二重整形とダウンタイム|期間中の過ごし方のポイントは?

二重整形とダウンタイム|期間中の過ごし方のポイントは?

一重まぶたや奥二重の人にとって、パッチリとした二重は憧れですよね。毎日アイプチで二重にするのも良いですが、毎日だと面倒なのもあって最近は二重整形をする人も増えています。二重整形をすれば憧れの二重を手に入れることができますが、心配なのがダウンタイム。とくに仕事をしていると、ダウンタイムの期間中、仕事を休むのは難しいですよね。
そんなダウンタイムの不安を持っているかたに、今回は二重整形のダウンタイムについて、ダウンタイムの基礎知識や期間中の過ごし方のポイントを紹介していきます。二重整形を考えていてダウンタイムが心配という方は、ぜひ参考にしてみてください。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

二重整形の種類

二重整形とは、一重まぶたや奥二重のまぶたを二重にする美容整形です。二重整形には種類があり、基本的には埋没法と切開法の2種類があります。どちらの方法でもまぶたを二重にすることができますが、それぞれにメリットとデメリットがあり、自分に合った施術方法で二重にすると良いでしょう。ここではまず、二重整形の埋没法と切開法について詳しく解説していきます。二重整形を考えているなら、この2つの方法については知っておきましょう。

埋没法

埋没法は「プチ整形」とも呼ばれ、切開を伴わない二重整形のこと。特殊な糸を使ってまぶたに二重のラインを作りキープさせ、切開しないため痛みや腫れが少ないのが特徴です。ただし、切開法とは違い、二重のデザインが制限されることが多く、糸で固定しているため糸が外れて二重が戻ってしまうことも。半永久的な二重を望む方には適しませんが、施術料金も安く、手軽に受けることができる二重整形です。

切開法

切開法は名前のとおり、余分な皮膚や脂肪を取り除いて、くっきりとした目元を作り出す二重手術です。埋没法に比べてくっきりとした二重をデザインすることができ、厚ぼったいまぶたにも有効。さらに半永久的な二重を手に入れることができますが、もしデザインが気に入らなかったとしても元に戻すことができません。また、ダウンタイムの期間が長くなるというデメリットもあります。切開するため埋没法に比べて費用も高めになっています。

切開法の種類

二重整形の切開法には部分切開法と全切開法があり、理想の目元デザインに合わせて切開場所を変えて対応します。二重のラインには、「並行型」と「末広型」があり、二重の幅も調整することが可能です。より自分の理想に近づけたい場合は切開法を選択するのがおすすめですが、切開法で二重にする場合は、二重のデザインについてしっかり医師と相談してから施術するのが良いでしょう。

二重整形のダウンタイムの経過

二重整形を行うとダウンタイムがあります。ダウンタイムとは施術してから回復するまでの期間のことで、二重整形は目元の整形なので目立ちやすく、気になる方が多いです。ダウンタイムの期間中も仕事に行ったり出かけたりしなければならない場合もあり、目の腫れやむくみ、あざが強いと二重整形をしたこともバレバレに。切開法に比べて埋没法のほうがダウンタイムの症状が少なく期間も短いのが特徴で、ここでは二重整形のダウンタイムの経過について解説していきます。

まぶたの腫れ

二重整形のダウンタイム期間に起こりやすい症状として、まぶたの腫れがあります。まぶたの腫れは手術してから2~3日目がピークで、術後1~2週間で80~90%の腫れが引くと言われています。術後1ヶ月経った頃には他人から見て腫れがほとんどわからない状態に。もちろん個人差がありますが、完全に腫れが引くのは術後数ヶ月で半年程度かかる場合もあります。まぶたの腫れは切開法のほうが強く腫れ、期間も長引くのが一般的です。

ふたえの幅

二重整形の手術を受けてすぐのときは、目元全体が腫れているため、二重の幅が広く見えます。腫れが引けるのと同時に二重の幅は狭くなり、自然な二重になってきます。まぶたの腫れは左右で違う場合があり、腫れの違いで左右の二重の幅も違って見えることがありますが、腫れが引ければ左右差も目立たなくなるのが一般的です。1ヶ月ほどで二重の幅は最終的な状態に近くなります。術後3ヶ月くらい経つと、二重の幅はほとんど変化しません。

あざ

二重整形を受けたあと、まぶたを中心として目の周りにあざができることがあります。あざは必ずしもできるわけではありませんが、痛み止めの注射のときに血管に針が当たったり、手術中の出血が多いと、あざがでやすくなります。抗凝固薬や抗血小板薬など血液をさらさらにする薬を飲んでいる人はあざが出やすく、注意しなければいけません。あざは2週間ほどは目立ちますが、徐々に薄くなり、コンシーラーなどで隠すことができます。

まぶたの傷跡

切開法で二重整形をした場合、当然二重のラインで切開した傷跡ができます。基本的には目を開けた時に二重の奥に織り込まれるためそれほど目立つことはありません。手術後7日前後で抜糸が終わり、そのあとはしばらく傷の部分に茶色っぽい色素沈着が見られる場合があります。傷跡は徐々に目立たなくなってきますが、落ち着くまでには数か月~半年かかることも。最終的に傷跡は、二重のラインと見分けがつかない状態になります。

ダウンタイム期間中の過ごし方

二重整形をしたあとは、人によって症状の出方や強さに個人差があるものの、多くの場合ダウンタイムの期間があります。しかし、できるだけ早くダウンタイムを短くするために、自分でできることもいろいろあるんです。誰でも少しでも早く美しい二重を手に入れたいと願うものなので、ダウンタイムを短くするためにダウンタイム期間の過ごし方は大切。ここでは、ダウンタイム期間を少しでも短くするための過ごし方について解説していきます。

安静について

二重整形をしたあとは横になって安静にしていたほうが良いのではないかと思う人も多いですが、横になっている時間が長いと腫れや内出血が長引く原因になります。目というのは心臓より高い位置にあり、人間の血液の流れを考えると、できるだけ目の位置を心臓より高い位置に保っていたほうが、腫れや内出血が早く治ります。そのため、まぶたの腫れや内出血があるときは、できるだけ座ったり立ったりしている時間を増やしたほうがよいでしょう。

入浴について

二重整形をしたあと、入浴で長湯するのは腫れや内出血などのダウンタイムを長引かせる原因になります。血管は温かいと膨張し、血管が膨張すると血液の流れもよくなるため、腫れや内出血が長引いてしまいます。そのため、長湯して身体を温めるのは避けたほうが良いでしょう。また、抜糸するまではシャワーで目元を濡らさないようにすることも大切。腫れや内出血がある間はまぶたが炎症している状態なので、シャワーの刺激で炎症を悪化させることもあります。

冷却について

二重整形の手術をしたあと、腫れや内出血を早く引かせるために目の周りを冷やすことは良いことです。冷却することで血管が収縮し、腫れや内出血を軽減させる効果が期待できます。とくに、就寝中は横になっているので、朝起きた時が一番腫れや内出血が出やすい時間帯。手術後2~3日は、まぶたの腫れや内出血が最も出やすいので、朝起きたら3分程度目の周りを優しく冷やすと、腫れや内出血を引かせることができます。

運動について

運動をすると、当然血管が拡張し、血液の流れも良くなります。二重整形をしたあとのダウンタイム期間に運動をすると、血行が良くなることで腫れや内出血を長引かせてしまうことがあります。とくにダウンタイム期間の激しい運動は避けたほうが良いでしょう。一般的には、手術後10日程度は激しい運動はしないほうが良いと言われています。二重整形後の腫れや内出血が気になる期間は、運動は避けたほうが良いですね。

仕事について

二重整形は病気ではないため、目が腫れていたり内出血をしているからといって仕事を休むわけにはいかないという人も多いでしょう。基本的に、身体を激しく動かすような仕事でなければ、二重整形をしても翌日から仕事をすることは可能です。ただし、二重整形をして2~3日は目の腫れや内出血が強く現れることが多いので、もし休みが取れるなら数日休みをとるのも良いでしょう。また、ダウンタイム期間に仕事に行くと周囲の人に整形したことがわかってしまう可能性が高いため、対策を取ることが大切。

お酒について

二重整形をしたからといって、お酒を飲んではいけないということはありませんが、ダウンタイム期間のアルコール摂取は腫れや内出血を長引かせる原因になります。アルコールを摂取すると顔が赤くなりますが、これはアルコールが血管に作用し、血管を膨張させ血流をよくするためです。血行が良くなるということは、腫れや内出血を長引かせることになるため、手術後2週間ほどはお酒を控えたほうが良いでしょう。

ダウンタイムを乗り切るために

二重整形をするとダウンタイム時はまぶたの腫れや内出血などが現れ、目の印象がかなり変わります。しかし、ダウンタイム期間だからといって仕事を休むわけにもいかず悩む人も多いでしょう。整形したことを周りの人に知られたくないという場合は、とくに困りますよね。そこでここでは、ダウンタイムにできるだけ二重整形がバレないよう、カモフラージュする方法について解説していきます。さまざまな方法を駆使して、ダウンタイムを乗り切りましょう。

メガネやサングラスを使う

まぶたの腫れや内出血が目立つ場合は、サングラスやメガネを使って目を隠してみましょう。薄い色つきのサングラスだと目の印象はかなりわかりにくくなります。また、メガネを使用するときは、できるだけフレームが太い眼鏡のほうが目立ちにくくなります。メガネなら自然に腫れたまぶたや内出血をカモフラージュすることができますよ。普段メガネを使っていない方は、度の入っていないメガネを用意しておくのが良いでしょう。

前髪をおろす

目の印象を隠したいなら、あらかじめ二重整形をする前から前髪を長く伸ばしておき、前髪を下ろすことで目元を隠すことができます。前髪をおろしていても違和感がない髪型にしておけば、より自然に目元をカモフラージュすることができます。ただし、前髪で目元を隠しすぎると、逆に違和感が出て目立つため、自然なヘアスタイルをつくることが大切です。前髪でカモフラージュしながら、ダウンタイムを乗り切りましょう。

メイクでカバーする

まぶたの腫れや内出血を隠すなら、メイクでカバーするのが最も効果的です。例えば、内出血が強い場合には、濃いめのカラーのアイシャドーがおすすめ。濃い色のアイシャドーは傷跡もカバーしてくれます。まぶたの腫れが気になる場合はビューラーでまつ毛をしっかりカールし、マスカラを使うのもおすすめ。まつ毛は上向きにしっかりカールされていると、二重の幅が広い時期も目立ちにくくなります。ダウンタイム中は上手にメイクでカバーしましょう。

二重整形は上手にダウンタイムを乗り切ろう!

二重整形は、パッチリとした二重の目元を手に入れることができ、一重まぶたや奥二重の人には憧れですよね。しかし、手術後のダウンタイム期間にまぶたが腫れ、内出血が起こり、周りの人に整形したことがバレてしまうのではと心配です。ダウンタイムは二重整形の方法によっても期間や症状が異なりますが、上手にカバーすることもできます。二重整形をしたあとは、上手にダウンタイムを乗り切っていきましょう。

関連する記事

詳しく

二重整形手術に副作用はある?施術の際のポイントやリスクを紹介

二重整形には「埋没法」と「切開法」の大きく2通りの施術方法があります。埋没法は医療用の糸をまぶたに埋め込み二重を作る方法です。メスを使用しない分、副作用やリスクは少ないとされていますが、ハレや痛み、施術箇所の異物感や違和感、内出血などが起こる可能性があります。切開法はメスでまぶたを切開し二重を作る方法です。メスで切開するため、二重が半永久的に続くメリットがある反面、ハレや痛み、切開箇所の内出血や再出血、血腫などが起こる可能性があります。二重整形手術を受ける際は、施術方法の特徴や副作用などのリスクをしっかり理解しておくことが重要です。施術前にドクターと仕上がりイメージを共有し、理想の目もとを手に入れましょう。

詳しく

二重手術の値段はどれくらい?二重整形の施述ごとの費用相場を紹介

ぱっちりとした大きな二重の目は、日本人女性にとって憧れですよね。日本人は実は皮下脂肪が多く、まぶたの脂肪で一重になっていることも。その場合でも手術で二重にすることはできますが、アイプチとは異なり費用も時間もかかり、元に戻ってしまうのでは?と不安に思う人も多いのではないでしょうか。でも、二重手術のなかにもリーズナブルでできるものや、半永久的に継続できる手法があるんです。この記事では、そんな二重手術について紹介しています。施術ごとの特徴や費用相場も説明していますので、二重手術が気になっている人はぜひ参考にしてみてください。

詳しく

男性にもおすすめ二重整形クリニック15選*人気の美容外科を紹介

整形の中でも人気のメニューと言えば二重整形。最近は女性だけでなく男性でも二重整形をする人が増えました。男性もぱっちりとした二重の目元に憧れますよね。しかし、実際に男性が二重整形を受けるとき、どこのクリニックに行けばよいのか迷います。どうせ二重にするなら、男性らしいかっこいい目元を作りたいので、男性の二重整形を得意とするクリニックを選びたいものです。 そこで今回は、男性にもおすすめの二重整形ができる人気美容外科クリニックを厳選して紹介していきます。二重整形は切開法や埋没法などさまざまな種類があるため、二重整形の基礎知識も解説。男性でかっこいい二重を目指したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

二重になる方法|アイプチや整形などあなたにあった二重術は?

はれぼったい奥二重や一重を、パッチリとした二重にしたいと考える人も多いでしょう。二重になる方法は、自力で二重を作るものと美容整形があります。自力で二重になる方法には、毎日のマッサージやアイプチ、目力をきたえるトレーニングなどがあります。費用がほとんどかからないでできるものもあるので、中学生でもはじめられるメリットがあります。男性用のアイプチもあり、人にバレずに二重を作れるでしょう。一方、美容整形で二重になる方法は、まぶたを切らずに二重を作る埋没方法と、まぶたを切る切開方法の2種類があります。いずれも、すぐに理想の二重が作れる点がメリットです。二重になる方法のメリットやデメリットを知って、自分にあった方法を探しましょう。

詳しく

二重マッサージとは?簡単なやり方や二重になるコツ、注意点を紹介!

一重や奥二重で、朝起きて二重ラインができていた経験がある人は、アイプチやアイテープを使わずに、二重マッサージをすることで二重になれる可能性があります。二重マッサージは1日数分間行うだけの簡単な内容なので、誰でもすぐに実践できます。しかし二重マッサージを行う際に力を入れすぎてしまうと、目のシワやたるみの原因になることも。クリームを使って優しく行うなど、正しいやり方で行って初めて効果を実感できるようになります。また二重が固定されるまでには時間がかかるので、最低でも1ヶ月間はマッサージを続ける必要があります。二重マッサージとあわせて目元を温めてあげると、むくみが取れてすっきりしますよ。

詳しく

綺麗な二重まぶたの作り方は?おすすめの二重テクニックを紹介

綺麗な二重まぶたはメイクのバリエーションも広がり、目が大きく見えて印象的な目元を作りやすいのが魅力です。理想の綺麗な二重まぶたを手に入れたいと思う女性は多くいます。 二重まぶたの作り方は、アイプチやアイテープ などを使う方法が手軽で人気です。また、毎日マッサージすると綺麗な二重が作れることもあります。またメイクによる二重の作り方は、コツを得られれば、アイシャドウやアイライン、マスカラなどをうまく使って、二重のような目元を演出することも可能です。毎日二重を作るのが面倒な人は、美容整形外科で綺麗な二重まぶたになる手術を受ける方法も選択肢の1つです。

詳しく

まぶたを二重にしたい!どんな方法があるの?様々な方法を徹底調査しました

二重まぶたには、何種類かの形があります。目尻に向かうにつれて二重の幅が広くなる末広型二重、目頭から目尻にかけて二重の幅が同じ平行型二重、二重の幅が狭い奥二重です。二重には遺伝も影響しますが、成長や加齢で二重になる場合もあります。 自分で二重まぶたにしたい場合は、二重に見えるようなメイク方法や、アイプチやアイテープなどを使って二重を作る方法、目をマッサージして二重にする方法などがあります。また、費用はかかりますが、美容外科で整形する方法もあります。ただし、整形の種類によっては元のまぶたに戻らない場合もありますので、メリットだけでなくデメリットについてもよく考えてから施術を受けましょう。

詳しく

二重マッサージに効果はある?効果が出やすい人の特徴は?

一重と二重まぶたとでは、構造に違いがあります。まぶたを開かせる上眼瞼挙筋の分岐部分が、まぶたにくっついていると二重になります。一重の人でも、もともと二重のまぶた構造があり、むくみや脂肪により一重になっている人は、マッサージで二重になることがあります。 二重マッサージは蒸しタオルやリンパマッサージ、指圧やエクササイズでまぶたのむくみを取る手法です。まぶたはデリケートな部分なので、やさしく扱うよう心がけましょう。二重マッサージで効果が実感できない方は、美容クリニックで相談してはいかがでしょうか。埋没法や切開法など、カウンセリングを通して自分に適した方法選びましょう。

詳しく

二重幅を狭くしたい!二重整形後の二重幅を狭くすることはできるの?

二重手術をしたけど、幅が広すぎてなんだか不自然になってしまったという人は、意外と少なくありません。でも、一度作ってしまった二重を修正することはできるのか、不安に思いますよね。結論からいうと二重整形後に二重幅を狭くすることは可能です。ただし、二重を作る時よりも難しい技術が必要になり、デメリットも理解しておく必要があると言えるでしょう。この記事では、そんな二重整形後の二重幅を狭くすることについて紹介しています。ただし、ここで紹介することはあくまでも一例ですので、実際の施術の際にはクリニックの医師の指示に従うようにしてくださいね。

詳しく

埋没法の二重は元に戻る?埋没法のやり直し手術はできるの?

埋没法は、メスを使わずに医療用の針と糸でまぶたにヒダを作り、二重のラインを作れる整形手術です。一般的には切開法よりも手軽な二重整形法として知られており、やり直しができると謳っているクリニックも少なくありません。でも、本当にやり直すことができるのか、すぐ糸が外れてしまうことはないのか不安に思う人も多いのではないでしょうか。この記事では、そんな二重埋没法はやり直しができるのか、糸が外れてしまうのはどんな時なのか、詳しく説明します。埋没法を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

詳しく

二重埋没法のデメリットは?埋没法に向かないまぶたタイプがある?

二重埋没法とは、メスを使わず、針や糸を使って二重のラインを生成する施術のことで、ダウンタイムの長い切開法などに比べて手軽で素早く二重になれるのが魅力です。気軽に二重手術をしたい人にとってはメリットの多い施術方法ですが、糸が取れやすいなどのデメリットがあることも。また、切開法とは異なり脂肪やたるみの切除ができないため、まぶたの状態が埋没法に向かないこともあります。この記事では、二重埋没法のデメリットや、埋没法に向かないまぶたについて紹介しています。二重手術を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

詳しく

二重埋没法のダウンタイム期間は?期間中に注意するポイントなども紹介

二重埋没法とは二重整形手術のひとつで、メスを使った切開法とは異なり、細い糸と針を使うのみなので痛みや腫れも少なく、手軽に二重にできる人気のプチ整形手術です。特に、術後に体を休める期間を指す「ダウンタイム」が短く済むことがメリットのひとつで、3日から1週間程度でもとの生活に戻ることができます。この記事では、そんな二重埋没法の「ダウンタイム」について紹介しています。症状の現れ方から期間中に注意したいポイントまで、幅広く説明していますので、二重埋没法を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

詳しく

二重切開法のダウンタイム期間は?期間中に注意するポイントなども紹介

ダウンタイムとは、美容整形手術後に安静にして過ごす期間のことで、一般的に整形した部分の腫れが収まり、落ち着くまでの期間を指します。二重を作る切開法においては、ダウンタイムは1週間から1ヶ月とも言われており、本当に二重の状態が落ち着くまでには2〜3ヶ月かかることも。もちろん、最初の数日は腫れも強いので、ゆっくりと安静にする必要があります。この記事では、そんな二重切開法のダウンタイムについて説明しています。期間中に注意するポイントなども紹介しているので、二重切開法が気になっている人はぜひ参考にしてみてください。

詳しく

二重整形のダウンタイムはどれくらい?施術の種類によってダウンタイムは違う?

二重整形のダウンタイムは、埋没法と切開法のどちらを選ぶかによって異なっています。一般的には埋没法のほうがダウンタイムは短く、切開法は長くなっており、それぞれに特徴があります。この記事では、そんな二重整形のダウンタイムについて紹介しています。ダウンタイムの症状から過ごし方など、幅広く説明しているので、二重手術後のダウンタイムが気になっている人はぜひ参考にしてみてください。なお、こちらの記事は一般的な内容を説明しており、実際に手術を受ける際には医師の注意をよく聞き、指示に従うことが大切です。不安なことはまずクリニックにも聞いてみるようにしてくださいね。

詳しく

二重切開法はどんな施術方法?まぶたが分厚い人にもおすすめ?

二重切開法とは、まぶたを切って二重を作り出す整形手術のことです。まぶたを切ることで不要な脂肪や筋肉などを除去できるので、二重を作るだけでなく理想的な目元を作り出せるのがメリットのひとつであり、まぶたの分厚さや脂肪の多さにも関係なく施術ができるようになっています。一方で、痛そうなイメージが伴い、興味はあるけど実行には移せないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、そんな人のために「二重切開法」について詳しく紹介しています。施術方法から、切開法がむいているまぶたの見分け方まで、幅広く説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

二重埋没法はどんな施術方法?切らない二重が人気の理由

二重埋没法は、切らない二重手術として人気を集めている施術で、簡単に、かつリーズナブルに二重になれることで幅広い世代に評判です。ただ、埋没法にも種類があり、それによって仕上がりや値段も変わってきます。どんな種類があるのか、また、切開法との違いは何なのかなど、二重手術を検討している人なら気になりますよね。今回は、そんな人に向けて二重埋没法について紹介しています。施術の内容や価格相場、どんな人に向いているのかなど、様々なことを紹介していますので、二重手術が気になっている人はぜひ参考にしてみてください。

詳しく

二重埋没法の値段はどれくらい?費用相場や施術の特徴を紹介!

二重手術といえば、切開しなきゃいけないと思う人も少なくないのではないでしょうか。二重埋没法は、メスを使わず、細い針と糸でまぶたを留めることで二重を作り出せる整形手術。出血も痛みも少なく、理想の二重を目指すことができます。また、手軽さだけでなくリーズナブルさも魅力の一つ。通常よりも気軽にできることから、若い世代に人気を集めている手術方法です。 この記事では、そんな二重埋没法について紹介しています。費用相場から施術の特徴まで、幅広く説明していますので、二重手術を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

詳しく

二重整形 長野|おすすめクリニック4選*埋没法と切開法の違いも紹介

日本人の多くは一重まぶただと言われていますが、どうしても二重まぶたに憧れるという方におすすめなのが美容整形の二重術。これは大きく医療用の細い糸を使ってまぶたの内側を数カ所縫い留めて二重のラインを作る「埋没法」とまぶたを切開して二重ラインを作る「切開法」との2つに分けられます。埋没法はメスを使わないので美容整形が初めての方にも抵抗が少なく、比較的リーズナブルなのが特徴です。一方、まぶたを切る切開法はまぶたの脂肪が多い場合にもはっきりとしたラインを作ることができます。それぞれにメリット・デメリットがあり、特徴も異なります。今回は、長野にある二重整形におすすめのクリニックを紹介します。

詳しく

二重整形 山口|おすすめクリニック2選*埋没法と切開法の違いも紹介

日本人の多くは一重まぶただと言われていますが、どうしても二重まぶたに憧れるという方におすすめなのが美容整形の二重術。これは大きく医療用の細い糸を使ってまぶたの内側を数カ所縫い留めて二重のラインを作る「埋没法」とまぶたを切開して二重ラインを作る「切開法」との2つに分けられます。埋没法はメスを使わないので美容整形が初めての方にも抵抗が少なく、比較的リーズナブルなのが特徴です。一方、まぶたを切る切開法はまぶたの脂肪が多い場合にもはっきりとしたラインを作ることができます。それぞれにメリット・デメリットがあり、特徴も異なります。今回は、山口にある二重整形におすすめのクリニックを紹介します。

詳しく

二重整形 宮城|おすすめクリニック12選*埋没法と切開法の違いも紹介

宮城にある二重整形におすすめのクリニックを紹介していきます。宮城には二重整形ができる美容外科などのクリニックがたくさんありますが、そのほとんどが仙台に集中しているのが特徴です。仙台は宮城の中で最も大きな都市で、人が集まる場所なので、美容クリニックもたくさん集まっているんですね。そんな宮城で二重整形をしたいと考えたとき、クリニック選びに迷う方も多いのではないでしょうか。せっかく二重整形をするなら、理想的な目元にするために、信頼できるクリニックを選びたいものですよね。そこで今回は、宮城にある二重整形ができるクリニックの中でも、信頼と実績がある人気のクリニックを厳選して紹介していきたいと思います。

詳しく

二重整形 立川|おすすめクリニック6選*埋没法と切開法の違いも紹介

どうしても一重まぶただと目が腫れぼったく見えたり、怖い印象を与えてしまうと悩んでいる方も多くいます。そういった場合には、アイプチなどで二重を作ることも可能ではありますが手間がかかる上に汗をかいたり水に濡れたりすると取れてしまいます。アイプチなどの手間を省きたい、長時間きれいな二重を維持したいという場合には、二重整形がおすすめです。最近では納得して受けられる施術も多いので、学生さんにもおすすめできます。今回は立川で人気の二重整形ができる美容外科をまとめてみました。歴史や評判のあるクリニックばかりなので、納得して施術を受けることができます。費用や術式に関しても紹介しているので、一重でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

詳しく

二重整形 熊本|おすすめクリニック8選*埋没法と切開法の違いも紹介

顔の印象を決める大切なパーツである目元。とくに一重まぶたにコンプレックスを感じている方は多く、メイクで毎朝二重を作るのも一般的になっています。しかし最近では、二重整形もポピュラーになっており気軽に二重を作ることができるので、一重まぶたにお悩みの方にはぜひおすすめしたい施術です。自然で美しい目元を作ることができるので、メイク時間も短縮できます。 今回は熊本の美容外科をまとめてみました。全国展開しているクリニックからローカルのクリニックまで様々です。二重幅やまぶたの脂肪など、目元のお悩みがある方にもおすすめできるので早速チェックしてみましょう。

詳しく

二重整形 二子玉川|おすすめクリニック4選*埋没法と切開法の違いも紹介

顔の印象を決めると言われている目元。とくに一重まぶたの方はぱっちりとした二重に憧れるという方も多いのではないでしょうか。最近では化粧品やテープなどで二重を自分で作ることはできますが、手間がかかりますしまぶたがかぶれたり、皮膚のたるみの原因になることもあります。そういったトラブルを避けるためには、やはり二重整形がおすすめ。 今回は二子玉川エリアでおすすめの二重整形ができる美容外科をまとめてお届けします。地元のクリニックが多く、アットホームな雰囲気なので初めて美容外科に行く方にもおすすめできます。お近くのクリニックをチェックしておきましょう。

詳しく

二重整形 石川|おすすめクリニック11選*埋没法と切開法の違いも紹介

理想の顔は人によってそれぞれあります。キリッとした眉やスッとした鼻、魅力的な唇など顔の印象を左右するパーツを整えたいと思うのは美を追求する上で誰もが通る道です。中でも目は重要なパーツで、大きな目は綺麗な印象や可愛らしい印象、かっこいい印象を与えます。目を大きく見せる要素として欠かせないのが二重です。 今回は生まれつき二重でない人でも、理想の二重を手にすることが出来る二重整形に関するまとめを作成してみました。石川県の二重整形の施術を行ってくれるおすすめのクリニックを紹介しているので二重整形をしたい人は参考にしてみてください。

詳しく

二重整形の費用相場はどれくらい?埋没や切開の値段の違いは?

芸能人などでなくても自分のコンプレックスを解消するために美容整形を行うという人は増えています。さまざまな美容整形の中でも特に人気が高い施術が二重整形。顔の印象を大きく左右する目元を、パッチリとした魅力的な二重にしたいと思う人は多いようです。二重整形を考えた時、気になるのが費用ですよね?一口に二重整形と言っても埋没法と切開法という全く異なる2種類の施術があり、金額も大きく異なります。また、保険適応ではない二重整形は、美容外科によって費用も異なるのも事実。リーズナブルなほうが良いものの、大切な目の美容整形なので、安かろう悪かろうでは困ります。 今回は、二重整形の費用の相場についてや、施術によっての値段の違いなど、二重整形の気になる費用についてまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

詳しく

二重整形 小倉|おすすめクリニック8選*埋没法と切開法の違いも紹介

芸能人でなくても、近年は自分のコンプレックスを解消するために美容整形を選択する人が増えています。その代表的な施術が、二重整形。顔の中でも最も印象を左右するといわれているのが目。そんな目元が腫れぼったかったり重々しいと印象が悪く感じてしまうことも多いようです。そんなコンプレックスを解消すべく、老若男女問わず多くの人たちが美容外科を訪れています。二重整形と一口に言っても、その施術方法は一通りではなく、それぞれにメリットとデメリットがあります。しっかりカウンセリングを行って、納得のいく施術を行ってもらうのがおすすめ。そのためには美容外科選びはとても重要です。二重整形に興味があるけれども美容外科選びで悩んでいる人も多いかと思います。そこで今回は、小倉で美容外科選びに悩んでいる人に参考にしてほしい二重整形におすすめのクリニックを紹介します。

詳しく

二重整形 茨城|おすすめクリニック6選*埋没法と切開法の違いも紹介

魅力的な目を演出するために二重は欠かせないポイントです。生まれつき二重でない人でも二重整形を行うことで、スッキリ綺麗な二重を手に入れることができます。二重整形は永久的なので、アイプチを毎日するのが面倒くさいという人にもおすすめです。とは言え二重整形はハードルが高いと考える人も少なくありません。 今回はそんな人の為に、二重整形に関するトピックスや整形外科の選び方、茨城県にあるおすすめの美容外科をまとめた記事を作成してみました。二重整形に興味がある人、二重整形ができるクリニックを探している人は参考にしてみてください。

詳しく

二重整形 群馬|おすすめクリニック8選*埋没法と切開法の違いも紹介

二重整形をしたいと思ったことはありますか?二重は目の印象を大きく左右する要素の1つで、二重であることからぱっちりとした目の印象を与えることができます。アイプチなどで一時的に二重にすることは可能ですが、毎日のメイクの度にアイプチをするのは少し手間がかかります。二重整形をしてしまえば永久的に二重を手に入れることができ、毎日のメイクの手間も省くことが可能です。 今回は群馬県にある二重整形におすすめの美容外科クリニックまとめてみました。二重整形の方法や二重整形の注意点、クリニックの選び方などをまとめているので二重整形に興味がある人は参考にしてみてください。

詳しく

二重整形 福岡|おすすめクリニック17選*埋没法と切開法の違いも紹介

日本人の多くは一重まぶただと言われていますが、どうしても二重まぶたに憧れるという方におすすめなのが美容整形の二重術。これは大きく医療用の細い糸を使ってまぶたの内側を数カ所縫い留めて二重のラインを作る「埋没法」とまぶたを切開して二重ラインを作る「切開法」との2つに分けられます。 埋没法はメスを使わないので美容整形が初めての方にも抵抗が少なく、比較的リーズナブルなのが特徴です。一方、まぶたを切る切開法はまぶたの脂肪が多い場合にもはっきりとしたラインを作ることができます。それぞれにメリット・デメリットがあり、特徴も異なります。今回は、福岡にある二重整形におすすめのクリニック15選を紹介します。

ピックアップ記事

運営会社