頭皮マッサージの効果とは?セルフでできる方法も紹介

頭皮マッサージの効果とは?セルフでできる方法も紹介

頭皮をマッサージすると血流がよくなるので、頭皮や髪にしっかり栄養が行き渡り、抜け毛や薄毛予防に効果的です。また育毛の助けにもなるでしょう。目の疲れや、頭痛、肩こりの解消にも役立ちます。さらに頭皮と顔の皮膚はつながっているので、血行が良くなりリフトアップ効果も期待できます。頭皮マッサージは、美容室でヘッドスパを頼んでもいいし、自宅で自分でもできます。シャンプーしながら頭皮をマッサージしたり、ヘアオイルをつけて行ったりしてもいいでしょう。毎日簡単に続けるなら、頭皮マッサージ用のブラシでブラッシングがおすすめです。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

小顔効果や薄毛にも!気持ちいい頭皮マッサージ

ヘアケアに気を使っている人は多いですが、頭皮のケアまで行う人は少ないかもしれません。しかし頭皮の状態がよくないと、生えてくる髪の毛が細かったり、抜け毛や白髪の原因になったりすることも。フケやかゆみ、匂いも気になります。頭皮と顔の皮膚は一枚でつながっています。顔のお手入れだけ熱心にしても、頭皮が硬くなっていると顔にたるみやくすみが出る場合があります。頭皮のケアは、自分で簡単にできて気持ちがいい頭皮マッサージがおすすめです。シャンプー前やトリートメントをしながら、また髪を乾かした後など、ヘアケアと一緒に行えます。頭皮マッサージを行うことで、さまざまな効果が期待できます。

人気のスカルプ美容液をチェックしてみる

血行を促進して抜け毛予防や薄毛予防

頭皮も肌と同じように乾燥します。乾燥すると水分や油分が足りなくなり頭皮も硬くなります。またパソコンやスマートフォンを使う時間が長く、目が疲れている場合も頭皮が硬くなります。頭皮マッサージで頭皮を刺激すると、血行が良くなり毛根に栄養や酸素が行き渡るので頭皮が柔らかくなります。また、頭皮の毛穴の状態がよくなるので、薄毛や抜け毛防止に役立ちます。

髪の成長が健やかになり育毛効果も

頭皮マッサージをすると、頭皮環境がよくなり、毛穴のコンディションも整います。新しく生える髪の毛に十分な栄養が届くので、太くてしっかりした髪の毛が生えてきて、育毛効果が期待できます。頭皮マッサージを続けると、ツヤとハリ、コシのある美しい髪が生えてきます。くせ毛を気にしている方、ボリュームがなくてペタっとした髪の人や、パサつきなどの悩みがある人にもおすすめです。

眼精疲労や肩こり解消

仕事でパソコンを長時間使用したり、スマートフォンを常に見ていたりすると眼精疲労になります。目の疲れは首や肩の血行も悪くします。頭皮マッサージで頭皮の血行が促進されると、つながっている首や肩の血流もよくなり肩こりや眼精疲労が解消されます。頭皮マッサージのあとは、首や肩周りが軽くなり、目がすっきりするのがわかります。

顔のたるみを引きあげ小顔に

頭皮マッサージをすると、顔の皮膚も血流がよくなりハリが出てきます。頬や額がキュッと引き上がって、フェイスラインがすっきりし小顔になります。また、たるみやシワ、二重あごのケアにも役立ちます。顔のマッサージも大切ですが、頭皮をケアすることで顔の皮膚の状態がよくなります。

頭痛を和らげる

頭皮の血行が悪いと頭痛の原因になります。頭痛は目の疲れからくる場合や、肩こりから起きる場合もあります。頭皮マッサージで血行を促進すると、頭痛が和らぐことがあります。また頭皮マッサージはリラクゼーション効果もあるので、緊張がほぐれストレス解消にもなります。

肌が明るくなる

頭皮マッサージで頭皮の血行がよくなると、肌も同じように血流の流れがよくなります。肌のくすみが取れ、血色がよくなり顔色がワントーン明るくなるでしょう。美容液やパックなどのスキンケアだけでなく、頭皮からのケアもプラスするのがおすすめです。

頭皮マッサージのおすすめのやり方

頭皮マッサージは自分で簡単に行えます。スカルプ用または植物由来の天然のオイルをつけたり、指の腹を使ってそのままほぐしたり、やり方もいろいろあります。マッサージを行うタイミングは、シャンプー前や、シャンプーしながら、または朝起きたときなど自分の都合のよいときに取り入れられます。また、美容室のヘッドスパやマッサージ店のヘッドマッサージもおすすめです。プロの手で絶妙な力加減でマッサージしてくれるので、気持ちよくリラックスできるでしょう。自分でマッサージするときには、爪を立てないように気をつけましょう。爪を立てたり力を入れすぎて強くこすったりすると、頭皮が傷つきます。頭皮と頭蓋骨をずらすようなイメージで、優しく動かすといいでしょう。

美容室でヘッドスパ

美容室では、ヘッドスパが受けられます。普段のシャンプーでは落ちにくい毛穴に入り込んだ皮脂汚れや整髪料の残りなどを、クレンジングできれいに取り除き、頭皮の環境を整えます。フケやかゆみ、匂いの解消に効果が期待できます。さらに血行を促進するので、髪や頭皮に栄養分がいき渡りやすくなります。美容室によってヘッドスパのメニューは異なり、超音波やオイルを使います。シャンプー台に仰向けになって施術を受けるのでリラックスしやすく、ストレスケアや不眠にも効果があるといわれています。ヘッドスパを終えたあとは、脳が活性化してすっきりした感じが味わえるでしょう。

家でシャンプーしながら指でマッサージ

シャンプーするときに頭皮マッサージを行うと、入浴中に済ませられるので便利です。シャンプーで泡立った頭皮を優しく指の腹でマッサージします。生え際に両手の指を添えて、頭頂部に向かってゆっくり頭皮を引き上げるように持ち上げます。てっぺん周辺まで上げたら3秒キープして、ゆっくり手の力を緩めながら生え際まで戻ってきましょう。また左右の耳の後ろのあたりに指をおいて、細かく回すように動かしながら頭皮をほぐします。さらに、頭頂部に両手をおいて、左右から真ん中に頭皮を寄せるように持ち上げて3秒キープ、その後ゆっくり離します。時間があれば5回ずつ行うといいでしょう。簡単に済ませたい場合は、3回程度でも大丈夫です。

入浴前にベビーオイルをつけてケア

入浴前にオイルをつけて頭皮マッサージをすると、オイルが皮脂汚れなどと馴染みやすく、汚れを浮かせてシャンプーで洗い流せます。トリートメント効果も期待できます。オイルはベビーオイルや椿油、ココナッツオイルなど天然のオイルやスカルプオイル、頭皮用のオイルがおすすめです。髪が絡まないようにあらかじめブラッシングしておきましょう。オイルを頭皮につけたら、指の腹でオイルを浸透させるように全体に馴染ませます。額の生え際から後頭部へ、また後頭部から頭頂部、こめかみから頭頂部に向かってマッサージします。何回か繰り返して、お湯で流してからシャンプーします。

頭皮ケアのヘアブラシで手軽に血行促進

頭皮マッサージがなかなかできないという人には、頭皮を刺激できる構造のヘアブラシがおすすめです。突起があるタイプなので、とかすだけで頭皮を刺激し、マッサージ効果が得られます。乾いた髪をとかすブラシやシャンプー時に使えるブラシなどさまざまあるので、使いやすいものを探してみましょう。また、かっさも頭皮を心地よく刺激して血行を促進できます。テレビを見ながらでも簡単にできるので、継続しやすいでしょう。

頭皮をケアする人気の美容液をチェック!

■MEDULLAスカルプケアエッセンス

ダイズ種子エキスやビワ葉エキス、カミツレ花エキスなど6種の天然由来成分を配合したスカルプ美容液です。就寝前に使うだけで健康な髪の土台となる頭皮にうるおいと栄養を与えながら、美しい髪を育てる環境を整えてくれます。またマッサージすることでホルモンバランスの乱れやストレスなどで硬くなりがちな頭皮を柔らかくほぐし、血行アップにも期待が。
さらにサツキの花酵母由来のエキスが今ある髪のハリツヤをしっかりサポートしてくれます。ジャスミンやローズマリーのフレッシュな香りは就寝前のリラックスタイムにおすすめ。ノンパラベンでエタノールフリーなので、敏感肌の人でも安心です。

MEDULLAスカルプケアエッセンス

定期初回限定価格:4,290円(税込)

頭皮マッサージを効果的に取り入れて習慣にしよう

頭皮をケアすると、地肌や髪が健やかになり抜け毛や薄毛、白髪予防ができ、育毛効果が期待できます。また、フケ、かゆみ、頭皮の匂いなどを改善します。さらに、顔のたるみやシワを防ぎ、血流が良くなるのでツヤとハリが出て小顔効果が期待できます。頭痛、肩こり、目の疲れなども和らぎます。ストレス解消やリラックスにも役立つので、ぜひヘアケアだけでなく頭皮ケアも取り入れましょう。頭皮マッサージは長い時間かける必要はありません。ヘアケアやスキンケアのついでに、またお風呂に入っているときなどに取り入れてこまめに行うことが大切です。

ピックアップ記事

運営会社