まぶたを二重にしたい!どんな方法があるの?様々な方法を徹底調査しました

まぶたを二重にしたい!どんな方法があるの?様々な方法を徹底調査しました

二重まぶたには、何種類かの形があります。目尻に向かうにつれて二重の幅が広くなる末広型二重、目頭から目尻にかけて二重の幅が同じ平行型二重、二重の幅が狭い奥二重です。二重には遺伝も影響しますが、成長や加齢で二重になる場合もあります。
自分で二重まぶたにしたい場合は、二重に見えるようなメイク方法や、アイプチやアイテープなどを使って二重を作る方法、目をマッサージして二重にする方法などがあります。また、費用はかかりますが、美容外科で整形する方法もあります。ただし、整形の種類によっては元のまぶたに戻らない場合もありますので、メリットだけでなくデメリットについてもよく考えてから施術を受けましょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

二重の種類について知ろう

目元の印象は、顔の印象を決める非常に重要なポイントです。まぶたには、一重まぶたと二重まぶたがあり、一重まぶただと切れ長でクール、知的な印象になります。二重まぶたは目が大きく、華やかで優しい印象になります。二重まぶたの中でも更に3つの種類に分類され、それぞれの印象も異なります。それぞれのまぶたがどういう特徴なのか説明していきますので、二重にしたいと考えている方は、どんなタイプの二重がいいのか検討してみましょう。

末広型二重

「末広型二重」とは、目尻に向かうにつれて二重の幅が広くなるタイプの二重です。日本人をはじめアジア人に多く見られる二重タイプで、すっきりと自然な印象を与えます。二重の幅が目頭と目尻で異なりますので、アイラインなどを太くひいてしまうと不自然になってしまいがち。ナチュラルなメイクの仕方が映えるので、アイラインをひくときは目尻を中心に書くと綺麗な二重になります。

平行型二重

「平行型二重」とは、目頭から目尻にかけて二重の幅が同じタイプの二重です。欧米人によく見られる二重タイプで、ぱっちりと大きくハーフのような印象を与えます。ハーフのように目が大きいですが、二重の幅が広くあることにより眠たそうに見える場合も。メイクをする時は、派手になりやすいのでアイシャドウやアイラインのひき方に注意が必要な二重です。

奥二重

「奥二重」とは、二重の幅が狭いタイプの二重です。一重まぶたのように見える二重タイプで、少し切れ長でクールな印象を与えます。アイラインを太く入れてしまうと、目を開いた時に一重に見えるので、線を細くひくのがおすすめです。メイクや表情によって印象が違って見えますので、クールにもキュートにも見せられる二重です。

二重になるのは遺伝なのか?

二重まぶただと、目がぱっちりと大きく華やかに見えるので、憧れる方も多いのではないでしょうか。二重まぶたになるのは、お父さんやお母さんが二重まぶたで、遺伝するからという場合もあります。遺伝の影響の他にも、成長によって二重まぶたになることもあるので、赤ちゃんのときは一重まぶたでも、大きくになるにつれて、むくみが取れ二重になることもありますよ。

二重にしたい!中学生・高校生や男性にもできる方法もある?

一重まぶたや奥二重の方の中には、ぱっちりとした二重にしてみたいと考える方もいるでしょう。最近ですと、メイクの仕方で二重に見えるような「整形メイク法」などが流行っています。メイク道具さえあればできるので、手軽にできておすすめです。しかし、学生や男性の場合は、メイクができない人が多いので他の方法を探すことになります。どんな方法があるのかまとめましたので、二重にしたい方は参考にしてくださいね。

アイプチ・アイテープの使用

「アイプチ」とは、一重まぶたを特殊なのりなどを使って、二重に形成するものです。値段も比較的安いので学生にも買えますし、二重にしたい人がすぐ簡単にできる方法でしょう。アイプチを使うことのメリットは、簡単に二重が作れるので、印象をガラッと変えられるという点があります。また、人によっては二重のラインを癖付けることによって、アイプチなしで二重になる場合もあります。もちろんデメリットもあり、使い慣れていないと不自然な印象になってしまいますし、汗や涙など水に弱いので濡らさないようにする必要があります。場合によっては、アイプチの成分に肌がかぶれて炎症を起こすことも。アイプチを使用する際は、必ず注意事項をしっかりと読んで、理解した上で使うようにしてください。アイプチの他にも、アイテープを適当な長さに切って、まぶたに貼りつけ二重の線をつくる方法もありますよ。ドラックストアなどでアイプチやアイテープなどの二重にするための商品コーナーがありますので、チェックして試してみるといいかもしれませんね。

目のマッサージ

お金をかけずに整形なしで二重にしたい方は、自分で目のマッサージをしてみましょう。マッサージするだけなので、どんな人でもできる方法です。マッサージをする際のポイントとして、目元の皮膚は薄くデリケートなので、保湿クリームなどを使用して行うこと、シワやたるまないためにも優しい力で行うこと、二重になるまで毎日行うことです。目元をマッサージし続けると血行がよくなるので、むくみのケアにもなり、二重になることもあります。ただし、マッサージによって二重になる方は、もともと二重になる素質を持っていることが多く、むくみにより一重になっていたというケースも考えられます。マッサージで必ず二重になる!とは思わないようにしてくださいね。

美容外科で整形

費用はかかってしまいますが、美容外科で整形することも二重にする方法の1つです。美容外科で行う二重の整形には種類があり、まぶたを切らないで二重にする「埋没法」とまぶたを切って二重にする「切開術」があります。「埋没法」は、費用が比較的安く、まぶたを切開しないので術後の腫れが少ない傾向があります。仕事が忙しく、何日も休めないという方やお金があまりない学生の方にもできる整形方法です。ただし、糸でまぶたの皮膚をとめているだけなので、強い衝撃があると取れてしまうというデメリットがあります。「切開術」は、くっきりとした二重になることが可能なので、まぶたに脂肪が多い方や皮膚がたるんでいる方におすすめな整形方法です。デメリットは、費用が比較的高く、まぶたを切開するので術後の腫れが長く続く傾向があります。その他にも、一度切開術で二重にするとまぶたを元の形に戻すことが難しいことが挙げられます。実際に整形をする方は、それぞれのメリットやデメリットを理解した上で行うようにしましょう。

アイプチの使い方を詳しく説明

簡単に二重にできるアイプチは、学生から大人まで人気な商品の1つです。使用方法は、下記の通り。
1.まぶたを清潔にします。
2.二重にしたい場所に専用ののりを塗ります。
3.半透明になるくらいまで乾かしたら、プッシャーと呼ばれる専用の器具を使い二重に整えます。
4.理想の二重の完成です!
とてもシンプルで簡単な方法なので、女性だけではなく男性にも使えるのでおすすめです。

歳をとると二重になる!?

加齢によりまぶたの皮下脂肪がなくなり、一重まぶただった方が二重まぶたになる場合もあります。反対に、二重まぶただった方が一重まぶたになるケースも。加齢による二重は、もともとの目の形やまぶたの脂肪の具合など、さまざまなものが重なって起きる現象で、誰にでも起きるわけではないものです。

二重にしたいなら、自分にあった方法を探そう

二重に憧れている方は、二重になりたいと強く思うかもしれません。二重にしたい場合は、手軽にできるアイプチやアイテープを使用する方法や、お金のかからない目のマッサージ、整形術で理想の二重にする方法などがあります。それぞれのメリット・デメリットがありますので、自分に合った方法を選択して理想のラインの二重を目指しましょう。

関連する記事

詳しく

口コミで人気の二重のり*おすすめ15選!

日本人の7割が一重まぶただと言われており、一重まぶたもクールビューティーな印象で独特の美しさがあります。ですが、最近では手軽な埋没法などのプチ整形を受けて二重まぶたにする人も多くなっているようです。クリニックに行くのはハードルが高い…など、一重まぶたにコンプレックスを持ちつつも整形手術に抵抗がある人におすすめなのが、メイク時に二重まぶたを作るアイテム・二重のりです。もともと二重だけれど、より美しいラインを求めて二重のりが使われることもあります。今回は口コミで人気の二重のりおすすめ15選を紹介します。

詳しく

二重になる方法|アイプチや整形などあなたにあった二重術は?

はれぼったい奥二重や一重を、パッチリとした二重にしたいと考える人も多いでしょう。二重になる方法は、自力で二重を作るものと美容整形があります。自力で二重になる方法には、毎日のマッサージやアイプチ、目力をきたえるトレーニングなどがあります。費用がほとんどかからないでできるものもあるので、中学生でもはじめられるメリットがあります。男性用のアイプチもあり、人にバレずに二重を作れるでしょう。一方、美容整形で二重になる方法は、まぶたを切らずに二重を作る埋没方法と、まぶたを切る切開方法の2種類があります。いずれも、すぐに理想の二重が作れる点がメリットです。二重になる方法のメリットやデメリットを知って、自分にあった方法を探しましょう。

詳しく

二重になる方法は何がある?簡単なおすすめのやり方を紹介

二重のパッチリした目に憧れる方もいるでしょう。一重や奥二重でも、二重になる方法はたくさんあります。手軽なのはアイプチ。またアイテープもおすすめです。きれいな二重に見せるなら、日々のケアが有効です。マッサージや眼輪筋を鍛えて、目元が乾燥しないよう保湿も心がけましょう。またメイクで二重を演出したり、つけまつげで目元を印象づけたりもできます。美容外科や美容皮膚科で二重の手術を受けるやり方もあります。アイプチなどを使って自分で二重ラインを作ることもできますが、時間をかけずに二重になりたいなら、手術も検討するといいでしょう。

ピックアップ記事

運営会社