目の下のたるみがひどい原因は?毎日の生活でできる解消法を紹介

目の下のたるみがひどい原因は?毎日の生活でできる解消法を紹介

年齢とともに気になる目の下のたるみ。女性だけでなく男性にも悩む方が多いといいます。たるみをそのままにしておくと、どんどん老け顔になってしまいます。目元は第一印象を決める大事なポイントです。気になったらすぐに原因を考え、適したケアを行いましょう。目の下のたるみは、加齢による眼輪筋の衰えや睡眠不足によるクマ、目元のこすりすぎなどが原因です。化粧でクマやくすみを隠そうとすると余計に目立ってしまいます。眼輪筋を鍛えて保湿をしっかりして、目元にハリを取り戻しましょう。いつまでも若々しい印象を保てます。エステや皮膚科などプロに相談するのもよいでしょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

目の下のたるみとは?

目のたるみとは、加齢で眼球の下にある涙袋(眼窩脂肪)が前に出てきてしまうことで、目の下がたるんで見える状態です。涙袋が大きい方ほど、目の下がたるみやすい傾向にあるようです。年齢を重ねることでどんどんたるみが目立つようになり、疲れて見えたり、老け顔になってしまったりします。目のたるみにはさまざまなタイプがあります。大きく分けて、目の下がふっくらと垂れ下がっているタイプ、ふくらみの内側が八の字型に食い込んでいるタイプ、ふくらみの下がへこんでいる3つのタイプです。目の下のたるみの原因を探り、自分はどのタイプなのかを知ることも大切です。原因がわからず改善方法が見つからない場合は、美容医療専門の病院などで相談することをおすすめします。中には遺伝などで生まれつきクマができやすく、治療が必要なこともあります。

目の下のたるみにおすすめのクリニックをチェックしてみる

目の下のたるみの原因は加齢だけではない!

たるみの原因は、加齢だけでなくさまざまです。生活習慣や紫外線もたるみの原因です。最近ではパソコンやスマホで目を酷使している人も多いため、さまざまな原因が重なって、目の下にたるみが出てきてしまいます。また、肌の弾力がなくなったりしわが深くなったりすることで、たるみが目立ってしまいます。ここでは目のたるみの原因について、詳しく見ていきましょう。自分の生活習慣を見直すことで、たるみの原因を解決できるカギが見つかるかもしれません。

加齢による眼輪筋の衰え

目の周りには、眼輪筋という筋肉があります。眼球の下にあり、眼窩脂肪を支える筋肉です。目の下のたるみには、この眼輪筋が大きく関わっています。加齢により筋力が低下することで眼輪筋が衰えて、眼窩脂肪を支えられなくなり、たるみが出てしまいます。

睡眠不足によるクマ

睡眠不足によるクマも目の下のたるみの原因です。ストレスを感じていたり、寝ながらスマホを見て目を酷使したりすると新陳代謝が悪くなり、色素沈着を引き起こします。目もとに老廃物がたまりたるんでくるので、睡眠を十分にとって血行をよくすることが大切です。クマには4種類あります。目の下の眼輪筋が透けて赤く見える赤クマ、シミ・くすみ・色素沈着によってできる茶クマ、小じわなどでできた影が作る黒クマ、血行不良や寝不足で薄い皮膚から透けて見えてしまう青クマです。どのクマも目の下がふくらみ、たるんで見える原因になります。

皮膚のハリがなくなりたるみに

年齢を重ねることでコラーゲンが減少して、肌のハリが失われていきます。また、紫外線やエアコンなどで、肌が乾燥してダメージをうけることでも、ハリは失われます。ハリがなくなると皮膚が緩んでシワができ、脂肪が前に出てきてふくらんで見えます。

目もとをこすりすぎている

普段意識はしていないけどけっこうしていのが目をこする動作です。目がかゆかったりアイメイクを落としたりと意外に目もとをこすっていることがあります。目の周り、特に上まぶたや下まぶたは、他の部位の皮膚に比べて薄くデリケートです。こすることで色素沈着が進み、皮膚が伸びてたるみの原因になります。

目の下のたるみを防ぐ方法

目の下のたるみは筋肉によるもの、はり・弾力が大きな原因です。毎日のスキンケアやエクササイズを意識して取り組むことでハリをよみがえらせられます。たるみのない目もとを取り戻し、健康的な元気で明るい印象を手に入れましょう。ここからは目の下のたるみを防ぐおすすめ方法を説明していきます。

眼輪筋を鍛える

眼輪筋を鍛えればたるみは目立たなくなります。眼輪筋を鍛えるエクササイズを紹介します。
1 上まぶたが動かないように指で軽く抑える
2 下まぶたに力を入れて上に引き上げる(眼輪筋に力が入る)
3 下まぶたをゆっくり下げる
これを両目を5回ずつ毎日行いましょう。目の周りの筋肉が鍛えられることで肌が引き締まり、たるみが目立たなくなります。

化粧水やアイクリームなどスキンケアで肌の調子を整える

乾燥や紫外線で肌の老化は進行していきます。毎日のスキンケアで肌の調子を整えて、ハリのある肌を手に入れましょう。高価な化粧品や美容液を買い揃えなくても、手ごろなもので保湿ができます。仕上げには美容液やクリームを使って、目の周りに栄養をたっぷり与えてください。コラーゲンやエラスチンなど、肌にハリを与える成分が配合されている化粧品がおすすめです。
最近では年齢に応じたエイジングケアに最適な目もと用の美容液がたくさん出ています。ドラックストアでも手ごろな値段で効果が期待できるものがあるので、自分に合ったものを見つけてください。また、医薬部外品などの目元のケアに特化したものを使用するのもおすすめです。

フェイスエクササイズで血流をよくする

顔まわりの血行をよくすることで新陳代謝が活発になり、クマやくすみが解消してたるみが目立たなくなります。おすすめは顔ヨガです。ネットで話題にもなっている顔ヨガは、血行が非常によなります。むくみが解消できるので、小顔効果も期待できますよ。スマホやパソコンをしている間や家事をしているときなど、気が付いたときにいつでも手軽にできます。

エステや医療機関で治療をする

目の下のたるみやクマは遺伝的なものもあり、セルフケアだけでは解消できないこともあります。自力のケアで改善しない場合は、エステや美容皮膚科などの医療機関に相談することをおすすめします。美容系の施術というと整形手術やメスを入れ皮膚を切るイメージがありますが、皮膚を切らない施術もあるので安心して相談できますよ。エステや医療機関によって施術方法はさまざまですが、基本的な治療方法を紹介します。

ヒアルロン酸注入でハリを取り戻す

ヒアルロン酸注入は、世界中で最もポピュラーな施術方法です。ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分なので、副作用やアレルギーがほとんどないことがメリットです。注入することで体内にあるコラーゲン・水分を保持して、柔軟性のある皮膚を作ります。くぼんでしまった目の下にヒアルロン酸を注射してふくらみを出すことで、クマやシワによる肌の溝を持ち上げます。目のたるみの他にほうれい線や眉間のシワ、目じりのしわ取りなどの治療にも使われています。

施術でたるみ解消

下まぶたの裏から脂肪を取り除く経結膜脱脂方は、よく行われている治療法です。下まぶたの裏側を切開してして眼窩脂肪を取り出すので皮膚表面を傷つけることがなく、比較的簡単に施術できます。目の下のくぼみ、クマの改善に効果的な方法です。あわせてヒアルロン酸注射を行う場合もあります。

目の下のたるみにおすすめのクリニックをチェック!

■品川美容外科

1988年の創業以来、800万件以上という症例数のクリニック。患者の不安を取り除くためのカウンセリングを最重視しており、常に満足度の高い施術を提供できるよう努めています。目の下のクマ・たるみには眼窩(がんか)脂肪を除去する「目の下のふくらみ取り」や、目の下のたるみを直接切り取り引き上げる「プレミアム目の下のたるみ取り」など、施術メニューも豊富。ヒアルロン酸注入法などを併用することで、より高いエイジングケアを図るプランもあります。また、多くのプランで最低1年間の保証制度つき。施術後のアフターケアも充実しており、診察はもちろん検査や投薬などはすべて無料で行っています。

目の下のたるみがひどい原因を解消してハリを取り戻そう

目の下のたるみは、男性女性問わず、年齢を重ねることで出てくる悩みです。また遺伝的なものは年齢を問わず、10代、20代の若い子でも悩むことがあります。目もとに影ができると、元気がなく老けて見え、印象が暗くなります。悩みが大きくなると外に出かけることが嫌になり、家にこもりがちになってしまうことも。しかし目の下のたるみやクマは、生活習慣の見直しやスキンケア、眼輪筋を鍛えるエクササイズなどで改善できます。自分に合ったセルフケアや治療方法を見つけて、若々しい目もとを取り戻しましょう。ハリのある表情を手に入れると自然と心が明るくなり、毎日が楽しくなりますよ。

ピックアップ記事

運営会社