鼻を小さくする方法!隙間時間にできるマッサージやエクササイズを紹介

鼻を小さくする方法!隙間時間にできるマッサージやエクササイズを紹介

多くの女性がすっきりと鼻筋が高い小鼻に憧れています。存在感のある大きな鼻がコンプレックスの方は、マッサージやエクササイズで鼻を小さくする方法を試してみましょう。ノーズクリップなど、鼻の形を整えるサポートグッズの活用もおすすめです。ただし、洗濯バサミは痛みや肌トラブルを引き起こす可能性もあるので、使用は控えてください。メイクで小さな鼻を演出したい方は、ハイライトやノーズシャドウ・専用テープを活用しましょう。本気でコンプレックスを解消したい方は、美容整形外科などの医療機関でプチ整形や整形する手もあります。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

スッキリ小鼻に憧れる女性多数!自力で鼻を小さくする方法はあるの?

スッキリと鼻筋の通った小鼻に憧れる女性は多いのではないでしょうか。鼻は顔の中心部に位置しているので、ぱっと見の印象が強いパーツです。大きな鼻は顔全体が広がっているように見えたり、顔の中心部だけが異様に目立ってしまたりと、悩ましい問題です。今回はそんなコンプレックスを解消すべく「鼻を小さくする方法」を紹介します。自分の容姿に自信を付けたい方はぜひ参考にしてください。

鼻整形のおすすめクリニックをチェックしてみる!

自宅で簡単にできる!鼻を小さくするエクササイズやマッサージ方法

まずは「自力で小鼻に導く方法」を紹介します。どの方法も特別な道具は必要なく、誰でも簡単に行えます。小鼻を手に入れたい方は、今日からさっそく試してみましょう。

鼻の筋肉を伸ばして鍛える「顔ヨガ」

鼻周りの筋肉をほぐすことで、小鼻になれる可能性があります。しっかりと筋肉を伸ばすなら、顔ヨガがおすすめ。顔ヨガは顔のむくみ改善やほうれい線やシワの解消にも効果的といわれているので、年齢肌が気になる方にも積極的に試して欲しいエクササイズです。最初は顔のパーツを思うように動かせないことも多く、ヨガそのものに慣れない方もいるかもしれません。続けていけば顔のパーツを動かすコツが掴めるので、慣れるまで頑張って挑戦してみましょう。根気よく毎日続けていくと、表情筋がほぐれていく気持ちいい感覚も味わえます。小鼻を目指してコツコツ取り組んでいきましょう。小鼻に効果的な顔ヨガはネットやYouTubeでも紹介されているので、気になる方はチェックしてみてください。

自分でできる!気持ちよくて辞められない鼻を小さくするマッサージ

鼻は顔の中でも筋肉が動かしにくいパーツです。生まれつきではなく「最近少し鼻が大きくなったように感じる」という方は、もしかすると老廃物が溜っているのかもしれません。スッキリとした小鼻を手に入れるためにも、マッサージをしてあげましょう。大きい鼻がコンプレックスの方は、すぐに小鼻効果を感じたい!とマッサージで強めの刺激を与えがちです。しかし、過度な刺激は、肌や粘膜を傷つける可能性があるので注意しましょう。マッサージは心地いいと感じる程度の力加減にしてください。
【鼻のマッサージ方法】
・鼻の脇に両手の人差し指を当て、くぼみを探します。
・くぼみを見つけたら、鼻を前に押し出すようにマッサージしましょう。
・毎日5分ほどマッサージすれば、鼻の骨格がはっきりしてきます。

整形級の変化あり?鼻をつまむだけのストレッチ

ストレッチも、鼻の形や大きさを整えるのに効果的と言われています。鼻詰まりも解消できるので、ストレッチ後は呼吸がしやすくなる実感がある方もいるようです。ストレッチ方法は、鼻をかむようにつまむだけなので至って簡単です。根気よく続けることで鼻の位置も整いやすくなるので、高さや横幅が気になる方はさっそく今日からストレッチを習慣にしましょう。
【鼻のストレッチ方法】
・両手の中指と薬指を使い、鼻をかむように押さえます。
・鼻をまっすぐ上に引き伸ばすように引っ張りましょう。
・鼻の先端部分からスタートし、鼻骨と眉間の間も同じようにストレッチします。
・最後に親指で眉間のくぼみにあるツボを押して終了です。

ノーズクリップなど専用アイテムを使って鼻筋を高くするのもおすすめ

鼻筋をキレイに魅せたいなら、小鼻専用グッズの活用もおすすめです。代表的な商品は「ノーズクリップ」と呼ばれるもので、水泳選手が競技中に身に付けているアイテムと同じ形をしています。使い方は、ノーズクリップで鼻をつまむだけ。商品によって使用時間は異なりますが、1日10~30分程度ノーズクリップを装着し、鼻の形を高くするように整えます。整形のような劇的な変化は感じられませんが、ノーズクリップはリーズナブルな価格な商品が多いので、鼻にコンプレックスがある方は試しに使ってみてください。

洗濯バサミをノーズクリップの代用で使うのはNG

ノーズクリップの代用品として洗濯バサミを使用している方もいますが、この方法はおすすめできません。洗濯バサミはノーズクリップに比べてはさむ力が強く、痛みが生じる場合があります。さらに、当てる場所によっては鼻の形が思わぬ形にクセづいてしまうこともあるといわれています。また、洗濯バサミの本来の目的は「洗濯物などを落とさないようにはさんで固定する」ことなので、先端がギザギザに加工されているものがほとんです。そのギザギザ部分が強く肌に当たることで、鼻周りの肌にあとが残ったり、鼻の内側の粘膜を傷つけたりする可能性があります。洗濯バサミの危険性やデメリットは定かではありませんが、できることなら専用アイテムを使って小鼻を目指したいところ。鼻の形を整えたいのなら、洗濯バサミではなく専用のグッズを活用してください。

メイクで小鼻を演出するなら専用テープも人気

メイクで一時的に鼻を小さく見せる方法もあります。一般的によく使われているのは、ノーズシャドウ。ハイライトで鼻筋をなぞり、肌の色より暗めのブラウン系のシャドウをハイライトを縁取るイメージで乗せます。ハイライトとブラウン系シャドウが適度なコントラストを作り、鼻筋が通った高い鼻に見せられるでしょう。あまりコントラストが目立ちすぎると舞台メイクのようになってしまうので、ノーズシャドウが濃くなりすぎないように注意してください。もう1つおすすめなアイテムは、ノーズテープ。鼻下から鼻の横をはさむようにテーピングし、鼻の穴や全体の幅をせばめられます。テープそのものは無色透明なのでメイクにも響きにくいのも嬉しいポイントです。テープを施した部分が化粧浮きしないよう、ファンデーションは塗りすぎないようにしてください。

悩みを本気で解決したいなら美容外科や美容整形外科でプチ整形もアリ

大きな鼻に強いコンプレックスを感じている方は、思い切ってプチ整形や美容整形もアリではないでしょうか。治療法はいくつかの種類があり、糸で鼻を高く引き上げる方法、ヒアルロン酸注射を打つ方法、鼻の皮膚の一部を切開する手術、プロテーゼと呼ばれる人工物(シリコンなど)を入れる手術などが例に挙げられます。少し前までは整形に対し世間から厳しい目が向けられていましたが、最近は偏見も少なくなっています。。コンプレックスが強くなると精神的に不安定になったり、人と比べてしまったり、必要以上に人の目が気になったりすることもあります。前向きに人生を歩むためにも「自分に自信をつけたい!」という方は、美容整形も検討してみるのもよいかもしれませんね。ただし、整形は多少なりともリスクが伴うものです。決断は急がず、セルフケアなどを試しながら、ゆっくり考えてください。

鼻整形のおすすめクリニックはコチラ!

品川美容外科

品川美容外科は経験豊富なベテランドクターが在籍するクリニックで高い技術力を用いた整形を得意としています。入念なカウンセリングやシュミレーションを通して理想の鼻を目指していくことができます。
高級プロテーゼを使用した隆鼻術やフレックス・ノーズ、鼻先修正などのスタンダードなメニューからワシ鼻修整、1day鼻先縮小、スーパーナチュラル小鼻縮小などバラエティ豊かな鼻整形を取り扱っています。
本格的な整形をしたい人にも初心者にもおすすめのクリニックです。

存在感の大きい鼻を小さくする!根気よく筋トレやマッサージを続けてみよう

存在感のある大きな鼻が気になる方は、紹介した顔ヨガやマッサージを試しながら根気よく小鼻を目指しましょう。ノーズクリップやノーズシャドウ・ノーズテープなども活用しながら、少しずつコンプレックスの改善に取り組むことをおすすめします。すぐに鼻を小さくしたい場合には美容整形という方法もありますが、勢いで手術を決めるのではなく、じっくり考えてから決断してください。まずは「自宅で簡単にできる!鼻を小さくするエクササイズやマッサージ方法」を試してみてくださいね。

ピックアップ記事

運営会社