鍵交換の費用相場は?種類別の料金相場を紹介します!

鍵交換の費用相場は?種類別の料金相場を紹介します!

「玄関の鍵が壊れた」「もっと防犯性の高い鍵に替えたい」などの理由で鍵交換をしたいが、鍵交換費用の相場がわかりづらいという人も多いようです。鍵の種類によって料金が異なることや、修理業者によって作業料金や出張費を含めた費用相場に差異があるためでしょう。鍵を購入して自分で交換もできますが、部品を壊したりドアを傷つけたりするリスクがあり、かえって費用がかかることも。鍵が壊れたため一刻も早く鍵交換したいときは、専門の修理業者に依頼することをおすすめします。街の業者などは迅速に駆けつけてくれて、数時間のうちに交換作業が終わるでしょう。気をつけたいのは、賃貸物件は自分で勝手に鍵を交換できないということ。不動産屋や管理会社にまずは連絡しなければなりません。古い造りのアパートやオートロック設備のない賃貸マンションに入居する方で、防犯性の高い鍵にするか補助錠をつけたい場合も、不動産側と交渉するとよいでしょう。

商品やサービスの掲載順はどのように決めていますか?
当サイトではユーザーのみなさまに無料コンテンツを提供する目的で、Amazonアソシエイト他、複数のアフィリエイト・プログラムに参加し、商品やサービス(以下、商品等)の紹介を通じた手数料の支払いを受けています。

商品等の掲載にあたっては、ページタイトルに規定された条件に合致することを前提として、当社編集部の責任において商品等を選定し、おすすめアイテムとして紹介しています。

同一ページ内に掲載される各商品等は、費用や内容量、使いやすさ等、異なる観点から評価しており、ページタイトル上で「ランキング」であることを明示している場合を除き、掲載の順番は各商品間のランク付けや優劣評価を表現するものではありません。なお掲載の順番には商品等の提供会社やECサイトにより支払われる報酬も考慮されています。

玄関ドアの鍵交換の費用相場

自分で手配して、玄関ドアの鍵の交換を行った経験をもつ人は少ないでしょう。鍵交換の相場がわからない方のために、さまざまなタイプの鍵交換にかかる費用相場について紹介します。業者に依頼する場合は、部品代と作業料金がかかります。他にも、出張費や営業時間外の早朝や夜間料金などの割増料金が発生する場合もあるようです。ここでの鍵交換の費用相場は、業者に鍵交換を依頼した場合にかかる作業料金を含めた費用相場を紹介します。

シリンダー錠

シリンダー錠とは、一般的な玄関ドアによく見られるタイプの鍵穴が入る円筒形の金属部分をいいます。いわゆる鍵の心臓部であり、シリンダーに鍵を差し込んで回転させることにより、ドアの施錠と解錠が行えます。ドアノブやレバー、錠前などは以前のままで、シリンダーの交換だけを行うことが可能です。「鍵が壊れた」「鍵をなくしたので交換したい」というときは、シリンダーの交換が相場も一番安くお得になります。費用相場は、15,000円から30,000円前後が目安です。

ディンプルキー

両側に凸凹の溝があるカギを使って開けるのが、古いタイプのディスクシリンダー錠です。ディスクシリンダー式はピッキングの被害に遭いやすいことと、この世に1つしかないカギの組み合わせのキーの生産が上限を超えたことで、メーカーでは既に製造を終了しています。それに変わる防犯性の高い鍵がディンプルキーです。ディンプルキーはピンシリンダー錠に分類され、差し込むカギはギザギザではなく、表面に大きさや深さの異なるへこみがあります。ディンプルキーなら、ギザギザに削られたディスクシリンダー用のカギとは異なり、ピッキングに強く防犯性で優れています。ディンプルキーもシリンダーの交換だけで取り付けが可能です。鍵交換の費用相場は15,000から30,000円前後です。

ドアノブタイプ

ドアノブタイプとは、つかんで回すタイプのドアノブの中心に鍵穴があるタイプです。住宅の玄関や勝手口などに使われることもあります。施錠はボタンを押すだけで簡単です。外から開錠する場合はカギが必要で、室内からはノブを回すだけで開きます。交換費用の相場は、ノブの素材にもよりますが、ディンプルキーで13,000から20,000円前後を目安にするとよいでしょう。

プッシュプルタイプ

プッシュプルタイプとは、縦長のハンドルを押して引くことで簡単にドアが開け閉めできる錠前です。ハンドルはグリップタイプとバータイプがあります。鍵穴は上と下の2箇所のダブルロックと、1箇所のみのシングルロックが選べます。ピッキングに対する防犯性能はとても高く、ドリルやバールなどでこじ開けることも困難なタイプです。素材や装飾などに高級感があるものもあるため、費用相場は15,000から80,000円前後と幅があります。

レバーハンドルタイプ

マンションやアパート、戸建てなどの住宅の玄関ドアに広く使われる、レバーを下げてドアを開閉するタイプがレバーハンドル錠です。レバーから少し離れた上部にシリンダーがあるものと、レバーの中央にシリンダーが一体になっているものがあります。鍵交換の費用相場は、15,000から25,000円前後です。

引き違い戸タイプ

2枚の引き戸をスライドさせて開閉するタイプの玄関に使うカギです。鍵の取り付け位置が2枚の扉の中央の1箇所にあるもの、戸当りの1箇所にあるもの、中央と戸当りの2箇所にあるものに分かれます。中央の1箇所のタイプの扉にも戸当りへの鍵の増設も可能で、さらに防犯性を高められます。費用相場は、20,000から40,000円前後となります。

電子キー

電子キーや電子錠は、暗証番号、カードキー、リモコンキー、指紋認証などさまざまなタイプがあります。最新のスマートロック式のものは、電子キーでも携帯電話のスマホからでも施錠開錠の操作が可能です。電気工事が必要なものはその分の工事代もかかります。電気工事が不要で電池式のものなら工事不要で低価格での取り付けが可能です。交換の費用相場はそれぞれのタイプでもピンからキリまで機能により幅がありますが、一般住宅で使われやすいタイプの相場は30,000から100,000円前後が多いでしょう。

自分で鍵交換はできる?

鍵交換の費用相場を見て、業者に依頼せず自分で交換できないかと思う方もいるでしょう。鍵はホームセンターやネットなどで入手できます。使っている鍵のメーカーと型番がわかれば、規格が適合する他のタイプの鍵に交換可能です。ドアの側面の鍵のメーカーと型番を確認してみましょう。ただし、シリンダーの交換だけならともかく、錠前ごと交換する作業はかなり難易度が高くなります。値段の高い鍵を用意してチャレンジしてみたものの、結局取り付けられなかったという話も聞きます。経験者やDIYが得意な方以外は業者に頼んだほうが無難でしょう。

鍵交換の注意点

鍵交換の費用相場を知って「安全を買うなら安いもの。ぜひ交換したい!」と思った方もいるのではないでしょうか。中古マンションを購入したり玄関をリフォームしたりしたなら、せっかくならピッキングの危険性のない時代に合った防犯効果の高い鍵への交換をおすすめします。次に、鍵を交換するときの注意点について説明します。

賃貸住宅は勝手に交換してはいけない

賃貸物件は、入居時に鍵交換をすることがほとんどです。多くの場合、一般的な普及タイプの鍵への交換がほとんどではないでしょうか。しかし、防犯面が心配な場合は、規定の鍵よりも防犯性の高い鍵への交換が可能かどうか確認してみるとよいでしょう。差額を上乗せすることでより防犯性が強固になるなら、一人暮らしの女性にとっては安心ですね。入居中の鍵を交換したい場合は、無断で勝手に交換するのはトラブルのもとです。退去時に元に戻せば問題ないだろうと思われるかもしれませんが、必ず事前に承諾を得た上で交換しましょう。

鍵を紛失した場合は速やかに交換を

鍵を紛失したり盗難にあったりしたときは、状況にもよりますが、玄関ドアについている鍵そのものを交換することをおすすめします。鍵を落としたところを見られていたり、鍵と身分証明書が入ったバッグを盗まれたりした場合は、自宅を特定されて鍵を使って侵入される危険性があります。仮に、鍵が落とし物として交番に届いたケースでも、拾い主が合鍵を作っていないとは断言できません。善意を疑うのも気が引けますが、想定外の事件が起こる世の中ですから、疑いを持ってびくびくしながら過ごすよりも、本体ごと交換することをおすすめします。

鍵交換費用相場は差がある!事前に複数社からの見積もりをとろう

ここで紹介した鍵交換の費用相場は、あくまでも平均的な相場の目安ですので、もっと安く作業してもらえる場合もあります。たとえば、窓のシャッターの鍵交換などと同時に依頼することで割引が適用されるかもしれません。また、業者ごとに相場が異なるため、複数社から見積もりをとればさらに安くなる可能性もあります。空き巣は日中に堂々と侵入することもあるものです。ピッキングで短時間に開けられる鍵では、在宅中でも不安が大きいでしょう。ぜひ安心できる鍵への交換をおすすめします。

ピックアップ記事

運営会社