おすすめ旅行を探すならトラベルブック(TravelBook)

ホテル・航空券の料金比較・予約サイト

フィリピンのおすすめホテルランキング:カジノもある人気宿もご紹介

美しく澄んだ海に囲まれた島国、フィリピン。「南の楽園」と称されるセブ島やマクタン島は、観光客からも人気が高い、贅沢な気分を味わえるリゾートエリアです。その他にも世界有数の大都市、マニラや、市街地からほど近い高原リゾート、タガイタイ、歴史深い見どころが多いイントラムロスなど、多彩なスポットが詰まっています。 ここではそんなフィリピンでの滞在にぜひ利用してほしいおすすめのホテルを紹介します。ラウンジやプールサイドバー、スパなどがあり贅沢なひと時を過ごせるホテルや、郷土料理を提供してくれるレストランのあるホテル、ショッピングやカジノを楽しめる施設が徒歩圏内にあるホテルなど、どれも魅力的な施設ばかりですよ。

続きを読む

ホテルを検索する

フィリピンの人気エリアから選ぶ

マニラ

セブ島

ボラカイ島

ボホール島

パラワン

ミンダナオ島

宿泊施設のこだわりから選ぶ

無料WiFi

スイート/特別室

カジノ付き

フィリピンのおすすめ高級ホテル

フィリピンのおすすめ格安ホテル

フィリピンのおすすめ格安ツアーを探そう!

フィリピンは東南アジアに位置し、約7000以上の島々から成ります。フィリピン語と英語が公用語ですが、100を超える言語が話されています。雨季と乾季に分かれ、1年を通じて温かく過ごしやすいのが特徴。首都はマニラで目覚ましく発展している大都市で、道はきれいに整備されショッピングモールも豊富にあり不自由なく過ごせます。セブ島やカランガマン島といったリゾート地も人気で、マニラとは違った過ごし方を楽しめます。
物価が日本の3分の2程度で、英語教育も整っており英語留学先としても人気です。今回はそんなフィリピンへ行くおすすめのツアー・人気プランを紹介しますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

セブ島ツアー・日付をクリックして比較しよう!

日本とフィリピンの時差はわずか1時間!祝祭日にはご注意を

フィリピンの時刻は日本より1時間遅いだけなので、時差ボケの心配は不要です。 ただしフィリピンはキリスト教にかかわる祝日が大変多く、その年によって日が異なるので注意が必要です。祝祭日は商店や銀行、郵便局などの機関もお休みとなります。またフィリピンはビジネスアワーが業種によって異なります。銀行は月曜から金曜の9時から15時、土日はお休みです。商店やスーパーは、毎日営業しています。営業時間の目安は10時から21時頃まで。ショッピングセンターなどは週末は長めに営業をしていることがあります。レストランは早朝から24時頃まで営業しており、マニラやセブ、ダバオなどの大都市であれば24時間営業をしているところが多いです。

フィリピンの現在時刻はこちら

09月29日 6時07分32秒

フィリピン(マニラ)と日本(東京)との時差は、1時間です。
日本の方が、1時間進んでいます。

マニラの時差を詳しく見る

フィリピンの為替

1フィリピン・ペソは 2.17円

※2020年9月29日の為替価格です

独自の言語文化を持つフィリピン。英語習得のため留学先に選ぶ人も多い

フィリピンの公用語はフィリピン語と英語です。小さな島国にも関わらず、フィリピンはなんと英語人口世界第3位。そのため、ワーキングホリデーや語学留学先にフィリピンを選ぶ人は多くいます。セブ島は観光地でもあり、手軽な英語留学先としても人気で語学学校がたくさんあります。
フィリピンで英語は通じますが、地元の人同士の会話ではフィリピン語を使っての会話になります。またそれぞれの島や地方の特有の言語が話されたりもします。日本でいうと方言のようなものですね。田舎にいくと年配の方などは英語が通じないこともあるので注意が必要です。

フィリピンのベストシーズンはいつ?どんな服装で過ごそう?

フィリピンは7000以上もの島の領有する島国。日本からはバカンス目的で訪れる観光客が多いです。フィリピンのベストシーズンは乾季である12月から5月にかけて。3月から5月上旬は海が穏やかなので、マリンスポーツにも最適です。日本の冬の寒さから逃避したくなったら、1月から3月に行くのもおすすめ。いずれの場合も日中は30度を超す暑さですが夕方から夜になると冷え込み、20度くらいになるので、薄手の長袖や羽織ものがあるといいでしょう。基本的には日本で過ごす夏の服装で問題ありません。観光をメインにする方は靴はスニーカーなどがいいでしょう。

フィリピン旅行で押さえておきたい観光地は?厳選して紹介!

フィリピンにいったら絶対に見逃せない観光スポットは多数あります。 まずはスペインの統治下にあったときに建てられた、バロック式教会群です。ルソン島やマニラにあり、ユネスコの世界文化遺産に指定されています。
2つめはプエルトプリンセサ地下川国立公園です。こちらは世界自然遺産に指定されていて、幻想的な洞窟の中をボートで進むツアーが人気です。
3つめはビガン歴史都市です。16世紀のスペイン統治下時代、商業や貿易の中心として栄えた都市で、奇跡的に戦火を免れた世界文化遺産でもあります。町の名前や街並みにスペイン文化が残っています。

フィリピンの代表的なグルメを紹介!

観光の際に抑えておきたいのがフィリピンのグルメです。フィリピン料理は日本人にあまり馴染が無いですが、フィリピンの主食はお米と鶏、豚、牛、魚なので日本人の口にも合いやすいのが特徴です。味付けも塩、醤油、ケチャップ、オイスターソースなどを使用しているのでおいしい料理がたくさんあります。細かく刻んだ豚肉をビネガーやニンニク、唐辛子で炒めて作るシシグや子豚の丸焼きレチョンなどは旅行中にもおすすめの料理です。そのほかにもお肉や野菜が入った具だくさんスープであるシニガンやナス、インゲン等の野菜と牛肉をピーナッツソースで煮込んだカレカレがあります。

フィリピンの治安は?気をつけておいた方がいいトラブル

クラーク、バギオといった地域は犯罪レベルも低く、安全に観光できますが観光客や人口が多いエリアではスリ、ひったくりといった軽犯罪に注意が必要です。フィリピンに限ったことではないのですが旅行中は海外旅行者を狙った犯罪に巻き込まれないように注意しましょう。旅行中は浮かれて気が緩みやすくなるので自分の手荷物から目や身体を離さないようにしたり、周りの空気の変化に敏感になったりすることでトラブルを回避することができます。また、夜間出歩く際にも細心の注意を払い、人気の少ない場所に不用意に立ち入るなどの行動を避けるようにしてください。

フィリピンのお土産といえば?

フィリピンの定番のお土産はドライマンゴーです。スーパーなどで気軽に手に入り、南国テイストのお土産で安価なのでバラマキ用のお土産としても人気ですよ。また、バナナチップスや現地のインスタントラーメンも安価でおすすめのお土産で日本では見ることのないパッケージなので喜ばれます。お酒好きの人にはマンゴーリキュールも人気ですよ。食品以外のお土産としてはココナッツ石鹸がおすすめです。パッケージも可愛らしく、甘い香りにはリラックス効果も期待できます。同じくスキンケア用品としてココナッツオイルクリーム・リップも人気です。

フィリピンのおすすめホテルの概要

◆クエスト ホテル & カンファレンス センター – セブ

◆マンダリン プラザ ホテル

◆レッド プラネット マカティ マニラ

◆デュシタニ マニラ

◆ベルモント ホテル マニラ

◆ホリデイ・イン エクスプレス マニラ ニューポート シティ

◆フェアウェイズ アンド ブルーウォーター ボラカイ

◆レッド プラネット マニラ マビニ

◆ヘナン リゾート アロナ ビーチ

◆レッド プラネット セブ

◆ラ カルメーラ デボラカイ ホテル

◆ホテル H2O

◆ベイフロント ホテル セブ

◆ニュー ワールド マカティ ホテル

◆シティー ガーデン グランド ホテル

◆マイクロテル バイ ウィンダム モール オブ アジア

◆ソフィテル フィリピン プラザ マニラ

◆レッド プラネット アシアナ シティ マニラ

◆ザ ア ベニュー ホテル

◆ウォーターフロント エアポート ホテル & カジノ

◆ウォーターフロント セブ シティ ホテル & カジノ

◆F1 ホテル マニラ

◆レッド プラネット アンヘレス シティ

◆ラディソン ブル セブ

◆セブ ホワイト サンズ リゾート アンド スパ

◆クリムゾン ホテル フィリンベスト シティ マニラ

◆シェラトン マニラ ベイ

◆セントラル パーク タワー リゾート

◆セブ パークレーン インターナショナル ホテル

◆リビエラ マンション ホテル

◆ベイビュー パーク ホテル マニラ

◆ザ リンデン スイーツ

◆マルコ ポーロ プラザ セブ

◆シティ ガーデン ホテル マカティ

◆クリムゾン ビーチ リゾート アンド スパ マクタン

◆ザ ペニンシュラ マニラ