妊娠線予防|原因やケア方法を解説!手軽に予防するおすすめの方法は?

妊娠線予防|原因やケア方法を解説!手軽に予防するおすすめの方法は?

妊娠線は、胎児の成長などによってお腹が大きくなることで皮膚が急激に引き伸ばされ、皮膚の内側の真皮や皮下組織が割れてしまった状態のことです。一度できてしまうと、完全に消すことは難しいと言われています。妊娠線は小柄な人や乾燥肌の人ができやすいと言われています。
妊娠線がいつからでき始めるかは、お腹が大きくなり始める妊娠5ヶ月頃から出産直前までと個人差があります。妊娠線を予防するには、体重が増えることで急激に体型が変化しないように注意したり、妊娠さん用のマタニティクリームを使用したりするとよいでしょう。専用の商品でなくても、ドラッグストアに売っているボディクリームなどを利用するのもおすすめの方法です。万が一妊娠線ができた場合には、肉割れ用のクリームでケアしたり、美容クリニックで治療したりして目立たなくできます。しかし、妊娠してママとなった勲章でもあるので、悲観しすぎる必要はありません。適切な体重管理やこまめなマッサージを通じて、お腹の中の赤ちゃんとふれあいながら楽しく妊娠線を予防できるとよいですね。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

妊娠線とは?

妊娠してお腹が大きくなってくると、心配になってくるのが妊娠線に関することですよね。皆さんの中には、先輩ママなどから経験談を聞いて不安に思っている方もいるかもしれません。女性としては、できれば妊娠線のない美しい肌を保ちたいものです。妊娠線を予防するために、まずは妊娠線とはどのようなものなのか見ていきましょう。

妊娠線はなぜできる?

妊娠線は、肉割れなどとも呼ばれる状態のことで、皮膚の内側にある真皮や皮下組織が割れてしまうことで発生します。お腹の中の赤ちゃんが大きくなるにつれて子宮も大きくなり、皮膚が伸びていきますが、真皮や皮下組織はその急激な伸びについていけず、ひび割れてしまうのです。

妊娠線は一度できると消えない?

妊娠線はただの線ではなく、皮下組織などのひび割れなので、ひび割れた状態で固まってしまうと元の状態には戻りません。薄い妊娠線であれば、時間の経過と共に薄くなったり見えなくなったりすることもありますが、基本的に妊娠線は一度できると消えないものなのです。だからこそ、妊娠線ができないように予防することが大切になります。

妊娠線ができやすい人とは

妊娠線は、肌の状態や妊娠中の体型変化などさまざまな要因によって引き起こされます。そのため、一概に妊娠線ができる人できない人を決めることはできません。しかし、一般的に乾燥肌などで肌の水分量が少なかったり、弾力性が低かったりする人や、元々小柄な人、急激に体型が変化した人などに妊娠線ができやすいと言われています。

妊娠線ができ始めるのはいつから?

妊娠線は皮膚が急激に引き伸ばされることでできるので、多くの妊婦さんのお腹が大きくなり始める妊娠5ヶ月頃からできる人が多いようです。しかし、体型の変化や赤ちゃんの成長度合いなどは個人差が大きいため、いつから妊娠線ができ始めるかは人によって大きく異なります。出産直前に妊娠線ができ始めるケースもあるので、出産を終えるまで妊娠線の予防を怠らない方がよいでしょう。

妊娠線を予防する方法はある?

妊娠線を予防するには、皮膚の内側の真皮や皮下組織がひび割れてしまわないようにケアすることが重要です。ここからは、具体的に妊娠線を予防するための方法について見ていきましょう。

体重が増えすぎないように注意する

妊娠線は皮膚の急激な伸びに皮下組織などがついていけなくなった結果なので、一番の予防策は体重を適正に管理し、急激な体型の変化や皮膚の伸びをなるべく小さくすることです。しかし、適正な体重の増加は、胎児が健康に育っていることの証です。また、過度な体重制限は、妊婦さん本人にもお腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼします。必ず医師の指示を仰ぎ、健康に留意するようにしてください。

妊婦さん用のボディケア用品で予防と対策をする

ベビー用品店などで、妊娠線を予防するボディバターなど、妊婦さん用のボディケア用品を販売しているところがあります。それらの商品を使用して、妊娠線の予防と対策を行うのも効果的でしょう。妊娠中は香りや使用感などに敏感な場合もあるので、成分や香りなどを確かめて、自分に合った種類のものを使用してくださいね。

適度な運動で肌の状態をよくする

適度な運動は血液の巡りをよくし、肌の健康を保ってくれます。汗をかいて老廃物を排出することも大切です。肌の状態を良好に保つことで、皮下組織などのひび割れを防ぎ、妊娠線を予防できます。しかし、妊娠中の運動は必ず体調と相談しながら行い、少しでも異変を感じたら休憩を取り入れたり、医師の診察を受けたりするようにしましょう。

市販の商品で手軽に妊娠線を予防するワザ

「妊娠線の予防はしたいけれど、そのためだけに専用の商品を買うのはちょっと…」と感じている人もいるかもしれません。そんな人には、一般的に市販されている商品を使って妊娠線を予防する方法がおすすめです。専用の商品ほどの効果は得られない場合もありますが、専用の商品の方が値段が高いものが多いため、妊娠線予防専用の商品より手頃な価格で予防を行えるのがメリットです。

お風呂上がりに化粧水で肌の保水力を高める

肌やその内側が乾燥していると弾力がなくなり、ひび割れて妊娠線ができやすくなります。毎日のお風呂上がりに化粧水をたっぷりつけて、肌の保水力を高めましょう。特に冬場は顔や手足と同じようにお腹の皮膚も乾燥しやすい時期なので、こまめにうるおいを補うようにすると効果的です。

ボディクリームやボディオイルで保湿する

化粧水でうるおいを与えた後は、ボディクリームやボディオイルなどでしっかりと保湿しましょう。赤ちゃんの肌にも使える、低刺激のベビーオイルもおすすめです。お腹が大きくなると見えにくい場所が増えますが、お腹全体をカバーするような塗り方で、塗り残しがないように気を付けましょう。

こまめなマッサージで弾力のある肌を目指す

ボディクリームやボディオイルを塗るときに、お腹を撫でるようにマッサージして弾力のある肌を目指しましょう。肌の弾力性がアップすると、皮膚が伸びた時に内側もひび割れることなく伸びてくれるので、妊娠線にならずにすみます。弾力のある肌は一朝一夕では手に入れられません。いつから妊娠線ができ始めるかわからないので、普段からこまめにマッサージをして妊娠線を予防できるようにしておきましょう。

妊娠線ができてしまったら

それでは、万が一予防をしていても妊娠線ができてしまった場合、どのようなケアを行えばよいのでしょうか。ここからは妊娠線ができてしまった際にできる対策方法についてチェックしていきます。

肉割れ用のクリームでケア

できてしまった妊娠線は、肉割れや妊娠線専用のクリームを使ってケアすることで目立ちにくくなる場合があります。妊娠線予防クリームにも、できてしまった妊娠線に対して効果が期待できる成分が配合されている場合がありますので、商品に記載されている成分や、使用法の説明を確認してください。妊娠線はいつから目立つようになるかわからないので、妊娠線が表れ始めたら早めに肉割れ用のクリームで肌をケアするとよいでしょう。

美容クリニックなどで治療できることも

どうしても妊娠線を目立たなくしたいという人は、美容クリニックなどに相談に行くのも1つの方法です。医療機関によって、治療や施術を行っているかやその方法、料金などが異なりますので、直接問い合わせて確認しましょう。

妊娠線は妊婦の勲章

妊娠線は赤ちゃんを無事に成長させた証であり、妊婦さんの勲章でもあります。海外の人気モデルなどでも妊娠線のある体を隠さず、誇りを持っている人もいます。妊娠線ができてしまったからといって、気にしすぎたり悲観しすぎたりする必要はありません。

お腹の中の赤ちゃんとふれあいながら妊娠線を予防しよう

妊娠線は決して恥ずかしいものではありません。しかし、できれば妊娠線を予防して美しい肌でいたいと思うのが女心ですよね。マッサージなどでお腹の中の赤ちゃんとふれあいながら、楽しく妊娠線の予防法を実践してください。

関連する記事

詳しく

妊娠線予防に効果的なマッサージ方法は?いつから始めればいい?

妊娠線は、急激な体型の変化に真皮や皮下組織がついていけなくなり裂けてしまった状態のことです。小柄な人や乾燥肌の人は肌が伸びにくいため、妊娠線ができやすくなってしまいます。一度できると完全に消すことは難しいので、早い時期から妊娠線予防をすることが大切です。 妊娠線を予防するには、しっかり保湿をすることや急激な体型変化を防ぐために体重管理を適切に行うこと、こまめにマッサージを行うことがおすすめです。妊娠線予防のマッサージは、マタニティ専用のボディクリームやボディオイルを使いながら手で優しくマッサージすると効果的です。毎日続けることが大切なので、赤ちゃんとふれあいながら毎日の習慣にしましょう。お腹だけでなく、胸やお尻、太ももにも妊娠線はできやすいので、しっかりケアしてください。毎日のボディケアで、出産後も美しい肌を保ちましょう。

詳しく

妊娠線ができやすい人の特徴は?おすすめの予防方法やケアも紹介!

妊娠線とは、皮膚の内側の脂肪や皮下組織が肉割れをおこしたものです。一度妊娠線ができてしまうと、完全に消すことは難しいと言われています。妊娠線はおなかだけでなく、お尻や腰の周り、太ももや胸など、体の至るところにできる可能性があります。 妊娠線ができやすい人の特徴は、乾燥肌であることや痩せ型であることそして小柄であることなどが挙げられます。妊娠中に体重変化が大きく、急激に体型が変わった人も妊娠線ができやすいです。妊娠線をできにくくするためのおすすめの予防方法は、予防クリームでスキンケアをして肌を柔らかくしておくことです。ボディオイルなどでマッサージをして乾燥を防いだり、肌の弾力性を高めたりすることも効果的です。 それでも妊娠線ができてしまったら、肉割れクリームを使って妊娠線を目立たなくケアするとよいでしょう。時間経過でも徐々に薄くなりますが、気になる方は皮膚科や婦人科を受診するのも1つの選択肢です。

詳しく

妊娠線予防はいつから始めるべき?お腹が大きくなる前の予防が大事

妊娠によってお腹の皮膚が伸ばされると、赤紫のスイカ模様のような線ができることがあります。これは「妊娠線」といって、多くの出産経験者が悩まされるものです。お腹の他にもバストやお尻、太ももにもできる場合があります。食べづわりなどで急激に体重増加した場合や、乾燥する時期、乾燥肌の人は皮膚の柔軟性が低く伸びにくいので、妊娠線ができやすい傾向にあります。 妊娠線予防をいつから行うといいかは個人差がありますが、一般的に5~6ヶ月位のお腹が大きくなる前からと言われています。妊娠線を予防するには、保湿クリームや馬油などで皮膚の乾燥を防いで、優しくマッサージを行います。急激な体重増加を防ぐため、食事量を減らすのではなく体に負担のかからない運動を行いましょう。ただし、場合によっては運動を控えた方がいい場合もありますので、助産師や医師に質問して確認することをおすすめします。

詳しく

できてしまった妊娠線を消す方法はある?自分でできるケアから治療方法までご紹介

妊娠は、妊娠した本人はもちろん、家族にとっても大変うれしい出来事です。妊娠した女性にとって体型の変化は免れませんが、妊娠線に悩む女性も多いものです。お腹の赤ちゃんが成長するとともにお腹が膨らんで、皮膚が急激に伸びることで肉割れを起こし、ひび割れのような跡が残ります。妊娠時に予防用のクリームを使って対策できればよいのですが、大きなお腹で動くことは予想以上に大変です。ヒルドイドなど保湿性の高いクリームを使用したり、美容皮膚科や美容外科でレーザー治療したりと、妊娠線を消す方法はいくつかあります。自分にあった対処方法を探して、自分にとって一番よい方法をみつけましょう。

詳しく

妊娠線とは?妊娠したら早めにケアを取り入れ予防しよう

多くの妊婦さんが経験する妊娠線。妊娠線とは、妊娠により急激に体重が増加したり体型が変わったりすることで皮膚が伸びて、お腹やお尻などにできる線のようなものです。妊娠中にできるものと思われていますが、出産後に現れる人もいます。妊娠線を予防するためにも、できてしまった妊娠線の跡を少しでも薄くするためにも、早めのケアが大切です。バランスのよい食事や無理のない運動を意識して体重を管理しましょう。妊娠中でも使用可能な保湿クリームやオイルを使ったマッサージも効果的です。マッサージは、妊娠線のケアをしながらリラックスした時間を過ごせるのでおすすめです。

詳しく

妊娠線ケアにおすすめクリーム19選☆人気商品を比較

急激にお腹が大きくなる妊娠中期以降にできやすい妊娠線には、妊娠ボディ用のクリームを使った保湿ケアがおすすめ。妊娠線ができやすい肌に、うるおい与えて柔軟性を保つケアを取り入れましょう。ケアアイテムには、ヒアルロン酸やコラーゲン、ホホバオイルなどの保湿成分を配合しているものもあります。敏感になりがちな妊娠中の肌にも使えるクリームを厳選していますので、ぜひ参考にしてくださいね。 妊娠中、お腹や太ももの裏にできることのある妊娠線。一度できたら消すことが難しい、厄介な妊娠線の保湿対策におすすめの妊娠ボディ用クリームを紹介します。

詳しく

妊娠線ケアにおすすめクリーム19選☆人気商品を比較

急激にお腹が大きくなる妊娠中期以降にできやすい妊娠線には、妊娠ボディ用のクリームを使った保湿ケアがおすすめ。妊娠線ができやすい肌に、うるおい与えて柔軟性を保つケアを取り入れましょう。ケアアイテムには、ヒアルロン酸やコラーゲン、ホホバオイルなどの保湿成分を配合しているものもあります。敏感になりがちな妊娠中の肌にも使えるクリームを厳選していますので、ぜひ参考にしてくださいね。 妊娠中、お腹や太ももの裏にできることのある妊娠線。一度できたら消すことが難しい、厄介な妊娠線の保湿対策におすすめの妊娠ボディ用クリームを紹介します。

ピックアップ記事

運営会社