広告

二重整形とダウンタイム|期間中の過ごし方のポイントは?

二重整形とダウンタイム|期間中の過ごし方のポイントは?

更新日: 2021年11月25日

一重まぶたや奥二重の人にとって、パッチリとした二重は憧れですよね。毎日アイプチで二重にするのも良いですが、毎日だと面倒なのもあって最近は二重整形をする人も増えています。二重整形をすれば憧れの二重を手に入れることができますが、心配なのがダウンタイム。とくに仕事をしていると、ダウンタイムの期間中、仕事を休むのは難しいですよね。
そんなダウンタイムの不安を持っているかたに、今回は二重整形のダウンタイムについて、ダウンタイムの基礎知識や期間中の過ごし方のポイントを紹介していきます。二重整形を考えていてダウンタイムが心配という方は、ぜひ参考にしてみてください。

本ページで紹介する商品・サービスの選定基準について
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

※ 紹介する商品・サービスにおける留意事項

本記事で取り上げる施術は、原則自由診療によるものです。自由診療の場合、公的医療保険制度は適用されず、費用はすべて自己負担となります。費用については事前によく確認し、納得してから施術を受けるようにしてください。

二重整形にはリスク・副作用があります。施術内容とともにリスク・副作用について医師に確認し、不明な点は相談して、納得してから施術を受けるようにしましょう。

リスクや副作用には、下記のようなものがあります。
二重施術(埋没法)のリスク・副作用:腫れ・内出血など。
二重整形(切開法)のリスク・副作用:まぶたに強い腫れや内出血・ラインの癒着が取れる・手術後の血腫が起こる。
埋没法、切開法ともに、仕上がりに左右左やラインのずれなどが生じ、理想の形にならないことがあります。

二重整形の種類

二重整形とは、一重まぶたや奥二重のまぶたを二重にする美容整形です。二重整形には種類があり、基本的には埋没法と切開法の2種類があります。どちらの方法でもまぶたを二重にすることができますが、それぞれにメリットとデメリットがあり、自分に合った施術方法で二重にすると良いでしょう。ここではまず、二重整形の埋没法と切開法について詳しく解説していきます。二重整形を考えているなら、この2つの方法については知っておきましょう。

埋没法

埋没法は「プチ整形」とも呼ばれ、切開を伴わない二重整形のこと。特殊な糸を使ってまぶたに二重のラインを作りキープさせ、切開しないため痛みや腫れが少ないのが特徴です。ただし、切開法とは違い、二重のデザインが制限されることが多く、糸で固定しているため糸が外れて二重が戻ってしまうことも。半永久的な二重を望む方には適しませんが、施術料金も安く、手軽に受けることができる二重整形です。

切開法

切開法は名前のとおり、余分な皮膚や脂肪を取り除いて、くっきりとした目元を作り出す二重手術です。埋没法に比べてくっきりとした二重をデザインすることができ、厚ぼったいまぶたにも有効。さらに半永久的な二重を手に入れることができますが、もしデザインが気に入らなかったとしても元に戻すことができません。また、ダウンタイムの期間が長くなるというデメリットもあります。切開するため埋没法に比べて費用も高めになっています。

切開法の種類

二重整形の切開法には部分切開法と全切開法があり、理想の目元デザインに合わせて切開場所を変えて対応します。二重のラインには、「並行型」と「末広型」があり、二重の幅も調整することが可能です。より自分の理想に近づけたい場合は切開法を選択するのがおすすめですが、切開法で二重にする場合は、二重のデザインについてしっかり医師と相談してから施術するのが良いでしょう。

二重整形のダウンタイムの経過

二重整形を行うとダウンタイムがあります。ダウンタイムとは施術してから回復するまでの期間のことで、二重整形は目元の整形なので目立ちやすく、気になる方が多いです。ダウンタイムの期間中も仕事に行ったり出かけたりしなければならない場合もあり、目の腫れやむくみ、あざが強いと二重整形をしたこともバレバレに。切開法に比べて埋没法のほうがダウンタイムの症状が少なく期間も短いのが特徴で、ここでは二重整形のダウンタイムの経過について解説していきます。

まぶたの腫れ

二重整形のダウンタイム期間に起こりやすい症状として、まぶたの腫れがあります。まぶたの腫れは手術してから2~3日目がピークで、術後1~2週間で80~90%の腫れが引くと言われています。術後1ヶ月経った頃には他人から見て腫れがほとんどわからない状態に。もちろん個人差がありますが、完全に腫れが引くのは術後数ヶ月で半年程度かかる場合もあります。まぶたの腫れは切開法のほうが強く腫れ、期間も長引くのが一般的です。

ふたえの幅

二重整形の手術を受けてすぐのときは、目元全体が腫れているため、二重の幅が広く見えます。腫れが引けるのと同時に二重の幅は狭くなり、自然な二重になってきます。まぶたの腫れは左右で違う場合があり、腫れの違いで左右の二重の幅も違って見えることがありますが、腫れが引ければ左右差も目立たなくなるのが一般的です。1ヶ月ほどで二重の幅は最終的な状態に近くなります。術後3ヶ月くらい経つと、二重の幅はほとんど変化しません。

あざ

二重整形を受けたあと、まぶたを中心として目の周りにあざができることがあります。あざは必ずしもできるわけではありませんが、痛み止めの注射のときに血管に針が当たったり、手術中の出血が多いと、あざがでやすくなります。抗凝固薬や抗血小板薬など血液をさらさらにする薬を飲んでいる人はあざが出やすく、注意しなければいけません。あざは2週間ほどは目立ちますが、徐々に薄くなり、コンシーラーなどで隠すことができます。

まぶたの傷跡

切開法で二重整形をした場合、当然二重のラインで切開した傷跡ができます。基本的には目を開けた時に二重の奥に織り込まれるためそれほど目立つことはありません。手術後7日前後で抜糸が終わり、そのあとはしばらく傷の部分に茶色っぽい色素沈着が見られる場合があります。傷跡は徐々に目立たなくなってきますが、落ち着くまでには数か月~半年かかることも。最終的に傷跡は、二重のラインと見分けがつかない状態になります。

広告

ダウンタイム期間中の過ごし方

二重整形をしたあとは、人によって症状の出方や強さに個人差があるものの、多くの場合ダウンタイムの期間があります。しかし、できるだけ早くダウンタイムを短くするために、自分でできることもいろいろあるんです。誰でも少しでも早く美しい二重を手に入れたいと願うものなので、ダウンタイムを短くするためにダウンタイム期間の過ごし方は大切。ここでは、ダウンタイム期間を少しでも短くするための過ごし方について解説していきます。

安静について

二重整形をしたあとは横になって安静にしていたほうが良いのではないかと思う人も多いですが、横になっている時間が長いと腫れや内出血が長引く原因になります。目というのは心臓より高い位置にあり、人間の血液の流れを考えると、できるだけ目の位置を心臓より高い位置に保っていたほうが、腫れや内出血が早く治ります。そのため、まぶたの腫れや内出血があるときは、できるだけ座ったり立ったりしている時間を増やしたほうがよいでしょう。

入浴について

二重整形をしたあと、入浴で長湯するのは腫れや内出血などのダウンタイムを長引かせる原因になります。血管は温かいと膨張し、血管が膨張すると血液の流れもよくなるため、腫れや内出血が長引いてしまいます。そのため、長湯して身体を温めるのは避けたほうが良いでしょう。また、抜糸するまではシャワーで目元を濡らさないようにすることも大切。腫れや内出血がある間はまぶたが炎症している状態なので、シャワーの刺激で炎症を悪化させることもあります。

冷却について

二重整形の手術をしたあと、腫れや内出血を早く引かせるために目の周りを冷やすことは良いことです。冷却することで血管が収縮し、腫れや内出血を軽減させる効果が期待できます。とくに、就寝中は横になっているので、朝起きた時が一番腫れや内出血が出やすい時間帯。手術後2~3日は、まぶたの腫れや内出血が最も出やすいので、朝起きたら3分程度目の周りを優しく冷やすと、腫れや内出血を引かせることができます。

運動について

運動をすると、当然血管が拡張し、血液の流れも良くなります。二重整形をしたあとのダウンタイム期間に運動をすると、血行が良くなることで腫れや内出血を長引かせてしまうことがあります。とくにダウンタイム期間の激しい運動は避けたほうが良いでしょう。一般的には、手術後10日程度は激しい運動はしないほうが良いと言われています。二重整形後の腫れや内出血が気になる期間は、運動は避けたほうが良いですね。

仕事について

二重整形は病気ではないため、目が腫れていたり内出血をしているからといって仕事を休むわけにはいかないという人も多いでしょう。基本的に、身体を激しく動かすような仕事でなければ、二重整形をしても翌日から仕事をすることは可能です。ただし、二重整形をして2~3日は目の腫れや内出血が強く現れることが多いので、もし休みが取れるなら数日休みをとるのも良いでしょう。また、ダウンタイム期間に仕事に行くと周囲の人に整形したことがわかってしまう可能性が高いため、対策を取ることが大切。

お酒について

二重整形をしたからといって、お酒を飲んではいけないということはありませんが、ダウンタイム期間のアルコール摂取は腫れや内出血を長引かせる原因になります。アルコールを摂取すると顔が赤くなりますが、これはアルコールが血管に作用し、血管を膨張させ血流をよくするためです。血行が良くなるということは、腫れや内出血を長引かせることになるため、手術後2週間ほどはお酒を控えたほうが良いでしょう。

ダウンタイムを乗り切るために

二重整形をするとダウンタイム時はまぶたの腫れや内出血などが現れ、目の印象がかなり変わります。しかし、ダウンタイム期間だからといって仕事を休むわけにもいかず悩む人も多いでしょう。整形したことを周りの人に知られたくないという場合は、とくに困りますよね。そこでここでは、ダウンタイムにできるだけ二重整形がバレないよう、カモフラージュする方法について解説していきます。さまざまな方法を駆使して、ダウンタイムを乗り切りましょう。

メガネやサングラスを使う

まぶたの腫れや内出血が目立つ場合は、サングラスやメガネを使って目を隠してみましょう。薄い色つきのサングラスだと目の印象はかなりわかりにくくなります。また、メガネを使用するときは、できるだけフレームが太い眼鏡のほうが目立ちにくくなります。メガネなら自然に腫れたまぶたや内出血をカモフラージュすることができますよ。普段メガネを使っていない方は、度の入っていないメガネを用意しておくのが良いでしょう。

前髪をおろす

目の印象を隠したいなら、あらかじめ二重整形をする前から前髪を長く伸ばしておき、前髪を下ろすことで目元を隠すことができます。前髪をおろしていても違和感がない髪型にしておけば、より自然に目元をカモフラージュすることができます。ただし、前髪で目元を隠しすぎると、逆に違和感が出て目立つため、自然なヘアスタイルをつくることが大切です。前髪でカモフラージュしながら、ダウンタイムを乗り切りましょう。

広告

メイクでカバーする

まぶたの腫れや内出血を隠すなら、メイクでカバーするのが最も効果的です。例えば、内出血が強い場合には、濃いめのカラーのアイシャドーがおすすめ。濃い色のアイシャドーは傷跡もカバーしてくれます。まぶたの腫れが気になる場合はビューラーでまつ毛をしっかりカールし、マスカラを使うのもおすすめ。まつ毛は上向きにしっかりカールされていると、二重の幅が広い時期も目立ちにくくなります。ダウンタイム中は上手にメイクでカバーしましょう。

二重整形は上手にダウンタイムを乗り切ろう!

二重整形は、パッチリとした二重の目元を手に入れることができ、一重まぶたや奥二重の人には憧れですよね。しかし、手術後のダウンタイム期間にまぶたが腫れ、内出血が起こり、周りの人に整形したことがバレてしまうのではと心配です。ダウンタイムは二重整形の方法によっても期間や症状が異なりますが、上手にカバーすることもできます。二重整形をしたあとは、上手にダウンタイムを乗り切っていきましょう。

二重整形に関連する記事

ユーザーさんの「キレイになりたい!」を応援するため、美容医療の業界について日々研究しています。

◆ 保有資格

薬事法管理者、YMAAマーク(薬機法・医療法適法広告取扱個人認証)

広告

広告

広告

運営会社