毛穴の開きを改善したい!毛穴トラブルのタイプや対策方法を紹介

毛穴の開きを改善したい!毛穴トラブルのタイプや対策方法を紹介

鏡を見て鼻や頬の毛穴が開いているのを見ると、がっかりしますよね。肌は年齢とともにゆるんでいきます。毛穴トラブルの原因は肌の乾燥や過剰な皮脂分泌、肌荒れなどです。皮脂や汚れが溜まったり、肌がたるんだりすることで毛穴トラブルを引き起こします。しかし、スキンケアを見直すことで、徐々に毛穴の開きが目立たなくなっていきます。高価な化粧水を使わなくても市販の化粧水で大丈夫。洗顔で汚れをしっかり落とし、自分の肌質に合った基礎化粧品でたっぷり保湿することが大事です。
毎日のスキンケアで毛穴を引き締めて、肌トラブルがなくメイクのノリがいい美しい肌を作りましょう。セルフケアで改善が見込めないときには、エステや美容皮膚科などのプロに相談することをおすすめします。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

肌質によって毛穴の開きの原因が異なる

肌に関する悩みはさまざまですが、男女ともに毛穴の開きに悩まされている方は多いでしょう。毛穴の開きが気になると、必死になって皮脂掃除をしたくなります。しかし皮脂汚れだけが毛穴の原因ではありません。実は毛穴の開きの原因は、肌質で違ってきます。自分の肌質と原因がわかれば、適切なケアで改善が目指せるでしょう。まずは肌質と毛穴開きの関係について解説していきます。

乾燥肌

乾燥肌は、肌の保水力が低く、常に肌の水分が足りない状態です。肌が乾燥するとターンオーバーが正常に行われなくなり、不要な角質が溜まってしまいます。厚い角質が邪魔をして化粧水が肌内部に浸透せず蒸発してしまうので、さらに乾燥する悪循環に。肌のキメが乱れて、毛穴が目立つようになってしまいます。

オイリー肌

オイリー肌は皮脂腺が大きく、もともと毛穴が目立ちやすい状態です。皮脂腺は肌の潤いをキープするのに大切なものです。しかし肌の水分バランスが崩れて皮脂が大量に排出されると、毛穴はどんどんと広がってしまいます。思春期あたりは、特に男性ホルモンの影響で皮脂が出やすくなります。

敏感肌

敏感肌は、さまざまな刺激に敏感で、肌荒れを起こしやすい状態です。化粧水の成分が肌に合わずに肌が荒れることもあれば、紫外線や花粉、ほこりなどが原因となることもあります。ストレスや睡眠不足、生活習慣などの影響も顕著に肌に表れます。肌が荒れると肌表面が凸凹に見えて、毛穴の開きも目立ってしまいます。

毛穴トラブルにも種類がある

一口に毛穴トラブルといっても、さまざまな種類があります。ここでは、毛穴トラブルにはどのようなものがあるか、特徴や原因を紹介します。自分の毛穴開きがどのタイプなのか知り、適切な対処でケアしていきましょう。

皮脂がつまったつまり毛穴

皮脂や汚れと古い角質が混ざり、角栓となって詰まってしまったものを「つまり毛穴」といいます。皮脂分泌の多いTゾーンにできやすいという特徴があり、10代から20代の方に多く見られます。肌代謝がよいこの世代は角栓が詰まりやすく、繰り返すニキビに悩む方も多いでしょう。つまり毛穴を放っておくと、角栓がどんどん硬く大きくなり、取り除きにくい状態に。結果的に毛穴がどんどん開いて目立つようになってしまいます。

角栓が酸化した黒ずみ毛穴

毛穴につまった角栓が酸化し、ぶつぶつと黒く目立つようになるのが「黒ずみ毛穴」です。特に鼻の頭や小鼻にできやすく、黒ずみがいちごの種のようなので、「いちご鼻」とも呼ばれます。30代以降の大人で、特に皮脂分泌量が多い方によく見られる毛穴トラブルです。

肌がたるんでできるたるみ毛穴

30代から目立ってくるのが「たるみ毛穴」です。加齢や外的要因で肌のハリが失われてたるむと、毛穴も一緒に涙型に伸びてしまい、目立つようになります。たるみ毛穴かどうか判別するには、髪をアップに結びます。毛穴が目立たなくなればたるみ毛穴です。

毛穴の開きをケアする対策方法はスキンケア

毛穴の開きについて、原因やタイプごとの特徴がつかめたら、毎日のスキンケアをしていきましょう。毎日なにげなく行っているスキンケアですが、意外と間違ったやり方をしていることもあるもの。あらためて正しいスキンケア方法を確認し、実践してみましょう。

しっかり洗顔して汚れや余分な皮脂を落とす

毎日朝夜に行う洗顔。メイクや汚れ、余分な皮脂を落として清潔な状態に整えることは、スキンケアの基本です。毛穴の開きや皮脂が気になる場合、ごしごしとこすったり、角栓を押し出そうと力を入れたりしがちですが、それでは逆効果です。肌を摩擦すると、刺激によってさらに乾燥や肌荒れが進んでしまうので、洗顔はこすらないように気を付けて優しく行いましょう。石けんや洗顔料はしっかりと泡立てて、たっぷりの泡を肌の上で滑らせるようにして洗います。洗顔ネットや洗顔用の泡立て容器を使えば、短時間でたっぷりの泡が作れますよ。毛穴汚れが気になる場合には、「酵素洗顔」もおすすめです。毛穴の奥につまった汚れや古い角質を、酵素の自然の力で優しくオフできます。また、角栓や角質、肌のごわつきのケアには、ピーリングも人気です。肌への刺激が強いタイプもあるので、できるだけ自然な成分で、ゲルタイプなど肌に負担がかかりにくいものを選びましょう。使用する際には頻度を守り、頻繁な使用は避けてくださいね。目立つ角栓の除去に剥がすタイプの毛穴シートやパックを利用している人もいますが、肌へのダメージが高く、逆に毛穴が開きやすくなってしまうのでおすすめできません。

化粧水をたっぷり使って保湿する

洗顔後は、化粧水をたっぷり使って肌をうるおしましょう。肌に透明感を与える美白化粧水、皮脂の分泌をコントロールして毛穴を引き締める収れん化粧水、肌にハリを与えてしわやたるみに効果的なエイジングケア(※年齢に応じたケア)ができる化粧水などさまざまな種類があるので、自分の肌に合うものを選んで使いましょう。化粧水をつける際にも、肌をこすらないように気を付けます。手のひらにとり、手の熱でじんわりと浸透させるように肌になじませます。乾燥が気になるところには重ね付けしたり、コットンパックをしたりするのもおすすめです。

美容液やクリームで肌に栄養を与えて水分を閉じ込める

化粧水で肌が十分にうるおったら、オイルや美容液で肌に栄養を与え、乳液やクリームでフタをしましょう。ホホバオイルなどのオイルは肌のターンオーバーを助ける働きがあり、透明感とツヤを与えます。また水分が蒸発するのを防ぎます。美容液は美容成分を肌の奥まで浸透させて、肌本来の機能をよみがえらせてくれます。ピンポイントでも使用できるので。乾燥や小じわの気になるところを集中的にケアできます。乳液やクリームは皮脂膜の代わりをして、肌の水分を閉じ込めて乾燥を防ぎます。肌の状態に合わせて使い分けて、調子を整えましょう。

セルフケアでも改善できないときはエステや美容皮膚科で相談

毎日正しいスキンケアをしてもなかなか毛穴の開きが改善されない場合や、できるだけ早く毛穴の開きを改善したい場合は、エステや美容皮膚科に頼るのもひとつの方法です。エステでは、専用の美容機器を使用したトリートメントが受けられます。リラックスして気持ちのいい時間を過ごしながら、肌の調子を整えていけるでしょう。美容皮膚科では、レーザー治療やヒアルロン酸注射などさまざまな施術が受けられます。まずはカウンセリングで肌の状態を確認してもらい、希望に合わせて適切な施術方法を提案してもらうとよいでしょう。

毛穴の開きを改善して美しい肌を作ろう

毛穴の開きや黒ずみは非常に目立って気になるので、早く改善したいと焦ってしまいますが、正しいスキンケアを心がけて地道にケアしていくことが一番です。生活習慣を見直し、食事や睡眠にも気を配ることで、体の内側から肌質を変えていくこともできるでしょう。毛穴開きを早く改善したい場合や、状態が悪化しているような場合には、早めに皮膚科を受診し、ケアや治療のアドバイスをもらってくださいね。自分に合ったケア方法で、毛穴レスなつるつる肌を目指しましょう。

ピックアップ記事

運営会社