覆って、水分の蒸発を防ぎましょう。化粧水だけで終わらせると、保湿しても水分は蒸発してしまいます。美容成分が配合されているものなら保湿力も高く、肌のハリやツヤ、医薬部外品の認められた成分入りなら美白などの効果も期待できます。クリームや乳液をたくさんつけすぎると、毛穴を塞いでニキビの原因になる場合があるので、パール粒くらいの大きさを目安に、薄く顔全体に馴染ませましょう。

アイクリームや美容液もおすすめ

目元の乾燥ケアに特化した専用のアイクリームや美容液など、口コミ評価の高いアイテムを使うのもおすすめです。有効成分が配合された医薬部外品の商品なら、肌の変化を早く実感できるかもしれません。アイクリームや美容液は、化粧水の後に使うタイプ、乳液の後につけるタイプなど、使用するタイミングが商品によって違います。有効成分をしっかり肌に浸透させるために、効果的なタイミングを確認しましょう。

乾燥小じわ対策!積極的に摂りたい成分

乾燥小じわ対策は、外側からのケアだけでなく、食べるものも意識しましょう。皮膚や内臓、髪の毛、血液など、体は食べたもので作られます。肌を健やかに保つ働きのある栄養素を積極的に摂ると、乾燥や小じわを防ぐ助けになります。

大豆イソフラボン

豆腐や納豆、豆乳など大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは、肌のハリや弾力を保つコラーゲンの生成を促進します。また女性ホルモンに似た働きをするので、更年期の不調や生理不順などの症状に役立つ場合も。大豆は植物性の良質なたんぱく質で、普段の食生活に取り入れやすい食品が多いので、ぜひ積極的に食べるようにしましょう。

コラーゲン

コラーゲンは食品にも含まれる成分です。鳥の皮や手羽先、牛すじ、豚足などに豊富に含まれています。肌のハリやうるおいを保つ働きがあるので、乾燥対策にぜひ積極的に摂りたい栄養素です。コラーゲンは加熱すると水分に溶けるので、煮込んだりスープに入れたりして、汁までいただきましょう。

ビタミンC

ビタミンCは、紫外線によるシミやそばかすを防ぎ、さらにコラーゲンの生成に役立つ栄養素です。また活性酸素の働きを抑える作用もあり、健やかな美肌を保つために欠かせません。オレンジや苺、キウイフルーツなどの果物やブロッコリーパプリカなど野菜にも含まれているので、バランスよく食事に取り入れましょう。

食物繊維

食物繊維を多く含む食品を食べると、腸内環境が整い体内の老廃物の排出を促進します。便秘がちの人にもおすすめの栄養素。肌荒れを防いで美肌をキープするためにも欠かせません。食物繊維は、きのこ類や海藻類、こんにゃくなどカロリーの低い食品に含まれているので、ダイエット中でも安心して食べられます。

乾燥小じわは生活習慣やスキンケアの改善で治せる

乾燥による小じわは、普段の生活習慣やスキンケアを見直すことで改善できる場合が多くあります。夜10時〜2時の肌のゴールデンタイムの間にしっかり睡眠を取り、栄養バランスの取れた食事を3食しっかり食べるようにしましょう。また洗顔はこすらずたっぷりの泡で優しく洗い、洗顔後すぐに化粧水で水分を肌内部に補給してください。乳液やクリームで水分の蒸発を防ぐことも忘れずに。特に小じわが気になる場所には、アイクリームや美容液をプラスするといいでしょう。

ピックアップ記事

運営会社