二重整形の費用相場はどれくらい?埋没や切開の値段の違いは?

二重整形の費用相場はどれくらい?埋没や切開の値段の違いは?

芸能人などでなくても自分のコンプレックスを解消するために美容整形を行うという人は増えています。さまざまな美容整形の中でも特に人気が高い施術が二重整形。顔の印象を大きく左右する目元を、パッチリとした魅力的な二重にしたいと思う人は多いようです。二重整形を考えた時、気になるのが費用ですよね?一口に二重整形と言っても埋没法と切開法という全く異なる2種類の施術があり、金額も大きく異なります。また、保険適応ではない二重整形は、美容外科によって費用も異なるのも事実。リーズナブルなほうが良いものの、大切な目の美容整形なので、安かろう悪かろうでは困ります。
今回は、二重整形の費用の相場についてや、施術によっての値段の違いなど、二重整形の気になる費用についてまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

二重整形の施術の種類は?

一口に二重整形と言っても、施術方法は1種類ではありません。代表的なものとしてよく耳にするのが、埋没法と切開法。二重整形を考えている人であれば、何となくこの2種類について、埋没法のほうが気軽に二重になることができ、切開法のほうがより本格的な整形手術であるという印象を持っているのではないでしょうか?でも実は、二重整形には、大きく分けて4つの施術法があります。その内容についてみてみましょう。

二重整形のおすすめクリニックはコチラ!

二重整形の施術法1:埋没法

近年の二重整形では、一番主流になっていると言っても良い施術方法です。瞼を切ることなく医療用の糸を使用して瞼の内側を数か所縫い留めて二重のラインをつくる方法になっており、手術時間が短く、ダウンタイムも短かいのがメリットです。また、基本的に糸をとれば元に戻すことができるので、気軽に二重になりたいという時にもピッタリです。一方、一度施術をしても取れてしまうことも少なくないので、ずっと二重を保っていたい時には、何度もやり直すことになります。

二重整形の施術法2:切開法

こちらは、昔からの二重整形の定番の施術方法です。瞼を切開して二重のラインをつくる方法で、深くくっきりとした二重をつくることができ、一度手術をすれば、二重瞼は半永久的に持続するのでやり直しなどの必要がありません。ただし、ダウンタイムが長く、しばらくはサングラスをかけるなどして生活する必要があります。また、希望と違った仕上がりになってしまっても元に戻すことができないのもデメリットです。

二重整形の施術法3:瞼の脂肪除去

こちらの施術は、瞼に脂肪が多く、一度埋没法の手術を受けたのに元に戻ってしまった人で糸が切れていない場合や、瞼に脂肪が多くて埋没法や切開法だけでは綺麗なラインが作りにくい人などが埋没法や切開法と組み合わせて受けることが多い施術法です。わずか数ミリ瞼の上を切開して脂肪を除去する方法で抜糸も不要。施術時間もダウンタイムも短く、二重手術と同時に行うことができます。

二重整形の施術法4:眼瞼下垂の手術(挙筋短縮法)

眼瞼下垂とは、瞼を開く時の筋肉がうまく作用しなくなり、目を開けた時に瞼がしっかりと持ち上がず目が完全に開かなくなってしまった状態のことを言います。保険適応で形成外科で手術を行うこともできますが、美容を考慮しないため、両方の二重幅が違ったり、綺麗な目元にならないことも多く、美容外科で保険適応外で手術を行う人が増えています。美容外科では、挙筋短縮法という方法で施術を行い、内容としては、挙筋の一部を切り取って短縮する方法、糸を使用して挙筋を短縮する方法、挙筋の一部をたたんで短縮する方法からその人に合った方法を選ぶことができ、美しい仕上がりを叶えることができます。

埋没法の費用相場はどのくらい?

一番手軽で気軽に行うことができる埋没法の費用相場ですが、美容外科によって大きく異なっています。一般的には両目をおこなって、5万円~10万円ほどといわれていますが、中には学割などを利用すれば1万円台で施術を受けることができるところがあったり、逆に埋没法であっても20万円ほどかかることもあります。同じ美容外科で埋没法の施術を受けるにおいても、一律ではありません。では、どういった場合がリーズナブルになり、どういった場合が高くなるのでしょうか。

埋没法には、3種類の留め方がある

埋没法と一口に言っても、針を通す場所が1点で糸も1本の1点留め、針を通す場所が2点で糸も2点の2点止め、針を通す場所が3点で糸も3本の3点止めの3種類の留め方があります。1点止めは、瞼の皮膚が薄く幅の狭い二重を希望する人におすすめで、3点止めは瞼に厚みがあり幅の広い二重を希望する人におすすめです。

埋没法の留め方ごとの費用の相場

埋没法のそれぞれの留め方の費用の相場としては、1点留めが両目で3万円~5万円、2点留めが5万円~7万円、3点留めが7万円~10万円といわれています。留めるか所と糸が少ないほど費用もリーズナブルでダウンタイムも短くで済む分、取れやすかったり幅の広い二重をつくることができないデメリットがあり、逆に止めるか所と糸が多いほど費用は高くなりますが、取れにくく幅の広い二重なども作ることができるので、自分の瞼に適した方法を医師とよく相談して決めると良いでしょう。

埋没法を受けるにあたって手術以外にかかる費用はあるの?

埋没法の施術を受けるとき、施術代のほかに費用がかかるのかは気になるところです。クリニックによって、料金提示の範囲がことなり、あらかじめ施術代に麻酔や痛み止め、抗生剤などが含まれていることもあれば、別途必要な場合もあります。また、同じ施術方法であっても、施術の保証期間の長さや、再施術を無料で行うか割引価格で行うかによって料金が異なる場合もあります。

二重整形のおすすめクリニックはコチラ!

切開法の費用相場はどのくらい?

埋没法に比べて本格的な二重整形として知られている切開法。ダウンタイムは長いですが、一度行えば半永久的に二重を持続することができるので、何度もやり直すことを考えれば、ずっと二重をキープしたい人にとってはリーズナブルです。切開法においても美容外科ごとに費用が大きく異なっていますが、一般的な相場としては、両目で20万円~30万円といわれています。

切開法の施術方法は、2種類ある

埋没法の施術方法が3種類あったのに対し、切開法の施術方法は、大きく分けて全切開と部分切開(ミニ切開)の2種類があります。全切開は、同時に瞼の脂肪をしっかりととることができるので、瞼が分厚く腫れぼったい人に最適。部分切開は約1cmほど切開して行う手術で、ダウンタイムは全切開に比べて随分少なく、瞼のたるみや厚みが気にならない人にはおすすめです。

切開法の施術方法ごとの費用相場

費用相場としては、部分切開であれば、両目で20万円~25万円ほど、全切開であれば両目で25万円~30万円ほどといわれています。ただし、あくまで目安に過ぎないので、美容外科ごとに若干ズレはあります。脂肪を取り除く場合、脂肪の量などによっても金額が上下する場合もあるので、事前によく医師と相談しましょう。

切開法で施術費用以外に費用はかかる?

切開法の施術では、埋没法と同じように麻酔代や痛み止めなどの費用が施術費用に含まれている場合と別途かかる場合があります。美容外科によって異なるため事前に確認しておきましょう。また、切開法での施術の場合で、脂肪除去を同時に行う場合は、別途費用が掛かる場合があります。また、平行型のぱっちりしたラインをつくりたい時や垂れ目にしたいなど希望の目の形に合わせて、目頭切開や目じり切開などの手術を行う場合は、その費用もプラスされます。

瞼の脂肪除去などの埋没法や切開法と併せて行われることが多い手術や眼瞼下垂手術の費用相場について

二重整形の主な施術方法である埋没法と切開法ですが、それだけでは理想の二重をつくることが難しい時に、埋没法や切開法と併せてよく行われる施術の費用相場も気になるところです。主な二重整形の施術方法で上げた脂肪除去のほかにも、目頭切開や目じり切開、たるみ除去などがよく行われている施術になっています。

瞼の脂肪除去の費用相場

瞼の脂肪除去の費用相場としては、10万円~40万と大きな幅があります。二重をつくるのに上瞼の脂肪を除去するほか、下瞼のたるみをとってパッチリとした目元をつくることなどもできます。脂肪の量によっても金額が上下します。また、脂肪除去だけを単体で行うこともありますが、二重形成と併せて料金設定されている場合もあるので、事前によく確認しましょう。

目頭切開や目じり切開の費用相場

目頭切開の費用相場は、両目で20万円~30万円といわれています。日本人は、目頭に蒙古ひだといわれる皮膚がかぶさっており、目が小さく見えてしまいがち。このひだを取り除く目頭切開をおこなうことで欧米人のようなはっきりとした目元を叶えることができます。一方目じり切開は、目の横幅を広くする施術で、こちらも両目で20万円~30万円が相場といわれています。どちらも麻酔代や薬代などが含まれている場合と別途かかる場合など美容外科ごとに異なるので、事前によく確認しましょう。

眼瞼下垂手術の費用相場

こちらは、眼瞼下垂がみられる場合に用いられる挙筋短縮法では、糸を使用して行う手術法と眉の下を切開して緩んだ挙筋を切り取ることで短縮する方法があり、糸を使用する方法は軽度の場合に、切り取る方法は中度から重度の場合に用いられます。糸を使用す場合の費用相場は7万円~15万円、切り取る方法の場合は30万円~50万円といわれています。こちらも美容外科ごとにばらつきがあり、麻酔代などが含まれているかどうかも異なるので、事前に確認が必要です。

二重手術のおすすめクリニックはこちら!

TCB東京中央美容外科

TCB東京中央美容外科は、 高品質ながら低価格な治療で評価の高いクリニックです。TCB式1dayクイックアイと呼ばれる埋没法は、施術時間が約10分という短さで二重が手に入るという人気の施術法。使用器具を徹底しているので、術後も腫れづらくダウンタイムが短時間で済むことも人気の理由です。手術前には丁寧なカウンセリングが行われ、なりたい二重をシミュレーションできますよ。
無料のカウンセリングは公式サイトから予約可能です。

TCB東京中央美容外科

二重整形は、施術法によって費用はさまざま。自分に合った方法を選ぼう!

二重整形の費用は、行う施術方法によって大きく異なります。自分がどのような目を希望するのかや現在の瞼の状態によって適切な施術法も異なるので、金額だけで決めることはできません。また、美容外科ごとに費用に大きな差があり、同じ施術法でも使用する素材などによって費用に差が出ている場合もあるので、事前にきちんと確認をすることが大切。自分に合った方法と美容外科で、納得のいく施術を受けて下さいね。

関連する記事

詳しく

二重整形手術に副作用はある?施術の際のポイントやリスクを紹介

二重整形には「埋没法」と「切開法」の大きく2通りの施術方法があります。埋没法は医療用の糸をまぶたに埋め込み二重を作る方法です。メスを使用しない分、副作用やリスクは少ないとされていますが、ハレや痛み、施術箇所の異物感や違和感、内出血などが起こる可能性があります。切開法はメスでまぶたを切開し二重を作る方法です。メスで切開するため、二重が半永久的に続くメリットがある反面、ハレや痛み、切開箇所の内出血や再出血、血腫などが起こる可能性があります。二重整形手術を受ける際は、施術方法の特徴や副作用などのリスクをしっかり理解しておくことが重要です。施術前にドクターと仕上がりイメージを共有し、理想の目もとを手に入れましょう。

詳しく

二重手術の値段はどれくらい?二重整形の施述ごとの費用相場を紹介

ぱっちりとした大きな二重の目は、日本人女性にとって憧れですよね。日本人は実は皮下脂肪が多く、まぶたの脂肪で一重になっていることも。その場合でも手術で二重にすることはできますが、アイプチとは異なり費用も時間もかかり、元に戻ってしまうのでは?と不安に思う人も多いのではないでしょうか。でも、二重手術のなかにもリーズナブルでできるものや、半永久的に継続できる手法があるんです。この記事では、そんな二重手術について紹介しています。施術ごとの特徴や費用相場も説明していますので、二重手術が気になっている人はぜひ参考にしてみてください。

詳しく

男性にもおすすめ二重整形クリニック15選*人気の美容外科を紹介

整形の中でも人気のメニューと言えば二重整形。最近は女性だけでなく男性でも二重整形をする人が増えました。男性もぱっちりとした二重の目元に憧れますよね。しかし、実際に男性が二重整形を受けるとき、どこのクリニックに行けばよいのか迷います。どうせ二重にするなら、男性らしいかっこいい目元を作りたいので、男性の二重整形を得意とするクリニックを選びたいものです。 そこで今回は、男性にもおすすめの二重整形ができる人気美容外科クリニックを厳選して紹介していきます。二重整形は切開法や埋没法などさまざまな種類があるため、二重整形の基礎知識も解説。男性でかっこいい二重を目指したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

二重になる方法|アイプチや整形などあなたにあった二重術は?

はれぼったい奥二重や一重を、パッチリとした二重にしたいと考える人も多いでしょう。二重になる方法は、自力で二重を作るものと美容整形があります。自力で二重になる方法には、毎日のマッサージやアイプチ、目力をきたえるトレーニングなどがあります。費用がほとんどかからないでできるものもあるので、中学生でもはじめられるメリットがあります。男性用のアイプチもあり、人にバレずに二重を作れるでしょう。一方、美容整形で二重になる方法は、まぶたを切らずに二重を作る埋没方法と、まぶたを切る切開方法の2種類があります。いずれも、すぐに理想の二重が作れる点がメリットです。二重になる方法のメリットやデメリットを知って、自分にあった方法を探しましょう。

詳しく

二重マッサージとは?簡単なやり方や二重になるコツ、注意点を紹介!

一重や奥二重で、朝起きて二重ラインができていた経験がある人は、アイプチやアイテープを使わずに、二重マッサージをすることで二重になれる可能性があります。二重マッサージは1日数分間行うだけの簡単な内容なので、誰でもすぐに実践できます。しかし二重マッサージを行う際に力を入れすぎてしまうと、目のシワやたるみの原因になることも。クリームを使って優しく行うなど、正しいやり方で行って初めて効果を実感できるようになります。また二重が固定されるまでには時間がかかるので、最低でも1ヶ月間はマッサージを続ける必要があります。二重マッサージとあわせて目元を温めてあげると、むくみが取れてすっきりしますよ。

詳しく

綺麗な二重まぶたの作り方は?おすすめの二重テクニックを紹介

綺麗な二重まぶたはメイクのバリエーションも広がり、目が大きく見えて印象的な目元を作りやすいのが魅力です。理想の綺麗な二重まぶたを手に入れたいと思う女性は多くいます。 二重まぶたの作り方は、アイプチやアイテープ などを使う方法が手軽で人気です。また、毎日マッサージすると綺麗な二重が作れることもあります。またメイクによる二重の作り方は、コツを得られれば、アイシャドウやアイライン、マスカラなどをうまく使って、二重のような目元を演出することも可能です。毎日二重を作るのが面倒な人は、美容整形外科で綺麗な二重まぶたになる手術を受ける方法も選択肢の1つです。

詳しく

まぶたを二重にしたい!どんな方法があるの?様々な方法を徹底調査しました

二重まぶたには、何種類かの形があります。目尻に向かうにつれて二重の幅が広くなる末広型二重、目頭から目尻にかけて二重の幅が同じ平行型二重、二重の幅が狭い奥二重です。二重には遺伝も影響しますが、成長や加齢で二重になる場合もあります。 自分で二重まぶたにしたい場合は、二重に見えるようなメイク方法や、アイプチやアイテープなどを使って二重を作る方法、目をマッサージして二重にする方法などがあります。また、費用はかかりますが、美容外科で整形する方法もあります。ただし、整形の種類によっては元のまぶたに戻らない場合もありますので、メリットだけでなくデメリットについてもよく考えてから施術を受けましょう。

詳しく

二重マッサージに効果はある?効果が出やすい人の特徴は?

一重と二重まぶたとでは、構造に違いがあります。まぶたを開かせる上眼瞼挙筋の分岐部分が、まぶたにくっついていると二重になります。一重の人でも、もともと二重のまぶた構造があり、むくみや脂肪により一重になっている人は、マッサージで二重になることがあります。 二重マッサージは蒸しタオルやリンパマッサージ、指圧やエクササイズでまぶたのむくみを取る手法です。まぶたはデリケートな部分なので、やさしく扱うよう心がけましょう。二重マッサージで効果が実感できない方は、美容クリニックで相談してはいかがでしょうか。埋没法や切開法など、カウンセリングを通して自分に適した方法選びましょう。

詳しく

二重幅を狭くしたい!二重整形後の二重幅を狭くすることはできるの?

二重手術をしたけど、幅が広すぎてなんだか不自然になってしまったという人は、意外と少なくありません。でも、一度作ってしまった二重を修正することはできるのか、不安に思いますよね。結論からいうと二重整形後に二重幅を狭くすることは可能です。ただし、二重を作る時よりも難しい技術が必要になり、デメリットも理解しておく必要があると言えるでしょう。この記事では、そんな二重整形後の二重幅を狭くすることについて紹介しています。ただし、ここで紹介することはあくまでも一例ですので、実際の施術の際にはクリニックの医師の指示に従うようにしてくださいね。

詳しく

埋没法の二重は元に戻る?埋没法のやり直し手術はできるの?

埋没法は、メスを使わずに医療用の針と糸でまぶたにヒダを作り、二重のラインを作れる整形手術です。一般的には切開法よりも手軽な二重整形法として知られており、やり直しができると謳っているクリニックも少なくありません。でも、本当にやり直すことができるのか、すぐ糸が外れてしまうことはないのか不安に思う人も多いのではないでしょうか。この記事では、そんな二重埋没法はやり直しができるのか、糸が外れてしまうのはどんな時なのか、詳しく説明します。埋没法を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

詳しく

二重埋没法のデメリットは?埋没法に向かないまぶたタイプがある?

二重埋没法とは、メスを使わず、針や糸を使って二重のラインを生成する施術のことで、ダウンタイムの長い切開法などに比べて手軽で素早く二重になれるのが魅力です。気軽に二重手術をしたい人にとってはメリットの多い施術方法ですが、糸が取れやすいなどのデメリットがあることも。また、切開法とは異なり脂肪やたるみの切除ができないため、まぶたの状態が埋没法に向かないこともあります。この記事では、二重埋没法のデメリットや、埋没法に向かないまぶたについて紹介しています。二重手術を検討している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

詳しく

二重埋没法のダウンタイム期間は?期間中に注意するポイントなども紹介

二重埋没法とは二重整形手術のひとつで、メスを使った切開法とは異なり、細い糸と針を使うのみなので痛みや腫れも少なく、手軽に二重にできる人気のプチ整形手術です。特に、術後に体を休める期間を指す「ダウンタイム」が短く済むことがメリットのひとつで、3日から1週間程度でもとの生活に戻ることができます。この記事では、そんな二重埋没法の「ダウンタイム」について紹介しています。症状の現れ方から期間中に注意したいポイントまで、幅広く説明していますので、二重埋没法を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

詳しく

二重切開法のダウンタイム期間は?期間中に注意するポイントなども紹介

ダウンタイムとは、美容整形手術後に安静にして過ごす期間のことで、一般的に整形した部分の腫れが収まり、落ち着くまでの期間を指します。二重を作る切開法においては、ダウンタイムは1週間から1ヶ月とも言われており、本当に二重の状態が落ち着くまでには2〜3ヶ月かかることも。もちろん、最初の数日は腫れも強いので、ゆっくりと安静にする必要があります。この記事では、そんな二重切開法のダウンタイムについて説明しています。期間中に注意するポイントなども紹介しているので、二重切開法が気になっている人はぜひ参考にしてみてください。

詳しく

二重整形のダウンタイムはどれくらい?施術の種類によってダウンタイムは違う?

二重整形のダウンタイムは、埋没法と切開法のどちらを選ぶかによって異なっています。一般的には埋没法のほうがダウンタイムは短く、切開法は長くなっており、それぞれに特徴があります。この記事では、そんな二重整形のダウンタイムについて紹介しています。ダウンタイムの症状から過ごし方など、幅広く説明しているので、二重手術後のダウンタイムが気になっている人はぜひ参考にしてみてください。なお、こちらの記事は一般的な内容を説明しており、実際に手術を受ける際には医師の注意をよく聞き、指示に従うことが大切です。不安なことはまずクリニックにも聞いてみるようにしてくださいね。

詳しく

二重切開法はどんな施術方法?まぶたが分厚い人にもおすすめ?

二重切開法とは、まぶたを切って二重を作り出す整形手術のことです。まぶたを切ることで不要な脂肪や筋肉などを除去できるので、二重を作るだけでなく理想的な目元を作り出せるのがメリットのひとつであり、まぶたの分厚さや脂肪の多さにも関係なく施術ができるようになっています。一方で、痛そうなイメージが伴い、興味はあるけど実行には移せないという人も多いのではないでしょうか。この記事では、そんな人のために「二重切開法」について詳しく紹介しています。施術方法から、切開法がむいているまぶたの見分け方まで、幅広く説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

二重埋没法はどんな施術方法?切らない二重が人気の理由

二重埋没法は、切らない二重手術として人気を集めている施術で、簡単に、かつリーズナブルに二重になれることで幅広い世代に評判です。ただ、埋没法にも種類があり、それによって仕上がりや値段も変わってきます。どんな種類があるのか、また、切開法との違いは何なのかなど、二重手術を検討している人なら気になりますよね。今回は、そんな人に向けて二重埋没法について紹介しています。施術の内容や価格相場、どんな人に向いているのかなど、様々なことを紹介していますので、二重手術が気になっている人はぜひ参考にしてみてください。

詳しく

二重埋没法の値段はどれくらい?費用相場や施術の特徴を紹介!

二重手術といえば、切開しなきゃいけないと思う人も少なくないのではないでしょうか。二重埋没法は、メスを使わず、細い針と糸でまぶたを留めることで二重を作り出せる整形手術。出血も痛みも少なく、理想の二重を目指すことができます。また、手軽さだけでなくリーズナブルさも魅力の一つ。通常よりも気軽にできることから、若い世代に人気を集めている手術方法です。 この記事では、そんな二重埋没法について紹介しています。費用相場から施術の特徴まで、幅広く説明していますので、二重手術を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

詳しく

二重整形 長野|おすすめクリニック4選*埋没法と切開法の違いも紹介

日本人の多くは一重まぶただと言われていますが、どうしても二重まぶたに憧れるという方におすすめなのが美容整形の二重術。これは大きく医療用の細い糸を使ってまぶたの内側を数カ所縫い留めて二重のラインを作る「埋没法」とまぶたを切開して二重ラインを作る「切開法」との2つに分けられます。埋没法はメスを使わないので美容整形が初めての方にも抵抗が少なく、比較的リーズナブルなのが特徴です。一方、まぶたを切る切開法はまぶたの脂肪が多い場合にもはっきりとしたラインを作ることができます。それぞれにメリット・デメリットがあり、特徴も異なります。今回は、長野にある二重整形におすすめのクリニックを紹介します。

詳しく

二重整形 山口|おすすめクリニック2選*埋没法と切開法の違いも紹介

日本人の多くは一重まぶただと言われていますが、どうしても二重まぶたに憧れるという方におすすめなのが美容整形の二重術。これは大きく医療用の細い糸を使ってまぶたの内側を数カ所縫い留めて二重のラインを作る「埋没法」とまぶたを切開して二重ラインを作る「切開法」との2つに分けられます。埋没法はメスを使わないので美容整形が初めての方にも抵抗が少なく、比較的リーズナブルなのが特徴です。一方、まぶたを切る切開法はまぶたの脂肪が多い場合にもはっきりとしたラインを作ることができます。それぞれにメリット・デメリットがあり、特徴も異なります。今回は、山口にある二重整形におすすめのクリニックを紹介します。

詳しく

二重整形 宮城|おすすめクリニック12選*埋没法と切開法の違いも紹介

宮城にある二重整形におすすめのクリニックを紹介していきます。宮城には二重整形ができる美容外科などのクリニックがたくさんありますが、そのほとんどが仙台に集中しているのが特徴です。仙台は宮城の中で最も大きな都市で、人が集まる場所なので、美容クリニックもたくさん集まっているんですね。そんな宮城で二重整形をしたいと考えたとき、クリニック選びに迷う方も多いのではないでしょうか。せっかく二重整形をするなら、理想的な目元にするために、信頼できるクリニックを選びたいものですよね。そこで今回は、宮城にある二重整形ができるクリニックの中でも、信頼と実績がある人気のクリニックを厳選して紹介していきたいと思います。

詳しく

二重整形 立川|おすすめクリニック6選*埋没法と切開法の違いも紹介

どうしても一重まぶただと目が腫れぼったく見えたり、怖い印象を与えてしまうと悩んでいる方も多くいます。そういった場合には、アイプチなどで二重を作ることも可能ではありますが手間がかかる上に汗をかいたり水に濡れたりすると取れてしまいます。アイプチなどの手間を省きたい、長時間きれいな二重を維持したいという場合には、二重整形がおすすめです。最近では納得して受けられる施術も多いので、学生さんにもおすすめできます。今回は立川で人気の二重整形ができる美容外科をまとめてみました。歴史や評判のあるクリニックばかりなので、納得して施術を受けることができます。費用や術式に関しても紹介しているので、一重でお悩みの方はぜひ参考にしてください。

詳しく

二重整形とダウンタイム|期間中の過ごし方のポイントは?

一重まぶたや奥二重の人にとって、パッチリとした二重は憧れですよね。毎日アイプチで二重にするのも良いですが、毎日だと面倒なのもあって最近は二重整形をする人も増えています。二重整形をすれば憧れの二重を手に入れることができますが、心配なのがダウンタイム。とくに仕事をしていると、ダウンタイムの期間中、仕事を休むのは難しいですよね。 そんなダウンタイムの不安を持っているかたに、今回は二重整形のダウンタイムについて、ダウンタイムの基礎知識や期間中の過ごし方のポイントを紹介していきます。二重整形を考えていてダウンタイムが心配という方は、ぜひ参考にしてみてください。

詳しく

二重整形 熊本|おすすめクリニック8選*埋没法と切開法の違いも紹介

顔の印象を決める大切なパーツである目元。とくに一重まぶたにコンプレックスを感じている方は多く、メイクで毎朝二重を作るのも一般的になっています。しかし最近では、二重整形もポピュラーになっており気軽に二重を作ることができるので、一重まぶたにお悩みの方にはぜひおすすめしたい施術です。自然で美しい目元を作ることができるので、メイク時間も短縮できます。 今回は熊本の美容外科をまとめてみました。全国展開しているクリニックからローカルのクリニックまで様々です。二重幅やまぶたの脂肪など、目元のお悩みがある方にもおすすめできるので早速チェックしてみましょう。

詳しく

二重整形 二子玉川|おすすめクリニック4選*埋没法と切開法の違いも紹介

顔の印象を決めると言われている目元。とくに一重まぶたの方はぱっちりとした二重に憧れるという方も多いのではないでしょうか。最近では化粧品やテープなどで二重を自分で作ることはできますが、手間がかかりますしまぶたがかぶれたり、皮膚のたるみの原因になることもあります。そういったトラブルを避けるためには、やはり二重整形がおすすめ。 今回は二子玉川エリアでおすすめの二重整形ができる美容外科をまとめてお届けします。地元のクリニックが多く、アットホームな雰囲気なので初めて美容外科に行く方にもおすすめできます。お近くのクリニックをチェックしておきましょう。

詳しく

二重整形 石川|おすすめクリニック11選*埋没法と切開法の違いも紹介

理想の顔は人によってそれぞれあります。キリッとした眉やスッとした鼻、魅力的な唇など顔の印象を左右するパーツを整えたいと思うのは美を追求する上で誰もが通る道です。中でも目は重要なパーツで、大きな目は綺麗な印象や可愛らしい印象、かっこいい印象を与えます。目を大きく見せる要素として欠かせないのが二重です。 今回は生まれつき二重でない人でも、理想の二重を手にすることが出来る二重整形に関するまとめを作成してみました。石川県の二重整形の施術を行ってくれるおすすめのクリニックを紹介しているので二重整形をしたい人は参考にしてみてください。

詳しく

二重整形 小倉|おすすめクリニック8選*埋没法と切開法の違いも紹介

芸能人でなくても、近年は自分のコンプレックスを解消するために美容整形を選択する人が増えています。その代表的な施術が、二重整形。顔の中でも最も印象を左右するといわれているのが目。そんな目元が腫れぼったかったり重々しいと印象が悪く感じてしまうことも多いようです。そんなコンプレックスを解消すべく、老若男女問わず多くの人たちが美容外科を訪れています。二重整形と一口に言っても、その施術方法は一通りではなく、それぞれにメリットとデメリットがあります。しっかりカウンセリングを行って、納得のいく施術を行ってもらうのがおすすめ。そのためには美容外科選びはとても重要です。二重整形に興味があるけれども美容外科選びで悩んでいる人も多いかと思います。そこで今回は、小倉で美容外科選びに悩んでいる人に参考にしてほしい二重整形におすすめのクリニックを紹介します。

詳しく

二重整形 茨城|おすすめクリニック6選*埋没法と切開法の違いも紹介

魅力的な目を演出するために二重は欠かせないポイントです。生まれつき二重でない人でも二重整形を行うことで、スッキリ綺麗な二重を手に入れることができます。二重整形は永久的なので、アイプチを毎日するのが面倒くさいという人にもおすすめです。とは言え二重整形はハードルが高いと考える人も少なくありません。 今回はそんな人の為に、二重整形に関するトピックスや整形外科の選び方、茨城県にあるおすすめの美容外科をまとめた記事を作成してみました。二重整形に興味がある人、二重整形ができるクリニックを探している人は参考にしてみてください。

詳しく

二重整形 群馬|おすすめクリニック8選*埋没法と切開法の違いも紹介

二重整形をしたいと思ったことはありますか?二重は目の印象を大きく左右する要素の1つで、二重であることからぱっちりとした目の印象を与えることができます。アイプチなどで一時的に二重にすることは可能ですが、毎日のメイクの度にアイプチをするのは少し手間がかかります。二重整形をしてしまえば永久的に二重を手に入れることができ、毎日のメイクの手間も省くことが可能です。 今回は群馬県にある二重整形におすすめの美容外科クリニックまとめてみました。二重整形の方法や二重整形の注意点、クリニックの選び方などをまとめているので二重整形に興味がある人は参考にしてみてください。

詳しく

二重整形 福岡|おすすめクリニック17選*埋没法と切開法の違いも紹介

日本人の多くは一重まぶただと言われていますが、どうしても二重まぶたに憧れるという方におすすめなのが美容整形の二重術。これは大きく医療用の細い糸を使ってまぶたの内側を数カ所縫い留めて二重のラインを作る「埋没法」とまぶたを切開して二重ラインを作る「切開法」との2つに分けられます。 埋没法はメスを使わないので美容整形が初めての方にも抵抗が少なく、比較的リーズナブルなのが特徴です。一方、まぶたを切る切開法はまぶたの脂肪が多い場合にもはっきりとしたラインを作ることができます。それぞれにメリット・デメリットがあり、特徴も異なります。今回は、福岡にある二重整形におすすめのクリニック15選を紹介します。

ピックアップ記事

運営会社