豊胸 松山|おすすめクリニック3選!バストアップが人気の美容外科を紹介

豊胸 松山|おすすめクリニック3選!バストアップが人気の美容外科を紹介

更新日: 2022年4月12日

ふっくらバストは女性の憧れ。バストが豊かなら服の着こなしも素敵に決まります。自信を手に入れるために豊胸整形を考えている人も多いことでしょう。昔は豊胸といえば大がかりな手術を伴うシリコンバッグや豊胸バッグの挿入がメインでしたが、最近ではメスを使わず短時間で終了する豊胸術のヒアルロン酸注入法や自身の余分な脂肪を太ももなどから吸引して精製・濃縮しバストに注入する脂肪注入法なども主流となっており、豊胸整形に対するハードルは下がりつつあります。

それぞれのメリットやデメリットを把握した上で、希望の仕上がりや持続期間に応じた施術法を選ぶようにしましょう。今回は、松山にある豊胸におすすめのクリニックを紹介します。

本ページで紹介する商品・サービスの選定基準について
当サイトでは商品やサービス(以下、商品等)の掲載にあたり、 ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定しおすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。

なお当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品等の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

※ 紹介する商品・サービスにおける留意事項

本記事で取り上げる施術は、原則自由診療によるものです。自由診療の場合、公的医療保険制度は適用されず、費用はすべて自己負担となります。費用については事前によく確認し、納得してから施術を受けるようにしてください。

豊胸整形にはリスク・副作用があります。施術内容とともにリスク・副作用について医師に確認し、不明な点は相談して、納得してから施術を受けるようにしましょう。
ヒアルロン酸注入法による治療のリスク・副作用:1週間程度の腫れ・むくみ・内出血・乳腺の炎症・しこりの形成・感染症・アレルギー反応、など。
シリコンバッグ法による治療のリスク・副作用:形や感触の違和感・痛み・腫れ・感染症・内出血・血腫・長期使用による破損、など。
脂肪注入法による治療のリスク・副作用:痛み・むくみ・内出血・定着せず吸収されると胸が小さくなる・注入脂肪の壊死による石灰化、など。
成長再生豊胸による治療のリスク・副作用:痛み・かゆみ・色素沈着・しこり・注入直後の胃痛や吐き気、など。
豊胸整形は、希望通りの形、大きさ、柔らかさにならないことがあります。

豊胸手術について

  • 豊胸手術の種類とは

    豊胸手術の施術には大きく分けて3種類があります。

    1.人工乳腺法:シリコンインプラントを挿入し、大幅なサイズアップが可能。ただし定期的なメンテナンスが必要になる点は注意が必要。

    2.フィラー(注入治療)系豊胸法:ヒアルロン酸などを注射で注入するだけなので手軽な豊胸としてもよく選ばれています。持続期間は数ヶ月〜3年。

    3.脂肪注入豊胸法:自分の脂肪を抽出して胸に注入するので、自然な仕上がりが魅力。

  • 豊胸手術の料金相場は?

    お値段のリーズナブルさだけで言うと、ヒアルロン酸などを注入するフィラー系豊胸法、人工乳腺法、脂肪注入豊胸法の順番になります。料金設定はクリニックごとに異なるため、あくまでも一例ですが、おおよその参考価格は以下のとおり。

    ・人工乳腺法:70万円〜
    ・フィラー(注入治療)系豊胸法:20万円〜
    ・脂肪注入豊胸法:120万円〜

  • 自然に仕上がるの?バレない?

    人工乳腺法は大幅なサイズアップが狙えますが、たとえば横になった時など不自然な形になりバレてしまう可能性があります。

    またフィラー系豊胸法は一般的に乳腺下に注入するので触ってもバレにくいのですが、胸の脂肪よりヒアルロン酸の方が硬めなので、局部的に注入しすぎると、触った際に分かってしまう事もあります。

    脂肪注入豊胸は、定着すれば本人の脂肪そのものになるので、触っても見分けにくいとされています。

  • 豊胸を行っているクリニックの選び方

    すべてクリニックが豊胸の3つの施術を行っているわけではありません。自分が受けたい施術を行っているクリニックを探しましょう。美容治療は料金が高額になるため、十分確認する事が重要です。

    リスクも把握する意味でも、複数のクリニックを比較検討しましょう。焦らずに時間をかけて、自分にあったクリニックを選んでください。

【松山】豊胸のおすすめクリニック3選!バストアップで人気の美容外科を紹介

湘南美容クリニック 松山院

【松山】豊胸のおすすめクリニック3選で紹介する、1番目は「湘南美容クリニック 松山院」です。
湘南美容クリニックは、豊富な施術を取り扱っているクリニックです。豊胸では、ヒアルロン酸豊胸、シリコンバック豊胸、脂肪注入術の3種類を行っています。3つの手術の種類と豊富なプランがあり、施術の前には個室で行っている無料のカウンセリングで、一人一人に適切な豊胸術のアドバイスをしています。脂肪注入は896,290円、高純度脂肪を移植する方法は380,000円。保障制度も充実しているのでアフターフォローが気になる方にぴったりです。(2022年3月29日現在)

診療時間 9:00〜18:00
電話番号 0120-955-744
住所 愛媛県松山市湊町4-10-8 BE-FLATビル3階
アクセス ■いよてつ松山市駅からのルート
いよてつ松山市駅を出たら高島屋を右に、銀天街に向かいます。銀天街に入ります。1分程度アーケード内を歩くと、左手にインターネットカフェが入ったビルがあります。そのビルの3階が当院ですのでビルの中にあるエレベーターでお越しください。
公式サイト https://www.s-b-c.net/

湘南美容クリニック 松山院

愛媛県松山市湊町4-10-8 BE-FLATビル3F
0120-955-744
9:00~18:00
毎日営業
アクセス:伊予鉄松山市駅から徒歩3分

城本クリニック 松山院

【松山】豊胸のおすすめクリニック3選で紹介する、2番目は「城本クリニック 松山院」です。
城本クリニック松山院ではシリコンバッグなどの挿入系、ヒアルロン酸や脂肪などの注入系の豊胸整形手術を提供しています。濃縮脂肪注入法を用いた豊胸術は高い生着率と自然な見た目と感触を目指すことができます。そのほかにも生理食塩水バッグによる豊胸は715,000円、シリコンバッグが1,045,000円、ヒアルロン酸100㏄ 275,000円です。(2022年3月29日現在)

診療時間 10:00〜19:00
電話番号 0120-107-929
住所 愛媛県松山市大街道2-5-9 久保豊ビル6F
アクセス ■伊予鉄道大街道駅からのルート
大街道駅の1番出口を出て、道路を挟んで向かいに三越とファーストボウル(ボウリング場)がある一番町交差点に出ます。交差点を渡り、ファーストボウルの横の道(大街道)を入ると、左手にマクドナルドが見えます。松山院はこの2軒先の久保豊ビルの6Fです。
1Fはプロント、2Fは無印良品です。
公式サイト https://www.shiromoto.to/

城本クリニック 松山院

愛媛県松山市大街道2-5-9 久保豊ビル6F
0120-107-929
10:00~19:00
土曜・日曜・祝日も診療
アクセス:伊予鉄道大街道駅から徒歩2分

ジョウクリニック 松山院

【松山】豊胸のおすすめクリニック3選で紹介する、3番目は「ジョウクリニック 松山院」です。
全国各地に展開するジョウクリニックでは、丁寧なカウンセリングのもとで豊胸も行っています。豊胸術にはバッグを使ったインプラント法、ヒアルロン酸注入法、脂肪注入法による豊胸整形を用意。脂肪注入法では再生医療でも注目されている「幹細胞」を多く含む脂肪を注入します。費用はインプラント挿入が935,000円、ヒアルロン酸1㏄ 5,500円、脂肪幹細胞注入200㏄両胸で495,000円となっています。(2022年3月29日現在)

診療時間 10:00〜19:00
休診日 火曜日
電話番号 089-915-5560
住所 愛媛県松山市千舟町4-3-7 青野ビル3F
アクセス 路面電車松山市駅より徒歩4分
公式サイト https://www.joeclinic.jp/

ジョウクリニック 松山院

愛媛県松山市千舟町4-3-7 青野ビル3F
089-915-5560
10:00~19:00
休診日:火曜日
アクセス:路面電車松山市駅より徒歩4分

まとめ

昔は豊胸といえば切開の上でシリコンバッグその他豊胸バッグを挿入する手法のみ行われていましたが、最近では自身の脂肪を採取して精製・注入する脂肪注入法、ヒアルロン酸を注入するだけの手軽なヒアルロン酸注入法なども主流となっており、豊胸整形へのハードルは低くなっているといえます。仕上がりへのこだわりや持続期間などに応じて自分にあったものを選びましょう。

豊胸手術とは?

文字通りバストを豊かにする整形手術です。昔から行われている有名な方法としてシリコンバッグを胸に埋め込むというものがありますが、最近では技術の進歩によって自分の身体から抽出した脂肪やヒアルロン酸を注入するものなど、メスを使わずにできるだけ身体への負担が小さく痛みの少ない豊胸整形手術が考案されています。

豊胸手術の種類

現在主流となっている豊胸手術には、胸を切開してシリコンバッグを埋め込むもの、ヒアルロン酸を注入するもの、自身の脂肪を注入するものの3種類があります。サイズにこだわりたい人にはシリコンバッグを選ぶのが良いのですが、1度埋め込んだら入れたままではなく、10年前後で交換する必要があります。ヒアルロン豊胸は手軽ですが、効果は半年〜2年程度と限定的です。

豊胸整形は妊娠時や授乳時に影響がある?

妊娠時はホルモンの関係でバストが張ってしまうもの。妊娠前にシリコンバッグを挿入する豊胸手術をした人が、張りが辛いためにバッグの除去手術をするということがよくあるようです。母乳や授乳については、シリコンバッグ豊胸、ヒアルロン酸豊胸、脂肪豊胸のいずれも悪影響は及ぼさないと言われています(母乳を作る乳腺や母乳が通る乳管に触れることがないため)。

豊胸整形に関連する記事

ユーザーさんの「キレイになりたい!」を応援するため、美容医療の業界について日々研究しています。

◆ 保有資格

薬事法管理者、YMAAマーク(薬機法・医療法適法広告取扱個人認証)

運営会社