透明感のある肌になるには?スキンケアとメイク方法を紹介

透明感のある肌になるには?スキンケアとメイク方法を紹介

いつまでも若く美しい肌でいたい!女性なら誰でも思う願望でしょう。しかしストレスを感じやすい肌は、年齢を重ねることでキメが乱れ、くすみや黒ずみが気になるようになります。でも諦めることはありません!透明感のある肌は日々の努力で取り戻せます。ポイントは肌を乾燥させないこと。洗顔後はたっぷりの美白化粧水で保湿して、美容液やクリームで潤いを閉じ込めます。日焼けも肌を乾燥させるので、色白の人も色黒の人も、こまめに日焼け止めをぬってUV対策をしましょう。ベースカラーを使用したり、ファンデーションの塗り方を工夫したりすれば、メイクでも透明感のある肌が作れます。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

透明感のある肌の条件とは?

透明感のある肌とはどのような肌でしょうか?シミやニキビ跡などの肌トラブルがなく、内側から水分がジュワっと染み出てくるような、赤ちゃんのようなみずみずしい肌というイメージが浮かびます。実際に赤ちゃんの肌は水分がたっぷり蓄えられていてプルプルです。透明感のある肌を目指すうえで大切なポイントは「潤い」です。ここでは、透明感のある肌の条件について紹介していきます。

キメが整っている

キメとは、皮溝と皮丘からなる肌の溝です。肌の溝が深くなり荒れると、キメが乱れて肌の状態が悪化し、透明感が失われます。肌が潤うと、キメが整いツヤのある肌になります。ツヤが光を反射させて、より透明感のある肌に見せてくれるのです。

くすみや黒ずみがなく色や質感が均一

くすみや黒ずみがない肌は、キメが整っていて肌質がよく見えます。くすみと黒ずみの原因は紫外線や乾燥です。日頃からUV対策や美白ケアを心がけましょう。肌のキメを整えるために、乾燥は一番の大敵です。また肌をこすりすぎるとくすみの原因になります。

透明感のある肌の作り方は?くすみや黒ずみをケアしよう

毎日のスキンケアでポイントを意識すれば、透明感のある肌が目指せます。ここからは透明感のある素肌を作るスキンケア方法を説明していきます。素肌に透明感が出ればメイクも軽くなり、肌への負担が減るでしょう。

スキンケアは洗顔が大事!

スキンケアでさぼりがちなのが洗顔です。朝は寝ている間の皮脂や汗で汚れています。必ずたっぷりの泡で洗顔しましょう。洗顔時の摩擦は、思いのほか肌に刺激を与えているものです。顔の肌に手のひらが触れないように、泡を滑らせるような感覚で優しく洗います。すすぎ残しがないよう、ぬるま湯で丁寧に泡を洗い流しましょう。このときにも、肌をこすらないよう十分に気を付けてください。洗顔後は、柔らかいタオルなどで水分を吸い取るように優しく拭きましょう。

オイルは化粧水を浸透しやすくする

化粧水をつける前に、ブースターオイルをつけることをおすすめします。ブースターオイルは肌を柔らかくして不要な角質をとりのぞき、次につける化粧水や美容液の肌角質層への浸透をよくしてくれます。頑固な乾燥肌の方や、冬場など肌が乾燥する時期にぜひおすすめしたいアイテムです。つけすぎて肌がテカらないように、状態を見ながら使いましょう。

美白成分が含まれる化粧水で保湿

紫外線は一年中降り注いでいます。夏の日差しが強い時期に限らず、外に長い時間にいた日の夜は、美白成分やビタミンCが含まれている医薬部外品の化粧水や美容液でUVケアを行いましょう。化粧水をつける際も、できるだけ肌をこすらないようにすることがポイント。手のひらで水分を肌に浸透させるように、ゆっくりと優しく抑えてなじませましょう。

マッサージで血行を良くする

フェイスマッサージをして血行をよくすることで、肌のトーンが明るくなります。顔まわりにはリンパ管やリンパ節が密集しているため、老廃物が溜まってしまうと顔が大きく見えてしまいます。耳の周りから脇に向かって、老廃物を流すイメージでマッサージしましょう。おすすめマッサージの方法を紹介します。洗顔後、化粧水・乳液などで肌を整えてから行ってください。始める前に手のひらをこすり、十分に温めておきます。
1人差し指と中指でフェイスラインを挟みながら、耳の後ろまで引き上げます。耳まで来たら首筋を通って鎖骨まで戻します。
2小鼻の横を軽くプッシュして、頬骨の下から耳の横までスライドさせて耳から鎖骨まで戻ります。
3下まぶたの目頭から骨の部分を軽くプッシュしながらこめかみまで進めます。こめかみをプッシュした後首筋を通り、鎖骨まで戻ります。
4小鼻の横、鼻筋、おでこの順に指をスライドさせます。手の向きをかえておでこの中心からこめかみまで戻ります。こめかみからフェイスラインを通り、鎖骨へとスライドさせます。
力を入れすぎると摩擦でシワができくすみや黒ずみのもとになってしますので気を付けましょう。メイク前に行うと、メイクノリもよくなるのでおすすめです。

人気の基礎化粧品をチェックしてみる

透明感のある肌になるには日頃のUV対策が重要

日焼けした肌は健康的で元気なイメージがあり素敵です。しかし透明感のある肌作りでは白くて透き通った肌が条件のため、日焼けは禁物です。「すでに日焼けをしていて今更美白なんて…」という方でも遅くはありません。これからUV対策をしっかりして、美白化粧品で美白ケアをすれば、憧れの透明肌を手に入れられますよ。

紫外線は美肌の大敵

紫外線と乾燥は透明感のある肌作りには絶対NGです。紫外線は夏に一番強くなりますが、弱くても一年中降り注ぎます。日頃からUV対策はしっかりしておきましょう。

日焼けをしたらその日のうちにケアをして

イベントや旅行などで外に長時間いたときは、どんなに頑張っても紫外線を浴びてしまいます。お子さんがいるママさんは、つい日焼け対策をし忘れて子供と公園で遊んで日焼けしてしまった、ということもあるでしょう。日焼けをしてしまったら、その日のうちにケアをします。美白化粧水をたっぷり付け、十分に保湿しましょう。炎症がある場合は、クールダウンをしてから保湿します。美容パックでゆっくりと肌を休めることが大事です。

透明感を引き出すおすすめメイク方法

明るく透明感のある肌は生まれつきのものではありません。スキンケアで素肌を整えることはもちろんですが、ベースメイクを工夫することで透明感を演出することも可能です。下地やコントロールカラーなどのコスメで光を反射させ、自然な透明感を出すことがポイントです。色黒の方やイエベの方も、ベースメイクをしっかり整えて、透明感のある肌を手に入れましょう。

コントロールカラーでベースを作る

下地とコントロールカラーは、透明感のある肌作りには欠かせないアイテムです。下地の色はピンク・パープルがおすすめ。ピンクは肌をほんのりと色付け血色よく見せてくれ、パープルはくすみを抑えてくれます。コントロールカラーは赤みやクマ・くすみをカバーしてくれます。赤みが気になる方はブルー、クマ・くすみが気になる方はパープルがおすすめです。自分に合ったカラーを気になるところに乗せると、透明感がアップします。

ファンデーションの塗り方は薄くてOK

ファンデーションは塗りすぎると厚ぼったく見えてしまうので、たくさん塗るのはNGです。下地とコントロールカラーで気になるところはカバーしているので、薄く乗せるだけで充分です。ツヤっぽく肌なじみよく見せたいので、パウダーやクリームタイプのものよりリキッドタイプのものがおすすめです。手のひら全体を使い、体温で肌に染み込ませるように定着させます。Tゾーンや小鼻の周りは化粧が崩れやすいので、パウダーで抑え崩れにくくしましょう。粒子の細かいラメの入ったパウダーを選ぶことで、光を反射させて透明感が増します。

透明感を引き出す人気のコスメをチェック!

■オルビスユードット

スキンケアアイテムで有名なオルビスが2020年秋に販売を始めた新しいスキンケアアイテム(医薬部外品)です。オルビスユードットはオルビス史上最高峰のエネルギー活性エイジングケアアイテムとして登場しました。乾燥による肌のくすみやゴワつきが気になり始めた人におすすめのスキンケアアイテムです。
ウォッシュ、ローション、モイスチャーの三つのアイテムが展開されていてライン使いするのもおすすめです。オルビスが独自開発したスイカヅラエキスとメマツヨイグサエキスを複合した美容成分が特徴となっています。有効成分のトラネキサム酸が配合されていることにより美白ケアもサポートしてくれます。

オルビスユードット ローション

初回限定7日間体験セット:1,200円(税込)

年齢を重ねても透明感のある肌でいつまでも美しく

透明感のある肌を作るのに、年齢は関係ありません。毎日の肌の調子を整え、UV対策をすることで色黒やイエベ肌の方でも透明感を手に入れられます。美しい肌作りは、今日から始められることばかりです。これまで行っていたスキンケアを見直して、美しい肌に育てていきましょう。素肌に透明感がでることで若々しく、いつまでもキレイでいられますよ。

ピックアップ記事

運営会社