二重整形のダウンタイムはどれくらい?施術の種類によってダウンタイムは違う?

二重整形のダウンタイムはどれくらい?施術の種類によってダウンタイムは違う?

二重整形のダウンタイムは、埋没法と切開法のどちらを選ぶかによって異なっています。一般的には埋没法のほうがダウンタイムは短く、切開法は長くなっており、それぞれに特徴があります。この記事では、そんな二重整形のダウンタイムについて紹介しています。ダウンタイムの症状から過ごし方など、幅広く説明しているので、二重手術後のダウンタイムが気になっている人はぜひ参考にしてみてください。なお、こちらの記事は一般的な内容を説明しており、実際に手術を受ける際には医師の注意をよく聞き、指示に従うことが大切です。不安なことはまずクリニックにも聞いてみるようにしてくださいね。

二重整形手術は2種類ある

二重整形手術は、大きく分けて「埋没法」と「切開法」の2つがあります。この2つはそれぞれやり方が異なっているので、値段や施術時間はもちろん、ダウンタイムも異なっています。ダウンタイムについて知る前にまずはどのような二重整形手術があり、どんな手法を使っているのかを詳しく知ることで、よりダウンタイムについて理解を深めていきましょう。

人気のクリニックの無料カウンセリングをチェックしてみる

埋没法

埋没法とは、細い医療用の針と糸を使い、まぶたにヒダを作って二重を作る手法です。糸を通す場所によって、さらに「瞼板法」「挙筋法」の2つに分かれており、留める糸の本数にもよって仕上がりが変わってきます。リーズナブルで気軽にできる二重整形手術ですが、時間の経過とともに糸がはずれ、一重に戻ってしまう可能性が否定できません。

切開法

切開法は、まぶたを切って二重を作り出す手法のことで、二重ラインを描くだけでなく、不要な脂肪や筋肉をとって、理想的なまぶたの状態へと整えられるのがメリットのひとつ。「全切開」「部分切開」「目頭切開」「目尻切開」などいくつか種類がありますが、いずれの場合も半永久的な二重を得ることができるようになっています。

ダウンタイムとは?

ダウンタイムとは、施術してから回復するまでの期間を指しています。 美容整形においては、麻酔・手術による腫れ・むくみ、内出血などが起きやすく、体が平常に戻るまでは日常活動を制限することが多くなっています。個人差はありますが、二重手術にもダウンタイムが必要で、その期間は手法によって大きく異なってくるのが特徴です。

埋没法のダウンタイム

最初に、埋没法のダウンタイムについて紹介していきます。埋没法は、メスを使わずに細い針と糸で二重を作っていくので、比較的ダウンタイムは短いということが知られています。ただし、個人差があるので一概に短いと決めてしまうのはNG。スケジュールにゆとりをもって、長期休みなどを活用すると体に負担なく過ごせるのでおすすめです。

期間は3日から1週間くらい

埋没法のダウンタイムは、長くても1週間程度を見積もっておきましょう。多くの場合はほとんど腫れず、見た目にも変化が分かりにくいのが特徴です。メイクが再開できるタイミングも施術翌日からOKと早く、跡が気になるときもメイクで隠せるのがメリットのひとつとなっています。むくみのような腫れ以外は特に症状もなく、快適に過ごせる場合がほとんどです。

腫れ・痛み

埋没法のダウンタイムは、腫れが少なく痛みもほぼありません。あえて注意する点としては、「瞼板法」を選択している場合、眼球に糸が触れている状態ですので、ゴロゴロとした違和感を覚えることがあります。この違和感は数日で消失しますが、継続する場合は念のために医師に確認してもらうようにしましょう。気になってこすってしまうと、糸がとれてしまうので注意が必要です。

ダウンタイム中に気をつけたいこと

埋没法のダウンタイム中は、あまり変化を感じないからといって無理をすることは控えましょう。激しい運動やアルコールは控え、強い衝撃を与えないようにすることが大切です。また、コンタクトレンズを装着している人は念のために1週間ほど空けて使うのがベター。違和感や痛みを感じる場合は使用をやめ、医師に相談しましょう。

切開法のダウンタイム

切開法は、メスでまぶたを切ることもあり埋没法よりも長いダウンタイムが必要になります。腫れもあり、見た目にわかるほど色の変化がみられます。切開法のダウンタイムは1週間から1ヶ月ほど必要になり、個人差はありますが完全に二重が完成するのは2ヶ月ほどかかると理解しておきましょう。とはいえ、行動が制限されるのは最初の10日間ほどで、そのあとは比較的自由に過ごせます。

切開法は抜糸が必要

切開法では、まぶたの切った部分を縫い留めているのでその糸を抜く必要があります。抜糸は一般的には術後4〜5日後に設定され、その間は縫い留めている糸が外に露出している状態です。そのため、まぶた周りの洗顔は抜糸後としているクリニックがほとんどで、メイクも抜糸が終わるまではできません。刺激を与えないように過ごすようにしましょう。

ダウンタイムは切開する大きさで変わる

切開法は大きく切る全切開ほどダウンタイムが長引く傾向にあります。これは、切開することによって血管が切れる範囲が増え、血流が滞ることから腫れや内出血が広がるからです。とはいえ、切る範囲でその後の経過が大きく変わることはありません。ピークの術後2〜3日は体を休めておくことで、その後の経過は部分切開も全切開も大差がなくなっていくと言われています。

ダウンタイム中に気をつけたいこと

ダウンタイム中の、特にピークの期間においてはまぶたに血液を集めないことが大切です。具体的には、完全に寝転ぶことはせずに頭を高くして休む、冷えたタオルで15分ほどまぶた周りを冷やす、といった方法でなるべく目の周りに血が巡らないように工夫しましょう。また、お酒・入浴なども様子を見ながら再開するのがベターです。

人気のクリニックの無料カウンセリングをチェックしてみる

ダウンタイムの乗り切り方

切開法でも埋没法でも、ダウンタイム中は目の印象が変わるので人に気付かれてしまうこともあります。なるべく目立たせたくない場合は、事前に目を隠せる用意をしておきましょう。また、もしみられてしまった時の言い訳を考えておくのもひとつです。ここからは、ダウンタイム中の目をうまく隠せるアイディアを一部ご紹介します。

メガネやサングラスをかける

王道の方法ですが、メガネやサングラスでカバーするとダウンタイム中の腫れを目立たなくすることができます。また、前髪を重めにおろしておくなど、周りの目線をまぶたに集めないことも大切。メガネはフレームが太めのものを選び、うまくまぶた付近を隠せるものを用意しておきましょう。目を保護する役割もあるので、一石二鳥で使えますよ。

メイクでカバーする

腫れのピークが治まってからは、メイクで隠すことも可能です。特に切開法は赤みや傷が残りやすいので、ファンデーションでカバーするのがベター。ただし、コンシーラーなど色味の濃いものや、肌に摩擦を起こしてしまうアイテムの利用は慎重にしましょう。なるべく石鹸で簡単にオフできるものを選び、クレンジングなど刺激の強いものを避けるのも大切です。

人気のクリニックの無料カウンセリングはコチラ!

TCB東京中央美容外科

TCB東京中央美容外科は、 高品質ながら低価格な治療で評価の高いクリニックです。TCB式1dayクイックアイと呼ばれる埋没法は、施術時間が約10分という短さで二重が手に入るという人気の施術法。使用器具を徹底しているので、術後も腫れづらくダウンタイムが短時間で済むことも人気の理由です。手術前には丁寧なカウンセリングが行われ、なりたい二重をシミュレーションできますよ。

無料のカウンセリングは公式サイトから予約可能です。

TCB東京中央美容外科

ダウンタイムを乗りきろう

術後のダウンタイムは、どんなことが起こるのかわからなくて不安な人も多いのではないでしょうか。ですが、埋没法も切開法も、1週間を目安に落ち着いてきますので、その期間はしっかりと体を休め、まぶたをいたわって過ごすようにしましょう。晴れてダウンタイムが終わった暁には、二重のぱっちりとした目が手に入ります。二重手術が気になっている人は、ぜひ前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

ライフスタイルでおすすめの記事

詳しく

【ペット】ハムスターの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

ハムスターは、犬や猫に続くメジャーなペットとして多くの人に飼われています。一度飼うとその可愛さのとりこになり長年飼い続ける人が多いと言われるハムスター。飼育スペースを取らず散歩なども不要、購入費も維持費もリーズナブルで、ペットを飼う手始めとしてハムスターを選ぶ人、一人暮らしのさみしさを紛らわせるために飼う人などにも人気です。 何よりも小さな可愛らしい存在が、心を癒す存在になることは間違いありません。毛に包まれた小さな体、短い手足を一生懸命動かしてえさを食べる姿、回し車を熱心に走る姿、つぶらな瞳でじっと見つめる表情など、いつまでも眺めていたくなる愛おしい存在です。 そんなメジャーなペットのハムスターですが、実際に飼うとなると生態や飼い方など分からないことが多いのではないでしょうか。そこでハムスターについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。これさえ読めばすぐにハムスターを飼うことができますよ。

詳しく

【ペット】チンチラの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

チンチラは環境に気を使えば割と手軽に飼うことのできる動物として人気があります。ネズミ系のペットのなかでは比較的大柄で、活発に動く様子は見ていて楽しめます。主人に慣れてくると肩に乗るなどとても愛らしい姿を見せてくれます。小さな動物ですが、しっかりと様子を見てあげれば15年近くも生きられるので、長く付き合えるペットとしてもおすすめです。 今回は、そのようなチンチラの種類・寿命・値段などを含め、チンチラの飼い方についてまとめてみました。チンチラに興味を持っていて飼育したいと考えている人はぜひ参考にしてください。

詳しく

【ペット】ハリネズミの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

背中に針がいっぱいで痛いイメージのハリネズミ。でも実は、ハムスターやネズミのようなあどけない表情やちょこまかしたコミカルな動きが可愛いと、今熱い注目を集めている動物です。TwitterやYouTubeなどのSNS上では、ハリネズミの動画や画像が数多くアップされ、ハリネズミファンが急増しています。 そんなキュートなハリネズミ、ペットとして飼いたい人も増えていますが、犬や猫などのメジャーなペットと比べて情報が少ないですよね。針ばかりだけど触れるの? なつくの? エサは何を食べるの? 何年くらい生きるの? などなど、分からないことばかりで躊躇している人もいるのではないでしょうか。そこでハリネズミの飼い方について、種類や寿命、値段など詳しくまとめてみました。

詳しく

【ペット】カワウソの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

水族館の人気者、カワウソは水族館で見るだけのものだと思っていたら大間違い。実はペットとして自宅で飼うことができる動物だということはご存知でしょうか。ペットのカワウソの様子をこっそり撮影した動画がTwitterにアップされて以来、そのくるくる変わる表情や動きの愛らしさに熱い注目が集まっています。哺乳動物で水中だけでなく陸地でも活動でき、高い社会性をもつ賢い動物なのでペットにもぴったり。つぶらな瞳や愛らしい動き、ツヤツヤの毛並みを独り占めできますよ。 それでも犬や猫など一般的なペットと比べて分からないことも多くハードルが高そう、と思う方も多いでしょう。そこで、見ているだけで癒される可愛いカワウソについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。

詳しく

【ペット】ウサギの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

ペットとしてはイヌやネコに比べるとマイナーな印象のウサギですが、近年では注目を集めるようになっています。かわいらしさ、愛くるしさから癒しをもらう人も増えているようです。ウサギは声帯をもっていないので、基本的に鳴き声はなく、鼻を鳴らすような音になるため、イヌやネコに比べると比較的静かです。また1日に短い睡眠を何度もとるため、遅く帰ってきても起きていたり、遊べたりするので一人暮らしの男性・女性に人気です。もともと草食動物で捕食される側であるため、警戒心がとても強い動物ですが、飼い主に慣れるととてもなついてくれ、愛情を寄せてくれるようになります。そんなかわいいウサギの種類・寿命・値段などについて紹介します。

詳しく

【ペット】キツネの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

昔話にもよく出てきたり、いろいろなマスコットにもなっているキツネ。ペットとしての馴染みはあまりありませんが、昔から私たちの生活の身近なところに存在している動物のひとつでもあります。北海道などでは、道路などでもよく見かけることがあるキツネですが、実は日本のいたるところに生息しており、ペットとして飼うことが認められている動物でもあります。 ペットショップでよく見かけると言うわけではありませんが、日本でもペットとしてキツネを販売しているペットショップなどもあるようで、実際にペットとして飼うことに関心がある人も増えてきているようです。とはいえ、実際キツネを飼うとなるといろいろとわからないことが多いのではないかと思います。そこで、今回は、キツネをペットとして飼うなら参考にしてほしい、種類や値段、寿命などをまとめて紹介します。

詳しく

【ペット】モモンガの飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

小さい体格に大きい目と飛膜が特徴的なリス科のモモンガは、ペットとしての人気が上がっている小型哺乳類です。小動物を取り扱うペットショップでも販売されていることが多く、値段も一昔前に比べて手頃になってきています。飛膜を広げて滑空する姿が愛らしく、飼い主の元に着地することもあります。なつけば手乗りや餌をねだり、甘えてくることもあるので、思わず愛情を注ぎたくなります。ペットとしての認知度が高まっているモモンガですが、飼育する場合に何を食べ、何に気を付けなければならないのか、飼育方法には不安があるのではないでしょうか。モモンガの習性や特徴から、飼育する上での注意点などの情報をまとめます。愛らしいモモンガの飼育に挑戦してみましょう。

詳しく

【ペット】猿の飼い方:種類・寿命・値段まとめ

日本 - ペット

テレビなどで、人間顔負けの芸を披露したり、ゆっくりと温泉に浸かったりする姿が印象的な猿。人間に最も近い動物と言われており、その行動は見ていて微笑ましいことが多く、さまざまなマスコットなどにもなる人気の動物です。動物園や山などでの印象が大きい猿ですが、最近はペットとして飼う人も増えてきています。 賢くて寿命も長く、家族の一員として存在感を発揮してくれそうな猿ですが、いざ飼うとなるとどんなものが必要でどのようにして育てるとよいのかなど、あまり知られていないようです。また、ペットとして飼われる猿はどんな種類なのかなども興味深いところです。 そこで今回は、猿をペットとして飼うことに興味のある人に参考にしてもらいたい、猿の飼い方や種類、寿命から値段まで幅広くお伝えします。

関連する記事

ピックアップ記事

二重整形のダウンタイムは、埋没法と切開法のどちらを選ぶかによって異なっています。一般的には埋没法のほうがダウンタイムは短く、切開法は長くなっており、それぞれに特徴があります。この記事では、そんな二重整形のダウンタイムについて紹介しています。ダウンタイムの症状から過ごし方など、幅広く説明しているので、二重手術後のダウンタイムが気になっている人はぜひ参考にしてみてください。なお、こちらの記事は一般的な内容を説明しており、実際に手術を受ける際には医師の注意をよく聞き、指示に従うことが大切です。不安なことはまずクリニックにも聞いてみるようにしてくださいね。

二重整形手術は2種類ある

二重整形手術は、大きく分けて「埋没法」と「切開法」の2つがあります。この2つはそれぞれやり方が異なっているので、値段や施術時間はもちろん、ダウンタイムも異なっています。ダウンタイムについて知る前にまずはどのような二重整形手術があり、どんな手法を使っているのかを詳しく知ることで、よりダウンタイムについて理解を深めていきましょう。

人気のクリニックの無料カウンセリングをチェックしてみる

埋没法

埋没法とは、細い医療用の針と糸を使い、まぶたにヒダを作って二重を作る手法です。糸を通す場所によって、さらに「瞼板法」「挙筋法」の2つに分かれており、留める糸の本数にもよって仕上がりが変わってきます。リーズナブルで気軽にできる二重整形手術ですが、時間の経過とともに糸がはずれ、一重に戻ってしまう可能性が否定できません。

切開法

切開法は、まぶたを切って二重を作り出す手法のことで、二重ラインを描くだけでなく、不要な脂肪や筋肉をとって、理想的なまぶたの状態へと整えられるのがメリットのひとつ。「全切開」「部分切開」「目頭切開」「目尻切開」などいくつか種類がありますが、いずれの場合も半永久的な二重を得ることができるようになっています。

ダウンタイムとは?

ダウンタイムとは、施術してから回復するまでの期間を指しています。 美容整形においては、麻酔・手術による腫れ・むくみ、内出血などが起きやすく、体が平常に戻るまでは日常活動を制限することが多くなっています。個人差はありますが、二重手術にもダウンタイムが必要で、その期間は手法によって大きく異なってくるのが特徴です。

埋没法のダウンタイム

最初に、埋没法のダウンタイムについて紹介していきます。埋没法は、メスを使わずに細い針と糸で二重を作っていくので、比較的ダウンタイムは短いということが知られています。ただし、個人差があるので一概に短いと決めてしまうのはNG。スケジュールにゆとりをもって、長期休みなどを活用すると体に負担なく過ごせるのでおすすめです。

期間は3日から1週間くらい

埋没法のダウンタイムは、長くても1週間程度を見積もっておきましょう。多くの場合はほとんど腫れず、見た目にも変化が分かりにくいのが特徴です。メイクが再開できるタイミングも施術翌日からOKと早く、跡が気になるときもメイクで隠せるのがメリットのひとつとなっています。むくみのような腫れ以外は特に症状もなく、快適に過ごせる場合がほとんどです。

腫れ・痛み

埋没法のダウンタイムは、腫れが少なく痛みもほぼありません。あえて注意する点としては、「瞼板法」を選択している場合、眼球に糸が触れている状態ですので、ゴロゴロとした違和感を覚えることがあります。この違和感は数日で消失しますが、継続する場合は念のために医師に確認してもらうようにしましょう。気になってこすってしまうと、糸がとれてしまうので注意が必要です。

ダウンタイム中に気をつけたいこと

埋没法のダウンタイム中は、あまり変化を感じないからといって無理をすることは控えましょう。激しい運動やアルコールは控え、強い衝撃を与えないようにすることが大切です。また、コンタクトレンズを装着している人は念のために1週間ほど空けて使うのがベター。違和感や痛みを感じる場合は使用をやめ、医師に相談しましょう。

切開法のダウンタイム

切開法は、メスでまぶたを切ることもあり埋没法よりも長いダウンタイムが必要になります。腫れもあり、見た目にわかるほど色の変化がみられます。切開法のダウンタイムは1週間から1ヶ月ほど必要になり、個人差はありますが完全に二重が完成するのは2ヶ月ほどかかると理解しておきましょう。とはいえ、行動が制限されるのは最初の10日間ほどで、そのあとは比較的自由に過ごせます。

切開法は抜糸が必要

切開法では、まぶたの切った部分を縫い留めているのでその糸を抜く必要があります。抜糸は一般的には術後4〜5日後に設定され、その間は縫い留めている糸が外に露出している状態です。そのため、まぶた周りの洗顔は抜糸後としているクリニックがほとんどで、メイクも抜糸が終わるまではできません。刺激を与えないように過ごすようにしましょう。

ダウンタイムは切開する大きさで変わる

切開法は大きく切る全切開ほどダウンタイムが長引く傾向にあります。これは、切開することによって血管が切れる範囲が増え、血流が滞ることから腫れや内出血が広がるからです。とはいえ、切る範囲でその後の経過が大きく変わることはありません。ピークの術後2〜3日は体を休めておくことで、その後の経過は部分切開も全切開も大差がなくなっていくと言われています。

ダウンタイム中に気をつけたいこと

ダウンタイム中の、特にピークの期間においてはまぶたに血液を集めないことが大切です。具体的には、完全に寝転ぶことはせずに頭を高くして休む、冷えたタオルで15分ほどまぶた周りを冷やす、といった方法でなるべく目の周りに血が巡らないように工夫しましょう。また、お酒・入浴なども様子を見ながら再開するのがベターです。

人気のクリニックの無料カウンセリングをチェックしてみる

ダウンタイムの乗り切り方

切開法でも埋没法でも、ダウンタイム中は目の印象が変わるので人に気付かれてしまうこともあります。なるべく目立たせたくない場合は、事前に目を隠せる用意をしておきましょう。また、もしみられてしまった時の言い訳を考えておくのもひとつです。ここからは、ダウンタイム中の目をうまく隠せるアイディアを一部ご紹介します。

メガネやサングラスをかける

王道の方法ですが、メガネやサングラスでカバーするとダウンタイム中の腫れを目立たなくすることができます。また、前髪を重めにおろしておくなど、周りの目線をまぶたに集めないことも大切。メガネはフレームが太めのものを選び、うまくまぶた付近を隠せるものを用意しておきましょう。目を保護する役割もあるので、一石二鳥で使えますよ。

メイクでカバーする

腫れのピークが治まってからは、メイクで隠すことも可能です。特に切開法は赤みや傷が残りやすいので、ファンデーションでカバーするのがベター。ただし、コンシーラーなど色味の濃いものや、肌に摩擦を起こしてしまうアイテムの利用は慎重にしましょう。なるべく石鹸で簡単にオフできるものを選び、クレンジングなど刺激の強いものを避けるのも大切です。

人気のクリニックの無料カウンセリングはコチラ!

TCB東京中央美容外科

TCB東京中央美容外科は、 高品質ながら低価格な治療で評価の高いクリニックです。TCB式1dayクイックアイと呼ばれる埋没法は、施術時間が約10分という短さで二重が手に入るという人気の施術法。使用器具を徹底しているので、術後も腫れづらくダウンタイムが短時間で済むことも人気の理由です。手術前には丁寧なカウンセリングが行われ、なりたい二重をシミュレーションできますよ。

無料のカウンセリングは公式サイトから予約可能です。

TCB東京中央美容外科

ダウンタイムを乗りきろう

術後のダウンタイムは、どんなことが起こるのかわからなくて不安な人も多いのではないでしょうか。ですが、埋没法も切開法も、1週間を目安に落ち着いてきますので、その期間はしっかりと体を休め、まぶたをいたわって過ごすようにしましょう。晴れてダウンタイムが終わった暁には、二重のぱっちりとした目が手に入ります。二重手術が気になっている人は、ぜひ前向きに検討してみてはいかがでしょうか。

ライフスタイルでおすすめの記事

  • 日本 - ペット

ハムスターは、犬や猫に続くメジャーなペットとして多くの人に飼われています。一度飼うとその可愛さのとりこになり長年飼い続ける人が多いと言われるハムスター。飼育スペースを取らず散歩なども不要、購入費も維持費もリーズナブルで、ペットを飼う手始めとしてハムスターを選ぶ人、一人暮らしのさみしさを紛らわせるために飼う人などにも人気です。 何よりも小さな可愛らしい存在が、心を癒す存在になることは間違いありません。毛に包まれた小さな体、短い手足を一生懸命動かしてえさを食べる姿、回し車を熱心に走る姿、つぶらな瞳でじっと見つめる表情など、いつまでも眺めていたくなる愛おしい存在です。 そんなメジャーなペットのハムスターですが、実際に飼うとなると生態や飼い方など分からないことが多いのではないでしょうか。そこでハムスターについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。これさえ読めばすぐにハムスターを飼うことができますよ。

  • 日本 - ペット

チンチラは環境に気を使えば割と手軽に飼うことのできる動物として人気があります。ネズミ系のペットのなかでは比較的大柄で、活発に動く様子は見ていて楽しめます。主人に慣れてくると肩に乗るなどとても愛らしい姿を見せてくれます。小さな動物ですが、しっかりと様子を見てあげれば15年近くも生きられるので、長く付き合えるペットとしてもおすすめです。 今回は、そのようなチンチラの種類・寿命・値段などを含め、チンチラの飼い方についてまとめてみました。チンチラに興味を持っていて飼育したいと考えている人はぜひ参考にしてください。

  • 日本 - ペット

背中に針がいっぱいで痛いイメージのハリネズミ。でも実は、ハムスターやネズミのようなあどけない表情やちょこまかしたコミカルな動きが可愛いと、今熱い注目を集めている動物です。TwitterやYouTubeなどのSNS上では、ハリネズミの動画や画像が数多くアップされ、ハリネズミファンが急増しています。 そんなキュートなハリネズミ、ペットとして飼いたい人も増えていますが、犬や猫などのメジャーなペットと比べて情報が少ないですよね。針ばかりだけど触れるの? なつくの? エサは何を食べるの? 何年くらい生きるの? などなど、分からないことばかりで躊躇している人もいるのではないでしょうか。そこでハリネズミの飼い方について、種類や寿命、値段など詳しくまとめてみました。

  • 日本 - ペット

水族館の人気者、カワウソは水族館で見るだけのものだと思っていたら大間違い。実はペットとして自宅で飼うことができる動物だということはご存知でしょうか。ペットのカワウソの様子をこっそり撮影した動画がTwitterにアップされて以来、そのくるくる変わる表情や動きの愛らしさに熱い注目が集まっています。哺乳動物で水中だけでなく陸地でも活動でき、高い社会性をもつ賢い動物なのでペットにもぴったり。つぶらな瞳や愛らしい動き、ツヤツヤの毛並みを独り占めできますよ。 それでも犬や猫など一般的なペットと比べて分からないことも多くハードルが高そう、と思う方も多いでしょう。そこで、見ているだけで癒される可愛いカワウソについて特徴や飼い方を詳しくまとめました。

  • 日本 - ペット

ペットとしてはイヌやネコに比べるとマイナーな印象のウサギですが、近年では注目を集めるようになっています。かわいらしさ、愛くるしさから癒しをもらう人も増えているようです。ウサギは声帯をもっていないので、基本的に鳴き声はなく、鼻を鳴らすような音になるため、イヌやネコに比べると比較的静かです。また1日に短い睡眠を何度もとるため、遅く帰ってきても起きていたり、遊べたりするので一人暮らしの男性・女性に人気です。もともと草食動物で捕食される側であるため、警戒心がとても強い動物ですが、飼い主に慣れるととてもなついてくれ、愛情を寄せてくれるようになります。そんなかわいいウサギの種類・寿命・値段などについて紹介します。

  • 日本 - ペット

昔話にもよく出てきたり、いろいろなマスコットにもなっているキツネ。ペットとしての馴染みはあまりありませんが、昔から私たちの生活の身近なところに存在している動物のひとつでもあります。北海道などでは、道路などでもよく見かけることがあるキツネですが、実は日本のいたるところに生息しており、ペットとして飼うことが認められている動物でもあります。 ペットショップでよく見かけると言うわけではありませんが、日本でもペットとしてキツネを販売しているペットショップなどもあるようで、実際にペットとして飼うことに関心がある人も増えてきているようです。とはいえ、実際キツネを飼うとなるといろいろとわからないことが多いのではないかと思います。そこで、今回は、キツネをペットとして飼うなら参考にしてほしい、種類や値段、寿命などをまとめて紹介します。

  • 日本 - ペット

小さい体格に大きい目と飛膜が特徴的なリス科のモモンガは、ペットとしての人気が上がっている小型哺乳類です。小動物を取り扱うペットショップでも販売されていることが多く、値段も一昔前に比べて手頃になってきています。飛膜を広げて滑空する姿が愛らしく、飼い主の元に着地することもあります。なつけば手乗りや餌をねだり、甘えてくることもあるので、思わず愛情を注ぎたくなります。ペットとしての認知度が高まっているモモンガですが、飼育する場合に何を食べ、何に気を付けなければならないのか、飼育方法には不安があるのではないでしょうか。モモンガの習性や特徴から、飼育する上での注意点などの情報をまとめます。愛らしいモモンガの飼育に挑戦してみましょう。

  • 日本 - ペット

テレビなどで、人間顔負けの芸を披露したり、ゆっくりと温泉に浸かったりする姿が印象的な猿。人間に最も近い動物と言われており、その行動は見ていて微笑ましいことが多く、さまざまなマスコットなどにもなる人気の動物です。動物園や山などでの印象が大きい猿ですが、最近はペットとして飼う人も増えてきています。 賢くて寿命も長く、家族の一員として存在感を発揮してくれそうな猿ですが、いざ飼うとなるとどんなものが必要でどのようにして育てるとよいのかなど、あまり知られていないようです。また、ペットとして飼われる猿はどんな種類なのかなども興味深いところです。 そこで今回は、猿をペットとして飼うことに興味のある人に参考にしてもらいたい、猿の飼い方や種類、寿命から値段まで幅広くお伝えします。

関連する記事

運営会社